« 改憲漫画などで押し付けられた憲法と誘導すればするほど矛盾が | トップページ | シャーロット狂騒、ヒステリックな過剰反応で抗議が殺到 »

2015/05/06

木村首都大准教授の分かりやすい憲法観、反対派も賛成派も必読!

私は改憲には反対だが、いかんせん素人に付き、なかなか理
論だって賛成派を説得できるところにいない。
この、木村首都大准教授の憲法観は本当に分かりやすい。
若手で活きの良い憲法学者の憲法観は冷静で理論だっている。

賛成派も、反対派も、安倍首相の言動がどれだけ変なのか、民
主主義を冒とくしているか、これを読めば一目瞭然だ。

私を含め、前の記事にコメントをくださった、てつおさん、おいち
ゃんさん、おにぎり侍さん、H・Kさん、Kingyo さん、 サクラ日記さ
ん、”みっともない憲法””押し付けられた憲法”の疑問が一気
に氷解すると感じた。
ぜひ、読んでみてください。

なぜ改憲? 説得力欠く 木村首都大准教授

>本来、憲法改正は国民の間で今の憲法のこの条項を変えた
い、という気持ちや理念が広く共有されて出来上がっていくもの
です。今の状況で(国民に)そういう気持ちがあるのかというと、
到底ないと思います。

Kingyo さんからも、”憲法は国民の大多数から改憲の要求が
あってから検討すべきものであって”
とコメントをいただいた。
憲法学者の理路整然としたコメントと、私たち一般人が考える
疑問も、そう遠いものではないと、とてもうれしく感じた。

>安倍晋三首相は改憲に意欲的だと言われますが、なぜ改憲
が必要なのか理由が分かりません。

これもそうだ。
なぜ国民が求めていないのに、改憲が必要と考えるのか、私
達にはさっぱり分からない。
理由も語っていないし。
だた、日本国憲法を”みっともない憲法”と考えている事だけは
分かる。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

>「押しつけ憲法」との指摘がありますが、果たしてそうでしょ
うか。

このくだりは、素人でも良く分かる。
改憲賛成派の、米国に押し付けられたからというのは、やはり
無理がある。という事だ。

>もし安倍首相が日本国憲法に正統性がないと感じるのなら
選挙には出るべきではないし、首相を任命する天皇陛下に対
し、(今の)天皇には正統性はないと言わなければいけません。

これも圧巻だ。
ツィッターでどなたかが
”現行憲法が「恥ずかしい」ものなら、その憲法の規定によって
選ばれた首相は恥ずかしい内閣の恥ずかしい総理のはず”

そうだよね。。。。。
今の憲法をみっともないと公言してはばからない首相だが、自
ら天に唾している事が分かっていない。
安倍首相の顔はべッタベタの唾だらけに違いない(笑)

>いくら地元が反対しても、その声には耳を貸さない。選挙で
勝った内閣は国民からの白紙委任を受けて何でも決めること
ができると思っています。それが安倍首相の憲法観だからで
す。

私も、安倍首相の政策に反する誰がなにを言っても聞かない
と言う事は、たとえ17%の人間しか支持していなくても、”選
挙で勝利をおさめた自分は、なにをしても良い、許される。
国民から大きな力を与えられた”
と思っていると感じる。
私的には、すごい勘違いをしていると感じるし、安倍首相の憲
法観はあまりに身勝手すぎて痛々しい。

Photo

本当にとんでもない人間が首相になったものだ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 改憲漫画などで押し付けられた憲法と誘導すればするほど矛盾が | トップページ | シャーロット狂騒、ヒステリックな過剰反応で抗議が殺到 »

コメント

安倍首相が今の憲法否定するのは 思うように好き勝手ができないと思っているから みっともない憲法などと屁理屈を言っているのでしょうね
本来憲法は権力者が好き勝手なことが できないようすることが目的なのですが 安倍首相には理解できないようです
今の憲法でも かってに解釈をして 暴走気味な安倍首相たちに 自分たちに都合の良いように 憲法を変えられたら 日本がどうなってしまうか 不安しかありません
それに憲法本来の目的から逸脱している憲法になる恐れが多いにあると思います

投稿: てつお | 2015/05/06 19:22

納得しながら読ませて頂きました。
現行の憲法を否定することは天皇を否定することですか。
なるほどです。
となると、国民世論の希望及び天皇陛下を否定したうえで改正すべき事となります。
総理は天皇陛下により任命されます。
となれば、天皇陛下に異議申し立てもする必要があるように感じます。
そんな度胸は安倍晋三には毛頭ありません。
親の七光りで国会議員になり、姑息な悪知恵だけで総理になっている人物ですので。
天皇陛下と安倍晋三の言葉、今までその重さの違いの大きさを感じてましたが、教授の文書を読んでそれが理解できました。
ここでもう一つ付け加えるとするならば、先の衆議員選挙は、合憲もあるものの多くが違憲状態もしくは違憲との判決が出てます。
現憲法の下で選ばれいる総理が、司法では違憲との判決が有り天皇陛下をも否定する、その状況でこのような強硬が許されて良いのでしょうか。
安倍晋三という大ばか者を一刻も早く国会議員の座から追放しないととんでもないことになると思います。
またここで思うのは、竹田何とかは明治天皇の玄孫とうたいながら改憲を主張してます。
このような口先だけ達者な論理矛盾者をテレビで出している現状、これにも憤りを感じます。
安倍晋三は帰国後ゴルフ三昧だったようです。
日本国を私物化し、己の幼稚な我がままだけで国を操るの行為は許されるべきことではありません。
明日からの国会で、腹痛でもなんでも良いので安倍晋三にストレスを与え、長期療養等理由は何でも良いので、総理辞任に追い込んでほしいものです。
「そこまで言って委員会」での、辛坊、金、竹田、加藤、長谷川、桜井、津川、桂等々の発言に勝手な論理と感じてましたが、その論理の根拠の無さの一部が分かったように思います。

投稿: サクラ日記 | 2015/05/06 19:32

★ーーこんばんは、てつおさん

おっしゃる通りだと思います。
安倍首相は、日本の憲法をみっともないと否定しますが、裏を返せば、自分が思い描いた憲法ではないと言う事になりますよね。
立憲主義の意味もまともに分かっていないのが安倍首相だと感じます。
憲法とは国民を縛るものではなく、権力者を縛るもの。
目から鱗です。
良識ある人や憲法学者がどれだけ安倍首相の憲法観がおかしいと理論だって説明しても、理解できないようです。
よほど読解力や理解力が無いのでしょうか。
こんな人間とそのお友達によってこの国の憲法がもてあそばれているようでとても不気味ですよね。
自民党の改憲草案なんてとんでもないものですよ。
これがもとになれば、歪で醜い国家になってしまいますよ。
失われてこの憲法の初めて尊さが分かるんですよ。


★ーーこんばんは、サクラ日記さん

多少の読解力で、この木村氏の言わんとする事が理解できますよね。
目からうろこの話ばかりです。
天皇は平和に対してものすごい願望を持っておられる方だと思います。
やはり戦争体験に基づくものもあるのかもしれませんね。
その天皇と打って変わって好戦的なのが安倍首相です。
憲法を否定すると言う事は天皇をも否定するという事だとすれば、醜い憲法と言う安倍首相は天皇をも否定している事になりますね。
改憲にしゃかりきになっている安倍首相の覚悟がみたいものです。
気が小さいくせに、悪知恵だけは長けています。

おっしゃるように、天皇と安倍とでは格が違いますよ。
品性も知性も格も月とスッポンです。

>現憲法の下で選ばれいる総理が、司法では違憲との判決が有り天皇陛下をも否定する、

そうなんですよね。違憲状態とか、違憲とかの判決がほとんどです。
憲法違反下で選出された議員達に、憲法を変えられそうになっている事も怖い事です。
”悪貨は良貨を駆逐する”そのものの日本。
声の大きなもの勝ち、言ったもん勝ちのこの国は、本当にどうかしています。

>竹田何とかは明治天皇の玄孫とうたいながら改憲を主張してます。

この人、どんな神経をしているのでしょう。
天皇と親戚関係にありながら天皇を否定する。それもマスメディアにでてきての発言ですからね。

そして、安倍首相は又ゴルフ三昧ですよ。
この人は、自分に反対する声は何も聞こえないのでしょうが、あまりに低俗・低脳で、なんとかなりませんかね。

>「そこまで言って委員会」での、辛坊、金、竹田、加藤、長谷川、桜井、津川、桂等々の発言に勝手な論理と感じてましたが、その論理の根拠の無さの一部が分かったように思います。

この人たち、皆が同じような思考をしています。
影響力のあるテレビに出てきて、自分勝手な理屈を述べて視聴者を洗脳している訳ですから、自己中が増えるはずです。
ただ今、自己中患者増殖中ですものね。

投稿: まるこ姫 | 2015/05/06 20:17

こんばんは。
木村草太氏、少し前のAERAにインタビュー記事が載っていましたね。若い学者さんでこういう人が出て来ると、とても頼もしく感じます。
安倍に「文言なんてどうでもいい、自分たちで決めた閣議決定も含めて憲法の文言なんかは関係ないのだ」「内閣あるいは選挙で選ばれた人たちが判断をして、それで審判を受ければいい」というふうに思わせているのは、私たち国民の政治に対する無関心が原因でもありますね。
やはり、一人ひとりが政治に関心を持ってしっかり考えて、おかしいと思ったら声を上げていくことが必要なんでしょうね。
今の日本でどれだけのことができるのか、はなはだ疑問ではありますが・・・。

投稿: cokage | 2015/05/06 20:22

★ーーこんばんは、cokageさん

木村草太氏、報ステにもちょいちょい出演して正論述べていますよね。
古館は聞いているフリして自分の意見を述べず、すっかり及び腰になっていますが。
若い力が正論を語ってくれる、本当に頼もしい限りです。

それに引き換え、安倍首相の姑息な事は。
選挙で選ばれた党は白紙委任状をもらったと勘違いしています。
こんな自分勝手な人間が日本を治めている訳ですから、日本が劣化する訳ですよ。
おっしゃるように、半数の有権者が投票に行かない、有権者の17%程度が自民党に投票して、それでこの国の根幹が変わってしまうかもしれないなんて恐怖そのものですよ。
4分の一にも満たない票で勝ったから日本をどのようにも変えられると思っている安倍首相ですから考えが姑息ですよね。
謙虚さのかけらもありません。
それに対抗するには、やはり投票に行く事こそが、自民党に取って脅威になるのではないでしょうか。
野党よりマシだとか、他に政党がいないとか、そんないい加減な関心ではこの国はますます悪くなるでしょうが。

投稿: まるこ姫 | 2015/05/06 20:37

こんばんは、
「そこまで言って委員会」に出てくる連中は頭が右に傾いた連中でしょ?明治天皇の玄孫とか称する竹田某、この連中と安倍政権の連中、維新の連中、発言に重みがまるっきりない、ドイツのメルケル氏どころか、あのマララさんの言葉の方がはるかに重みがありますよね、天皇陛下を否定してまで憲法を変える度胸は安倍晋三にはないでしょうが、サクラ日記様が仰るように、この兇悪な狂人を早いところ国会議員から引きずり下ろさないと何をしでかすかわからないですよ、木村准教授の文章は非常にわかりやすく、とてもいい文章だと思います。

投稿: おいちゃん | 2015/05/06 20:39

★ーーこんばんは、おいちゃんさん

木村草太氏の文章、分かりやすいですよね。
しかも若いから頼もしい。、こんな人が日本の明日を担って欲しいと感じました。

サクラ日記さんもおっしゃっておられますが、「そこまで言って委員会」の見事に思考がそっくりで醜悪な意見は、すごいですよね。
安倍のお友達は思考がグロテスクです。
ドイツのメルケルさん、長く首相をやっている方だけあって国民からの信頼も、ものすごくあると聞きました。
思慮深い方でもありますし。
内政干渉と取られないように日本に進言しているのに、この政府は石持て追いました。
安倍政権は国際感覚から、外れているのではないですか?
ホント、あんなに若いのにマララさんの言葉の重みはすごいです。
胸に響きましたもの。

多分、安倍は自分と対照的な天皇は否定したいのは山々でしょうが、やはり覚悟も度胸もないのでしょう。
安倍の小者感が際立ちます。

投稿: まるこ姫 | 2015/05/06 20:52

こんばんわ。
今日で、「黄金週間」が終わって、明日から「仕事始め」を向かえるH.Kです。
この黄金週刊の天気は、「晴れ」あれば、「雨」(特に日曜)もあり、天候が激しい日でしたね。
この黄金週間は、「日曜」は、墓参りと、「月曜」は「名古屋・リニア館」へ行った以外は、「家でゴロゴロ」でした。bleah
さてさて話を変えまして・・・。
まさに、「木村教授」の話の通りですね。
特に「押しつけ憲法」の言葉は、頷けますね。
改めて思いますが、安部氏は本当に「憲法改正」に、拘っています。
このまま行けば、「野党側」や「国民の声」を耳を傾けず、平気な顔して、「ごり押し」で突き進む気で行きますね。

投稿: H.K | 2015/05/06 21:40

こんばんは、まるこ姫様。
木村准教授の論文…と言って良いのかな?…拝読しました。スッキリ!!o(^-^)oですね。
やっぱ、Abe晋三や自民党や櫻井なんとかたちはヘンですよ。オカシイですよ。
このままAbe晋三たちの好きなままにさせると、先人たちの想いを無にすることになると思います。
憲法を憲法足らしめる為にも、国民が努力しなければダメですよね。

投稿: Kingyo | 2015/05/06 22:17

おはようございます。

いつも真実に迫るメルマガ、有り難うございます。
以前2回程、出没し、偉そうな書き込みをしてしまいました。大変申し訳御座いませんでした。
今回、憲法に関する記事でしたので、まるこ姫様に、ぜひ知って頂きたい政党、インターネット政党 「新党憲法9条」
が4月29日、立ち上がりました。私は応援しますが、まる子姫様にも、拡散に協力頂ければ有りがたいと思い
今回出没させて頂きました。HPは  http://new-party-9.net/ になります。
HPを観た感想だけでもコメント頂ければ嬉しいです。


投稿: 北の旅人 | 2015/05/07 02:02

まるこ姫さま、こんばんわ。

この人(木村草太氏)の素晴らしい所は、余計な主観を入れないってとこですかね。
加えて、辛辣な批判もしない。
あくまで、憲法学という観点からこれは合憲、それは違憲という判断を明確に下し、その根拠・論拠をわかりやすく説明してくれます。

日頃、誰それを論破したとか言ってドヤ顔してるネトウヨが最も嫌うタイプでしょうね。

自分達に都合のいい部分だけつまみ食いして、議論を吹っ掛ける歴史の話とはワケが違いますから。

私もここ1、2年の間で、すっかり木村氏のファンになってしまい、彼の著作はもちろん、登場する(ラジオですが)番組は可能な限りチェックし、録音して保存しています。

4月から報ステのコメンテーターに器用されていますが、これはテレ朝のヒットですね。
表立った批判はしないでしょうが、話す内容は破壊力抜群の正論ばかりになると思います。
これでは政府も露骨な圧力はかけにくいはずですが、さて、いつまでテレ朝が器用し続けられるか…。

とにかく、これから審議される集団的自衛権の関連法案に関して、どんなコメントをしてくれますかね。

もともと昨年閣議決定された法案だって、土台が憲法違反で成り立っており、木村氏に言わせれば自衛隊に犠牲者が出て集団訴訟にでもなったら、とても法的に勝ちきる自信も根拠もないという代物ですから。
なんとか歯止めをかけてもらいたいですね。

公明党の歯止め?
あれは、自衛隊の中に学会員がいたら、その人達だけは前線はおろか、後方支援の現場さえ行かせないという意味の“なんちゃって歯止め”じゃないんですか!?
で、そんな噂を知った日頃学会をボロクソになじっていたネトウヨが雪崩を打って入信…。

まあ、それは冗談ですが、今までの流れを見ていたらあんまり信用はできないですね。

木村氏は現在、毎月第1・第3日曜日、沖縄タイムスに「憲法の新手(しんて)」という連載を持っています。
過去の連載分もネットで読めますので、まだお読みになっていない方は是非!!

投稿: 肉山会 | 2015/05/07 02:24

お久しぶりです。
最近は,せっかく司法ネタが出てもコメントせずじまいでした。
関東に帰って独立して,暇になるはずだったのですがなかなか(独立はしました。)。

木村草太先生というと,『憲法の急所』(羽鳥書店,2011)が比較的有名です。そこでしか見掛けたことがなかったのですが・・・。
経歴的には,東大法卒,卒業即助手ですから,学者としてはかなりのエリートです。教授昇進も近そうです。
まだ35歳くらいで,テレビで政権批判を展開できるというのはすごいですね。
改憲派の小林節先生も,少なくとも安倍政権の改憲には反対に転換したようですし,まだ憲法学者は捨てたものではありません。

後は,国家からマイナンバーで監視されなければ良いのですが・・。

投稿: jurist60176 | 2015/05/07 14:49

★ーーこんにちは、H・Kさん

仕事始まっちゃいましたね。
長いのか短いのか分からない日々でした。
行楽に行く方はお天気が気になるでしょうが、私は家で犬(14歳半)とのんびり・まったりでした。
今日は体がなまっていて、本気出すのが大変でした(笑)
H・Kさんは、お墓参りでしたか。。。
あいにくの雨でしたね。

木村草太氏の記事は、とても意義があると思いました。
素人は頭に浮かんでいてもなかなか言葉に出来ないです。
さすが憲法学者だと思いましたね。
その憲法学者が正論を語っているのに、安倍は自分が一番正しいと思っているのですから、始末に負えません。
これから突っ走りますよ。

★ーーこんにちは、Kingyoさん

私もすっきりしました。
私は頭に浮かぶものの、なかなか言葉に出して表せなかったですが、彼は簡単に解説しちゃいましたよね。
さすが、気鋭の憲法学者です。

>やっぱ、Abe晋三や自民党や櫻井なんとかたちはヘンですよ。オカシイですよ。

本当ですよね。
私たちの考える憲法とは全然違う世界観を持っているようで、いくら正論を言ってもあの人たちの心には入らないのでしょうか。
本当に不思議な人たちです。
安倍首相は長い休暇が終わり、また経団連の人間とゴルフにいそしんだそうですが、どんどん突っ走りますよ。
国民もしっかりしなければいけませんが、野党がもっと毅然とした態度で政権を追及してほしいですよね。

★ーーこんにちは、北の旅人さん

偉そうな書き込みだなんて。。。。
誰が見ても非常識でない範囲なら、喜んでお受けしますよ。

>インターネット政党 「新党憲法9条」が4月29日、立ち上がりました。

天木さんですよね。
この方のブログが閉鎖?になり、新たな党を立ち上げると予告していらっしゃいましたよね。
私、辺野古沖には二回ほど寄付をしましたが、まだ天木氏に寄付と言うのが、そこまで踏み切れないのですよね。
趣旨は良く分かりましたが、今とても悩んでいます。


★ーーこんにちは、肉山会さん

木村草太氏、この人素晴らしい人ですね。
報ステにも出てきて正論述べていました。
古館は、ビビってしまってあまり突っ込みませんが。

>この人(木村草太氏)の素晴らしい所は、余計な主観を入れないってとこですかね。
加えて、辛辣な批判もしない。

この憲法学者は手ごわいですよ。
政権の側の人間は太刀打ちできないでしょうね。
別にヒステリックになって語る訳でもなく、冷静に憲法の趣旨を説明しているだけ。
それが妙に納得してしまうんですよね。
ネトウヨ・ネトサポとは頭の出来が違いますから。
木村氏の正論も理解できないのではないですか?
安倍政権やそのお友達・ネトウヨ達は、どうも私たちとは違う世界観を持っているようですから。
とにかく自分勝手な連中です。

>私もここ1、2年の間で、すっかり木村氏のファンになってしまい

ホント、だれもがファンになってしまいそうです。
涼しい顔をして、だれに遠慮もなく正論を語る。
素晴らしい人間ではないですか。
報ステも、この人を生かした構成にしてほしいですよね。
古賀氏の騒動で、古館は前にもまして及び腰になっていますから。
木村氏の発言は鉄板ですが、あの邪悪なごり押し官邸の考える事ですから、なにされるかわかりませんよ。

公明党なんて歯止めもなにも。。。
学会員に向けてのポーズ以外の何物でもありませんよね。
結局、自民党と同じくアクセルを吹かしちゃいますから。
もうこの党の騙しのテクニックにはうんざりですよ。
なぜ学会員が分からないのか、完全に洗脳されているのでしょうね。
アホらしい限りです。

それにしても若手のホープは頼もしいです。
尊敬しちゃいますね。

★ーーこんにちは、jurist60176さん、お久しぶりです。

色々お忙しそうですね。
関東に帰っていらっしゃったのですか?
独立されたそうで、おめでとうございます。

さて、木村草太氏、最近、新進気鋭の憲法学者じゃありませんか。
若いだけに今後の期待が持てそうです。

>経歴的には,東大法卒,卒業即助手ですから,学者としてはかなりのエリートです。

普通、東大卒だったら、あまり政権批判めいた事をしないと思うのですが、この方は批判とか擁護とかの次元と違うと感じました。
憲法の成り立ち、趣旨、解釈をまっすぐに述べているだけだと。
小林節氏も、安倍政権とは一線を引いたようですし。
おっしゃるように、憲法学者も捨てたものではないと感じる今日この頃です。

今秋、マイナンバー制度の12桁の個人番号の通知が始まります。
何だか、嫌な展開ですよね。
どうせ、個人情報がダダ漏れになるのではありませんか?

投稿: まるこ姫 | 2015/05/07 15:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/61547991

この記事へのトラックバック一覧です: 木村首都大准教授の分かりやすい憲法観、反対派も賛成派も必読!:

« 改憲漫画などで押し付けられた憲法と誘導すればするほど矛盾が | トップページ | シャーロット狂騒、ヒステリックな過剰反応で抗議が殺到 »