« 騙されてはいけない軽減税率、自公の壮大なパフォーマンスに | トップページ | 新国立競技場、また森喜朗の舌禍 »

2015/12/14

仏地方選、一回目投票とは裏腹に極右政党が全敗、日本も教訓を

フランス地方選、第一回目投票では極右政党が大躍進して世界
はどこまでもヒステリックになっていくのかと危惧していたが、第
二回目投票では一転して極右政党が全敗した。

仏地方選は極右が一転全敗、右派野党優勢・社会党は退潮
鮮明
             ロイター 12月14日(月)6時56分配信

>フランス地域圏議会選(2回投票制)の第2回投票が13日実
施された。開票率84%時点の公式発表によると、第1回投票で
躍進した極右の国民戦線(FN)は本土13地域圏のいずれでも
勝利を逃した。2017年大統領選出馬を目指すルペン党首にと
って手痛い結果となった。
>6日に行われた1回目の投票は、パリ同時多発攻撃を受けて
国民の間で治安や移民をめぐる警戒感が高まっていたことを背
景に、移民の排斥などを訴えるルペン氏の国民戦線が全国得
票率1位に躍進した。
>危機感を募らせた社会党は、ルペン党首が候補者となってい
る北部と、ルペン党首のめいが立つ南東部で第2回投票を辞退。
国民戦線の勝利を阻むため、右派連合に投票するよう呼び掛け
る「奇策」に打って出た。

米国では、大統領有力候補である共和党の暴言癖で有名なト
ランプ氏が移民排斥を訴えて高い支持率を誇っているところに
フランスの地方選の第一回目投票で極右政党が大勝利を治め
たと報道され、もはやこういった流れが世界的な潮流かと暗澹
たる思いになっていたが、やはり民主主義の本場らしく、極右
政党が最終的な勝利をおさめる所まではいかなかった。
ほっと一安心。
と同時に、フランスの地域圏議会選が2回投票制で良かった。
有権者はあの悲惨なテロ騒動にも、少しは冷静になってきたと
いう事か。

クリック代行屋(不正)ブログが横行しています。
真面目なブログが、不正ブログの為に片隅に追いやられるのは
どうなんでしょう。
にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

さすがフランス、バランス感覚が良いし良識は強かった。
一時の激情で政治が流されなかったと言うところか。。。。。

日本は残念ながら1回の選挙で勝敗がきまるが、それでもこ
のフランスの選挙が教訓になる事はある。
フランスでは、”社会党と左派連合が一部の州で決選投票を辞
退して共和党に投じたことで、極右「国民戦線」が第1党になる
のを阻止した”
と言われている。

日本だって共産党が、自民党の国民無視の政治に対してもの
すごい危機感を持っていて、野党全般に共闘を呼び掛けている。
それを、民主党のプライドの高い連中は、”共産党なんかと組め
るか”
とか、”共産党は危険な党だ”とか、今そこにある危機が分
かっていないとしか思えないような暴言を吐く。

今までの共産党からしたら考えられないほどの思い切った譲歩
にも、少しも反応しない。
自民党を喜ばせるような言動ばかりしているのが民主党の議員
だ。
なんなんだ、この政治センスの無さは、危機感の無さは。
民主党や国民にとって、来年の参議院が正念場だと言う事が全
く分かっていない。
このフランスの地域圏議会選のように、野党のできる事はある
筈なのに、今持って少しも党としてのエネルギーが感じられない。

今こそ自民党に対する野党の存在感を見せるべきだ。
心から極右路線に対抗する野党の統一候補をお願いしたい。
本当にやる気があるなら必ずできると信じたいから。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


|

« 騙されてはいけない軽減税率、自公の壮大なパフォーマンスに | トップページ | 新国立競技場、また森喜朗の舌禍 »

コメント

フランスの政治家は党のためではなく 国民のためならば 譲るべきところは譲り 引くべきところは引くと言う柔軟な思考を持った政治家が多くいるのでしょうね
ひるがえって今の日本の政治家はつまらぬ名誉欲や自尊心に凝り固まった政治家たちで あふれています
 政治は政党のためではなく 国民のためだと言うことを思いおこしてほしいです

投稿: てつお | 2015/12/14 18:35

民主党や維新の中に居る共産党排撃者は、極右自民からのエージェンシーですから。自民というよりも太平洋の向こう側から、と言った方が正確かも。
鳩山氏潰しの為に「八ッ場ダムは、私が止めると言ったんだから、止めるんですよ」なんて発言しちゃう。これ態と言ったとしか思えない。記者にコレを記事にさせれば、県知事首長連中は激怒するに決まっている。住民だって苦渋の決断をしているんだから、怒るに決まっている訳で。こういう事を理解していて発言したんだと思うんだな。
フランケン岡ダーも防衛大臣として、官僚が作った基地と輸送機の距離は最高でも600Kmまでというウソをそのまま首相に聞かせた。

投稿: 武尊 | 2015/12/14 20:05

こんばんは

さすがは、「自由、平等、博愛の国、フランス」ですね。尊敬します。今回は極左政党も票を伸ばしたとか・・・。やはり、世の中が乱れると、過激な発言をする指導者に国民は惹かれるということですね。まるで世界の縮図を見ているかのようでした。将来、日本にも同様の空気が漂ようかもしれませんね。そのときは、フランス国民のように、極右、極左、どちらの政党にもNOを突きつけなければ・・・。フランス人を見習います!!

 フランスにはしっかりとした中道左派政党があって羨ましいですね。日本にとっての悲劇は政権交代できる野党は作れても、政権運営できる野党を作れなかったことでしょうね。いまの民主党には前回の反省を生かして、政権運営できる野党になってもらいたいものです。

投稿: おにぎり侍 | 2015/12/14 20:26

★ーーこんばんは、てつおさん

おっしゃる通りですね。
今回の選挙戦は、フランスの政治家は党利党略ではなかったという事でしょうね。
このままでいくと国や国民のためにならないと判断して、柔軟な姿勢を取ったのでしょうね。
日本の政治家とは大違いです。
日本の政治家はプライドばかり高くて、柔軟性が全くありません。
それほど仕事ができるとも思えないのにね。

>政治は政党のためではなく 国民のためだと言うことを思いおこしてほしいです

本当にそう思います。
ほとんどの党が政党のためにしか動きませんから。
信頼に値しませんよね。


★ーーこんばんは、武尊さん

民主党にも維新の党にも、自民党の補完勢力がうじゃうじゃいますよね。
要らぬ発言ばかりして党をバラバラにしようとしているとしか思えない言動の議員が目立ちます。
そんなに党の理念が合わないなら早く離党すればよいのにね。
思えば民主党政権で、鳩山・小沢コンビが一番光り輝いていましたが、野田や管は自民党と一脈通じているような気がしてなりませんでしたが、その管は安倍からデマ飛ばしをされていましたからね。
安倍のデマはとどまるところを知らず。
第一次内閣からデマの常習犯だったんですね。
岡田も華がないし、早晩民主党も消滅の危機かも。

★ーーこんばんは、おにぎり侍さん

>「自由、平等、博愛の国、フランス」

本当にいいですね。
今回の選挙、いいもの見させていただきました。
テロから発展して、世界は極右に流れて行くのかと思っていましたから、安堵しました。
ホント、混沌とした時代ほど、過激な発言をした人間に惹かれてしまうところがあるんですよね。

>将来、日本にも同様の空気が漂ようかもしれませんね。

将来どころか、今がその前兆なのかもと思う今日この頃です。
安倍首相の支持者は熱狂的です。
まともな批判さえできない雰囲気は国の発展の阻害になります。
権力者は批判されてナンボの寛容の精神が欲しいところですね。

>フランスにはしっかりとした中道左派政党があって羨ましいですね

それは心から思いますよ。
日本には育たない感がしてしかたがありません。
国民が政治に対して関心がないからかもしれませんが、自民党がとても好きな国なんですよね。
保守を通り越して極右になってしまっているのが今の自民党で、これはとても危険な事だと思いますよ。
多数の国民はそれさえも分かっていないのでしょうが。
民主党も今や、風前の灯だと感じます。
それに気づいていないのが、当の民主党議員なんですよね。

投稿: まるこ姫 | 2015/12/14 20:52

まるこ姫sま こんばんは
 日本には、こんな素晴らしい人も居りますよ。選ぶ人も居りますので、ちょっと安心でしょうか。
 アマゾン政治書籍カテゴリーの第1位。「みんなが聞きたい 安倍総理への質問 」単行本(ソフトカバー) – 2016/1/26
山本 太郎 (著)
 小沢さんと共に、自民打倒に頑張って欲しいですね。

投稿: がんちゃん | 2015/12/14 21:21

こんばんは、まるこ姫さん
剛爺さんとサクラ日記さんのご意見に深く共感し、心強いです。(感謝)


さて「積極的“軍国”主義」者の安倍晋三は、集団的自衛権=『敵(かたち)討ち権・仇討ち権』の行使 等を含む稀代の悪法の戦争法を強行に獲得しました。(憤怒)

平和を脅かし戦争に向かう暴挙です!


本丸=最終目的は国家権力が国民を義務で縛る「憲法改正」=『憲法改悪』です。

内閣法制局長官とNHK他のマスコミ、経団連等を強権力・飴と鞭で都合良く懐柔する怪獣安倍は、参議院選挙の圧勝での憲法改正要件「議席2/3」と「国民50%の賛成」を狙っているのです。

政権支持率を向上させ、参議院選挙に勝つ為には“消費税増税の再延期”くらい平気でやるのがサイコパス安倍です。

まるこ姫さんが仰るようにフランスの例にも学び、民主党も共産党と一致団結し、野党一丸で自公に対決し現政権を討ち負かすべきと考えます。

独裁の安倍晋三(アベゴンorアベノザウルス)に言うべきは、


「早く質問しろよ!」


に習い


「早く退陣しろよ!」


の正義の鉄槌の言葉しかありません。

投稿: 土偶 | 2015/12/14 21:43

まる子姫様こんばんわ。
フランスの二回投票制度が、極右政党の大躍進を阻止できたとも言えますね。国民の意見を正確に反映出来ない今の日本の選挙制度に問題があるのかもしれないですね。

投稿: だいころ | 2015/12/14 22:49

おはようございます、まるこ姫様。
何のために政治家になったのか…現在政治家を生業にしている方々には「初心」を思い出して欲しいですね。
でも、その「初心」なるものがあるのか…世襲議員がはびこっていますからね。

国会という閉鎖された空間で、戦争をしたい老人たちの暴走を止めようと、「落ち着いて、しっかり話し合おうよ」と声をあげる若者たち……こんな記事を何かで読みました。
そうですよね、選挙での投票という手段しか持たない庶民は、今繰り広げられていることを、マスコミに誘導されることなく、冷静に判断しなきゃいけないですよね。
フランスを見習って!

投稿: Kingyo | 2015/12/15 07:04

このようなテロが起こった後は、人々の心情は過激な方向へと進みがちとは思いますが、二回目の投票で思いとどまった点について、フランスの方々は冷静な投票をされたのだと思います。
何事も、大きく偏った状態というのは長続きせず、その後の反動によりより大きなダメージが残ると思います。
大げさに言えば、多様性を失ったものは変化に対応できず、やがて絶滅してきたのが生命の歴史だったはずです。
民主主義とは、そのような左右のバランス均衡がとれた状態で、時にやや右に、その後は揺り戻しで左にという具合に、時々の状況に応じて対応すべきものと思います。
しかし今の日本を見ていると、安倍様のみが正しいといった思考のみが優先され過ぎていると思います。
ネット記事ですので信憑性は定かではありませんが、JR東海の葛西(このブログでも出てました)が、次期NHK会長の予定だとか。
そのうえで来年の恐らくは衆参同時選挙になるであろう選挙で自民が圧勝する事にでもなれば、国民全員頭~右状態になるでしょう。
今回のフランスの選挙を見習い、バランス均衡の取れた結果にしないと、この国はやがて国家ではなく、州もしくは省のどちらかになるように思われます。

投稿: サクラ日記 | 2015/12/15 08:19

極右、極左もお断りですが、移民による労働力補填もお断りです。日本は日本人のための国だと思います。

少子化対策をまともにやる政党は出てこないのでしょうか?

投稿: noname | 2015/12/15 08:30

フランスの選挙制度素晴らしいですね。
一方に振れ過ぎると危ないと自己規制できる制度なのでしょうね。

昨日「オール沖縄会議」が発足しました。
権力亡者の集まり「日本会議」とは全く異質の、民意を尊重し行動するための結集です。
常に思うのは「日本で唯一強く政治に対峙する県民」は沖縄からうねりが始まると思ってます。
極右・安倍政権に、ひるまず、断固たる姿勢で2016年も戦っていく覚悟です。

フランスに「自由、平等、博愛の国」があるように、正義を取り戻したい。

投稿: 剛爺 | 2015/12/15 08:46

まるこ姫さん、こんばんは

安倍自民党は野党がだらしないのに安心しきっています。
他に政権担当能力がないと国民が思っている限り、どんなに無茶をやっても、大丈夫と踏んでいます。
民主党は、それが分かっていないし、安倍独裁、憲法改正に危機感も持っていません。
自民党に変わるのは自民党に近いゆ党(おおさか維新の会)では無く、正反対の党です。
民主党は、今の瀬戸際の状況が分かっていない、大馬鹿者です。

投稿: 愛てんぐ | 2015/12/15 14:32

★ーーこんにちは、がんちゃんさん

山本太郎は、前の国会でも共産党に匹敵するほどの鋭い質問を投げかけていました。
こういった論客が増えてくれたら安倍政権も真っ青なんでしょうが、いかんせん政府にゴマすり野党が多すぎますし、論客が少なすぎます。
そして素晴らしい質問者を報道しない。
山本太郎も、小沢一郎も、異端者扱いされているようでは日本の政治は変わらないと思いますよ。
歪な日本の政治、報道じゃないですか。

★ーーこんにちは、土偶さん

>参議院選挙の圧勝での憲法改正要件「議席2/3」と「国民50%の賛成」を狙っているのです。

やはり安倍の野望がこれでしょうね。
野党を取り込んでいるようですから下手したら、国会議員3分の2の票獲得も夢ではなくなりそうです。
そして問題は国民です。
その時の風や雰囲気、政府の美味しい宣伝に乗せられ憲法改悪に走ってしまう国民が増える可能性はあります。
おっしゃるように、憲法改正をするためには参議院選挙を勝つ必要があります。
そのためには何でもやる党ですから、次から次へと票を金で買う作戦が続くでしょうね。
参議院選挙の前には下手したら土下座でも何でもやりますよ。

国民が賢くなる事に加え、野党が共闘しないと安倍政権の思う壺ですよ。
今になっても野党の戦う姿勢が見えて来ないのには、非常に不満です。
共産党云々を言っている場合ではないのに、危機意識がありませんね。
ホント、野党に喝を!

★ーーこんにちは、 だいころ さん

フランスの二回投票制度、良い制度ですよね。
一度目は感情に走っても、冷却期間を置くとわれに帰る事はありますから。
今回も極右政党がのさばる事はできなかったです。
票は伸ばしたそうですけど。

>国民の意見を正確に反映出来ない今の日本の選挙制度に問題があるのかもしれないですね。

本当にそう思います。
不満だらけですが、それでも棄権しない事、あきらめない事、それが国民にできる小さな権利じゃないでしょうか。

★ーーこんにちは、 Kingyo さん

>初心

良い言葉ですよね。
しかし、ただ家業を継ぐだけの自民党の多くの世襲議員達に対して“初心”と言う言葉を使う気がしないほど、この人たちは“初心”とは程遠いと思うのです。
誰にでも初心はありますから偏見かもしれませんが。

国会は世間の常識とはかい離した空間なんでしょうか。
既得権益者の声は届きますが、庶民の声はとどきませんよね。
何のための国会なんだか。。。。

さすが民主主義の歴史の長い国のシステムは違いますね。
二回投票ですって。
日本では、政治家がこれからもそんな制度にする気など無いでしょうが。
今回のフランスでの地方選、もっと大きく報道して欲しいですよね。


★ーーこんにちは、サクラ日記さん

おっしゃる取りですよ。
あれだけのテロが起きれば人は感情的になるものです。
ホント、一回目は感情的になっても、少し時間を置くととどまる、冷静な判断をする。
さすが民主主義の歴史の長い国だけの事はあります。

>何事も、大きく偏った状態というのは長続きせず、その後の反動によりより大きなダメージが残ると思います。

そうなんですよね。
その時は感情的になっても、後々大きなダメージが残る。それはあり得ますし、偏り過ぎたら行き着くところまで言っちゃいますよ。

>民主主義とは、そのような左右のバランス均衡がとれた状態で、時にやや右に、その後は揺り戻しで左にという具合に、時々の状況に応じて対応すべきものと思います。

これって少し前の日本にもあったのではないですか?
小泉政権以降、バランス感覚が少なくなりました。
ブレ幅が大きいんですよ。
政治でも良いとなったらなにをしても称賛する、悪いとなったらなにをしても罵倒する。
極端になりましたよね。
日本国内のネットは、総ヒステリック状態になってしまったような感じを受けます。

>JR東海の葛西(このブログでも出てました)が、次期NHK会長の予定だとか。

恐ろしい事を!
この葛西と言う人物、肉山会さんが言われていましたが相当な右寄り人間だとか。
籾井もすごかったですが、後釜はもっとすごい?
日本はどんどん右傾化をたどっていくのではないでしょうか。
やはりフランスを見習えですよ。
バランスが大事なのに、極端にぶれる日本の政治は恐ろしすぎます。


★ーーこんにちは、 noname さん

やはり何事もバランスでしょう。
極端は良くありません。
特に政治の世界はリーダーが極端だとそれに引っ張られる習性がありますから。
私は移民も視野に入れるべきだとは思っていますが、まずは国内問題でしょう?
子供を大事にしない国は早晩疲弊して行くのは世の常ですから。

★ーーこんにちは、剛爺さん

本当にフランスの選挙制度、素晴らしいですね。
この年になるまで知りませんでしたが、もっと早くに知りたかった。
消費税の高い国ばかりを報道して日本は安すぎると増税を誘導するより、余程有意義な事じゃないですか。
やはり一方にブレすぎるのは非常に危険な事ですね。

>昨日「オール沖縄会議」が発足しました。
権力亡者の集まり「日本会議」とは全く異質の、民意を尊重し行動するための結集です。

来年の宜野湾市長選、民意を集結して頑張ってくださいね。
圧勝して、政府をギャフンを言わせて下さい。
沖縄の民意がどんなものか、政府に知らしめる大きなチャンスですから。
本土と違って沖縄には、良識も気骨もありますから。
兵糧攻めには困ったものですけど。


★ーーこんにちは、愛てんぐさん

本当に野党の存在感が全くありませんよね。
まだ国会が開かれて言う時は、それなりにありましたが、今では自民党政権に対しての対決姿勢が全く見えません。
安倍政権は楽勝だと思っているのではないですか?

>他に政権担当能力がないと国民が思っている限り、どんなに無茶をやっても、大丈夫と踏んでいます。

国民も思考停止状態じゃないですか?
政権担当能力が自民党にあると思っているのは、官僚と自民党が持ちつ持たれつだからと気づくべきですよ。
官僚が国を動かして、政治家は軽いみこしなだけですから。
民主党もせっかくの期待にこたえる事をしない。
本当に危機意識がありませんね。
大がっかりですよ。

>民主党は、今の瀬戸際の状況が分かっていない、大馬鹿者です。

本当に心からそう思います。
危機感もなければ、政治センスもない、アホ揃いじゃないですか。

投稿: まるこ姫 | 2015/12/15 16:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/62868292

この記事へのトラックバック一覧です: 仏地方選、一回目投票とは裏腹に極右政党が全敗、日本も教訓を:

« 騙されてはいけない軽減税率、自公の壮大なパフォーマンスに | トップページ | 新国立競技場、また森喜朗の舌禍 »