« G7「保護主義と引き続き戦う」と合意、その後トランプがちゃぶ台返し | トップページ | 安倍首相「拉致前進に期待」他人のふんどしで相撲を取る男(笑) »

2018.06.11

袴田事件再審認めず、疑わしきは罰せずの精神は何処へ行ったのか

てっきり再審開始の朗報が聞けると思っていったが。。。。。
高裁は無慈悲にも再審を認めない判決を行った。

名張毒ぶどう酒事件も、地裁は再審開始を決定したのに高裁で
覆った。
それ以降は、弁護団が新たな証拠を出し、何度再審請求をして
も再審の門戸を閉ざし続けた。

袴田事件も地裁は再審開始を決定したのに、検察が抗告をして
高裁で再審の道が閉ざされた。
なんで、疑わしきは罰せずの精神にならないのか。
しかも袴田事件は、素人が考えても冤罪だと思えるのに。

袴田さん再審取り消し=地裁の「無罪」覆す―弁護団、特別抗
告へ・東京高裁。
                 6/11(月) 13:39配信

>静岡県で1966年、一家4人が殺害された「袴田事件」の第2次
再審請求即時抗告審で、東京高裁(大島隆明裁判長)は11日、
死刑が確定した袴田巌さん(82)の再審開始を認めた静岡地裁
決定を取り消し、袴田さん側の再審請求を棄却した。
>死刑と拘置の執行停止は取り消さなかった。地裁の「無罪」判
断は4年余りで覆った。
>静岡地裁は2014年3月、DNA型鑑定を根拠に、捜査機関によ
る証拠捏造(ねつぞう)の疑いに言及し、再審開始を決定。
死刑と拘置の執行も停止し、「これ以上拘置を続けることは耐え
難いほど正義に反する」と、逮捕以来48年ぶりに袴田さんを釈
放した。

この国では地裁までは、国民感情に沿った判断をするが、高裁
以上になると、やたら捜査機関のメンツにこだわるような姿勢が
目立つ。
科学は日々進歩して、当時の鑑定とは雲泥の差の精度の高い
鑑定ができるようになっても、高裁は「鑑定手法の科学的原理
や有用性には深刻な疑問が存在し、結果は信用できない」
とし
て再審請求を棄却した。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

当時の鑑定と比べたら、今の鑑定の方が科学的により信用でき
ると思うが裁判官は信用できないという。
どの点が信用できないのだろう、不思議な思考だ。
地裁の判断は、証拠ねつ造の疑いにまで言及しているのに、高
裁は、素人的にも当時の鑑定より今の鑑定の方がより精度が
高いと思えるのに、その鑑定を疑問視している。

再審は取り消すのに、死刑と拘置の執行停止はそのままと言う
のも、相反する措置だと思うが、どうしてこうなるのか。
拘置の執行停止は高齢であるが故とも言えるが、死刑の執行
停止は、変だ。

再審請求を棄却したのに、死刑執行停止も矛盾があるし。
裁判官は、警察・検察のメンツにこだわりすぎだと思う。

DNA鑑定だけではなく、サイズの合わない証拠品の衣服や当
時の取り調べの過酷さなど録音テープから分かるのに、高裁
は相変わらず古い判断を変えようとはしない。
地裁の判断の方がよほど妥当で、庶民の気持ちに寄り沿って
いる。

いくら裁判員制度を導入して、庶民の気持ちに寄り添うような
判決を下しても、高裁で覆る案件が多いと聞く。
裁判官の思考が古いままで停止していたら、何のための司法
かと、何のための裁判員制度なのかと思ってしまう。

再審の道は高く険しいままだが、本当にそれでよいのだろうか。
あれだけの証拠を出してもダメだとなると虚しいばかりだ。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« G7「保護主義と引き続き戦う」と合意、その後トランプがちゃぶ台返し | トップページ | 安倍首相「拉致前進に期待」他人のふんどしで相撲を取る男(笑) »

コメント

日本の裁判 検察と裁判所が手を結んでいるように感じているのは 私だけではないと思います
有罪率99%の異常な世界
検察に弱みでも握られているのでしょうか
 疑わしきは罰せずではなく
疑わしきというより検察が告訴したら罰するでしょうか

既成の裁判所から独立した
再審専門の裁判所でも作ったらどうでしょうか

投稿: てつお | 2018.06.11 19時30分

★ーーこんにちは、てつおさん

日本の裁判は、強いものの味方なんですかね。
検察は、籠池夫婦を10カ月も拘束しておきながら、虚偽答弁の佐川は無罪放免。
これでよくわかりましたよ。
検察に目を付けられ起訴されたら有罪率99%。
本当に異常な世界なんですよね。
本来なら袴田事件は、素人から見てもおかしいところだらけなのに高裁は、再審認めずだって!
威信とメンツだけで判定したとしか思えませんけど。

>既成の裁判所から独立した
再審専門の裁判所でも作ったらどうでしょうか

今の司法は権力志向ですから、庶民目線があるなら再審専門の機関も欲しいですよね。

投稿: まるこ姫 | 2018.06.11 20時11分

ご無沙汰しております。世の中理不尽過ぎることばかりで色々鬱憤が溜まることばかりですが、この一件は看過出来ません。僕は今から七年前、袴田さんを支援する会のメンバーである知人に誘われて、その会のシンポジウムに参加したことがあります。会には袴田さんの御姉様、弁護士さん、そして布川事件で犯人に仕立てあげられ、無期懲役の判決を下されながらも無実を訴え、長きに渡る闘いを経てやっと無罪を勝ち取った元被告の方が出席されてました。お三方の講演を聞いてあらためて知ったのは、一度犯人として逮捕されたら苛烈な取り調べ、いや拷問で締め上げられる。そしてその苦しさに耐えきれず一度罪を認めてしまったら最後、真犯人として裁かれてしまう・・・後になってどんなに無実を訴えても、一度貼られてしまった殺人犯のレッテルを剥がし、無罪を勝ち取るのは至難の技であるという過酷な現実でした。そして警察に検察はどんなにあやふやでおかしな証拠でも真実であると自分達に都合の良いように改竄したり隠してしまう。裁判所も権力を持っている側の肩を持つような裁定を下すという滅茶苦茶な有り様も思い知らされました。普通ドラマでは弱者に寄り添い、味方になってくれるのに実際は真逆で弱いものいじめに勤しむというこの醜さ。裁く側にも理屈や言い分があるのかもしれませんが、これまでも散々冤罪事件をやらかしている連中が何を言っても説得力なんて皆無だと僕は思います。何せここ最近でも志布志事件・富山冤罪事件・足利事件といった冤罪事件が発覚しています。そして何より許せないのは、権力を持っている側はどんなに酷いミスをしても何も咎められず、ダンマリを決め込み知らんぷり。人の人生を狂わせておいてそんなふざけた態度が許されるわけねぇだろうが!ふざけんじゃねぇぞ(*`Д´)ノ!!!このシンポジウムに参加してからというもの、僕は犯人が逮捕されたというニュースを耳にしても、その内容を鵜呑みに出来なくなりました。だって冤罪によって犯人にされた“被害者”である可能性も捨てきれませんから。

投稿: スターダスト・デブー | 2018.06.11 22時26分

まるこ姫さま、ご無沙汰です。

暑かったり急に気温が低くなったり、変な気候のせいか、ダルいし猛烈に眠いです。
仕事もタイトなのと、雑用に追われて、なかなかこちらへ来られませんでした。

児童虐待の痛ましいニュース、紀州のドンファン、新幹線の事件。
アベとアソウ、アソウとアベ。時々トランプ、金正恩…。こんなニュースばっかりで頭と気分が重くなりますね。
そしてまた袴田さんの再審認めずー。

この間NHKで「逆転人生」という、冤罪を着せられた人の実話を特集していて、結構ハードですが、興味深い内容でした。NHKもたまにはいい番組をやる。

ドラマでは、罪を着せられた人の疑惑に対して、刑事や検事などが地道に捜査して、真実を突き止めるというのが定番ですが、そこで取り上げた事件では、警察は最初から犯人(冤罪)を特定し、ひたすら自白を強要。
犯人扱いされた人は、弁護士との会見を通じて、自分の記憶をたどり、そこからコツコツ、家族の協力を頼りに無実を証明したーという話でした。
…ビックリしました。疑うことしかしないで何の検証もしない警察と検察って、何のために存在してるの?と。

これからは刑事や検事が主役のドラマを見ても、「ああ、こんな風に真実を追及する刑事や検事なんて、100パーフィクションなんだなー」 と思いながら見ないと…(^_^;)
まあ、中にはちゃんとやってくれる人もいるかもしれないですけど…。

佐川の不起訴にしても、それこそストーリーが決まっていて、あの何百人かで強制捜査して書類を運び出すとかするシーンとか、全然なかったですよね?

市民はもうみんな自分達の力で自分を守るしかないのか。警察とか、検察って何を守っているのか。市民を守らず、ただ公権力を守る組織なら税金返してほしい。
何を信じていけばいいのかわからないですね。虚構の世界の刑事ぐらいしかもう信じられない…。

久しぶりの書込み、長くなりすみませんでした
m(_ _)m

投稿: つばめ丸 | 2018.06.12 00時53分

まるこ姫様、こんにちは。

袴田さんの再審棄却も物凄く腹が立つ、悔しいニュースでした。
最近、こんなのばかり。強い者が弱い者の意思を、権利を、傲慢不遜に踏み潰すのが、ごく当たり前の光景。
日本はどうなってしまったんだと絶句してしまいます。

過去の冤罪を極力認めたくないのでしょうね。
検察と癒着した警察の上層部は、今や日本で最強レベルの圧力団体と化しています。
(安倍政権が警察官僚上がりの巣窟なのは今更言うまでも有りませんし、あの日大にせよ、警察・最有力の天下り先だったりします。強すぎる警察権力は国を歪ませる方向へ進みかねません)
政治にも影響力が凄いし、裁判所も上になればなるほど、警察の威光を傷つけない方向へ行ってしまう。
有罪率99.9%の伝説を守る事自体には何の意味も無いと言うのに。

袴田さんの件については、ネットでの署名が凄く盛り上がっていました。
私も参加させて頂きましたが、まさか却下されるとはだれも思っていなかった。
正直、今でも愕然としてます。
抗議の声が高まったとして、袴田さんのお年を考えると、次のチャンスは……
兎に角、諦めたくないです。
司法でも、立法でも、そして特に腐った行政の部分でも、絶対に諦めない!
日本が陥った闇はとても深いけれど、だからこそ「NO」と言い続けたいです。

投稿: かわら屋 | 2018.06.12 08時59分

王矮虎です。また余計なことを書き込みます。

 基本的人権が遵守されている国々で採用されている鑑定手法が「科学的原理や有用性には深刻な疑問が存在し、結果は信用できない」ですから、日本は(事実上の)拷問による自白しか証拠採用されない前近代的国家ということです。
 沖縄などの米軍人・軍属の犯罪で容疑者の身柄を日本の捜査当局に引き渡さない理由のひとつが日米地位協定で、二つめが日本の司法当局の前近代性にあると言われています。米兵の鬼畜行為を助長しているのは他ならぬ日本の司法当局です。
 日本では司法試験合格者の80%がド・モルガンの法則(中学で習います)を理解できていないという指摘もあります。基本的な論証能力もあやしい人間が裁判官・検察官あるいは弁護士として他人の人生を左右してしまう。これは人体の臓器がどんなだか知らない人間でも医師となり手術で執刀できるってくらいめちゃくちゃな話なんですよ。

 知人に判事がいますが、君が代を歌わなかったからクビになった教師の裁判で「それだけの理由でクビはないだろ」と判決を下したら上級審でひっくり返され、絶賛どさ回り中です。

投稿: 王矮虎 | 2018.06.12 11時37分

姫様こんにちは。

この国では地裁までは、国民感情に沿った判断をするが、高裁
以上になると、やたら捜査機関のメンツにこだわるような姿勢が
目立つ。

本当に同感です。
というか政治とか興味もってネットしだしたはここ数年ですがみんなこの流れのような。。。
法案とか
与野党争い 場合によっては与党の中でも激論
ところが採決になると
与党皆仕方ない (小泉ジュニアさんとかまさに)
野党 あれ??? 最後まで反対しているのはいつもの政党の方々だけ 与党 野党でも個人的に党に賛成できない が僅かいるぐらい

意識の高い人たがネットで司法も国会も政権内も みんなプロレス と。
(全部ではないもののお約束事がある)
司法も官僚も 逆らうことのできる人はいるものの見せしめみたいに飛ばされたりと冷や飯に。

昔何かの本で警察のそれなりに地位がある人が
出世さえ諦めれば言いたいことが言えて警官ではなく地元のおまわりさんでいられる
だがなんかおかしくないか と呟いていたのがあった気が

まあ努力してそこまでの地位になったのだし高給とか役得があるのも当然の部分もあると思うですが
ここまでに取ることしか考えていない 何もしない政権 は戦後では初めてのような。。。

投稿: たけ | 2018.06.12 15時04分

★ーーこんにちは、 スターダスト・デブー さん、お久しぶりです。

お元気ですか?と言いたいところですが、うっぷんがおありのようで、お互いに大変ですね。

>僕は今から七年前、袴田さんを支援する会のメンバーである知人に誘われて、その会のシンポジウムに参加したことがあります。


そういう会に参加されたとあっては、今回の措置、余計に怒りが湧いてくるのだろうと。よくわかりますよ。
多くの国民は朗報を待っていましたからね。
まさか門前払いとは思ってもみませんでした。
目を疑いましたよ。

日本の警察・検察、司法、まだまだ古い思考が蔓延していると思いますし、権威主義なんですよね。
ましてや何十年前の捜査手法なんて、私たちが抱く想像以上のものだと理解できますよ。
証拠より自白尊重だったですからね。
その証拠と言うのも、お笑いの範疇に入るような拙い証拠でしょう?
それでも再審の道は険しく高く狭いです。

>後になってどんなに無実を訴えても、一度貼られてしまった殺人犯のレッテルを剥がし、無罪を勝ち取るのは至難の技であるという過酷な現実でした。

テレビや映画で一杯、日本の歪な捜査手法や司法の判断の権威主義などが分かっていましたが、現実も厳しいですよね。
名張毒ぶどう酒事件でよくわかりました。
袴田事件は、素人が見てもおかしいところだらけなので、最新の道は開かれると思っていたのですが。

>普通ドラマでは弱者に寄り添い、味方になってくれるのに実際は真逆で弱いものいじめに勤しむというこの醜さ。裁く側にも理屈や言い分があるのかもしれませんが、これまでも散々冤罪事件をやらかしている連中が何を言っても説得力なんて皆無だと僕は思います

そうなんですよね。
ドラマや映画はまだ庶民に寄り添っている方ですよ。
美談にまとめようとしている面もありますが、現実は未だに弱いものを虐めて強いものになびく感じを受ける判決は多いですよ。
籠池さんだって300日も閉じ込められていましたからね。

>何せここ最近でも志布志事件・富山冤罪事件・足利事件といった冤罪事件が発覚しています。

高知白バイ事件も不可解でしょう?
殆どの人が判決は不当だと思っていても、司法は変えません。
捜査した方のメンツや威厳に拘っているように見えますが、こんな事ばっかりやっていたら司法や警察検察への不信感は募るばかりですよ。
なんで、国民の為になる良い方向へ変わろうとしないんですかね。
政治家も国会も信用できないし、行政立法も司法はも信用できない。
これからは、なんにでも疑って掛かる必要がありますし。
逮捕されたと言っても即犯人ではないとの認識だけは持たないと駄目ですね。。。


★―ーこんにちは、つばめ丸さん

つばめ丸さんもご事情がおありの様ですね。
ご自愛ください。

最近、いいニュースがほとんどありませんね。
あっても、嫌なニュースの中においてはすぐに忘れ去られてしまいます。

袴田事件、素人が見ても再審は当然だと思っていましたが、なんで扉を閉めちゃったのか。
袴田さんがお気の毒ですよ。
当時のDNA鑑定と比べたら今の鑑定はものすごい進歩していると思いますが、それが受け入れられないとは。
不思議な司法です。

>警察は最初から犯人(冤罪)を特定し、ひたすら自白を強要。

どうも捜査する方は、初めからありきでやるのもあるのだろうと思いますよ。
先入観と言うか見込みと言うか。
逆転人生と言う番組の中では無実を証明できたから良いようなものを、多くの人は泣き寝入りせざるを得ない状態に追い込まれるのではないですかね。
おっしゃるように、ドラマのように警察や検察が逮捕された人の事を公正・公平に見ている人ばかりじゃないですよ。
中には箸にも棒にもかからない根っからの犯罪者もいるでしょうが、そうじゃない人もいますからね。
やっぱり、初めから、「ありき」で物事が進んでいくケースも多くあると思いますよ。
佐川なんて最たるものじゃないですか。
大阪地検は乗り気に見えませんでした。

>市民はもうみんな自分達の力で自分を守るしかないのか。警察とか、検察って何を守っているのか。

そうは言っても、なかなかできませんしね。
誤認逮捕されても、なすすべがないと思います。


★―ーこんにちは、かわら屋さん

袴田さんをどれだけ苦しめたら気が済むんdすかね。
証拠の品なんて、素人が見てもおかしすぎますよ。
しかも何十年前の捜査手法は自白偏重ですからね。

>強い者が弱い者の意思を、権利を、傲慢不遜に踏み潰すのが、ごく当たり前の光景。

ほんとうになんなんでしょう。
司法なんて弱いものの見方じゃないですね。
弱いものを権力を持っている方が寄ってたかってやっつける図でしょう?
いやな社会ですよね。

>過去の冤罪を極力認めたくないのでしょうね。
検察と癒着した警察の上層部は、今や日本で最強レベルの圧力団体と化しています。

なんで認めないんですかね。
きちんと認めて謝罪や賠償をした方がイメージが良くなるのに。
門戸を閉ざす事ばっかりやっている。
だから余計に不信感が募るんですよね。
安倍政権になってから、権力者が弱い者いじめばっかりやっている印象です。
同じことを権力とお友達の人がやったらおとがめなしなんて、目を疑うようなことがありますからね。

罪のない人を無理矢理有罪にしても、えん罪を作るだけじゃないですか。
それが分からないという事はよほど権威主義なんですね。
私達は虫けら同然かもしれません。

袴田さんに対しては同情ばかりですよ。
高齢になってあんな判決されて、しかも死刑執行停止とか矛盾するような判決を平然としている。
確か、大島と言う裁判長じゃなかったですかね。
無茶苦茶な判決をした人を罷免する方法はないもんですかね。
選挙の時の×だけしか有効な手段はないんですか?
まったく人権意識の欠如した人が多すぎます。。。


★ーーこんにちは、 王矮虎さん

> 基本的人権が遵守されている国々で採用されている鑑定手法が「科学的原理や有用性には深刻な疑問が存在し、結果は信用できない」ですから、

恥ずかしいですよ。
大昔の鑑定方法は信じられても、最新の鑑定方法は信じられないなんて、どんな頭をしているんですかね。
科学は日々進歩していて、アナログの鑑定よりよほど信じられると思いますけど。
化石のままで生きて来たとか?

>沖縄などの米軍人・軍属の犯罪で容疑者の身柄を日本の捜査当局に引き渡さない理由のひとつが日米地位協定で、二つめが日本の司法当局の前近代性にあると言われています。

そういう事ですか。
日本は人権意識が低すぎて捜査手法が信じられないと。
米国のように、すべての案件に録画・録音、弁護士付けてやればいいのに。
それをやらないから結局、米兵の取り調べもできないことになってしまう。
理不尽ですよね。
可視化しないという事は、未だに恐ろしいような手法で捜査をやっているってことかな?

やはり、人の人生を決めてしまう人たちの資格審査も必要ではないかと思ったりもしますよ。
いくら勉強ができても、公平・公正・中立な立場に立って判断できない人は怖いです。
視野狭窄な裁判官も嫌ですね。

>「それだけの理由でクビはないだろ」と判決を下したら上級審でひっくり返され、絶賛どさ回り中です。

結局、首にされたんですね?
君が代を歌わなかったただそれだけの理由で。
変な国ですね。。。。


★ーーこんにちは、たけさん

地裁はガス抜きをやるような事なんですかね。
高裁や最高裁になると突如、変な方向へ進みますよね。
結局、最後のストーリーは決まっているのかもしれんせんね。
最後は与党は数の力で強行採決。
話し合ったようにアリバイ作りは常套になってきました。

>意識の高い人たがネットで司法も国会も政権内も みんなプロレス と。

そうかもしれません。
いかにも議論をしているように見せかけますが、結末は決まっているのでしょうね。
司法も官僚もガス抜き程度の苦言は言いますが、それ以上の事はやらない。
下手に抵抗すると、自分の首が危うくなりますから。

>昔何かの本で警察のそれなりに地位がある人が
出世さえ諦めれば言いたいことが言えて警官ではなく地元のおまわりさんでいられる

そうなんですよ。
馘首にはならなくても、永遠に下積み生活ですから、多くの人は長いものに巻かれろになってしまうのかもしれませんね。
安倍政権になってから、司法も立法も行政も、滅茶苦茶になったような気がしますよ。
三権分立が機能していない。
顔色ばかり窺っているし忖度しているんですよね。

投稿: まるこ姫 | 2018.06.12 16時04分

まるこ姫さま、こんばんは

 科学は日進月歩、過去に分からないことも、新しい技術で解明される、新しい技術で過去の過ちが分かれば、直ちに過ちを正すのは自明の真理です。
 裁判所が新しい技術を信用できないとするならば、再審の中で、検察、弁護人の主張を経て、判断すれば良いのです。
 再審棄却するなら、何故袴田氏を収監しないのか。高齢の囚人はいっぱいいます。高裁は完全に矛盾します。
 高裁に間違ったことをしているという良心の呵責があるのか、はたまた悪い役回りを他にさせるためか、いずれにせよ卑怯です。

 一審から二審、三審へと権力が強くなるほど、国民から離れ、支配者的な権力指向へと変わっていきます。
 国民から与えられた権力なのに、権力を使って国民を支配したがります。その結果、同じ権力の検察と同調することになります。
 国家公務員の裁判官だから、国民とは離反し、ヒラメ状態になるのではないでしょうか。
 弁護士を一定期間、兵役のように、裁判員のように、裁判官になり、民間弁護士裁判官の数が国家公務員の裁判官を常に上回るようにすれば、判決が国民目線のものに変わるのではないかと思います。
 苦役を強いる裁判員制度は反対です。

投稿: 愛てんぐ | 2018.06.12 17時49分

★―ーこんばんは、愛てんぐさん

大昔の科学と今の科学とではすべての面で雲泥の差だと思いますが、あの裁判長は今の科学は信用ならないと。
良く言いますよね。
化石時代の発想じゃないですか。
再審の門戸を閉ざすためにあのような詭弁を使うんですね。
再審、何が悪いんですか?
庶民がようやくその門の前に立っているのに難癖付けて追っ払おうとしている。
税金で飯を食っていながら、庶民を敵対視する。
トンデモナイ裁判長じゃないですか。
本当に卑怯だと思います。

結構、地裁ではよい判決が出るのに、高裁になると突如上から目線で正反対の判決になります。

>国民から与えられた権力なのに、権力を使って国民を支配したがります。

本当に腹が立ちます。
この人達も公僕と言う意味を分かっていないんですかね。
居丈高な判決には、袴田さんが一番落胆していると思いますよ。

≫ 弁護士を一定期間、兵役のように、裁判員のように、裁判官になり、民間弁護士裁判官の数が国家公務員の裁判官を常に上回るようにすれば、判決が国民目線のものに変わるのではないかと思います。

もう、裁判官は雲の上の人状態で、我々一般人とは感覚が全然違うのかもしれません。
強いものの味方をする裁判長が多すぎます。
あまりにも感覚が乖離していて、いくら裁判員制度を作っても二審で一審の判決が覆る今の司法には何も期待できませんね。
裁判員制度、ものすごい数の人が辞退するそうですね。
忙しい人が多い日本にはなじまないのではないでしょうか。
素人が人の人生の責任まで負いたくないですし。

投稿: まるこ姫 | 2018.06.12 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 袴田事件再審認めず、疑わしきは罰せずの精神は何処へ行ったのか:

« G7「保護主義と引き続き戦う」と合意、その後トランプがちゃぶ台返し | トップページ | 安倍首相「拉致前進に期待」他人のふんどしで相撲を取る男(笑) »