« 安保法案、「説明不足」81%  | トップページ | ポツダム宣言「首相は当然読んでいる」と閣議決定 »

2015/06/02

年金125万件の個人情報流出、マイナンバーへの影響

年金機構職員の端末がサイバー攻撃に会ったと、マスゴミは報
じているが、これはサイバー攻撃以前の問題じゃないのか。。。。

125万件の個人情報流出=職員端末にサイバー攻撃―年金
機構
             時事通信 6月1日(月)16時53分配信

>日本年金機構は1日、職員の端末がサイバー攻撃を受け、個
人情報約125万件が外部に流出したと発表した。いずれも加入
者の氏名と基礎年金番号が含まれ、うち約5万2000件には住所
も含まれていた。55万件は内規に反してパスワードが未設定だ
ったといい
>5月8日に職員が電子メールの添付ファイルを開封したことで
端末1台がウイルスに感染し、「異常な通信を始めた」という。外
部のセキュリティー会社に対策を依頼したが、他にも開封した職
員がいたとみられ、18日に再び不正アクセスを検知。翌19日、
警視庁に捜査を依頼したところ、28日に同庁から情報流出を伝
えられたとしている。

大体が5月8日に時点でウィルスに感染していたのに、すべての
職員が情報を共有していなかった事により、その後も感染してし
ている。
上層部も平の職員も危機意識が無さすぎるのではないか?

関係者を狙った攻撃で、添付ファイルを開封するとウィルスに感
染すると言うのは前々から報告されていた。
それを十分に認識していたのか、いなかったのか、年金機構の
職員は認識が甘すぎる。。。。
どんなにいい訳をしても、個人情報を扱う組織としてはお粗末そ
のもので、敵もそれが分かっていたのだろう。
攻撃を仕掛ける方としては、格好の狙いどころだ。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

そして19日になってようやく捜査依頼なんて、あまりに遅すぎる。
しかも、インターネットを扱う職員が、初歩中の初歩のパスワード
が未設定だったなんて考えられない。

125万件の情報が流出ってなんなんだ?
これで秋からマイナンバー制度が施行されるが、考えただけで恐
ろしくなる。
年金と違って、マイナンバーはほとんどの情報がそこに集まって
いる。
元が情報流出したら目も当てられないのではないか。
素晴らしいセキュリティーをかけていたとしても、それを使う方が
ヌケテいたのでは話にならない。

情報流出で、必ず被害に会うのが高齢者だ。
それでなくても、○○詐欺の被害が年々上がり続けているのに
国からの情報流出で、被害額が飛躍的に増えるのではないか。
これから高齢者に、ますます怪しい電話がかかってくる。
結果的には国が犯罪に関与しているのだから話にならない。

安倍首相が、“最後のお一人まで”と言っていた消えた年金問
題はいまだに解決せず、また新たに情報流出してしまった。
社保庁時代から始まり、年金機構も相変わらずの体質だ。

国民を一括管理できるマイナンバー制度なんて宝の山だ。
これの情報漏れも時間の問題だろう。

これから日常的に情報流出の報道がされるだろうと予測する。
年金情報漏れも怖いが、マイナンバー情報漏れはもっと怖い。
権力者に取って国民を一括管理できる事は願ってもない事だ
ろうが、管理される国民はまるで囚人のようだ。

それなのに情報が流出しても上層部が雁首そろえて謝罪をし
て終わり、そして誰も責任を取らない。これがこの国の伝統芸
だ。
無責任国家はいつまでも続く。。。。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 安保法案、「説明不足」81%  | トップページ | ポツダム宣言「首相は当然読んでいる」と閣議決定 »

コメント

王矮虎です。また余計なことを書き込みます。

 「サイバー攻撃」なんて笑わせてくれますね。添付ファイルがスキャンされずにユーザが開ける時点で、道に落ちていたものを食べて病気になるレベルの話です。拾い食いして病気になったバカが出たからといって「わが国の食の安全」を揺るがす事態になるはずがありません。問題の本質は、膨大な年金情報を扱う組織で、業務上の知識に欠ける愚か者(末端からトップまで)を三万名あまり飼育していたことにあります。
 社会保険庁時代は職員による不正アクセス、特殊法人になってもこのざまです。組織として存続することがセキュリティリスクになっているのではないかとの疑いを禁じ得ません。

――この問題を総理はどうお考えですか!?
 内閣総理大臣・安倍晋三でございます。この年金問題、思い起こせば民主党政権は必ず解決してみせると言っておきながら、何も解決できなかったじゃないですか。うるさい、そこの長妻。われわれ安倍内閣はやると言ったら必ずやります。強行採決してでもやります、民主党政権にできなかった約束、最後の一人、最後の一円に至るまで、安倍内閣の手で、しっかりときっちりとお支払いいただくことを宣言いたします!

投稿: 王矮虎 | 2015/06/02 19:45

添付ファイルをインターネットに接続したまま開封するとは
危機感の無さに呆れてしまいます 添付ファイルに 注意するのはネット社会では 常識中の常識なのではないでしょうか 
もっとあきれたことは セキュリティに外部の組織を平気で使うとは 情報を扱う資質が疑われます少しは外部の組織に任せるにしても 独自のセキュリティ対策を
講じておいて二重三重のセキュリティ対策を採っておくべきです

投稿: てつお | 2015/06/02 19:51

★ーーこんばんは、王矮虎さん

私も”サイバー攻撃”とは違うと思いました。
添付ファイルをいきなり開けると言う、そもそもの認識の甘さなんですよ。
サイバー攻撃だと報道されたので、え?と思いましたが、単なる認識不足ですよね。

>社会保険庁時代は職員による不正アクセス、特殊法人になってもこのざまです。組織として存続することがセキュリティリスクになっているのではないかとの疑いを禁じ得ません

私もそう思います。
まったく親方日の丸で、ネットの怖さを知っていない職員ばかりじゃないですか。
お金を扱う組織で、こんなんだったら滅茶苦茶怖いですよ。
マイナンバーも、情報漏洩が日常茶飯事に行われますよ。
大事な情報を取り扱っているという認識が無さすぎます。

>――この問題を総理はどうお考えですか!?

このくだり、最高ですね。
大笑いしてしまいました。
安倍は、戦争法案に関しても、都合の悪い事は民主党を引き合いに出して、どうたらこうたら。。。。
私、安倍の何が嫌いと言って、いつも民主党を引き合いに出して自民党はこれだけ立派にやっていると主張するところです。
自民党は自民党で良いじゃないですか。なぜ他党を下に見て、自民党の自慢をするんですかね。

★ーーこんばんは、てつおさん

>添付ファイルをインターネットに接続したまま開封するとは危機感の無さに呆れてしまいます 

まさにこれなんですよ。
サイバー攻撃だと報道されましたが、中身を見たらなんてことない事を、無知なるがゆえにやっちまったな。ってことでしょ?
初歩中の初歩も知らないなんてね。
本当にあきれ果てます。。
しかもパスワードも設定していなかった何で、どこまでアナログなんですか?
全員首にした方が良いですよ。
セキュリティ対策もなっていない。
年金基金内部では、セキュリティ対策をやっていなかったといことですからね。
お金を扱う組織がどんな脆弱なことやっているんですか。
マイナンバーも、情報ダダ漏れじゃないですか?
来年は、日替わりで謝罪をする図を想像してしまいました。

投稿: まるこ姫 | 2015/06/02 20:10

話はそれますが、これはネットを使用した公共事業の一環だと思います。ソフト製作会社に税金が投入されて、更には管理と称してわけわからん天下り用の外郭団体とか作りそうですね。

そもそもマイナンバー制度無理ですよ、1億2千万のデータ管理なんか不可能に決まってるしいらないです。

税金の無駄遣いに関しては政治家よりも地方公務員含めた役人の罪は遥かに重いと思います。

全国400万人の公務員に対して国会議員はわずか800人程度。。余りにも無力。

公務員400万人全員が来年の同額予算獲得の為に『使いきり馬鹿システム』 発動していたら税金いくらあっても足らないと思います。

脱線話すいませんm(__)m

投稿: けん | 2015/06/02 20:21

まるこ姫様、こんばんは、
 こんなことでマイナンバー制度なんてやったら個人情報なんて全部筒抜けになるんじゃありませんか?機動捜査隊をやっている友人が「なんだか囚人みたいで嫌だね」と
言っていました。それにしても5月8日にウィルス感染して
いたのに、なんで19日まで手を付けなかったのだろうか
?やることが遅すぎるでしょ?呆れてしまいました。自分がやりたいことはすぐに可決するくせに都合が悪くなると
すぐに「民主党の時よりはマシだろ」と逆ギレする。ああいう自己中な内閣は早く総辞職を願うだけ、そして2度と政権にかかわらないで欲しい、と思います。

投稿: おいちゃん | 2015/06/02 21:08

★ーーこんばんは、けんさん

マイナンバー制度が導入されるとき、また新たな利権が生まれると思いましたよ。
民間のどこそこが(大手)とか、外郭団体とかが儲かる仕組みになっているのではないですか?
システムに莫大な金がかかり、その維持管理にも金がかかります。
そして先進国では、この一括管理がいかに恐ろしいか、どこの国も辞める方向に行っているのに、日本は周回遅れで始めるわけですから。
情報もダダ漏れじゃないですか?
無理ですって。
米国の国防省でさえ、サイバー攻撃に頭を悩ましている訳ですから。
年金基金の、添付ファイルを開いたなんてアホみたいな、自称サイバー攻撃じゃないですよね。

大体が、政治家は官僚の手の上で踊らされているだけですから。
自分たちの権益は絶対に守りますわね。
政治家を動かして。
金が無い、金が無いと言いながら、どれだけ無駄遣いするんですかね。

★ーーこんばんは、おいちゃんさん

年金基金なんか、社保庁時代から、碌な組織ではなかったですが、この上にマイナンバー制度をやられたら、個人情報ダダ漏れですよ。
私は、権力者の考える一括管理なんて、大嫌いです。
自分たちが税を取り易いようにするための制度でしょうが、ゆくゆくは銀行口座まで管理するなんて事言っていますよね。
どこまで国民を縛るつもりでしょうか。

それにしても年金基金は、管理がずさんすぎますよね。
一人感染した時点で、すべての職員に通達しておけばよかったものを。
あまりに危機管理がなっていないし、意識も乏しいです。
本当にあきれ果てますね。
おっしゃるように、政権に都合の良い事はすぐに実行するのに、“最後のお一人まで”はどうなったんでしょうね。
そして何かあると、民主党を引き合いに出して自民党の自慢が始まる。
あんな自己中、見た事ありませんよ。
早く、この政権が潰れる事を祈っています。

投稿: まるこ姫 | 2015/06/02 21:26

こんばんは、まるこ姫様。
国のトップがあんなのですから、どこもかしこもタガが緩んでいるんでしょうね。
マイナンバー制導入を虎視眈々と狙っている輩はそこかしこにいるでしょう。
結局は国が泥棒に手を貸しているの変わらないですね。

投稿: Kingyo | 2015/06/02 21:36

★ーーこんばんは、Kingyoさん

おっしゃる通りですよ。
アホ首相にアホ年金機構で、危機管理能力もなければ危機意識も持っていない。
ネットに繋ぐのですから、万全な対策を取っているかと思っていたら、パスワードも設定していなかったと。
大事なお金を扱う組織が、お話になりません。
マイナンバー制度も運用開始と同時に、ダダ漏れだったりして。。。。
どう考えても一括管理は怖いですよね。
その中にすべてが収まっている訳ですから。
リスク分散て言葉、知らないんですかね。
国が抜けているから、泥棒はやり易いですよね。

投稿: まるこ姫 | 2015/06/02 21:43

馬鹿すぎてワラタ!というレベルですね。

投稿: noname | 2015/06/02 23:20

まるこ姫さま、こんばんわ。

ニュースリリースされる数日前に、すでに内部の職員とおぼしき人間が2ちゃんに書き込んでいたらしいですね。

社保庁がどうしようもないから解体して、日本年金機構に再生したはずがこのザマ。

結局、予想通り、看板の掛けかえに過ぎなかったということですか。

ということは、社保庁のクズっぷりを徹底的に暴いたジャーナリスト・岩瀬達哉氏が語ったことが今も行われているとすれば……

著名人の年金支払い状況は除き放題。ヒドイのは、自分が目をつけた飲み屋のオネーチャンの滞納気味の納付状況まで調べあげて、
“相談に乗るから”って食事に誘い出す職員もいたとか。

こんな調子でマイナンバー制度なんか始めたって、電車のなかに情報データを置き忘れる奴もいるでしょうし、非正規の職員なんぞは小遣い欲しさにデータを名簿屋に売っ払うなんて話が出てくるんでしょうね。

こうした輩は顔も名前も晒して、一般市民と同じように社会的制裁を受けるべきだと思いますが、こういう時の身内のセキュリティに関しては完璧ですから、コイツらの個人情報はしっかり保護され、誰も責任をとらない体制は維持され続けのでしょう。

“第一次”の頃は、安倍も公務員改革などと言っていましたが、今は全く逆。

奴等の既得権益はガッチリ護り、さらなる省益の拡大に手を貸しているようにさえ見えます。
自分の政策実現を邪魔させないために。

かつては、みのもんたの『サタずばっ!』などで「ザ・食いつぶし」といったコーナーを設けて、悪徳官僚の悪行を暴いたりしていたもんですが、最近ではほとんど見かけませんね。

(役所批判を)やったらどうなるか判るよね?
…なんて因果を含めるくらいの事はやってるかもしれませんね。
会食の時に。

こういう事は手抜かりのない安倍のことです。政権批判はもとより、官僚批判も御法度という指示が出ていても、なんの不思議もありません。

あの当時で、年間25兆を超える血税を食い散らかしていたと報道していましたから、現在の額は…
まあ、目が飛び出るでしょうね。普通に考えたら。

だからこそ、官僚のトップ連中は、こぞって安倍の無茶苦茶な政策だって、足を引っ張ることなく喜んで協力してきたのでしょう。

内閣法制局長官に法律の世界とは無縁の外務畑から小松一郎を連れてきて、戦争法案の足掛かりを作らせ、とうとうここまで来てしまいました。

安倍の無茶苦茶は言わずもがなですが、省益を優先する余り、自衛隊員や国民の命までないがしろにしようとする役人どもも許すことが出来ませんね。

投稿: 肉山会 | 2015/06/03 00:03

たびたびすみません。
訂正が一ヶ所。

除き放題→×

覗き放題→〇

投稿: 肉山会 | 2015/06/03 03:39

これは、サイバー攻撃でもなんでもありません。
普通に注意すべき事項です。
年金機構、所詮は社会保険庁の体質が未だに残っている組織で、もしかすると民間企業では役に立たない方々が集まっているのではないかとさえ感じます、このような報道を見ると。
何かあっても自分に何の影響も無い、そういったお役所組織、体質です。
そしてマイナンバー制度、国民を国家の監視下に置き、一部の企業や利権を増幅させるだけの代物でしょう。
システム開発には何億というお金がかかりますが、もしかすると過去に有った1円入札などされたのではと感じます。
コンピューターシステムは事後メンテナンスやフォローが不可欠ですし、一度導入するとメーカーを変えるのは困難です。
従って入札してしまえばそれで良し。
入札時に損をしても、その後のフォローにて十分に回収できます。
加えて、当然その企業は役人の天下り先となります。
過去においては大手電気メーカーではそのような事が行われていたと記憶しております。
今、経団連と安倍政権とが密接な関係になってます。
過去の癒着構造の様相を呈してきました。
未来志向どころか、軍事、政治等々、ますます先祖返りしていると感じます。

投稿: サクラ日記 | 2015/06/03 08:28

少し違う視点からのコメントです。
 おっしゃるように年金情報流出の状況は今秋実施が予定されているマイナンバー制(国民総背番号制)に大きな不安を抱かせますが、その不安はマイナンバー制にあるのではなく情報管理にあります。マイナンバー制に反対する方々のご意見も理解しているつもりですが、私はマイナンバー制が実際に使われている国で長いこと暮らし、その恩恵も受けたせいか、マイナンバー制に必ずしも反対ではありません。今ある不安ゆえにマイナンバー制が日本社会に円滑に導入出来ないとすればもったいないことと感じます。
 マイナンバー制の話は出ては消えを繰り返しましたが、最初に話題になったのが半世紀前の1960年代です。マイナンバー制に対する不安の源泉は、よく考えると、議論の出発点が日本に電子計算機が現われ情報社会の幕が開いた1960年代であったことと無縁ではないようです。電子情報が話題になった当初から言われていたことは「情報管理のため優秀な情報システムアドミニストレーターを育成しなければならない」ということでした。しかし高度成長の大きな声は即戦力(プログラマー)育成を要求し、その声をかき消してしまいました。それから半世紀、本当かどうかは知りませんし、それが必ずしも悪いわけではありませんが、現在日本の情報システムアドミニストレーターには外国籍の方が多いとか。
 もちろん国外でも情報流出の事件はたくさんあり、今回の事件の原因が日本の情報管理状況にあるとは必ずしも言えません。しかし詳細に見てみますと、国内外で起きている事件とは微妙な違いもあります。考えなければいけなのは、年金情報流出のような事件を最小化する一つとして優秀な情報システムアドミニストレーターを育成しようとしても、それが即座にできるわけではないことです。育成システムが有効に機能して優秀な情報システムアドミニストレーターが社会に供給されるまでには、教育に関わる他のことと同じように、とても時間がかかります。安倍が横暴を極める今に抗うと同時に、社会にとって必要な、しかし即座に結果が出ないことに今から取り掛かかることも考えてくださいね。少し前に生きた人間が得た教訓的コメントです。

投稿: RO-JIN | 2015/06/03 08:34

王矮虎です。また余計なことを書き込みます。

 私はマイナンバー制度に対し危惧しかいだけません。
  ・内部の善意の人間による過失
  ・内部の悪意の人間による犯行
  ・外部の善意の人間による過失
  ・外部の悪意の人間による犯行
これらすべてにおいてクリティカルな危険が存在するからです。
 年金機構の事例では年金番号、氏名、住所、生年月日、年金支払い状況が流出しました。マイナンバー時代においてはさらに納税情報や医療情報などもマイナンバーにひも付されますから、現状より漏洩のハードルは低くなると考えられます。
 霞が関のお役人によって行なわれる制度設計が情報セキュリティ的に適切なものではないことは明らかです。個人情報保護法での公務員免責規定(公務員による漏洩はあり得ないので罰則規定は無意味)や改正個人情報保護法案が内閣法制局の横やりで骨抜きにされたという高木浩光の指摘、マイナンバーカードにクレジット機能やポイント制を導入するという政府筋の提案など、不安をかき立てる事例はたくさんあります。

 最近、東京電力がCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)と提携し、Tポイント陣営に加わると発表しました。東京電力が集めた各家庭の電力使用履歴がCCCに渡り、CCCは提携企業にそれを販売してTポイントをお恵みくださるというビジネスモデルの成立です。
 CCCとヤフージャパンはTポイントをいわば民間版マイナンバーにしようと財界や政界に働きかけています。その甲斐あってか、政府筋もマイナンバーとTポイントの連携に乗り気のようです。
 自分の個人情報(中には遺伝子情報など自分一人で完結しないものも含まれていますが)を売ってわずかなポイントに代えることで満足する人もいるでしょうが、私は違います。私のような人間に拒絶する自由があるTポイントとは折り合ってきましたが、マイナンバーはもう拒絶できません。心配しておろおろとするばかりです。

投稿: 王矮虎 | 2015/06/03 14:17

★ーーこんにちは、 noname さん

本当におバカさんですよね。
素人でもこんなヘマしませんよ。


★ーーこんにちは、肉山会さん

>ニュースリリースされる数日前に、すでに内部の職員とおぼしき人間が2ちゃんに書き込んでいたらしいですね。

今日の中日新聞に載っていましたよ。
社保庁時代から引き続き、何も変わっていなかったんですね。
年金台帳焼失し、今度はウィルス感染ですからね。
どれだけアホなんですか?
本当に仕事しているんですか?と言いたいです。

>著名人の年金支払い状況は除き放題。ヒドイのは、自分が目をつけた飲み屋のオネーチャンの滞納気味の納付状況まで調べあげて、
“相談に乗るから”って食事に誘い出す職員もいたとか。

こんなことやっていたんですか?
覗きは良く報道されていましたが。

マイナンバーなんて怖くて仕方がありません。
いくらシステムが優秀でも使う職員が不祥事だらけですからね。
施行されたすぐに、情報ダダ漏れになったりして。。。
本当に、顔も使命も部署もすべてさらしてほしいです。
市民ばかりが社会的制裁を受け、こういったお粗末な職員は法で守られているなんて納得できません。

やっぱり官僚の底力はすごいですね。
政治家まで掌中に収め、巧妙に官公庁の代弁者にしていますからね。
国益より省益なんでしょうね。

>こういう事は手抜かりのない安倍のことです。政権批判はもとより、官僚批判も御法度という指示が出ていても、なんの不思議もありません。

そうでしょうね。
悪辣な事にかけては天下一品の首相ですから、いろんなところで恫喝かけているのではないですか?
独裁国家ですもの。
官僚と財界、そして安倍は、切っても切れない仲ですね。
悪代官と越後屋、わが国ではこの構図は永遠かもしれません。

>内閣法制局長官に法律の世界とは無縁の外務畑から小松一郎を連れてきて、戦争法案の足掛かりを作らせ、とうとうここまで来てしまいました

これが事の始まりでしたね。
小松も病気の身を押して、殿に忠誠を捧げましたものね。
殿、家臣、この人たちの発想はすごいです。
遺族に手厚い約束をしたのでしょうか。
そのおかげで日本は戦争のできる国に向かってまい進していますが。。。。
それにしても安倍は自衛隊員は国民の一人だとは思っていないようですね。
ビックリしました。

★ーーこんにちは、サクラ日記さん

サイバー攻撃とは全然違いますよね。
遠隔操作した訳でもないし、ハッカーされたわけでもないし。
普通にできる事が年金基金の職員にはできなかった。
おっしゃるように、社保庁時代から今に至るまで、役に立たない人が多いのではないかと思いますよ。
何だか危機意識が薄いんですよね。
100万人以上もの個人情報が流出しているのに、ただ頭を下げてそれで終わりって、なんなんでしょう。

>そしてマイナンバー制度、国民を国家の監視下に置き、一部の企業や利権を増幅させるだけの代物でしょう。

私もそう思います。
請け負った一部の企業や、所轄官庁が潤うシステムじゃないですか?
いくら優秀なシステムを作っても、それを操作するのは人間ですから、年金機構の職員のような初歩中の初歩的作業も出来ないではねぇ。。
マイナンバーシステムにかかる費用は兆だそうですね。
すごい利権ですよ。
お互いにもちつもたれつ、天下り先が増えましたね。

>未来志向どころか、軍事、政治等々、ますます先祖返りしていると感じます。

全くその通りだと思います。
ますます閉塞感や圧迫感が増しました。

★ーーこんにちはRO-JIN さん

>育成システムが有効に機能して優秀な情報システムアドミニストレーターが社会に供給されるまでには、教育に関わる他のことと同じように、とても時間がかかります。安倍が横暴を極める今に抗うと同時に、社会にとって必要な、しかし即座に結果が出ないことに今から取り掛かかることも考えてくださいね。

概ねこのような事をおっしゃりたいのでしょうか?
おっしゃりたい事は分かりますが、システムが有効に機能して優秀な人材が育つには時間がかかると言われても。

私たちは、政府によって強制的にマイナンバーを押し付けられました。
ドイツでは納税者番号はあるが共通番号制度はないそうですし、社会保障番号はあるが共通番号としての利用をしないというのが国の方針になっているそうですし、カナダやアメリカでも様々な分野で使われているそうですが、どちらも番号の取得は国民側の任意であり、日本のような強制ではないそうですね。
RO-JIN さんのように恩恵を受けるから良いと思う方もいますし、私のように一括管理は嫌だと思う人間だっています。
皆が同じ方向を見なくても良いのではありませんか?
強制ではなく任意にすればよいと、私は思います。

>住所・氏名・年齢・顔写真・電話・クレジット・購買履歴
・健康保険・銀行預金・電気、水道、ガス・給与・各種税金
・納税履歴・年金履歴・資格取得・持病・医療情報・ワクチン接種・産休、育休・図書館履歴

これがすべて一括管理されているとしたら、情報漏れは致命的です。
個人情報がすべてさらけ出される怖さは、計りしれません。
システムが有効に機能して優秀な人材が育つ間に、個人情報がダダ漏れでも、私たちはその犠牲にならなければいけないのでしょうか。
私は御免こうむりたいです。


★ーーこんにちは、王矮虎さん

わたしも王矮虎さんの意見に大賛成です。

いくらシステムが万全だとしても、それを運用するのは末端レベルですよね。
その人たちが、悪意があるのか不注意なのか、絶対に情報を漏らさないという保証はないと思います。
外部からの遠隔操作や、ハッカー、いろいろな悪意が、あれだけ個人情報満載を攻撃しないと言う事は考えられないです。
政府は正しい、システムを運用する人は間違わない、そのような性善説のような考えはこの際、きっぱり捨て去ります。
何と言ってもマイナンバーは、強制ですからね。
任意だったら、お好きなようにやって下さいと言えますが、強制は拒絶できません。
私も心配しておろおろするばかりですよ。

投稿: まるこ姫 | 2015/06/03 16:13

 確かに皆さんおっしゃるように、日本の総背番号制導入には大いに問題があるでしょうね。他国で成功した社会システムの外見だけを導入して“近代化された先進国”を装い、表からは見えない内部を手抜きするのは「民主主義=議会の多数決」と信じこんだ為政者による日本運営の典型です。このままでは総背番号制も「崩壊したビルの壁を破って見たらダンボール」という中国ビルになりかねません。日本の総背番号制はまだ先の話のようです。
 東京オリンピックを初め、安倍の段ボール的政策はたくさんありますが、その極めつけが「アベノミクス」です。一部大企業へのバラ撒きを基本としたインチキ政策でその場しのぎの景気回復を偽装しておいて、それが破綻しようがしまいが、後は野となれ山となれです。すべてのツケはこの後の世代が背負うことになるのでしょうね。今の政権に終止符を打つのが一日遅れると、回復が一年先になるような気がします。もっとも、回復するならそれでも良いのでしょうが…。

投稿: RO-JIN | 2015/06/03 17:12

まるこ姫様、こんにちは、
 私の家の固定電話番号はいわゆる電話帳には掲載しておりません。私の本名のファーストネームが女性にも取られる名前で、イタズラ電話が絶えず、夜中の2時くらいまでかかってきて、女房が出ると「僕とxxしませんか?」とか言う
卑猥な電話だったりして、女房も私も慢性的に寝不足に苛まれたりもしました。電話番号でさえ、こんな酷いことが
起こりますから、マイナンバー制度を採用して、我々の財産まで一括管理して、それが情報漏れを起こしたら・・・・そう思うとゾッとしますよね、特に現在の安倍政権だから余計に信用できません。まるこ姫様が仰るように任意であれば拒否できますけれども、住みにくい世の中になったものですね。

投稿: おいちゃん | 2015/06/03 17:48

★ーーこんばんは、 RO-JIN さん

国を上げて総背番号制に移行する訳ですよね。
だったら、失敗は許されないと思います。
完璧なシステムにしても、それを運用する方の管理次第です。
残念ながら運用する方の腕も意識も低すぎると感じます。
年金でさえ覗きはするわ、漏えいはするわ、パスワードもかけないわ、ウィルスファイルを開くわ、ネットの初歩を知らなさすぎると思いますよ。
日本のマスゴミは中国の非ばかり言い募りますが、日本も威張れる事をしていません。
何より、安倍政権の政策のほとんどを私は信頼していませんから、余計に不安が募るのかもしれませんが。
今迄が今までですから。
はっきり言ってこの政権は、詐欺師集団だと思っています。
この政権が続けば続くほど日本は滅亡に向かっていると感じます。

★ーーこんばんは、おいちゃんさん

マイナンバー、年金機構の不祥事を見ていたら、本当に怖くなりますよね。
年金以上の宝の山ですよ。
一度情報が流出したら、その人はすべてを晒されますよね。
年金でさえこんな不祥事続きなのに、あまり大臣はマイナンバーは絶対に不祥事は起きないなんて言っていますが、政府の言う事などまったく信じられません。
政府が、”絶対”を口に咲いたら、それはまず嘘ですよ。
今迄の経過を見ていると。
一括管理も何も感じない人もいるでしょうが、私は心の中にまで入られるようでとても嫌です。
任意で初めて見たら良いと思いますがね。

投稿: まるこ姫 | 2015/06/03 19:49

 マイナンバー制の私のコメントに対して頂いたコメントの中に私の知らなかったことがあったものですから、純粋に私の無知を補うためだけに調べてみました。私が知れば十分なことだったのと、書くとまるで揚げ足取りのように見えるので、知ったことは私の頭にとどめておきました。しかしこれが後に役に立つ可能性もあるので、やはり紹介させていただいて、このブログに関心がある方々とも共有しようと思い直しました。決して揚げ足取りのコメントではありませんので、どうか誤解されないでください。
 頂いたコメントの中に、①「ドイツには、納税者番号はあるが共通番号制度はなく、社会保障番号はあるが共通番号として利用しないのが国の方針」と、②「カナダやアメリカでも様々な分野で使われているが、どちらも番号の取得は国民側の任意で、日本のような強制ではない」というのがありました。北米は私が給料をもらって暮らした国なので、状況はよく分かるのですが、ドイツは生活経験がないので実際にどうなっているのかを知らないでいました。
 幸い、私の教え子の多くがドイツで暮らしたので、すぐに①について聞いてみました。答えは、「ドイツでは住むところが定まり登録がすむと、直ちに納税者番号の書かれた手紙が届く」そうです。一方「社会保障番号(social security number)」は保険会社を自分で決めて契約しないと発効されず、これが決まってからでないと(社会保障費が天引きされた)給与が支給されないそうです。「ドイツはこの二つを分けて使っている」ということですね。
 ②には少し誤解があるかもしれません。ご存じのように北米(カナダとアメリカ)では、給与をもらうこと(納税義務が生じること)と「社会保障番号(social security number)を取得すること」とは一体不可分です。社会保障番号は「労働許可証(working permit)」があればほぼ自動的に(事務処理だけで)発給されます。この社会保障番号がドイツの「納税者番号」と「社会保障番号」の両方の役割を果たします。そして税金が少しでも関係する限り、この番号は一生ついてまわります。実際に、私は今もその番号を持っていて、カナダの年金が関わる諸手続きにそれを使っています。また、短期で滞在する場合でも、社会保障番号があれば簡単な手続きで医療保障のような社会保証を受けることができます。国民という限りは北米でも納税の義務が伴うので、社会保障番号を必ず得なければならず、その取得が任意と言うのは誤解のようです。
 まとめますと、納税の義務が生じた場合に“背番号”が必須なのはドイツも北米も同じで、違いは「納税者番号と社会保障番号を分離するか、それらを一体化するか」にあるようです。いずれにしても、“背番号”が日本の望むシステムかどうかは国民が正しく評価・判断・納得して決めれば良いことで、それが十分なされぬままに性急な結論を出す必要はないと思いますが、それはまた別な問題です。
 少し余計なことを書き過ぎたかもしれません。ごめんなさい。

投稿: RO-JIN | 2015/06/05 06:49

★ーーこんにちは、RO-JIN さん

>ドイツも北米も同じで、違いは「納税者番号と社会保障番号を分離するか、それらを一体化するか」にあるようです。

とありますが、ドイツも北米も日本がこれから一括管理するとされる
>住所・氏名・年齢・顔写真・電話・クレジット・購買履歴
・健康保険・銀行預金・電気、水道、ガス・給与・各種税金
・納税履歴・年金履歴・資格取得・持病・医療情報・ワクチン接種・産休、育休・図書館履歴

など、すべて情報が一元化しているのでしょうか。
私は銀行預金や持病、購買履歴など載せる必要など無いと思います。
個人が秘密にしておきたい事は多々ありますよ。
それをすべて一枚のカードの中に入っていると言うのは、心の中まで土足で入られるのと同じだと考えます。
例えば、それが外部に漏れた時、漏らした方はどう責任を取るのでしょうか。
漏らされた方は情報が公になるわけですから、、あとでどのような償いをされたところで、一生傷が残ると思います。
年金だって、社保庁時代から年金機構に移行して、システムが完璧だとしても、それを扱う方の意識が低くてはどうしようもありません。
覗き、情報漏洩、添付ファイルをすぐ開く、パスワードもかけない、こんな事、日常茶飯事にありました。
どれだけ不祥事があった事か。
今度マイナンバーが施行されますが、いくらセキュリティをかけても、運営する方の教育がなっていない現状では、諸外国はマイナンバー制があるから便利だと言われても、インターネットのイロハも知らない人が管理する恐怖は計りしれません。
日本の場合、施行されたら地方の行政でマイナンバーを取り扱う事になりますよね。
インターネットの知識の低い地方の公務員は多いですよ。
皆が、ちゃんと教育されていれば少しは安心しますが、それがそうではないんですよね。
金庫に入れるくらい厳重な管理をしても当然なのに、年金を見ても分かるように、本当にお粗末な対応です。
その人たちにマイナンバーが管理できるとは思えませんね。
そもそもこの国では誰も責任を取らないんですよ。
上層部が、雁首揃えて謝罪してそれで終わり。
裁判にかけられたとか、懲戒解雇になったとか聞いた事がありませんから。

投稿: まるこ姫 | 2015/06/05 14:17

 日本の社会保障番号で国が一括管理する情報が何かを正しく把握していないので何とも言えないため、カナダの場合をお話しします。と言っても、私が社会保障番号を支給されたのは遥か昔で、日本人の私は社会保障番号が何かさえ知らなかったため、それが様々な情報を管理しているという感覚も持ちませんでしたし、呑気なことに今も知らずにおります。そのときには制度が導入されてから(1964年)長い時間が経過して、すっかり社会に定着していたこともあります。ただ、私は外国人であったので様々な手続きで社会保障番号の提出を要求され、それにどのような個人情報が把握されているかを何となく感じておりました。それらはすべて公的な情報ではないかと思います。たとえば、上にあげられた事々で社会保障番号によって把握されていると私が感じるものは、住所・氏名・年齢・電話、健康保険(国民健康保険)、各種税金・納税履歴・年金履歴で、管理されているという印象が無いのは、顔写真、クレジット、購買履歴、銀行預金、電気・水道・ガス、給与、資格取得、持病・医療情報・ワクチン接種、産休・育休、図書館履歴です。しかし、いくつかは私の勘違いかもしれません。それと、これはカナダの場合であって、日本がどこまで考えているかは理解しておりません。皆さんが案じていらっしゃるように、悪意をもって個人情報を引き出そうと思えば、今のネットワーク社会では電子情報である限りどのような情報を盗み出すことも可能です。そこは“導入せず”も含め、慎重な検討が必要と思います。急いで書いたため、誤字・脱字があるかもしれません。
 ついでにシスアドのことで少し言葉が足りなかったので、余計なことを一つ書きます。シスアドの役目に、ユーザーを含め情報を扱うすべての人間にITリテラシー教育を行う役目があるのですが、日本のIT化が遅く始まり、また急速に進んだため、ITリテラシーが欠如したまま情報化社会ができてしまいました。その間、技術を良く知っているシスアドは社会に多く供給されたが、日本社会に適切なITリテラシー教育を行うシスアドが決定的に不足している、というのが私が指摘したかったことです。それがおっしゃる後段の現状(おしゃる通りです)につながっているように感じます。

投稿: RO-JIN | 2015/06/05 16:52

★ーーこんばんは、 RO-JIN さん

どうもありがとうございました。
これ以上の進展は無いようですので。。。。

投稿: まるこ姫 | 2015/06/05 18:29

王矮虎です。また余計なことを書き込みます。

 RO-JINさんは「私はマイナンバー制が実際に使われている国で長いこと暮らし、その恩恵も受けた」(2015-06-03T08:34)とおっしゃいましたが、「恩恵」の部分を紹介されていません。マイナンバー制がなければ××だったのに、この制度のおかげで○○で助かりましたという事例をぜひご紹介ください。

 ちなみに「日本の社会保障番号で国が一括管理する情報が何かを正しく把握していないので何とも言えない」(2015-06-05T16:52)という逃げ口上は聞きたくありません。議論の場で文脈を理解できぬまま口をはさむことに対するタブーが日本独特のものとは思いません(カナダなどでは奨励されていたのでしょうか)。とりわけ私は、いまにも
  半年ROMれ、このカスが!
と口走りそうな未熟者ですので。

投稿: 王矮虎 | 2015/06/05 18:32

 三つ紹介しましょう。一つはつまらないが分かりやすい恩恵で、他の二つは比較的正当な恩恵です。
 つまらない恩恵から紹介します。帰国してから、元勤務した機関から給与・渡航費・住居費を支給してもらい、毎年2ヶ月間そこに滞在するのが習慣になりました。2ヶ月という短期ですから「working permit」を申請せずに滞在できました。滞在中はパスポートを携帯せずに行動するのが普通でしたが、あるときウッカリ国境を越えて、他国(米国)に通じる中間地帯に出てしまいました。気がついて戻ろうと思ったのですが、出る時は簡単に出られた回転バーがびくとも動かず、もがいていたところに税関職員が二人飛び出してきて、両腕を掴まれ犯罪人のごとく窓もない拘置部屋に連行されました。容疑は密出入国と麻薬密輸容疑でした。後者の嫌疑はすぐ晴れたのですが、前者は事態を説明する手立てがありませんでした。運転免許証は携帯していましたが、免許証は簡単に取得できるため、そのような場合には役に立ちません。ポケットを探られていた時に出てきたのが「社会保険番号」が記載されたカードでした。系員はそれを持って行き、計算機に何やら打ち込み、結果が出るまで小一時間。私が過去に勤務した機関、現在所属する機関、国籍とこれまでの渡航履歴が判明し、それらが私の供述と完全に一致したので、最後は冗談を言われながら釈放されました。私の不注意からの出来事でしたが、この時は私の過去・現在の公的な情報が含まれている「社会保険番号」がとてもありがたく感じられました。
 比較的正当な恩恵の一つは保険です。2カ月という短期間の滞在は州の保険(日本で言う国保)が通常適用されず、高額な任意の保険に加入しないといけません。しかし私の場合は「社会保険番号」があり、過去に州の保険でカバーされていたので、滞在機関から滞在証明をしてもらうことで、着陸の瞬間から離陸までその保険でカバーしてもらうことができます。幸い病気や怪我はこれまでありませんでしたが、これはとてもありがたく感じる「社会保険番号」の例の一つです。
 もう一つは年金受領です。税金をかなり長期納めていましたから、僅かですが年金が支給されています。それを日本で受け取ろうとすると、普通は手数料を払って銀行間で振替をしないといけません。僅かな年金はその手数料だけで消えかねません。しかしその手続きに「社会保険番号」があれば、書類を一枚作製するだけで、年金は日本の銀行に直接振り込まれます。これも恩恵の一つです。
 まだあるかも知れませんが今は他に思いつきません。逆に言うと、通常は「社会保険番号」を強く意識することはあまりありません。これがなぜかは違う問題ですね。誤字・脱字があればご容赦ください。

投稿: RO-JIN | 2015/06/05 19:31

こんばんわ

私もRO-JIN さんと同じくマイナンバー制度自体にはメリットもあると思うし(作業の効率化など)基本的には賛成です。
 
 しかし、政府案をみるかぎり、銀行の預金残高や証券分野まで国が関与しようとしているんですよね。これはやり過ぎでは?と思わざるを得ません。
 
 預金残高や証券取引の記録の情報漏れが起った場合、情報漏れを起こした企業は社会的信用を失って業績を落とすでしょう。業績悪化はへたをすれば倒産につながるので、会社は信用を守るために必死にセキュリティーを組み上げ社員研修もしっかりするのです。しかし、情報漏れを起こしたのが国だったらどうでしょうか。。。当然謝罪はするでしょうけど、国はそんなことでは倒産しませんよね。どうしてもセキュリティーが甘くなってしまうと思います。

 仮に万全の体制をつくりあげたとして、年金、税金、社会保障・社会保険 などなど国が直接運営している事業に関するものはマイナンバー化してもいいと思いますが、民間企業と一個人との契約である証券・金融分野にまで国が関与をしてくるのは疑問がのこります。


 

投稿: おにぎり侍 | 2015/06/05 20:06

★ーーこんばんは、おにぎり侍さん

今日も、米国では400万人の個人情報漏れが発表されています。
欧米のネット先進国でさえ、このありさまです。
日本のような、個人レベルでは少しはネットも認知されていますが、お役所のそれも定年間際の人達と入っては語弊があるかもしれませんが、ネットに対して無防備な人は沢山いますよ。
マイナンバーが施行されたら、各自治体の末端の職員が
個人情報を取り扱う訳ですよ。
今までも報道されただけでも、初歩的なミスや初歩的な興味だけで個人情報がわんさか流出してきました。

一括管理は、欧米と比べて途方もない情報が満載されている日本ではとても危険だと感じます。
個人の病歴や、銀行口座等々、個人の情報がすべて入れられている事に恐怖を覚えます。
政府の管理は行きすぎですよ。
管理するとしても最低限で良いと思いますがね。。。

一括管理して、そこから情報が漏れたら誰が責任を取るのでしょうか。
恐らく誰も取らない。
方や個人の方が計り知れないダメージを負います。
セキュリティーが万全だとしても、使う人間の方が意識が甘すぎるのですから。。。。
末端の行政職員にそれを強制してもむりでしょうね。
シスアドを十分認識している、市町村の職員がどのくらいいるでしょうか。
私には疑問です。

投稿: まるこ姫 | 2015/06/05 20:23

王矮虎です。また余計なことを書き込みます。

 RO-JINさん、北米における社会保険番号活用の事例をご教授いただきありがとうございます。
 残念ながら私には社会保険番号が身分証明として役立った事例にすぎず、マイナンバー制のメリットとは思えません。水道料金の支払い状況と公立図書館の利用状況をリンクさせて公共サービス向上に役立てた事例などをご存知でしたらご紹介くださいませ。日本で問題になっているのはまさにこうした、一見脈絡のない情報がリンクされることで生じる個人レベルのメリット/デメリットです。
 日本で起きるとしたら、水道料金が未納の人には本を貸さないよ、という展開でしょう。私は、秋から施行されるマイナンバー制度などクソくらえ、と思っています。
 乍末筆、先ほどの無礼な態度については陳謝いたします。

投稿: 王矮虎 | 2015/06/05 20:46

 どうも私はマイナンバー制度が掌握する「個人情報」を正確に理解していないようです。私が知っているより、はるかに個人に立ち入った情報が記録されるのですか?「水道料金の支払い状況」とか、「公立図書館の利用状況」などは考えもしませんでした。もちろん、今の水道関連部局や図書館の情報管理状況なら、マイナンバーとは関係なしにそれらを容易に取り出すことは情報処理に少し達者なら容易に出来るでしょう。どなたか、マイナンバーが掌握する全ての個人情報を正確に教えていただけませんか?あるいは、それが網羅されたURLがありましたらお教えください。

投稿: RO-JIN | 2015/06/05 21:28

王矮虎です。また余計なことを書き込みます。

 私が知る限り、マイナンバー制でマイナンバーとひも付けられないと政府が明言している個人関連情報はありません。霞が関のお役人は「××に限定する」とは言わず、「××等に限定する」と拡大解釈可能な文言を使います。「現場での弾力的な運用」とやらを担保するためだそうです。
 自民党の憲法草案が立憲主義とは相容れないように、霞が関も法治主義とは相容れないスタンスを採用しています。

投稿: 王矮虎 | 2015/06/06 00:28

 私はマイナンバー制度実施の発表があった時に、そのまま「社会保障給付と納税の一元管理」と信じてしまいましたが、それと関係ない個人情報も含まれるということなんですね?ネット検索をする限りですが、その内容がなかなか見つかりません。マイナンバー制度で利用される個人情報について知っていると思われる知人に可能な限りで詳細を聞いてみましょう。確かな情報が得られたらここで紹介させていただきます。
 諸外国の社会保障番号が記されたカードはまさに身分証明証と言えます。それは、多くの国では住民登録制度がないことと、居住地や勤務地が始終変わる可能性があることに無関係ではないように思います。日本のように住民登録法があって、終身雇用的感覚がまだ深くしみ込んでいる社会でのマイナンバー施行は慎重でないといけませんね。
 ただし「社会保障給付と納税」に無関係と思われる個人情報(例えば勤務企業内の情報だとか、医療情報、産休・育休、図書館履歴など)は悪意があればマイナンバーと関係なしに現状で容易に盗み得ることは知っておく必要はあると思います。重要な個人情報を外部と完全に遮断されたサーバーに管理していない企業や教育機関は少なくありません。個人レベルでも、スマホやPCをお使いの方の中で、(もし悪意があれば)契約プロバイダーのSEはいつでもその内部の情報を操作できるということを知らない人が多すぎるように思います。メールをのぞき見るなど、無知な私でも簡単にできます。もちろんモラリティが十分高いSEはそんなことはしません。
 それとハッキングによる情報操作とサイバー攻撃は少し違うので分けて考えないといけないように思います。もちろん、マイナンバーの施行に際してもサイバー攻撃に対する防御は重要です。しかし攻撃側も手変え品変えで、なかかなか難しいものです。
 それから「マイナンバー制度」も「一元管理の思想」と「それを運用する人間の情報リテラシー」を混同すると話が混乱するので、注意しないといけないように思います。

投稿: RO-JIN | 2015/06/06 06:36

王矮虎です。また余計なことを書き込みます。

 マイナンバー法により一元管理される個人情報は、官公庁が所有する個人に関する情報のすべてと考えられます。これは簡単に検索できます。「なかなか見つかりません」とはちょっと信じがたいなあ。
 話を戻しますが、いまさら言うまでもなく、行政が個人に関する情報の収集を一定の範囲にとどめるという規定は明文化されていません。

 なお、RO-JINさん(2015-06-06T06:36)の「ただし」以下はここに書き込まれる必然性を感じません。私が読んだ限りにおいてRO-JINさんのおっしゃられる「混同すると話が混乱する」書き込みはないと思われます。むしろRO-JINさんがミスリードを誘っているように見えます。

投稿: 王矮虎 | 2015/06/06 21:41

 ブログ主宰者が掲げられたマイナンバー制度の話題にこれだけたくさんのコメントが寄せられるのは、この未知の制度にやはり多くの方々が大きな不安を抱かれておられるからだと思います。同時に、この制度の肝心の点が見えないのも大きな不安を抱かせる原因になっています。ネット上には、不安を抱く方の数に比例するように関連情報が氾濫しています。しかしその多くは2チャンネルやYAHOOのQ&Aのようなものにある、整合性を著しく欠いて信頼度が低い情報です。あるいは、特定の結論を最初に持ち、それを導く情報を選択的に載せたブログの類です。それらを基に私たちにとって重要な社会制度を考えるのはとても危険だと思います。
 今、マイナンバー制度の肝心の点(以下の(3)と(4))に対して確度の高い情報を得ようとしているのですが、あいにく週末で知らせがなかなか来ません。もちろん、マイナンバー制度に関して私が知りたいことは全て私の無知から出ている可能性も大いにあります。このブログで建設的なコメントをお述べになっておられる方で、もし正しいことをご存じの方がおられましたらぜひ、お教えください。幸か不幸か、私はネットワークが世界に現われる以前から(1981年のBITNET時代から)ネットワークを使った仕事に関わっており、ネットワーク上に流れる情報の信頼度あるいは危険性について熟知しており、URLあるいは情報源が明示されない情報に基づいた判断はしないことにしております。したがって、ネットワーク上に流れる情報をお教えいただくときは、そのURLを明示いただけるとありがたいのですが。その後は私に判断させていただきます。
 問題を整理するために、内閣官房が公表したマイナンバー制度施行のスケジュールにしたがって私の危惧することを書きます。念のためですが、私はこのスケジュールを評価しているわけではありませんし、むしろ拙速と感じています。結論を先に書きますと、以下の(3)と(4)と(5)、とりわけ(4)と(5)が大きな問題と私は思っています。少し長くなりますが、お許しください。
  (1)平成27年10月に個人番号の通知が始まります。
  (2)そして来年(平成28年)1月からマイナンバーの利用が
     始まります。
ここまでは個人番号と個人番号カード交付だけが行われ、「情報提供ネットワークシステム」のメイン・サーバーには個人の基本情報(住所、氏名、年齢)以外は入力されていないように思われます。しかしその詳細は明らかにされていません。
  (3)再来年の平成29年1月に国と都道府県市町村の地方
     公共団体間での情報連携が始まります。
ここで、健康保険証、運転免許証、パスポート番号、住民票コード等が基本情報と統合されます。そのために、地方公共団体と「情報提供ネットワークシステム」をつなぐ中間サーバーが設けられます。中間サーバーの管理は地方公共団体に委ねられ、そこに地方公共団体が持つ個人情報(住民登録で与えた個人情報等)が入るようです。この中間サーバー管理に大きな不安があるのですが、国もそれを先取りし、諮問委員会を立ち上げて中間サーバーについて議論しています。今月その中間答申が出ており、公表されています(http://www.ppc.go.jp/files/pdf/260805siryo2.pdf)。ご覧になると、問題点が少しクリアーになります。
  (4)平成29年7月に国と都道府県市町村の「地方公共団
     体以外の機関」を結ぶ情報ネットワークシステムの稼
     働が始まります。
ここが大きなポイントであると私は思います。もし「地方公共団体以外の機関」が何であるか分かれば、そこで処理されるであろう情報(例えば図書館履歴等の個人情報)が何かの見当はつきます。しかし、これに使うであろう中間サーバーの管理主体とともに、この「地方公共団体以外の機関」が全く不明です。感じだけで言いますと、「まだ何も考えていない」のではないでしょうか。
  (5)病歴等の医療情報は番号制度の対象に入っておら
     ず、今後の検討課題
とされています。これはおそらく「地方公共団体以外の機関」に病院を含めた医療機関を入れるか入れないかと言う意味なのでしょうか。大いに問題です。この注意書きに「各機関で管理していた個人情報は引き続き当該機関で『分散管理』する」となっていますが、以前書いたように十分訓練された職員のいない中で、杜撰な『分散管理』がマイナンバーの「情報提供ネットワークシステム」に接続されたとき、深刻な問題を発生する可能性は大いにあります。内閣官房の広報で「特定の機関に共通のデータベースを構築しない。」とありますが、当たり前のことで、問題はそれ以前です。
 以上のように、私は、マイナンバー制度の一括管理で危惧すべき点の核心はネットワークシステムに「都道府県市町村の地方公共団体」と「それ以外の機関」を組み込む段階であるように思っています。今「それ以外の機関」として国は何を想定しているのか、その情報をもらおうとしていますが、もしすでにそれをご存じの方がおられたらコメントされてください。

投稿: RO-JIN | 2015/06/07 08:38

★ーーこんにちは、 RO-JIN さん

>育成システムが有効に機能して優秀な情報システムアドミニストレーターが社会に供給されるまでには、教育に関わる他のことと同じように、とても時間がかかります。安倍が横暴を極める今に抗うと同時に、社会にとって必要な、しかし即座に結果が出ないことに今から取り掛かかることも考えてくださいね。

元はと言えば、ここが出発点だと私は感じています。
政府が、無理やりにマイナンバーを導入した訳ですから、優秀な情報システムアドミニストレーターを育てるのは、政府の仕事です。
施行された時点で完璧に運営できるようにしておくのが、国民に対して最低限の責務だと私は考えています。
施行されてから、不具合が生じたら一番被害を被るのは情報を一元管理されている国民です。
優秀なシステムアドミニストレーターを育てるには長い時間がかかる、結果がかかると言われても、私には厳しいかもしれませんが納得できません。

今までいろいろと王矮虎さんとのやり取りを見ていても、カナダでは大変便利な制度だとおっしゃられます。
確かにそれで恩恵を受けている方がいらっしゃるでしょうが、日本の場合、大事な情報が多々盛り込まれている、そしてそれを運営する方の知識が追い付いていない現状では心もとないと、思っている方も多いと思います。
それを御理解いただけたらとてもうれしいです。
私は一元化ではなく、もっと分散しても良いとも考えます。
危機を二重三重に回避する、それが必要だと思います。
私のブログはプロが見ての認識ではなく素人が考える疑問なり、批判なりを書いている、その程度のブログです。

>私は、マイナンバー制度の一括管理で危惧すべき点の核心はネットワークシステムに「都道府県市町村の地方公共団体」と「それ以外の機関」を組み込む段階であるように思っています。今「それ以外の機関」として国は何を想定しているのか、その情報をもらおうとしていますが、もしすでにそれをご存じの方がおられたらコメントされてください。

こういった詳しい事はご自分のブログに記事を書くなり、専門職の強いブログになりを探してコメントしていただけませんか?
あまり重いと他の方も引くと思いますから。
私のこのコメントひどすぎるでしょうか? RO-JIN さんが傷つかれない事を祈っています。

投稿: まるこ姫 | 2015/06/07 11:15

 いや、どのようなコメントでも結構ですよ。私は異論を出し合うことでアイディアを作り上げるのが常道の職業に長年従事していたため、うっかりその癖で余計なことを書き過ぎたようです。たまたま仕事でネット検索をしていてこのブログに出会い、珍しく真っ直ぐに目の前にある出来事を見ておられるのに感心し、励ましもかねて、生まれて初めてのブログコメントというのを投稿する気になりました。しかし、私のような意見でせっかくの素晴らしいブログを主宰している方の心を乱すのは本意ではありません。もしマイナンバー制度の施行で国に一括掌握される情報のいくつかが具体的に分かったら、それを最後のコメントとし、意見を言うことは手控えることにいたします。どうか、似るものから異を探すのではなく、異なって見えるものから共通するものを探すことも試みてください。それは議論を発展的に展開する有効な方法でもあります。そして、このブログのストレートな視点をいつまでもお持ちください。

投稿: RO-JIN | 2015/06/07 12:22

★ーーこんにちは、 RO-JIN さん

>どうか、似るものから異を探すのではなく、異なって見えるものから共通するものを探すことも試みてください。それは議論を発展的に展開する有効な方法でもあります。

カナダではそうかもしれませんが、日本の場合、特に個人ブログは色んな意見を戦わせる場じゃないんですよ。
掲示板や、返信を必要としないブログだったら、色んな意見を戦わせたり、異論を受け入れたり、さまざまな考えを突き付ける。それもありかと思いますが、あいにく、個人ブログの場合、特に私は返信を旨として10年以上経過しています。
返信をするのも時間的に大変なんです。
土日は良いとしても平日は朝から晩までPCに張り付いている訳でもないし、返信を返すのも結構大変な時間であったり作業になっているのが現状です。
これ以上の、異論、反論に答えるのは、私には無理です。

申し訳ありませんが、個人ブログの限界と捉えていただけませんか?
掲示板や、大手のブログへご投稿なさる方が、RO-JIN さんにとっては有意義な時間になると私には思えます。。

投稿: まるこ姫 | 2015/06/07 12:43

王矮虎です。また余計なことを書き込みます。

 RO-JINさんはBITNET時代からネットワーク関連のお仕事をされていたとおっしゃいますが、その経歴が事実であれば唯一のプライマリキーですべての個人情報が検索できるシステムの危険性に気づかぬはずがありません。ご主張が正しいのなら、データベースマネジメントシステムのみならずネットワークにおいても中央管理型ネットワークが主流とならざるを得ないはずですが。
 昨夜も申し上げましたが、ご自身で簡単に検索できる情報です。自ら検索せず、他人にURLを教えろとは笑止。本当に検索したのかも疑わしいですねえ。

 国家公務員は信頼できるが地方公務員は信頼しがたい、さらに民間は……という価値観はジョークか何かでしょうか。日本では社会保険庁という国家機関の職員どもがとんでもない逸脱をやらかしたのですが……ひょっとしてこれもご存じない……のか……?
 長文作成お疲れさまでした。

投稿: 王矮虎 | 2015/06/07 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/61682854

この記事へのトラックバック一覧です: 年金125万件の個人情報流出、マイナンバーへの影響:

« 安保法案、「説明不足」81%  | トップページ | ポツダム宣言「首相は当然読んでいる」と閣議決定 »