« 釜山総領事、異例の交代は政権批判したからとか?それ見ろって話 | トップページ | 加計究明やる気なし、再調査即座に否定、あげく告発者へ個人攻撃、これで加計への優遇を否定できるのか »

2017-06-02

昨日の報ステ、前川インタビュー座右の銘は面従腹背、今は面背腹背・表現の自由を謳歌

昨日の報ステは、いつにもまして素晴らしい出来だった。
番組冒頭すぐに、前川氏へのインタビューで始まった。

前川氏の発言を聞くたび、いつも感銘を受ける。
ものすごい人間的魅力にあふれた人だ。
人間としてますます好きになった。

このインタビューでの前川氏が語った言葉は、正論中の正論
で、そのまま人々に感動を与えるものだ。

小泉政権下での前川(初等中等教育企画課長当時)
>国民がどこに生まれたとしても、どこに生まれて育ったとし
ても一定の義務教育が受けられる保障がなければいけない。
これは憲法が求めているもの

現在
>小泉政権下から政治主導が強まったように思う。
当時、明確に総理からの指示もあったが、明確に反対できた。
ある意味風通しの良さ、明るさがあった。
真正面から抵抗したにもかかわらず、その後報復人事と言う
ようなものは全然なかった。

今と正反対だったんだ。。。。。
私も小泉氏の新自由主義には批判の目を向けてきたが、今
の安倍政権の政治主導と、小泉時代の政治主導とは、全く趣
旨が違ったものだったとわかるし、少なくとも、今の安倍政権
と比べると、誰の目から見ても公平性が保たれていた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

>こういう形で意思決定された事は国民が知るべきだと思う。
もともと権力とはそういうもので国民が権力をコントロールしな
ければならない。
国民の及ばない権力になってしまってはいけない

>公務員が加計学園問題を告発すると、確かに守秘義務違
反を問われる危険性はあります。
でも、本来秘密であるべきものをオープンにしてしまうのが守
秘義務違反。
私はむしろ秘密にしてはいけないものを積極的に国民に知ら
せるべきだと思ったんです。

>私の座右の銘は面従腹背なんですよ。今は面背腹背。
表現の自由を100%享受できる喜びというのは大変な事です
よ。。
>もう隠している事は無いです、無いです。
無いと言うか、見当たりません。
無いと言うとウソになる場合もあるから、(周りがどっと笑う)

普通こんな事言えないよ(笑)
前川氏は、とっつきやすく、そしてユーモラスな人でもあった。
安倍政権の面々とは大違いだ。
こんな人が夫でありお父さんであるご家族がとても羨ましい。

番組中、安倍首相が自分のお友達とのラジオ番組で、また例
の様に、直接私に言えば良かったと言っていたことも報道さ
れた。
安倍首相とお友達はこればっかり言うが良く言うよ。
反論できない程の恐怖政治をやっておきながら。。。。。
どいつもこいつもゲスの極みだ。

お友達のラジオ番組やフェイスブックでケチばかりつけないで、
前川氏を国会に呼んで吊し上げればよい。
自民党の伝統芸・お家芸だろうに。。。。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 釜山総領事、異例の交代は政権批判したからとか?それ見ろって話 | トップページ | 加計究明やる気なし、再調査即座に否定、あげく告発者へ個人攻撃、これで加計への優遇を否定できるのか »

コメント

前川氏を見ていると 育ちの良さがつたわってきます
厳しくそして愛情をもって育てられたのでしょうね
自分より先ず他人に優しくの心が感じられます

小泉時代は政治主導ダッタでしょうが
安倍政権が政治主導だとは思えません
私利私欲優先の我欲主導政治ではないでしょうか

投稿: てつお | 2017-06-02 18:44

まるこ姫さん、こんばんは

 フジ系列のニッポン放送で安倍首相は現役の時に言えと言っていますが、圧力が無かったと言う証明ではなく、論点のすり替え、問題をぼやかせるための個人攻撃です。一強他弱で権力が安倍首相に集中している中、誰が安倍首相を諫めることが出来るのでしょうか。金正恩を批判できるものは北朝鮮には居ないのと同様です。

 安倍首相の山口氏は準強姦罪で起訴される寸前に、警察庁からの圧力で不起訴となっています。これは安倍首相によってストップが掛けられたというのは容易に想像できます。

 お友だちにはこの上なく優しく、黒を白にしますが、敵に対しては容赦なく無慈悲で、白を黒と言って攻撃します。こんな人が絶対権力者になり、役人が反対すればどうなるか火を見るより明らかです。

投稿: 愛てんぐ | 2017-06-02 18:45


上に立つべき者はいずれか(安倍首相と前川氏)~忖度の意味の違い

忖度、元に辿ると全く違う意味なんですよ。
「上に立つ者ほど、下々の心が行いの訳になっていなくてはならない(下々の気持ちを推しはかるべき)を理解している人こそ、上に立つべき人である」が本来の意味。

これ、実践しているのは前川さん。つまり、元の意味ではそれを心得る者は王(上に立つ者)とされています。全くやってないどころか、日頃の自らの公私混同の振る舞いを棚に上げて、下々の目の映り方の方が悪い(「印象操作だ」)と言い逃れるのは安倍首相。

安倍首相と昵懇のジャーナリストからレイプにあったまま、見えざる大きな力によってその犯罪が揉み消されてしまった女性が公に顔を曝してまで必死の訴えをしている(「私は魂を殺された」)。かたや、<出会い系バー通い>で最も多く前川氏と会った女性は、今は会社勤めをして、社会の底辺から「前川さんに救われた」と今回「救ってくれた恩人」のピンチに居ても立っても居られず真実を証言したそうです。

魂を殺された者と救われた者、圧殺しようとする者と救い出そうとする者。何たるコントラストでしょう。これは、上に立つべきでない者と立つべき者の違いです。

詳しくは、ブログに書きましたのでよろしければ・・・

投稿: Film Photography | 2017-06-02 19:40

前川氏の座右の銘は面従腹背。
表面だけは服従するように見せかけて、内心では反対すること。
・・内心の自由は渡さないよっていう意味。すっきり晴れ晴れ。

安倍首相の座右の銘は至誠。
誠の心をもって尽くせば、動かなかった人など今まで誰もいない。
・・しつこく他人を従わせるっていう意味。どんより鬱陶しい。

どっちが良いかって?
息ができるか窒息するかでいえば、前者が良いに決まってますよ。

投稿: Film Photography | 2017-06-02 20:50

昨日の前川氏のインタビュー、いいものでしたね。
報ステもあんなに長時間に渡っての放送、スタンスが素晴らしかったです…てか、これが本来の報道の姿なんですよね。

前川氏は、かねてから「別に政権を打倒しようなんて思ってないですよ」と言ってます。
まじめにやってきた行政の仕事を歪められ、それを正すことができなかったを悔やみ、行政をあるべき姿に戻したいという一心での告発です。

ご本人は、英雄視されることは決して望んでいらっしゃらないと思いますよ。
慣れない記者会見、新聞・雑誌の取材、テレビ番組のインタビュー、ラジオ番組の出演。
自ら声をあげたとはいえ、これほどまでの露出は予想していなかったことでしょう。
そうであっても、決して浮つくことなく、知性、誠実さ、謙虚さがあふれた姿は、それこそ「とりもどしたい日本」の姿、そのものではないでしょうか。
今日の東京新聞に創業者であったお祖父さまから「人とはかくあるべし」と一時間近く説教をされたことがある、生きていたら「何やってるんだ」と言われるだろうと思い出を語った、と出ていました。
同じ三代目でもどこぞのアホボンとはお違いですね。

投稿: とらみ | 2017-06-02 22:01

前川さんの解放された喜び、憲法で保障された「表現の自由」がよほど肌身に染みてるのでしょうね。
息苦しい公務員人生と決別した今。
組織でいきるほとんど人が同じような息苦しい環境の中でもがいているのだと思います。

特にトップや上司ができそこないの場合「最悪」ですよね!

国民もバカなトップに見切りをつけないともがき苦しむことになりますよ! 選ばない自由があるのだから-----

投稿: 剛爺 | 2017-06-03 06:50

小泉政権も良いとは思えませんでしたが、今よりははるかに開かれた政治だったんですねぇ。
今は安倍様の意向が全てとい事ですねぇ。
これはもう民主主義ではありません。
小泉元総理は批判を受け入れる度量も持ってたという事ですが、安倍晋三は批判されるのが大嫌い。
そのうえ小心者であるが故に、この独裁政治を進めているのでしょう。
そういえば財務省は、システムの変更とやらで森友との記録を消去するようです。
完全なる隠蔽です。
本来は安倍晋三自ら指示してデータ保存を指せるべきですが、データ消去は安倍晋三の意思であり財務省による忖度なのでしょう。
アベノドクサイの危険性を認識しない国民が多すぎます。

投稿: サクラ日記 | 2017-06-03 07:33

まるこ姫さま、おはようございます。

この人(前川喜平氏)ねえ…、
文科省の天下り問題が発覚した時、私、ここのコメント欄で敬称略の呼び捨てにしてたんですよね。

図々しくも身内感覚で小沢一郎を敬称略で呼ばせてもらっているのと違って、天下りを主導・隠蔽するけしくりからん奴だって。

ところが、初めての会見を見ただけで恐れ入っちゃいました。
日を改めたラジオ番組の中で、
“どうして(ボランティア先で)名乗らなかったんですか?”の問いには“いや、もうタダのおじさんですから”の答えを聞いた時は、尊敬の念までも。
さらに文春の記事を読み、あらためて絶句と溜め息。
己れの無知と偏見に満ちた眼を恥じました。

印象としては、松本サリン事件で犯人の嫌疑をかけられた河野義行氏を思い出しましたね。

話の内容はもちろん、外見から漂ってくる品格や曇りのなさと言うか…、よほどの役者やペテン師でもない限り、どう見たってこの人、犯人じゃないだろうがって…。
それと同じような感覚が前川氏にも。

まあ、私の人を見る眼がないハナシはさておき、安倍の「なんで反対しなかったのか不思議でしょうがない」発言には今更ながら呆れました。
アンタ、同じ日に外交官の首を飛ばしてるだろうが。
異議を唱えた宮内庁長官を更迭したのはどこの誰だ?
いやいや、意義も唱えていない内閣法制局長官の首まですげ変えてるぞ。

とにかく、黒を白に、赤信号を青信号に、あったこともなかったことにしてきたのが安倍晋三。
今日は財務省全体をドリル優子状態にして、PCシステムの全取っ替えを断行するようですね。
これで、森友問題の重要な証拠も闇に葬られることに。

出入り業者のNEC社員の中に『面従腹背』をこっそりやらかす強者はいませんかね。

それはそうと、安倍は絶対に
『面従腹背』って読めないでしょうね。“めんたてはらせ”?何だ、そりゃ!?って。

「腹」と「背」が入ってるから、背に腹はかえられないってことか?ま、何でもいいや。閣議決定しちまえば、俺の言ったことが正しいことになるんだから…なんて。

こんな憎まれ口叩いたって、安倍には痛くも痒くもないんだろうな…。

投稿: 肉山会 | 2017-06-03 08:18

キャバクラに勤めたい女の子を、聡説得し、相談相手になり、、、小遣いといわれたものは女の子への帰りのタクシー代で、、、手にさえ触れず、、、決して本名を明かさず、、、今やその女の子は風俗へ勤めることもせず、、ちゃんとした所に勤めている。
そして、、偶然テレビを見たらあのときの足長おじさんが皆に攻めらて・・・女の子とその両親も、、あまりにもひどすぎると週刊誌に告白した・・・
「前川さんのおかげで今の私がある」by その女性
なんと泣かせる話じゃありませんか~~~   まるで後世に語り伝えたいような物語です・・・
前川さん、、、やはりこういう美意識があるのはちゃんとした教養を持って育ったからでしょう。
おなじエエとこのボンボンでも、画一的をガイチテキとよび、、、成長の成の字も書けず、、、腹心をバクシンと読む、、あの知恵遅れとは大違い
あいつは若いときもゲームばかりしてたそうで・・・・ちゃんとした読書もしたことないのでしょう。  じゃなきゃ、、あの程度の漢字誰でも読めたり書ける。

で・・・先ほどの美談も、須田慎一郎の手にかかると、さも前川さんが少女売春したような話になる。
しかもこの須田のラジオ番組に出てるのがあの知恵遅れです。

ところで、前川さん以外の現役文部官僚が、また匿名で内部文章を暴露したそうですね!
前川さんの起こした大塩平八郎の乱・・・・後に続く官僚がでれば・・・と此間書きましたが・・・
詩織さんの山口レイプの告発につづき、、、現役官僚の暴露
前川さんの行動が確かに色んな人に影響を与えています。

投稿: 犬飼多吉 | 2017-06-03 10:10

聡・・・>諭し
誤変換でした。  

投稿: 犬飼多吉 | 2017-06-03 10:13

前川さんはジャン・ヴァルジャンみたいな人だ…。

安倍一味が前川さんを貶めようとすればするほど、どんどんその善行、人となりを示すエピソードなどが出てきて、逆に自分たちの首を絞める結果になっていること、いまだに本人たちを含め、心が曇っている人たちにはわからないみたいですね。

肉山会さんが、松本サリンの時の河野さんのことを書かれていましたが、私もあの時のことはよく覚えています。
事件が起こってから初期の段階で、河野さんをほぼ犯人のようにマスコミ各社が報道していたのですがー私は文系で理系なことは全然よくわからないけど、あんな家庭で使うような農薬、薬品の類でそんな物質が作れるのか?ものすごい暑い日だから化学変化した?そういうもんなの…?という違和感が拭えませんでした。
その後事態は急転直下で、河野さんの疑惑は晴れたわけですが。

会社の同僚たちとその話題で話していた時、結構発言権がある人が、はなから河野さんを絶対犯人と断言していたのですが、疑惑が晴れた後、どう言うかと思っていたらー
「でもやっぱりあの人の立ち居振る舞いが怪しいから、疑われてもしょうがないし、犯人じゃなかったとしても、あの人は変な人よ!」とのたまってビックリ…。
そう言った人は、ふだん根が悪い人じゃなく、社交的で明るく、あまり物を深く考えない人だったので、結構みんなに好かれてて中心人物っぽかったので、みんなそういう暴言を聞いても、ハハ…という感じで、特にその人に意見を言う人はいませんでした。その後も(内心はどうあれ)みんな特に気にする風でもなく、その人とは普通に付き合っていましたが、私は距離を置きました。
世間の人は、自分に直接害が及ばないとそんなもんなんですね。

今回の前川さんの件についても、やはりその時の会社の同僚のように言う人はいると思いますが、私は前川さんを信じます。

そしてよく事情も知らないで、前川さんをはなから「もっともらしいウソをついてる。言い訳がうまい」と言ってた某芸能人やら、コメンテーターのことは、自分のリトマス紙的にアウト!と記憶したいと思います。
だいたい芸能人は自由業で、それこそもっと柔軟な考え方をしていいはずなのに、「職業に貴賎なし」という言葉を知らんのか?出会い系にいる女性とそれを取り巻く人はみんな悪なのか?

安倍一味および、前川さんを根拠なく汚らわしいもの扱いしていた芸能人は、みんなまとめて謝罪してほしい。謝罪するわけないけど、少しは恥ずかしいという気持ちを持ってほしい。
そんな気持ちさえなければ、もう人間として終わりだと思います。

投稿: ツバメ丸 | 2017-06-03 13:59

★ーーこんにちは、てつおさん

>前川氏を見ていると 育ちの良さがつたわってきます
厳しくそして愛情をもって育てられたのでしょうね

本当にそうですね。
ひしひしと伝わるものがあるんですよね。
政権の連中とは目線が違います。
やはり育ち方がとても良かったのではないかと思います。
熱血漢でもありますし。

安倍政権の場合官邸主導ですものね。
そして縁故政治全開です。
自分のお友達・身内にだけ優遇する政治です。

★ーーこんにちは、愛てんぐさん

安倍とそのお友達はこぞって、現職の時に言えと言いますが、あれだけガチガチに締め付けていたら、言えませんわね。
スシローなんて常に、なぜ辞める前に言わなかったのかと印象を悪くするような事ばっかり言っていますよ。
開かれた政権でもないのに言えるわけないのにね。

>一強他弱で権力が安倍首相に集中している中、誰が安倍首相を諫めることが出来るのでしょうか。

本当にそうなんですよね。
安倍に行ったら即座に左遷されてしまいます。
何度もやって来ましたから。

ノリマキも未だに逃げまくっていますが、それこそ、やましいところが無かったら出てきて会見の一つでもやったらよいですよ。
あべヨイショをする代わりに、警察に圧力かけて貰ったのでしょう。
ヨイショに磨きがかかっていますから。
おっしゃる様にお友達にはどれだけでも優遇しますが、批判する人間には情け容赦もない個人攻撃。
これで民主主義国家と言えるかどうかですよね。
役人だって首が飛ぶのは嫌ですから、忖度もするでしょうよ。

★ーーこんにちは、Film Photographyさん

おっしゃる通りです。
前川さんは上に立つ人の鑑とも言える人だと思います。
文科省の中にいて、不自由な思いもしてきたでしょうが、それでも下への目線を忘れていなかったんですね。
安倍と大違いです。
何不自由ない暮らしではあっても、人への視点がない人なんですよね。
自分を持ち上げてくれる人にだけ優遇して平気でいる、その神経が分かりませんね。
多分、安倍の周りには利用しておこぼれを貰いたい人間がワンサカいるのではないかと思います。

それにしても山口の女性に対してのやり口って、最低・最悪ですね。
クスリを盛ってまで女性を手に入れるやり口。
生々しすぎて山口の顔見るのも嫌になりましたよ。
今のところ、逃亡していますから良いですが。
官邸は、出会い系バーに行っただけで、誹謗中傷の限りを尽くしていますが、内容は天と地ほどの開きがあります。
貶めようとした前川さんの評判が良すぎて、頭抱えているのではないですか?
それでもまだ、身の下を探っているそうですから、すごい政権ですわね。

>前川氏の座右の銘は面従腹背。

私、今まで面従腹背は、負の部分で見てきましたが、前川さんの説明の様に、心まで政権の意のままにさせないぞ。だったら分かるような気がします。
佐川みたいな官僚が言ったら反感持ちますが、前川さんのような気骨のある官僚だったら、さもありなんですね。

>安倍首相の座右の銘は至誠。

そうなんですか。
安倍に似合わないですね(笑)
誠って、安倍と対極にある言葉じゃないですか。
大体が、安倍には核となる様なものが皆無なんですよ。
安倍三代を読んで、よくわかりました。


★ーーこんにちは、とらみさん

安倍三代、読み終わりましたよ。
安倍は、可もなく不可もなく、そして人間としてのエネルギーも感じられない学生時代を送りましたよね。
そのまま社会に出て、自分の中に一つの核を持っていない人間は、何か大きな力に、(例えば日本会議とか)、影響を受けたのではないかと思いました。
そしてコンプレックスの裏返しで、被害妄想も募っているのではないかと。

前川氏の人柄がとてもいいのが分かりました。
報ステも思い切って冒頭でやりましたよね。
長時間のインタビューは、とてもありがたかったです。
他の番組では、なかなか制約があるでしょうし。

>まじめにやってきた行政の仕事を歪められ、それを正すことができなかったを悔やみ、行政をあるべき姿に戻したいという一心での告発です。

そうなんですよね。
総理に反旗を翻そうなどとは思っていないと。
ただ、ルールが破られて勝手な解釈で歪められるのはおかしいと思っていたんですね。
私もあまり英雄視はしない方が良いと思います。
上げるだけ上げて落とすと言うのは、マスゴミの常とう手段ですから。
官邸は未だに、前川さんの瑕疵を探しているそうですよ。
怖いですね。

>そうであっても、決して浮つくことなく、知性、誠実さ、謙虚さがあふれた姿は、それこそ「とりもどしたい日本」の姿、そのものではないでしょうか

前川さんはおごらず高ぶらずの見本みたいな人で、どこのマスメディアに出ても、淡々と語るのでしょう。
報ステでのインタビューは人間性や知性が、あふれ出ていたと思います。
いるようで、なかなかいませんよ、こんな人は。
やはり、育ち方が良かったようですね。

>同じ三代目でもどこぞのアホボンとはお違いですね

それこそ、月とスッポンじゃないですか。
それにしても、安倍寛も、安倍晋太郎も、人間的に優れていたのに、なんで晋三だけが凡庸だったんですかね。
政治家になったらいけない人間がなってしまった悲劇ですかね。


★ーーこんにちは、 剛爺 さん

前川さん、誇張もなく淡々と語っていましたが、そのまま人柄が出ていてとても感銘を受けました。
最後の方の、面従腹背も、今まではいい印象じゃなかったですが、安倍政権のような政権に仕える官僚としては、心までは売らないぞ。との気骨があふれていて、すごいなあと思いましたよ。
公務員生活は、本当に息苦しかったようですね。
民間と違ってすごい制約があったのでしょう。
政治的な活動も皆無だと言っていましたしね。

>特にトップや上司ができそこないの場合「最悪」ですよね!

本当ですね。
小泉政権下では、比較的自由にものが言えたと言っていて、やはり安倍政権になったからは不自由さをものすごく感じていたのでしょうね。
国民もきちんと選択しないと、いつまでも他に良いい政党がないからとか、担える党がいないとかなんて、近視眼的に考えていたら駄目ですよ。
自分の首を絞めることになることに気付かないと。

★ーーこんにちは、サクラ日記さん

>小泉政権も良いとは思えませんでしたが、今よりははるかに開かれた政治だったんですねぇ。

私もこれ聞いて、ビックリしました。
新自由主義で抑え込んでいると思っていましたから。
物が言える雰囲気が無くなったらおしまいですね。

>小泉元総理は批判を受け入れる度量も持ってたという事ですが、安倍晋三は批判されるのが大嫌い。

大体が権力者は、批判されてナンボくらいの気持ちでいないと重圧に潰されてしまいますし、批判がないなんてあるわけないじゃないですか。
安倍はおかしいんですよ。
批判されるといきなり逆切れして、何倍返しでしょう?
これ、権力者の器じゃないですから。
財務省は根っからの安倍のしもべになってしまいましたね。
反旗も翻さず、安倍の意のままに動いて、よほど美味しい人事をしてもらうんですかね。
魂売ってまで安倍を守り通す、見下げた財務省です・
大体が、国民の知る権利をないがしろにして記録を消去するなんて自殺行為ですよ。
これから政権にとって都合の悪い文書は、どんどん消去して行ったら、歴史の検証ができなくなりますよ。
全く、国民の方を向いて仕事をしてもらいたいですよ。前川さんの様にね。
やはり安倍の独裁は、一刻も早く終了させないと。。。。

★ーーこんにちは、肉山会さん

天下り問題も、別に文科省だけの問題じゃないですよ。
どこの省庁もやっているのに、文科省だけをクローズアップさせたと言うのも、私には恣意的なものを感じます。
前川さんを事務次官にして、わざと責任を取らせたとか、考えられませんか?
私が安倍政権嫌いだから、悪意に捉えているのかもしれませんが。

>天下りを主導・隠蔽するけしくりからん奴だって。

誰だって思いますよ。
責任とらされた人が、あの、今、見ている前川さんでしょう?
え?と思いましたもの。
前川さんを見ていたら、私の思っていた悪徳官僚というイメージと結び付きません。
会見でも人となりが、もろに出ていましたものね。
別に自分をひけらかしているわけでもないのに、にじみ出る物があると言うか、人間性がうかがえました。
インタビューでは、もっと人間性溢れる人だと感じましたし。
やはり、人が語るところを見ると言うのは良い事だと思いました。
隠しても隠し切れないものがありますすし、にじみ出る物もありますし。

松本サリン事件も、いきなり犯人逮捕と新聞で見て、ビックリしましたよ。
てっきり犯人だと思っていた人が、実際は冤罪だったんですから。
あの時からマスメディアの報道は絶対ではない、疑ってかかる必要もあると思うようになりましたよ。
今回も、官邸は読売まで使っての印象を行っていました。
松本サリンのころと比べても、格段にマスゴミと言われるようにもなってきているご時世で、大新聞を使ってまで人を貶める政権のやり方は、真っ黒を自ら認めたようなものですよ。

なんで現職の時に言わなかったのかって、誰が考えても言えるわけないですよね。
スシローなんてこればっかり!
殴ってやろうかと思いましたよ。
恐怖政治を敷いているのに、よく言うよです。
森友の資料も消去するそうですし。
それでも、どこかに残っているのではないですか?
個人的なところに。
官僚も自分が退官した後にでも出すと言う選択肢もありますから。

>『面従腹背』って読めないでしょうね。“めんたてはらせ”?何だ、そりゃ!?って。

安倍なら読み間違いそう(笑)
思わず吹いちゃいましたよ。
めんたいこがどうかしたのかと思って
でんでん、とか、がいつてき。とか。考えられない事もないですが。

★ーーこんにちは、犬飼多吉さん

あしながおじさんみたいになってきていますが、前川さんも人の子ですから、そうそう清廉潔白でもないでしょうし。
あまり持ち上げて、何か出てきた時のことを考えると怖いですよ。
確かにあしながおじさんとか、善意の人とか、あるでしょうけど、マスゴミは持ち上げた後、どか~んと落としますからね。
政権も、それ狙っているのかもしれませんよ。

もちろん、多くの方が感じておられるように前川さんの人となりはとても素晴らしいと思います。
語っているだけで、人柄がにじみ出てくるんですよね。

>おなじエエとこのボンボンでも、画一的をガイチテキとよび、、、成長の成の字も書けず、、、腹心をバクシンと読む、、あの知恵遅れとは大違い

教養が違いますもの。
安倍三代という本を読みましたが、大学でも可もなく不可もなく、すごいエネルギーを持って活動したわけでもなく、ただただ凡庸な学生だと言うのが多くの一致した意見だったそうです。
前川さんは育ち方が全然違ったのだと思います。

>で・・・先ほどの美談も、須田慎一郎の手にかかると、さも前川さんが少女売春したような話になる。

須田もデマ飛ばしで名をはせているような人間ですし、安倍もお友達としか会話できないなんて、恥ずかしすぎますね。

>ところで、前川さん以外の現役文部官僚が、また匿名で内部文章を暴露したそうですね!

そうですか。
後にどんどん続いてほしいです。
前川さんも文科省の後輩には配慮した物言いをしていましたから、じ~んと来たのではないですか?
誰しも、安倍政権のやり方には理不尽で不条理なものを抱えていたのでしょうから。
財務省の佐川なんて、最低の人間に見えますね。
あれほど安倍の足を舐めなくても。。。
あと一息なんですよね。
安倍と菅は、がけっぷちに来ていると思いmす。

★ーーこんにちは、ツバメ丸さん

あれだけ官邸の嫌がらせを受けるという事は、前川さんは核心を突いたという事にもなりますわね。
菅が会見を開いてまで、前川さんを貶めようとしても、前川さん自身の人柄が救った感があります。
この人は熱血漢だったんですね。
菅なんて、調査は一回二回でできるなんて言っていましたが、そんなの調査ではなくただのアリバイ作りなんですよね。
いみじくも人間性が表れていました。
おっしゃる様に、心が曇っている人は、そうじゃない人がいる事が分かっていません。
自分の物差しでしか考えられないのでしょう。

>事件が起こってから初期の段階で、河野さんをほぼ犯人のようにマスコミ各社が報道していたのですがー私は文系で理系なことは全然よくわからないけど、あんな家庭で使うような農薬、薬品の類でそんな物質が作れるのか?ものすごい暑い日だから化学変化した?そういうもんなの…?という違和感が拭えませんでした。

私、その時は、犯人だと思ってしまいましたよ。
新聞もテレビも、でかでかと逮捕となりましたよね。
そういえば、家庭にある薬品でサリンが作れるものかどうか。。。
ホント、無知という事ほど怖いものはありませんね。

多分、世間一般の人は捜査本部の発表を何の疑いもなく正しいものと思ってしまうのではないですか?
今ほど、権力を持っている方が不正を働くなんてことが報道されるような時代じゃなかったですから。
お上の言う事は正しいと、多くの人は思ったのではないかと思います。
今は、権力を持っている方の不正やら不祥事やら、普通に出てきていますが、昔は、情報があまり出てきませんでしたし。
それにしても、立ち居振る舞いで犯人にされたら大変ですよね。
それでも、私たちにはイメージという思い込みも結構あるんですよね。
検察がリークして報道が連日、小沢=悪と報じてきた結果、未だに小沢さんの事を悪党と思っている人が多いですよ。
経過は報道しても結果はほとんど報道されていませんから。

前川さんは色んなことろに出てきて語っておられますから、人となりがとてもよく分かりましたから、それこそやましくなかったら、どんどん出てくるのも手じゃないですかね。
情報戦という事もありますから。
前川さんの語っている事を見ても、まだ悪く言う人たちは多分、自分の目が曇っているのではないですか?
私はそう思います。

投稿: まるこ姫 | 2017-06-03 16:49

えっ座右の銘が『面従腹背』ってどういう事(;´・ω・)
って驚いたと同時に
今回の前川さんの件で
普通は悪い意味での表現しかされない
『面従腹背』って言葉にも良い意味で表現出来るんだなぁと感心しました

それに比べて首相の座右の銘は『至誠』ですか
初めて知りました(´Д`)ハァ…
字を見てなんとなくは分かったのですが
どういう意味なのかなと思い念の為ネットで調べてみたら

『至誠』の意味がこの上なく誠実なこと。まごころ。

という検索結果に驚きすぎてしばらくフリーズしてしまいました( ゚д゚)ポカーン

いつも思うのですが凄過ぎますね首相は
あらゆる事が想像の斜め上を行ってしまうんだから(ノ∀`) アチャー

画一的=ガイチテキって言ってた事とかも初めて聞きましたが…もう武勇伝ですね

それと小泉政権の時は
>真正面から抵抗したにもかかわらず、その後報復人事と言うようなものは全然なかった。

と言う話を聞いて
今よりずっと公平性が保たれていたんだなあと思ったのと同時に報道の自由度が下がると国にとって良い事が無いんだなと思いました

報道の自由度ランキングのグラフを見ても安倍政権になったら国や国民にとって何一ついい事が無いんだから

とうとう金田法務大臣が治安維持法が適法とまで言っちゃったしねε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

投稿: マスオ | 2017-06-03 18:52

★ーーこんにちは、マスオさん

今までは面従腹背って、すごい悪い意味でとらえていました。
腹の中では何考えているか分からないのか。みたいな。
だけど前川さんの考えていた面従腹背は、今までの常識を覆すものであり、やっぱりあの人の人柄でしょうね。
安倍政権と官僚の間柄だったら、さもありなんですし。

>至誠

似合いませんよね(笑)
いまやっている事との整合性が取れませんから。
大笑いですよ。
言行不一致じゃないですか。

私、小泉さんのやってきた事に素直に離れませんが、それでも今の安倍政権とは一味違っていたんですね。
これにもびっくりでした。
まあ、安倍政権のやっている事は前代未聞の事ばっかりですし、人への視点が全くない政権ですから。
報道の自由度ランキングもそうですが、国連への対応も、独裁国家並みになっていますよね。
どうしてこの凡庸な男が、ここまで政権を維持しているのか、やっぱり周りの力が強力だったとしか言えませんね。

投稿: まるこ姫 | 2017-06-04 14:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25984/65359583

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の報ステ、前川インタビュー座右の銘は面従腹背、今は面背腹背・表現の自由を謳歌:

« 釜山総領事、異例の交代は政権批判したからとか?それ見ろって話 | トップページ | 加計究明やる気なし、再調査即座に否定、あげく告発者へ個人攻撃、これで加計への優遇を否定できるのか »