« 安倍首相、青木さんを見習い一層謙虚にやって行きたい | トップページ | 2年前の自民党選挙公約 328項目中25項目しか実現できず »

2014/12/22

集団的自衛権 安保法制に地理的制約なし 政府方針

やっぱりね。
はじめの一歩が出来ると、またその次の一歩、その次の一歩が
どんどん膨れ上がる典型例な事を安倍政権はやっている。
いつもの手だ。

集団的自衛権 安保法制に地理的制約なし 政府方針 ホ
ルムズ掃海を視野
    産経新聞 12月22日(月)7時55分配信

>政府は21日、来年4月の統一地方選後に国会提出を目指
す安全保障関連法案に関し、集団的自衛権を行使できる範囲
」について「日本の周辺地域」のような地理的制約を行わない
方針を固めた。

安倍首相、国会では、どこにでも行ける訳ではないと言っていた
し、日本周辺地域に限定的だとも報道されていた。
それが選挙に勝つともうこの調子だ。
今までのように、拡大解釈して自分たちの思ったように少しずつ
分からないように、日本国の形態を変えていく気満々だ。
安倍政権の方針は、まさに海外派兵そのものじゃないか。
もう自発的な武力行使も容認で、国会で語っていた事とは微妙
に違う。
青木氏のパーティで、”より一層謙虚にやっていきたい”だの
丁寧な政権運営を目指す”<
だの言いも言ったりだ。
安倍首相からすれば、対極にあるようなお祝いのコメントをして
いたが、もうこのざまだ。
本当に恥を知らないと言うか,首相としての前に人間としても疑
問符だらけの言動で、良くこの内閣を支持している人がいるも
のだ。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

開票と同時に放送されたテレ東、池上彰の総選挙ライブでの
有権者1000人緊急アンケートで、安倍政権いつまで続いて欲
しいかを調査したら、”すぐに終わって欲しい”が320票でダント
ツトップ、半年以内の105票と合わせたら425人もの人が半
年以内に辞めて欲しいと願っているわけだ。

ライブでこれだけの人が安倍政権には期待していないのに、大
マスゴミの支持率調査では、全く違う世界が広がっている。

半数の有権者が投票に行かなかった。
白けるのも分かるが、これで安倍首相はすべて信任されたと詭
弁を弄するのが分からなかったのか。
本当に軽率な国民性だ。
安倍首相の念願であった戦争のできる国、

集団的自衛権も、もう“地理的制約なし”で進めようとしている。
集団的自衛権一つとっても、安倍政権の危険性がなぜ分から
ないのだろう。

原発も再稼働への道が少しずつ開け出したし、沖縄の辺野古
沖への飛行場建設も加速がつくだろうし。
それにしても、自民党は知事選から衆議院選まで、”オール沖
縄”
に完敗状態だった。
それが気に入らないのだろう、補助金大幅削減で、またしても
兵糧攻めをする作戦のようだ。
人を人として見ない、プライドや人間としての尊厳まで金で買う
政権がなぜ信任されるのか。。。。

来年はこれまで以上に激動の年になりそうだ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 安倍首相、青木さんを見習い一層謙虚にやって行きたい | トップページ | 2年前の自民党選挙公約 328項目中25項目しか実現できず »

コメント

今後益々、日本国民の生命財産が脅かされる事態が増えるように思います。
国内外問わず。
勿論、その要因の先頭を走っているのが安倍晋三です。
集団的自衛権を閣議決定したときの記者会見で色々と言ってましたが、あれは全くの嘘だと言う意見さえあります。
元自衛隊の方には、今の法律でも国民の命は守れるという方も居るようです。
集団的自衛権の本質は、他国の為になぜにアメリカ人の血を流すのかと言う与論に対するため、日本の金を使って日本人の血を流すと言う事のようです。
アメリカは口だけで。
アメリカは特定秘密保護法の歓迎していることから、この点も必ずしも間違いではないと感じます。
日本は過去の実績を生かし、違う方法での対処は出来ないのか検討すべきと感じますが、そういった議論は全くされていない印象です。
いずれにせよ、安倍晋三は嘘を言う事に何ら罪悪感を感じてませんので、2015年は安倍晋三の嘘に固められた年になるでしょう。
でもねぇ、正面突破などできる能力は無く昨日のコメントにもありましたが、兄弟のなかで劣等生であることを、最も自己中心的卑劣な方向で対処してきた人物のようですので、総理と言う座に固執するのも頷けます。
国民にとって最凶ではあるのですが。

投稿: サクラ日記 | 2014/12/22 20:01

安陪内閣の暴走が止まりそうもないですね
この先日本が どうなってしまうのか非常に心配です
このまま 国民の考えが無視され続けたら 危険な行動に走る人間が現れないとも限りません
それが怖いです 

投稿: てつお | 2014/12/22 20:12

★ーーこんばんは、サクラ日記さん

来年は嫌な年になるのではないでしょうか。
安倍は、私は国民の生命財産を守る最高責任者だと言いますが、どうもやっている事は全然違いますものね。
アベノミクスで日本の富がどんどん流出していますし、集団的自衛権行使でも日本人の生命が脅かされるのではないかと思います。
安倍首相は、集団的自衛権について、国会でも調子の良い事を言っていました、そして記者会見でも。

>元自衛隊の方には、今の法律でも国民の命は守れるという方も居るようです。

私もそう思いますよ。
政府の言っている事は、個別的自衛権で十分出来ますから。
なにもアメリカの追随して日本人の血を流す必要がどこにあるのか。
アメリカは喜びますよ。
秘密保護法もアメリカは歓迎すると言っていました。
アメリカは日本の事を思って言っているのではなく、アメリカにとって都合が良いからだと思いますよ。
沖縄だってそうでしょ?
日本はアメリカにとって都合の良い国なんですよ。
日本は世界で唯一原爆を落とされた国です。
そして無条件降伏しました。
これは後世まで伝える必要がありますし、その経験を生かす事が戦死した方々を犬死させない事だと思います。
何のためにお国のために戦ったのか。
教訓として生かすべきですよ。
戦争経験者が少なくなると同時に、またきな臭い動きが見えかくれします。
安倍首相は、来年どんな二枚舌を使うのでしょうか。
愛てんぐさんが安倍首相の内面をコメントしてくださいましたが、まさにコンプレックスの裏返しが今にあるのでしょうね。
そして周りからちやほやされ過ぎた人間に特有の自己中心的な考え。
来年は国民にとって正念場の年になりますよ。
衆議院選挙で信任されたと思っている安倍首相は、ますます暴走の一途をたどるのだと思います。

★ーーこんばんは、てつおさん

安倍内閣の暴走は、前から予想された事ですよね。。
選挙をして、自公3分の2で大義名分ができました。
安倍首相はアベノミクスは叫びましたが、本当の目的は憲法改正ではないかと思いますよ。
我が国の憲法を、”みっともない憲法”と言いきった人間ですからね。
来年は、国民の声など聞きませんよ。
衆議院選挙で自分は信任されたと言いきった人間ですから。
あまり国民を侮っていると、そのうちに大きなものが跳ね返ってくるかもしれませんね。
“夜道を、気をつけろ”って言葉もあるくらいですから(笑)

投稿: まるこ姫 | 2014/12/22 20:36

まるこ姫さま、こんばんわ。

はあぁ…、まだそんな訳わからんこと言ってるんですね、この男。
7月に閣議決定された後も、理解していないのかウソこいているのか知りませんが、当時の外相だった岸田共々、閣議決定の内容では出来ないことも出来ると言ってるんですよ。

あの時の閣議決定がどういうものだったか、ザックリ言うと…
“個別的自衛権と集団的自衛権が重なった部分に限ってのみ、集団的自衛権が行使出来る”…となっているはずで、これはやはり当時の防衛相だった小野寺五典も、NHKの討論番組で明言しています。
それを、さも中東で機雷の処理も出来ますだの、なんだのと出来るわけないんですよ。
それでなくても大ウソこきの上、なんでもかんでも勝手に決めてしまう奴なんですから、自分の意向で決めた閣議決定ぐらい守れよ!!って話ですよ。
来年は、集団的自衛権の関連法案の改定が議論の遡上に上ると思いますが、今度は簡単には行かないと思いますよ。
それは、今回の選挙結果が暗示しています。
確かに自民党自体は、議席を少々減らしただけで自公政権安泰に見えますが、公明党が伸びて発言権を増したのに加え、みんなの党は解党、次世代が壊滅したので、特定秘密保護法案の時のような強行採決は出来ないでしょう。
「第三極」などとマスコミがでっち上げた、自民党の別働隊もどきの政党が雲散霧消してくれたお陰で、安倍の口から「野党のご理解も得て…うんたらなんたら」っていう減らず口は叩けなくなったわけですから。

以前、私はどこかのコメントで
「たかが閣議決定ですから」…と言ったと思うんですが、その思いは今でも変わっていません。
むしろ、安倍は一層やりにくくなったと思っているはず…と勝手に邪推しています。
選挙で大勝したのに、笑顔も少なく、それどころかメディアの質問に対してキレまくっていたのが、何よりの証拠かと。
ゆくゆくはアベノミクス失敗もばれるでしょうし、不安でたまらんわけですよ。

一人でも多くの国民が、あの時の閣議決定と安倍の発言にどれだけの齟齬があるかを認識し、議論を注視していくべきだと思うのです。

投稿: 肉山会 | 2014/12/23 02:23

★ーーこんにちは、肉山会さん

嘘ついているんじゃないですか?
それこそ息を吐くように嘘をつく人間ですから。
内閣の面々もサポートに大変でしょうね。

>それでなくても大ウソこきの上、なんでもかんでも勝手に決めてしまう奴なんですから、自分の意向で決めた閣議決定ぐらい守れよ!!って話ですよ。

守りませんって(笑)
その時、その時によって少しずつ変化させていきますよ。
アメリカの状況が変わると閣議決定まで変えてしまう人間ですよ。
詭弁は恐ろしくうまいですからね。
辻褄が合わなくても合わせてしまいます。
それを追求しないマスゴミ。

今回の選挙の救いは、右も右極右集団の爺様の党が壊滅した事ですよね。
石原の顔を見ないだkで少しは溜飲が下がりました。
安倍の最後の頼みの綱は、維新、次世代ですからね。
こっちが躍進したら、公明党なんてすぐに切られてしまいますが、公明党は増え、発言権が少しは増しましたかね。
公明党も信用ならないし、とにかくコバンザメですから(笑)

>「たかが閣議決定ですから」…と言ったと思うんですが、その思いは今でも変わっていません。

本当ですか?
期待しちゃいますよ(笑)
来年は問題山積みですよ。
今年、バレなかったものが来年にはついに決壊するでしょうし、しょせん、嘘は嘘、いつかはバレちゃうんですよ。
安倍は本当にわがまま放題の子供ですね。
メディアに出続けるのも問題ですよ。
内面があぶり出されてしまうのですから(笑)
自分はかっこつけて語っていても、必ずほころびが出ます。
それでも安倍を礼賛している人間がいるわけですから。
安倍が今までどれだけ傍若無人な振る舞いをしてきたかを、まるで知らない、知ろうとしない人間もいるわけですから。
それにしても、今や年収200万円層が4分の1にも達したとか。
なぜ、この人たちが政治に関心を示さないのか理解に苦しみます。

投稿: まるこ姫 | 2014/12/23 15:13

まるこ姫さん、こんばんは

日本は一応、法治国家です。
法律に書かれることのみ、制約があります。
集団的自衛権の関連法案でも、特定秘密保護法でも、書いていることに縛りがあるわけで、曖昧に書いていたら、時の政府の解釈次第です。
政府が国民を監視・管理しやすいよう、政府が国民の監視から束縛されないよう、曖昧にしたがります。
政府がやりやすいように、立憲主義ではなく、全体主義的な法制度に、安倍自民党や官僚はしたがるのが彼らの本質です。

党首討論で次の国会で定数是正やりますと言っても、守りません。
公約に書いていたことは殆どやらず、公約にないことをやる、そのことに対する説明や反省もなく、彼の言動は全く信用できません。
安倍首相の言動には何ら担保性は無く、法こそ信じるべき事です。
マスコミもそう報道すべきです。

アメリカは国力の低下から、自称世界のお巡りさん(世界の覇権者)が出来なくなって、日本も同盟軍として、一緒にアメリカ(多少日本)の利益のために血を流せというのがあアメリカの方針です。
地理的制約無しはアメリカの注文です。
アメリカに戦争に負けてからは日本は属国、口答えは、自民党・官僚には出来ません。
これまで、アメリカの押しつけ憲法9条があったので、アメリカが自ら作った憲法を変えろとは言えなかったのに。
これまで9条で拒否できたのに。
それを閣議決定で変えてしました、馬鹿ですね。

投稿: 愛てんぐ | 2014/12/23 18:52

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

時の政権の意向次第で、どのようにも解釈できると言うのは問題ですよね。
私は、この自衛権の問題を解釈次第で、どのようにもできると言うのはとても怖いと思っています。
安倍政権は、個別的自衛権で十分通用する問題も、集団的自衛権行使に前のめりになっています。
憲法改正は、国民の反対で思うように行かず、解釈改憲で突き進もうとしていますが、本当に必要なら憲法を改正してからにするべきだと思います。
今回の選挙も、アベノミクス選挙とは言っていましたが、公約には集団的自衛権もは入っていたそうで、保険に入る時の約款のようなものではないですか?
小さな字で書いてある約款をほとんどの人が読まず、保険会社の素晴らしいうたい文句にだけ目が行く。
これでまた、安倍政権は国民をだまして集団的自衛権行使の関連法案をどんどんと進めていく方針なのではないかと思います。

>公約に書いていたことは殆どやらず、公約にないことをやる、そのことに対する説明や反省もなく、

安倍政権の手法です。
太の自民党政権でも、そういった手口でしたが、安倍政権は国民を無視して暴走しています。
丁寧な説明とか、謙虚だとか、嘘ばっかりではありませんか。
安倍首相の二枚舌は恐ろしいほどで、そんな人間の言葉など誰が信じられるものでしょうか。
だったら法律に書いてある事が一番で、曖昧模糊とした文言や説明は無用です。

世界の警察だったアメリカの威信は地に落ちています。
軍備にかかる予算は莫大で、日本にも負担させる魂胆のようです。
集団的自衛権で、アメリカの盾になってもらえば万々歳で、誰だって賛成するでしょうね。

>地理的制約無しはアメリカの注文です。

アメリカの注文にまんまと引っ掛かっています。
本当にアホですよね。
どこの国の政府なんだか。。。。
おっしゃるように、アメリカから与えられた憲法かもしれませんが、それがあるばかりに憲法を変えろとは言われなかったのも事実です。
だとしたら、この憲法を盾にアメリカの意向を突っぱねられたものを。
それをご主人様のご機嫌伺いのために、改憲だなんて本当に馬鹿だと思います。
日本国民を危険にさらして何とも思わないのでしょうか。
平和憲法のお陰だったのに、みすみす手放す馬鹿がいます。

投稿: まるこ姫 | 2014/12/23 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/60848361

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権 安保法制に地理的制約なし 政府方針:

« 安倍首相、青木さんを見習い一層謙虚にやって行きたい | トップページ | 2年前の自民党選挙公約 328項目中25項目しか実現できず »