« 安倍首相、憲法改正に向けて維新に急接近 | トップページ | 1、17に外遊で不在の安倍首相、仏反テロ、首脳の行進が捏造、え? »

2015/01/16

表現の自由のダブルスタンダード、仏のご都合主義

フランスの風刺週刊紙シャルリー・エブドは、長年イスラム教を
侮辱するような事を(イスラム教徒から見たら許せない愚行)風
刺画に書いてきたが、イスラム過激派によって本社襲撃事件が
起きて、とんでもない悲惨な事件に発展してしまった。

欧米社会は、”表現の自由”を認めるべきだとして世界的デモ
に発展した。
私も、もちろん表現の自由は絶対にあってしかるべきだし、言論
統制はあってはならないとも思っているが、宗教にはその宗教
によって価値観が大きく違い、正義の味方とばかりに侮辱した
り、からかったりする行為はやっぱり慎むべきだと思う。
国の権力者に対しての風刺は大いに結構だが、信仰心の心の
中までズカズカ入る必要がどこにあるのか。
しかも、十派ひとからげで、一般のイスラム教徒まで迫害する、
反イスラムはどう考えても行き過ぎだ。
結果的には、表現の自由を盾に、他の宗教を侮辱したシャル
リー・エブドによって、人類や宗教に対して、大きな溝や怨嗟を
残しただけに思う。
なぜ、そのシャルリー・エブドがヒーロー扱いされるのだろう。

不思議な事に、あれだけ表現の自由を声高に叫んでいた仏が
テロ擁護の発言を一斉に取り締まりをしていると言う。
仏芸人、「テロ擁護」発言で裁判へ               
               AFP=時事 1月15日(木)7時34分配信

>仏当局は、先週の風刺週刊紙シャルリー・エブド本社襲撃事
件以降、「テロを擁護」したり「テロ実行の脅迫」をしたりしたとさ
れる計54件の事件の捜査を開始しており、デュードネ氏の身柄
拘束もこの一環だ。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

表現の自由を表現しても良いのは欧米社会だけのものなんだ
ろう(皮肉)
もちろん暴力による行為は論外だが、西側の理屈は最大限に優
先するが、それ以外の国なり宗教なりには表現の自由はないの
だろう。
イスラム原理主義者には、表現の自由など認めないのだろう。
どれだけご都合主義なんだか。。。。。
ダブルスタンダードも行きつくところまで言った感がしてならない。
やっぱり欧米社会は、表面的には自由だの平等だの言っている
が内心では、黄色人種や黒人に偏見を持っているのだろう、そ
のくらいの想像はつく。

<ローマ法王>「表現の自由にも限度」他者の信仰侮辱を戒
め  
              
                 毎日新聞 1月16日(金)13時8分配信

>フランシスコ・ローマ法王は15日、テロを厳しく非難する一方、
「他者の信仰を侮辱したり、もてあそんだりしてはならない」と述
べ、「表現の自由」にも一定の限度があるとの考えを述べた。

こんなことを言うローマ法王も、フランスの体制の捜査対象にな
るかもしれない、これも皮肉。
フランスの締め付けによって、イスラム過激派はどんどん過激
になって行くだろう。
世界のあちこちで、報復合戦が始まって行くとしたら、泥沼化す
る。アメリカのテロ再現か?
お互いにとても不幸なことだ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 安倍首相、憲法改正に向けて維新に急接近 | トップページ | 1、17に外遊で不在の安倍首相、仏反テロ、首脳の行進が捏造、え? »

コメント

 表現の自由を主張する前に 様々な意見や考え方を認め尊重することで 表現の自由を口にできるのではないでしょうか
ある意味 テロも表現の一つだと考えると 歯止めの利かない表現の自由も怖いですね

投稿: てつお | 2015/01/16 18:36

★ーーこんばんは、てつおさん

表現の自由って、便利な言葉ですよね。
しかし、表現の自由にも責任は伴うと思いますね。
何を言っても良い、やっても良いと言う事にはならないと思いますよ。
暴力も表現の自由の一つと認定すると、今後、恐ろしいほどの表現の自由が出てきそうです。
これも怖い事ではありますよね。
だからこそ、”表現の自由”を簡単に使って逃げる口実にして欲しくありませんね。

投稿: まるこ姫 | 2015/01/16 19:20

王矮虎です。

 「ヴォルテールの国では涜神は犯罪ではない。むしろ権利である」というお国柄ですから。もちろんこんな「権利」を勝ち取るまでには多くの血が流れました。勝ち得た権利を制限しようとする動きに対して反発するのは(彼らとしては)当然の反応と考えます。
 さらなる血が必要だという渇いた狂信者は、人為的な手段でも自然災害でもなく、神罰としか判断しようのない、科学的に説明できない事象による報復が行なわれるよう祈るべきでしょう。

 私が恐れるのは「テロは怖いねえ。口をつぐんでいようね」という風潮が蔓延することです。ああ、すでにわが国ではそうした動きがネットを中心に盛んですけどね。

投稿: 王矮虎 | 2015/01/16 20:00

★ーーこんばんは、王矮虎さん

西欧には日本に無い歴史があるのは百も承知ですし、大陸での国家間の諍いも侵略もあったでしょうが、近代になっても昔取った杵柄、、アジアやアフリカを植民地にしていた名残があるのではないですか?
移民が大勢を占める今になっても、まだ一部民族を下に見る風潮があって、もちろん宗教に対してもそうでしょう。
やはり、宗教には触れてはならない部分は絶対にあると思います。
他者から見てどんなに異様であろうと、教徒にとっては当然の世界で、それを揶揄してはいけませんよ。
風刺するなら、国家権力に対してで、弱者にではないと思っています。
テロは確かに怖いですが、それに至る過程があるわけで、西側もよくよく考えた方が良いですよ。
日本の場合、過剰に反応し過ぎだと思いますよ。
私は、なぜサザンの桑田が謝罪したのか、さっぱり分かりません。
ちょび髭をつけたまでは見直していたのですが、謝罪をした時点でガッカリしました。

投稿: まるこ姫 | 2015/01/16 21:37

まるこ姫さん、こんばんは

表現の自由の国、フランスの絵に描いたようなダブルスタンダードですね。
フランスの表現の自由、それもマスコミの表現の自由は認めるが、イスラムの、それも個人の表現の自由は認めない、どこが表現の自由を尊ぶ国なんでしょう。
フランス革命で、国家や宗教から、表現の自由を勝ち取って、それを尊重するのは素晴らしいことですが、自分たちを抑圧する国家権力ではないイスラム信者相手の許容範囲を超える表現の自由は言葉による暴力に過ぎません。
アルゼンチン出身のローマ法王は、イタリア、ドイツ、ポーランド出身の法王とは異なり、多様な価値観を認めています。
安倍政権がアメリカの命令で集団的自衛権を行使して、テロの標的にならないか、危惧します。

西洋の価値観を押しつけてくる反捕鯨団体のシーシェパードを思い出します。
石油が見つかるまで、鯨油採取のために鯨を捕りまくったの欧米です。
日本のように何かから何まで利用せずに、鯨油だけのために。
鯨が大切なら、同じ先祖の偶蹄目から進化した牛も鯨以上に高等です。
人間が最上位、別格とする考えが発展し、白人至上主義、優生思想を生み、自然破壊に繋がっています。
生きとし生けるもの、環境に適合するよう、一生懸命生きており、優劣の差はないと思います。

投稿: 愛てんぐ | 2015/01/17 17:57

まるこ姫さま こんばんは
 まるこ姫さまの言うとおりです。全く「強き者のエゴ」ですね!。
 もし、キリストを諷刺されたら、どのように反応するのでしょうか?。私も、弘法大師を諷刺されたら腹が立ちますよ。
 地区の区長に「区民の名簿を下さい」と言ったら、「個人情報保護法で出せません」と言われました。隣の地区では出しておりますし、防災対策では「個人情報は関係ない」となっております。
 これも「個人情報保護法」を、自分の都合で悪用した「なまくら」の例です。
 権力者は、何でも自分の都合の良いように利用、悪用するので、本当に困りますね!。

投稿: がんちゃん | 2015/01/17 18:03

★ーーこんばんは、愛てんぐさん

”表現の自由”、とても響きの良い言葉ですが、白人社会においてですかね。
イスラム教徒。移民にとって、表現の自由はあるのでしょうか。
”表現の自由”も立場によっては、大きく異なるのでしょう。
欧米社会にとっての表現の自由は、上から目線ですね。
ご都合主義も良いところです。
欧州は、とても自由な社会だと思っていましたが、地位と立場によっては大きく異なる自由な社会と言う事が良く分かりました。
日本同様、本音と建前の社会だったです。
権力者に対する風刺画はどんどんやって欲しいと思いますが、信仰に対しての風刺画はどう考えてもなじみません。
イスラム教を揶揄するような風刺画は、言葉による暴力ですよ。
それによって大規模なテロが行われ、これからイスラムによる報復も世界各地で行われるでしょう。
欧米社会は、力で抑え込もうとしていますが、私は力では絶対に根絶できないと思います。
力で抑え込もうとすればするほど、それに対する反発が起きます。
泥沼化するのは必至ですよ。

>アルゼンチン出身のローマ法王は、イタリア、ドイツ、ポーランド出身の法王とは異なり、多様な価値観を認めています。

欧米社会は、なぜ違った価値観を認めようとしないのでしょう。
欧米社会が絶対だと考えるのは大きな間違いのもとだとなぜ気付かないのでしょう。
持てる者の傲慢ですよね。
日本も欧米社会の傲慢を他山の石だと考えないと、そのうちには日本にも被害が及びますよ。
集団的自衛権行使で、アメリカに追随する行為は危険そのものです。
イスラムを侮るなかれ。ですよ。
一般のイスラムと異なり、過激派は何をするか分かりません。

>人間が最上位、別格とする考えが発展し、白人至上主義、優生思想を生み、自然破壊に繋がっています。

もう、世界は白人、黒人、有色人種の区別は無くなったと思っていましたが、根っこは白人至上主義が今に至るまで続いていたのですね。
だからこそ、今回の最悪のテロ事件にまで発展したのでしょうが。
資本主義も行き詰まり、宗教でも行き詰まり、世界は終末に向かっているのでしょうか。

★ーーこんばんは、がんちゃんさん

おっしゃる通り、弱肉強食、人間のエゴが如実に表れたテロ事件でした。
やはり、人間の心の中まで踏み込む、フランスの風刺画は行き過ぎだと思いますよ。
とくに宗教は価値観が異なります。
土足で踏み込むような風刺画を、当然だとみなす欧米社会に強者の論理を見ました。
フランスにイギリスもアメリカも同調していますが、肉食(ビーフ)の論理なんですかね。
もし、キリストが侮辱されたら敬虔なキリスト教徒は怒り狂うでしょう。
誰だって、自分の信仰の象徴が誹謗中傷されたら黙ってはいないでしょうに。

個人情報保護法は、いいような悪いような。。。。
災害にあった時に、地区の高齢者の情報を開示するように地区の役員なりが役所に言ってもなかなか開示されないようです。
いざとなったら役に立たないとも言われていますよね。
人間が考え出した法律が、いざとなると不自由極まりない。
権力者の考える事は、庶民の考えとはほど遠い現状なのではありませんか_

投稿: まるこ姫 | 2015/01/17 20:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/60983234

この記事へのトラックバック一覧です: 表現の自由のダブルスタンダード、仏のご都合主義:

« 安倍首相、憲法改正に向けて維新に急接近 | トップページ | 1、17に外遊で不在の安倍首相、仏反テロ、首脳の行進が捏造、え? »