« 宗教戦争にならないか、それが心配だ | トップページ | 表現の自由のダブルスタンダード、仏のご都合主義 »

2015/01/15

安倍首相、憲法改正に向けて維新に急接近

憲法改正に向けて、安倍首相はなりふり構わずだ。
かねてからの持論の”憲法自らの手で書くべきだ”、また言いだ
した。。。。
今度は関西から。

首相「都構想、意義ある」 憲法改正に向け維新に秋波
                 産経新聞 1月15日(木)7時55分配信

>安倍晋三首相は14日、関西テレビ番組に出演し、維新の党
最高顧問の橋下徹大阪市長が主導する「大阪都構想」について
一定の理解を示した。同時に維新に対し、憲法改正に向け協力
を求めた。自民党大阪府連が反対する大阪都構想に対して官
邸サイドは表向き関知しない姿勢を示すものの、首相は都構想
に理解を示すことで悲願の憲法改正に向けて維新をつなぎ留め
たい思惑がありそうだ。
>首相は番組で、都構想に関し「二重行政をなくし住民自治を拡
大していく意義はある。(5月17日の)住民投票で賛成多数とな
れば必要な手続きを粛々と行いたい」と述べた。

本当に自分勝手、自分中心の人間だ。
住民投票で賛成多数となれば、都構想に必要な手続きを粛々と
行うと言っているが、だったら、沖縄はどうなのだ、佐賀はどうな
のか。
沖縄は、辺野古沖反対を民意が示した。
大阪が民意なら、沖縄も民意だ。
なぜ、振興予算と基地は関係ないと言って置きながら、民意が
辺野古沖反対を示した途端、県知事に面会はしないわ、振興予
算を減らすわ、警官を総動員して反対派住民を排除するわ、政
府の意向に逆らうやつは、見たくもない、どんな事をしても潰す。
これが民主主義国家と言われている国のする事なのか?

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

都構想、確かに良いかもしれない。
”二重行政をなくして住民自治を拡大”は、とても魅力的だ。
しかし自民党にそれをやる気があるのだろうか。
佐賀県知事選だって、政府の推す候補者を天の声のごとく無理
やり引っ張ってきての選挙戦に大敗した。
それは、地方の民意を無視し、身勝手な政策を押し付ける安倍
政権の中央集権的な姿勢が、地方の有権者に見透かされた結
果じゃないか。
都構想と、予算も権限も地方に渡さず、中央で管理する安倍政
権のやり方とは、まったくなじまない。
地方の事情を無視して、中央の意向を押し付ける。そんな政権
が、都構想を粛々とやり遂げる?
バカも休み休み言えだ。

また、目の前の甘言を言い、今度は兼ねてからの自民補完勢
力の維新の党に、粉かける。
魚心あれば、水心と言う事か。。。。。
”憲法改正に協力しろよ、そうすればお前たちの政策に対して目
をかけてやろう”

まったく分かりやすい人間。政権だ。

この人間は、本当に口がうまい、が中身がない、薄っぺらだ。
憲法改正なら改正で、国会内で数合わせをする前に、自分の主
義心情を国民にきちんと説明しろと言いたい。
”国民の皆様に分かって頂けるように、丁寧な説明をして行く”
今まで、どれだけ聞かされてきた事か。
所が、口と裏腹、全くと言ってよいほど丁寧な説明など聞いた事
がない。

国民をバカにしているのか、説明が一切なくて、それで”憲法自
らの手で書くべきだ”
と言われても違和感と反感が募る。
安倍首相は、いつも経済を最優先すると言いながら、その経済
もほっぽらかしで、突然、”憲法改正”が浮上する。
自分の考えに固執し一貫性が全然ない人間に、国民は振り回
される。
どこまで身勝手な人間だろう。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 宗教戦争にならないか、それが心配だ | トップページ | 表現の自由のダブルスタンダード、仏のご都合主義 »

コメント

安倍首相には大阪都構想を理解する前に
 少しは一般庶民の苦労を理解してほしいですね

投稿: てつお | 2015/01/15 19:01

★ーーこんばんは、てつおさん

本当ですよね。
大きなことばっかり言っていないで、少しは庶民の生活を知っていただきたいですね。
今、政府の円安誘導で庶民がどれだけ大変なのかを。
年金資金の半分を株に投入して株価上げていますが、リスクが高いですよ。
丁半博打に、年金は似合いません。

投稿: まるこ姫 | 2015/01/15 19:52

大阪都構想を支持するか否かは任せるとして、安倍晋三は国家の首相なわけです。
であれば、この国の形をどのようにしたいのか、まずはそれを明確に国民に説明すべきです。
憲法改正の為に橋下にすり寄る事ではありません。
今回の佐賀県知事選挙でも、安倍晋三の言う地方創生が中央集権、アベノドクサイ以外の何物でもないと言う事に対する反対意見と受け止めるべきです。
テレビを見ていて思ったのですが、農協改革とはJA全中の権限を破壊することのようですが、言い換えれば全国の農協を安倍の晋三の言いなりにしたいと言う裏返しとしか思えませんでした。
最も、出演者が例の田崎他ですし、何も逆らえないTBSのお昼の番組ですので肝心の部分は勿論言いませんでしたが。
安倍晋三の思惑は、地方という驢馬の前に人参をぶら下げ、恰も自分(地方)で走っていると見せかけて実は、己がうえに乗り操っている、この構図を作りたいのだと思います。
アベノドクサイを続けさせては駄目だと思います。
以前誰かがかいてましたねぇ、兄や弟に対する劣等感が有るとか。
それが歪んだ形で増大し、無能であるが故に権力に拘る。
それ故に、自分に抵抗するものを悉く排除し、都合よく利用できるものは利用する。
これが安倍晋三の本質だと思います。
こういった人物は本来、実権を握らせては駄目な人物です。
正に最凶の人物が権力を握ったものです。


投稿: サクラ日記 | 2015/01/15 20:28

★ーーこんばんは、サクラ日記さん

憲法改正と言うのは、この国の姿を根幹から変えるかもしれない重大事な訳ですよ。
それを、自分はどれだけ改正論者か知りませんが、数の力でどんどん進めようとしているようにしか見えません。
一応は民主主義国家なら、議論が先決であり首相の主義主張をはっきり聞きたいです。
憲法改正のために自分と思考のそっくりな橋下にすり寄る。
どこまで姑息な事を考えているのでしょうか。
沖縄も佐賀も、はっきりえば安倍政権にNOが突き付けられたわけですよ。
地方創生も相変わらず紐付きなら、意味がありませんから。

>農協改革とはJA全中の権限を破壊することのようですが

大体が自民党の票田はこの農協は最も大きいです。
本当にできるのでしょうか。
農協を敵に回したら自民党の票は大きく減りますよ。
地方から少しずつ、中央に反旗を翻し始めています。
安倍政権も調子に乗っていたら大変な目にあいますよ。
地方創生を云々するなら、予算も権限も地方に渡すべきじゃないですか。
中央で操る地方創生なんてまやかしにしかすぎません。

安倍首相は、安倍家の方ではなく母の家系、岸の方に対してのコンプレックスがあるのかもしれませんね。
そうそうたるメンバーではないですか。
吉田、佐藤、岸、と。。。。。
父方の方にはそれほどの人材はいなかったような感じですものね。
それでも父の晋太郎に、息子は情が無いと言われていたそうですよ。
やっぱりは母方の血統を色濃く受け継いだのかもしれません。
情がないからか、安倍首相の手法は冷酷無比です。
そして教養がない。
そういった人物が国のトップリーダーですから、後は分かりますよね。

>正に最凶の人物が権力を握ったものです。

まさにおっしゃる通りだと思います。

投稿: まるこ姫 | 2015/01/15 21:07

まるこ姫さま、こんばんわ。

官邸サイドは、大阪都構想には口を挟まないとか言ってますが、これ嘘でしょ。
昨年末に官房長官の菅から創価学会に、都構想の住民投票に賛成するように働きかけてたそうですよ。
結局、これから審議される集団的自衛権の関連法案や、安倍の悲願である改憲の賛否を取る際に、維新に強行採決の輪に加わってもらおうという算段なのでしょう。
つまり、特定秘密保護法を強行採決した時のみんなの党にその役割を担わせましたが、アレと一緒。
で、お決まりのセリフ
「野党の皆さんからも多大なご理解を得て〜」
…というパターンですよ、きっと。
本来なら躍進したはずの次世代の党にこれをやらせるはずが、ボロ負けでしたからね。
あの男が議論を重ねてだの、国民に丁寧な説明を…と言えば言うほど、これは問答無用でやってくると考えた方が間違いありません。
ホントに何度も言いますが、嘘しかつかない男ですから安倍晋三という人間は。

それはそうと、一転して行われそうな大阪都構想の是非を問う住民投票。
橋下徹は反対多数なら政治家を引退すると言っています。
個人的には勝手にせえや…ってとこですが、心配なのは橋下がこんなことを言ったばかりに、この住民投票が橋下徹の信任投票という位置付けになりやしないかと。
大阪都の実現、いや都構想がどんなものになるかなど、まるで知らないし興味すらない有権者が「他の議員はどうでもエエんやけど、ハシゲだけは辞めさせたらアカン!」…とか言って投票所に殺到しやしないか?

…まあ、投票権のないヨソ者が四の五の言っても始まらないハナシですが、ホントに大丈夫でしょうか!?
(都構想が)実現したはいいけれど“平成の大合併”の出来損ないプラス、ブラック企業の特区だらけというロクでもない都市が出来上がったりして……。

投稿: 肉山会 | 2015/01/16 02:18

★ーーこんにちは、肉山会さん

>昨年末に官房長官の菅から創価学会に、都構想の住民投票に賛成するように働きかけてたそうですよ。

ありましたね。
橋下と裏取引があったとか。。。。
だから急に橋下は大人しくなりました。
公明党をだしにして、維新にもお友達作戦なんですよね。
元々維新は、自民に秋波を送っていましたから、渡りに船なんじゃないですか?
みんなの党は消滅しちゃいましたし、次世代の党はボロ負けだし。
良かったですよね。
色んな補完勢力を作っていて。
民主党の一部にもいますものね。

ホント、何が国民に丁寧な説明をですか。今では、それを持ち出せば何かあるなと勘繰る癖が付きました(笑)
身から出たさび、言えば言うほど不信感が募ります。

>この住民投票が橋下徹の信任投票という位置付けになりやしないかと。

そりゃあ、なりますよ。
だって前の衆議院選挙だって、半数以上が棄権していて小選挙区では24%しか自民党に投票していないのに、安倍は国民の皆様に信任いただきました、これから改革に突き進みますとと、ぬけぬけと言い切りましたからね。

>大阪都の実現、いや都構想がどんなものになるかなど、まるで知らないし興味すらない有権者が「他の議員はどうでもエエんやけど、ハシゲだけは辞めさせたらアカン!」…

まさに座布団5枚クラスです(笑)
大体がほとんどの人が都構想どころか、前の衆議院選挙では安倍の正体に全く気付いていません。
消費税増税を先送りすると言われて、すっかり騙されてしまったんですから。
日本国民も大阪府民も、政治の実態を知ろうともしないし知りたくもないのではありませんか?
ただ表面的なものを見ているだけ。。
そして情実で政治家を当選させてしまう。
つける薬はないですよ。

もし、大阪都が実現しても当初の理念からは大きく外れていくと思いますよ。
為政者は、メリットは言いますがデメリットは言いません。
つぎはぎだらけの出来そこないの、またまた既得権益者が得をするだけのプランになるのではありませんか?

投稿: まるこ姫 | 2015/01/16 16:23

まる子姫さまこんばんは。実は私は大阪市民です。
『二重行政解消』など単なるお題目に過ぎず、ただ単に大阪市を解体して無茶苦茶にするだけです。
橋下が大阪市長になってからというもの
住民の相互交流を図る大阪市コミュニティ事業の廃止、
選挙前の公約を破って老人の無料パスを取り上げ、
公募区長・公募校長という名の恣意的な面接だけで自分の息のかかったろくでもない奴らを登用し、大阪の教育界を無茶苦茶にしたり大阪を破壊するのは得意だが、何か新しいことを創造することは何1つやっていません。

私のブログに詳しく書いておりますので、大変ご多忙とは存じますが少し暇が出来たら私のブログを一度覗きに来てやって下さい。

投稿: カバ | 2015/01/16 18:42

★ーーこんばんは、カバさん

私、実は橋下が大嫌いなんです。
感じておられるでしょうが、自分勝手で自分が一番の人間に行政のトップが務まるとは思えません。
体罰問題でも言って来た事ですが、まだ大人になりかけの子供を大人げない態度で断罪した行為は許す事ができません。
自分が目立ちたいだけの人間は底が浅いです。

>住民の相互交流を図る大阪市コミュニティ事業の廃止、
選挙前の公約を破って老人の無料パスを取り上げ、
公募区長・公募校長という名の恣意的な面接だけで自分の息のかかったろくでもない奴らを登用し

この人間は市民の事を本当に考えているとは思えませんね。
漏れ聞こえてくる情報でも、安倍同様、情が全然ありません。
そして口が実に上手いから、簡単にだまされる人間も出てくるのでしょうが、まるで心に響きません。
なぜ大阪の人は橋下を買いかぶるのでしょう。
佐賀県知事選の、樋渡氏とも通じるものがあると思いますが、いくら改革を口にしても、弱者を泣かせたらそれでおしまいでしょうに。
強者を敵に回しても、弱者へ陽を当てる、それが真の改革だと思いますよ。
カバさんのブログ、お邪魔しましたが、アメーバブログ会員ではないので、四苦八苦してしまいました。
ちょっと、酔いを覚まします(笑)

投稿: まるこ姫 | 2015/01/16 19:31

まるこ姫さん、こんばんは

安倍政権、憲法改正〔9条)のためには何でもあり、閣議決定、今度は維新に秋波ですか。
今までの選挙でも自民党に大きく票が流れたことも無いので、参議院は小選挙区制の衆議院と違って、大勝は無理です。
9条改正に慎重な公明党を、9条改正に前向きな維新に入れ変えようとしていますが、2/3を取れますでしょうか。
自民党は公明党を崩すしか無く、公明党はどこまで自民党にくっついて行くか、にかかっているかと思います。

橋下市長は住民投票でノーを突きつけられて、政治家を辞め、そのまんま東のようにテレビの世界に戻って、行列のできる法律相談所のひな壇に座っていた方が良いと思います。
二重行政は大阪だけで無く、高知もそうだし、中心都市が巨大化している都府県は多いと思います。
二重行政を無くすには、市町村の広域連携が大事であって、都構想で無くとも実現できるはずです。
まして道州制を導入するなら、大阪都は消滅し、都構想は不要です。
都構想よりもずっと大事なのが、基礎自治体にお金と権限を移譲する地方分権です。
大阪都が国のように巨大な権限を持つ都構想ではありません。
政治家としての勝負する物差しが間違っています。
市長自身が言うように、政治家を辞めた方が良いと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2015/01/16 20:07

お忙しいところ、ご来訪いただきましてありがとうございます。苦労をかけてすみません。

投稿: カバ | 2015/01/16 20:26

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

安倍首相は、何でも自分の思い通りにしたい人なんですね。
平和憲法の、どこがみっともない憲法なのか、私には分かりません。
解釈改憲で閣議決定、今度は念願の憲法改正に向けて数の力を総動員する気ですよ。
安倍首相はすっかり信任されたと思っていますが、小選挙区で24%しか自民党に入れていないのにね。
参議院でも自信満々なのではないですか?
公明党を排除して、維新を入れ替えるつもりなんでしょうか。
補完勢力がうじゃうじゃいますから、大船に乗ったつもりかもしれません。
公明党はどこへ向かうのでしょう。
平和の党なんて、単なる信者向けのネーミングですよね。

橋下は、常に大言壮語をぶちかまします。
住民からノーを突きつけられたら政治家を辞めるなんて言っていますが、本当に止めてもらった方がどれだけうれしいか。
あの、人を人も見ない不躾な物言いなんて見たくもありません。

>二重行政を無くすには、市町村の広域連携が大事であって、都構想で無くとも実現できるはずです。

これって、個別的自衛権と、集団的自衛権のような感じがします。
個別で対応できるものを、集団的自衛権で無いと対応できないと詭弁を使う安倍政権そっくりではありませんか。

>都構想よりもずっと大事なのが、基礎自治体にお金と権限を移譲する地方分権です。

やはり、予算と権限を渡す、それで大方のものが解決するのではないでしょうか。
安倍も橋下も、とても独りよがりな人間かと思います。
おっしゃるように橋下は政治家を辞めた方が良いですよ。
いつもいつも狼少年のように吠えるばかりでは。
どんどん化けの皮が剥がれていきますね。


★ーーこんばんは、カバさん

やっと登録完了しました。
何せ酔っているもので、無い頭が余計に働きません(笑)

投稿: まるこ姫 | 2015/01/16 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/60978585

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相、憲法改正に向けて維新に急接近:

« 宗教戦争にならないか、それが心配だ | トップページ | 表現の自由のダブルスタンダード、仏のご都合主義 »