« 山本太郎による、安倍首相の「会食」に関する質問主意書 | トップページ | 15年景気「上向く」8割超、主要122社アンケート、本当に? »

2015/01/02

首相年頭所感「新たな国づくりへスタート切る一年」

あけましておめでとうございますheart01snow
昨年中は、大変お世話になりました。
私の拙い義憤や疑問に対して、沢山の方に共有していただきま
した。ありがたい限りです。

新年早々、朝から雪がチラついている。
昨日はてんやわんやの一日でPCを開いても記事を書く余裕が
なく、またパスしてしまった。
今年も、政権に対しての批判やら非難やら書き続けて行きます。
結果的にブログを読んでくださる皆様と少しでも、気持ちを共有
できる事を願って、新春第一号はこれ(笑)

今年は恐ろしい年になるのではないか。
安倍首相は、年頭所感を発表した。

首相年頭所感「新たな国づくりへスタート切る一年」
                 産経新聞 1月1日(木)7時55分配信

>安倍晋三首相は1日付で年頭所感を発表し、衆院選で自民、
公明両党が3分の2以上の議席を維持したことを踏まえ「信任と
いう大きな力を得て、今年はさらに大胆にスピード感を持って改
革を推し進める。日本の将来を見据えた改革断行の一年にした
い」と決意を示した。その上で、戦後70年の年を迎え「日本は先
の大戦の深い反省のもとに戦後、自由で民主的な国家として平
和国家としての道を歩み、世界の平和と繁栄に貢献してきた」と
強調。「目指す国の姿を世界に向けて発信し、新たな国づくりへ
の力強いスタートを切る一年にしたい」とした。

半数の有権者が選挙に行かず、全有権者の中で比例で17%、
選挙区で24%しか自民党に投票していないのに、小選挙区制
度の弊害としか思えないが、自公で選挙前の議席を獲得した。
マスゴミは、それを圧勝と称したが。。。。。。

この驚くような低投票率でも、安倍首相は信任されたと言う。
去年の、数の力を駆使して恐ろしいほどのスピードで、法案を
成立させてきた党が、今年は大胆なスピードで改革をすると言
う。
議論も説明もほとんどなしで、スピードばかりあげたらどれだけ
恐ろしい年になる事やら。。。。。。

>日本は先の大戦の深い反省のもとに戦後、自由で民主的な
国家として平和国家としての道を歩み、世界の平和と繁栄に貢
献してきた

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

発言はとても立派だが、この首相は本当に反省をしているのだ
ろうか。
反省しているとしたら、簡単に先人の貫いてきた歴史感を、自分
に都合の良いように修正するだろうか。
中韓に対して、挑発するような発言や態度を取り続けるだろうか。
日本に長らく従属させられてきたような在日の人々に対して、あ
からさまに差別的な発言をする日本人の恥ずべき行動に対して、
表現の自由があるからとして、なぜ真剣に取り組まないのだろう。
この人、言っている事と行動が全然伴わない。
アベノミクスと称する経済政策も、この道を進めるしかないと言
うが、行きすぎた円安の道の恐ろしい事は!
安倍首相の言うこの道、今年は恐ろしすぎる値上げラッシュが
待っている。
素人が考えても、円安で値上げが続けば人々の消費行動が鈍
り企業の業績も上がらず賃上げに結び付くとはどうしても思え
ないのだ。
安倍首相やその周りの人間は、なぜ円安で日本の経済が上向
くとの論法になるのだろう。
行きすぎた円安が続けば続くほど、日本の富が海外に流れて
行くのではと思うが、私は間違っているのだろうか。

アベノミクスがうまくいかないと、急に憲法の方に転換するので
はないか。これも要注意だ。

国民は安倍政権を注視し続けるしかないが、半数の国民が政
治を投げているようでは、どうしようもない。
棄権した事で、自公に”好きなようにこの国を染めてください”
言っているも同然では。。。それにも気付かないようでは。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 山本太郎による、安倍首相の「会食」に関する質問主意書 | トップページ | 15年景気「上向く」8割超、主要122社アンケート、本当に? »

コメント

今年も宜しくお願いします。
結論から言って、アベノミクスはすでに崩壊しております。
金子勝氏によると、すでに13年から景気後退時期に入っており、消費増時税は景気を後退させたのではなく、駆け込み需要と言う+効果をもたらしたものだと申しておりました。
正にその通りだと納得しました。
それが分かっているからこその今回の選挙だったと思います。
地方創生と言ってますが、地方に移転すると減税と言ってそれに従う企業は少ないでしょうし、ほかの内容も商品券や住宅減税等々のバラマキのみで、これも金子氏が言ってましたが、肝心の経済戦略が全く出てきてません。
加えて企業減税も、輸出を中心としる企業にとっては良いでしょうが、総合的には意味は無く結局は献金を貰える企業を優遇するのが本質でしょう。
しかも統一地方選挙に向けたパフォーマンスの意味も有ります。
現状は、何とかアベノミクスへの期待感をちらつかせつつ、化けの皮が剥がれぬうちに集団的自衛権等々の法整備を進められるでしょう。
そして来る2017年の消費増税において庶民は留目を刺されると思います。
本来は、日本のビジョンを示し産業構造の変革に向けた岩盤規制の撤廃などを少子化防止対策とリンクさせ進めるべきですが、安倍晋三は所詮古い体質のまんまのお坊ちゃまですので、己の歪んだ国家感を推し進めるだけに邁進するでしょう。
今年の年末は今よりも確実に酷くなっていると思います庶民の生活は。

投稿: サクラ日記 | 2015/01/02 18:25

ブログ主様、新年明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。(スパムされない様に注意しますが…) さて、今年は間違いなく日本という国が阿鼻叫喚の地獄絵図が展開される気がしてなりません。第一にはアベノミクスと豪語する経済政策の崩壊(更なる円安とギリシャやロシアに代表される外的要因による株安の進行等々…)、決して旨くはいっていない外交政策(特に中韓)の失策等々からくる集団的自衛権の拡大解釈の法制化、沖縄を初めとする内政の行き詰まりから議会無視の閣議決定(専決)の濫用や短時間審議による与党多数の数の暴挙による強硬採決の乱発による議会制民主主義の崩壊の進行、既に始まっている相続税や高額医療の負担率の拡大等々挙げたらキリがありませんが、私達はこんなはずではなかったと嘆く前に、蟷螂の斧と言われ様とも、声を挙げ続ける事が肝要です。その為には、メディア等々から流出される情報の取捨選択、様々な人達の意見交換(反対意見でも理性的な人なら討論しましょう)及び、自分の感性の研鑽も重要となります。と言うことで、私は今年も弊ブログには期待をしておりますよ。(何時までもダラダラと書くなって、失礼致しました。)

投稿: 安打製造屋 | 2015/01/02 18:54

こんばんわ。
2日遅れですが、明けましておめでとうございます。
本年も、こちらのブログへお邪魔させて頂きますので、宜しくお願い致します。
安倍総理の年頭の発言、相変わらずの「やるやる詐欺発言」な言い方をしていますね。
「スピード感」って言っているけど、それで日本が良くなるとは限りがありませんね。
それに、昨年の消費税増税で、円安が続いており、商品の値上げが続いています。
このまま行けば、昨年の二の舞の尾が引いてしまいますね。
それでまた、懲りずに「アベノミクス改革」を続けるのでしょうか。
自分は、絶対に旨くは行かないはずですね。
さてさて、今年の日本の経済や景気はどうなることやら・・・。

投稿: H.K | 2015/01/02 20:12

安倍首相が先の大戦の深い反省の意味を本当に理解していたら憲法解釈を勝手に変更するなどできなかったと思うのですが 
改革も やるべき改革はやらないで どうでもいい改革や
やってはならない改革に一生懸命邁進する気がしてなりません

投稿: てつお | 2015/01/02 21:22

★ーーあけましておめでとうございます、サクラ日記さん

今年もよろしくお願い致します。
アベノミクスで、国民は所得が伸びたのでしょうか。
暮らしが楽になったのでしょうか。
まったく正反対じゃありませんか。
なぜ、この政策が支持されるのかさっぱり分かりません。
去年の増税前の機関は駆け込み需要でしたよね。
その後はさっぱりです。
アベノミクスがどうやら、庶民には恩恵が行かないと薄々感づく人が増えだした。
突然の解散総選挙は、自民党の戦略勝ちでしょうね。
企業が地方に移転すると減税や、商品券ばらまきや、ほとんど過去の自民党の手法ではありませんか。
一過性の効果では、借金が積み上がるだけではありませんか?
過去はすべて一過性の効果でした。
円安株高では、恩恵に被る人はほんの一握り、一部です。
だとしたら全国津々浦々まで景気回復は夢物語になっちゃいますわね。

>何とかアベノミクスへの期待感をちらつかせつつ、化けの皮が剥がれぬうちに集団的自衛権等々の法整備を進められるでしょう

自民党はこの作戦で今年は行くのでしょうが、なぜ国民がはっきり自民党ではこの国が浮揚するはずがないと気がつかないのでしょう。
なぜ自民党しか政権担当能力がないと考えるのでしょう。
この何十年というもの、自民党に政治を任せた結果、借金が1000兆円も積み上がった事を忘れているのでしょうか。

>本来は、日本のビジョンを示し産業構造の変革に向けた岩盤規制の撤廃などを少子化防止対策とリンクさせ進めるべきですが、

まさに根本的な構図を変えない限り、少子化も止まらないと思いますよ。
つぎはぎや、一時的な政策、先延ばしでは絶対にこの国は終わってしまいます。
自民党も国民も、目の前の危機がなぜ分からないのか。不思議で仕方がありません。


★ーーあけましておめでとうございます、 安打製造屋さん

今年もよろしくお願い致します。
私も、今年は去年にもまして日本が悪い方向へ行くと感じています。
アベノミクスも、本人は自信を持っているようですが、去年からほとんど一部だけの恩恵で、多数の庶民は生活が苦しくなる一方です。
この政策をこのまま遂行されたら、とんでもない年になるのではないかと危惧しています。
外交も安倍が首相でいる限り、お先真っ暗ですし。
国内でどれだけ煽っても国際的には通用しません。
そして、数人の閣議だけで決定する閣議決定は民主主義とは程遠いところにありますが、それに気づかない安倍首相とそのお友達たち。。。。。
安倍が首相になって、この国は様変わりしましたね。
声の大きなもの、嘘でも言ったもん勝ちの社会になりつつあります。
ここで私たちが声を上げるのをあきらめたら、ますます制御のできない国になりそうで、どんなに小さな声であろうと出し続ける必要があると、今こそ実感しています。
めげそうになる自分を励まして。。。。。

本当に、今年は正念場ですよ。
安倍政権がこのまま続けば、アジア諸国から警戒されるのは必至です。
とにかく、声なき声を上げ続けます。
普通の庶民の感覚を記事にし続けますね。
今年もよろしくお願い致します。

★ーーあけましておめでとうございます、H・Kさん

H・Kさんにはいつもお世話になっております、10年前のころからのお付き合いですものね。

安倍首相の年頭所感、いつものように美辞麗句ばっかり・
その発言とは裏腹の、腹黒い年になりそうですね。
去年でも碌な審議もろくな説明もしていないのに、それ以上のスピードで突っ走られたら、この国はいびつな国になっちゃいますよ。
やっぱり行きすぎた円安で、庶民の暮らしは大変になる一方です。
景気なんていつ回復しましたっけ?と言うほど、安倍首相の説明とは違います。
アベノミクスの弊害が早く、国民に実感されれば良いのにと思いますよ。
このままこの政策が続くようだと、ますます景気が悪くなる一方だと感じます。
今年も暗い年になりそうです。


★ーーあけましておめでとうございます、てつおさん

いつもコメントありがとうございます。
安倍首相は、国政的には反省の言葉を用いますが、だったらなぜ中韓を刺激するような言動ばかりするのでしょう。
靖国参拝だって、あの発言はないだろうと思いますよ。
戦争で被害を受けた国は反発しますって。
そして中断的自衛権解釈改憲でますます、周辺国に脅威を与えていますが、真の反省をしていたら、周辺国への配慮は、安倍首相が思った以上にしなくてはいけないと思います。

>改革も やるべき改革はやらないで どうでもいい改革や、やってはならない改革に

本当にそうですよ。
本来なら既得権益にメスを入れてこその改革でしょうに、そちらは常に安泰、庶民を困らせる改革ばかりしゃかりきになっているようにしか見えません。
安倍政権の政策は、はっきり言って有難迷惑なんですよ。

投稿: まるこ姫 | 2015/01/03 12:06

まるこ姫さま、こんばんは

本年も宜しくお願い致します。
既成事実を積み重ねるのではなく、既成事実の先である、「日本の将来、目指す国の姿」を国民の前で、懇切丁寧に、分かりやすく説明するのが、真っ先にすべきことですが、いつまで経っても出てきません。

道は2つあると思います。
安倍政権の進む社会はイメージとして、弱肉強食、強者優先、格差拡大、戦闘的、階級的(差別的)、武力、ストレス、利己的。
もう一つは優しい社会で、共生共存、多様性、再配分、役割分担、平和的、支え合い、棲み分け、個性、話し合い、友愛。
資本主義・市場主義は行き詰まっており、後者に、方向転換すべき時代が来つつあるのではないかと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2015/01/03 22:49

★ーーあけましておめでとうございます、愛てんぐさん

今年もよろしくお願い致します。
安倍首相は、口では分かりやすく丁寧に説明をすると、どの場面でも言いますが、丁寧な説明など聞いた事がありません。
既成事実は積み上げますが。。。
だから反発を覚えるのですよ。

本当の強者なら、弱者に優しいと思いますが、この安倍政権は徹底的に弱者に厳しいし冷たい。
私には弱い者いじめにしか見えませんね。
なぜ、中間層をなくして、勝ち組、負け組と色分けする様な政策にまい進するのでしょう。
こんな政策、日本では早晩行き詰まりますよ。
拝金主義、権力志向で、日本国は、ますます下卑た国へ進んでいるような気がします。
やはりトップの意向が少しずつ、隅々の人間性まで悪くしているように感じられて仕方がありません。

投稿: まるこ姫 | 2015/01/04 11:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/60909760

この記事へのトラックバック一覧です: 首相年頭所感「新たな国づくりへスタート切る一年」:

« 山本太郎による、安倍首相の「会食」に関する質問主意書 | トップページ | 15年景気「上向く」8割超、主要122社アンケート、本当に? »