« 新潟県知事選、与党はなりふり構わずで池田候補の選挙妨害を | トップページ | 袴田事件再審認めず、疑わしきは罰せずの精神は何処へ行ったのか »

2018.06.10

G7「保護主義と引き続き戦う」と合意、その後トランプがちゃぶ台返し

G7、安倍首相は国内向けにいかにも自分が主役だったかのよ
うな発信をしているが、実は英語通訳付きでG7の輪の中に入
っていて、G7なのに8人いたりして(笑)
フランスのマクロンのツィートには8人分の画像が載っていた。

米テレビで容赦ない質問にもきちんと答える宮澤喜一

これ、独学だそうだ。
家庭教師までいて、米国に留学してもまともにG7の談笑にも加
われない、どこかの首相とは大違い。

日米首脳会談・G7に随行した西村内閣官房副長官のツィート
>昨夜、そして今朝も予定を変更して首脳が集まって、コミュニ
ケ(首脳宣言)の議論を行いました。異例とも言うべき首脳同士
の議論です。特に貿易については、昨日のセッションでかなり激
しい議論が行われましたが、安倍総理が、G7で結束して自由で
公正な貿易の推進を発信すべきと議論を主導です。

こんなツィートをしているが通訳付きでしかG7の輪に入れない
安倍首相が、どんな場面でもあれだけ頭のいい首脳を前にして
激しい議論ができるのだろうか。
この男も、相当盛っているな?(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

しかも、ドイツのメルケルが公式インスタグラムに掲載した写真
を勝手に自分のツィートに貼り付けているが、大丈夫か?
Dfs2fezvqaayrpu
この写真、安倍首相が常に言ってきた「トランプ大統領と100%完
全に一致」「日米は常に共にある」
を象徴するようにトランプとそ
っくりのポーズを取っているよね。
言葉は分からないまでも、親分の真似はしっかりしている(笑)

そうやって、トランプのご機嫌を取って来たのに、一方ではEU連
合の「保護主義と闘う」を強調している。
その直後の親分のトランプのちゃぶ台返し。

G7首脳「保護主義と戦う」土壇場で合意
       :                   6/10(日) 12:57配信

> 首脳宣言では焦点の貿易問題について「保護主義と引き続
き戦う」とした上で、「自由で公平で互恵的な貿易が成長の鍵」
などと自由貿易の重要性を訴えている。ただ、安倍首相がその
意義を強調した直後にトランプ大統領は突然、ツイッターで「首
脳宣言を承認しないよう指示した」と表明した。これには日本の
同行筋も「真意がわからないし、どう対応したらいいのか」と戸
惑いを隠せない様子。


安倍首相は散々ご機嫌を取ったり、血税を差し出したりしてい
るのに、あのトランプはまたまたちゃぶ台返しで大変だな(笑)
日本政府はまたトランプの顔色伺って右往左往するのか…・
情けない。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| |

« 新潟県知事選、与党はなりふり構わずで池田候補の選挙妨害を | トップページ | 袴田事件再審認めず、疑わしきは罰せずの精神は何処へ行ったのか »

コメント

こんばんわ。
自分は、この話題、「ニュース番組」で見ました。
何だか、まるで、「トランプ氏のトランプの為の毒舌演説」な気がしますね。
何だか、「言いたい放題&我が侭放題」ですね。
これでは、まるで話が合わないし噛み合わないですね。
このままでは、いつまで経っても足並みが合わなくなりますね。
それに安部氏は、トランプ氏に、「まぁまぁ・・・。」と、宥めるのがやっとみたいですね。
改めて、この先が思いやられる雰囲気になりそうですね。

投稿: H.K | 2018.06.10 20時09分

★ーーこんばんは、H・Kさん

トランプは自国ファーストですからね。
安倍首相も何もそこまで合わせる必要ないですよ。
独立国なんですから。
死かも拉致問題を議題に上げてもらうために、何千億も貢いだわけでしょう?
トランプは、G7閉幕までいなくて、さっさとシンガポールに入っちゃいました。
安倍も、国内への報道はいかに安倍主導と報道して貰えますが、実際にはいてもいなくても存在感が無かったようですね。

投稿: まるこ姫 | 2018.06.10 20時50分

なんか恥ずかしい腕組み写真ですね。
100%完全一致という曖昧な表現を公に使うこと自体おかしいです。
トランプと信頼関係、友情がとか、どうせメディア向けに流してるだけだということがよくわかります。
宮沢氏ぐらいコミュニケーションが取れればわかりませんが。
しかし経済的に破綻するんじゃないですか。
戦後補償の問題から、もろもろ買わされることを思うと。

投稿: サミー | 2018.06.10 23時02分

日本語でさえ議論ができないのに
通訳を通して議論ができるのか怪しいものです

投稿: てつお | 2018.06.10 23時21分

まるこ姫様、おはようございます。

トランプが安倍総理に会ったのは、G7での孤立をみこした事だったのかもしれませんね。
「シンゾウ、まとめてくれ」なんて言ったそうですが、実にクサいシナリオです。
フランスのマクロン大統領が投稿したG7サミットの画像に安倍総理が写っていなかった事、おそらく偶然ではないでしょう。
「見るのも汚らわしい奴」という深層心理が働いた結果だったりして……
少なくとも、その場にいたヨーロッパ側の心情を反映しているんだと思います。

ヨーロッパの首脳たちは只、無視していれば良い安倍晋三氏ですが、日本に住む私達はそうもいきません。
昨日の選挙、残念なんてレベルを超えてます。
悔しい。
本当に腹立たしい。
「権力は目一杯使うもんだ」主義の安倍政権が、使えるものを全て使って、腐敗臭が噴き出す選挙をやった。
ステルス戦略なんて聞こえは良いけれど、要するに北陸の経済的苦境につけこみ、徹底的に利益誘導を行った上で組織票に頼ったと言う事。

この怒りは忘れません。
安保関連法案、国家秘密保護法、そして勿論モリカケ、もう数えきれない位、安倍政権を許せない理由はある。
その全てを徹頭徹尾おぼえていて、彼らと闘う意思を新たにしたいと思います。

昨日の選挙は、新潟県政の汚点になるでしょう。
そして安倍政権が、日本を津々浦々まで完全に破壊しつくす害虫なのだと言う事を改めて証明した。
次は国政選挙です。
もしかしたら解散風さえ吹くかもしれない。
安倍帝国VSオールジャパンの闘い、もう一度始めましょう。
この場合のオールジャパンは「日本人限定」という意味ではありません。
基本的人権を尊重する民主主義国家・日本を愛する全ての人の闘いです。
次はきっと、勝つ!!!

投稿: かわら屋 | 2018.06.11 05時45分

まるこ姫さん、皆さんこんにちは。
「G7がG6vs1になった」と言われていますが、この写真だと明らかにG5vs1(日本はその1の付属)ですよね。しかもトランプ大統領の隣にいるのはボルトン氏でその更に隣に安倍総理じゃあ、日本は米国大統領の補佐官並み、って事だと思うのですが。安倍総理支持の人はなんとも思わないのでしょうか?
新潟県県知事選挙についてですが、東日本大震災直後の衆院総選挙の事を思い出します。あの時は自民党も「脱原発」を公約していました。自民党福島県連なんて、公約のトップにでかでかと「脱原発」と書いていました。成功した手は何度でも使うのですね。

投稿: JAXVN | 2018.06.11 07時35分

まるこ姫さま、おはようございます。

 日本の立ち位置が見えません。
 ハッキリ言えるのは、日本は自由貿易を標榜している国であり、保護貿易に傾倒するアメリカとは対立し、EUやカナダと一緒な筈です。
 EUやカナダはアメリカの同盟国で有りながら、ちゃんとアメリカにものが言えています。
 だから、関税やWTOでの対決姿勢を明確にしていますが、日本は報復関税やWTOへの提訴に腰が引けています。

 どっちつかずの中途半端な姿勢は、理由はアメリカを自由貿易に引き戻すためと言います。
 核禁止条約、TPP、地球温暖化、すべて同じ姿勢です。強者にものが言えない、虎の衣を借る腰抜けなのです。
 どう考えても国益が違うのに、100%共にあると言ってしまうから、何事にもアメリカに気を使わなければなりません。
 将来像が描けない、どういう国になりたいか、極東はどうあるべきか、理念が全くないから、軸が無いのです。

 新潟県知事選挙、原発再稼働が争点にならず、争点隠しで負けました。仲井眞前沖縄県知事が、辺野古反対から容認に変節したように、新知事も屁理屈をつけて翻意する可能性大と思います。
 新潟県民は騙されることでしょう。

投稿: 愛てんぐ | 2018.06.11 11時20分

★―ーこんにちは、サミーさん

なんだか、親分・子分のようなそっくりの写真ですね。
さすが、100%一致と言うだけの事はあります(笑)
それにしても恥ずかしい。
まるでパシリじゃないですか。
トランプだって別に友情がどうとかこうとか関係ないですからね。
自国がいかに有利になるかだけの一点ですから。
安倍にはその考えが全くありませんね。
日本のメディアもお追従ばっかり。
批判せずに持ち上げまくるから、日本で勘違いする人間がどんどん出てくるのではないですかね。

宮澤氏とは格が違い過ぎる。
安倍の場合、日本語さえ心もとないので英語などお呼びじゃないでしょうけど、昔の政治家はすごすぎますね。
北朝鮮と交渉する能力があるとも思えませんし、戦後賠償に踏み込まざるを得ない状態になると思います。
それでも見栄を張るつもりですよ。


★ーーこんにちは、てつおさん

本当ですよ。
この人、国会での答弁を聞いていても語彙が極端に少ないです。
日本語さえ怪しいのに、通訳込みで議論ができるとは思えませんし、他国の首脳も厄介な人物扱いじゃないですか?

★―ーこんにちは、かわら屋さん

>「シンゾウ、まとめてくれ」なんて言ったそうですが、実にクサいシナリオです。

絶対嘘!
そんなのやれるわけないじゃないですか。
通訳がいないと話せない人間が、議論をどうやってまとめられるのですか?
一対一での話し合いではなく、相手が6人もいてまくし立てられたら通訳はどうやって通訳するんですか?(笑)
相手もまどろっこしいでしょう?

マクロン大統領がツィートした写真には安倍は一切映っていず、EU連合も安倍がいない方が議論が進行しやすいと思っているからこそでしょう?
しかもトランプべったりの安倍などいたら邪魔ですよ。
新潟県知事選、本当に残念desita.
朗報を待っていたのですが。
私も呆然としましたが、いっつもそうじゃないですか。
喜びは1割くらいで、あと9割は失望のひびです。
それでも池田さん、考えようによっては大健闘ですよ。
前の知事の影響もありますし、県議になってたったの3年ですよ。
知名度は低いだろうし、地方に行けば割と権威主義や女性蔑視ははびこっていると思いますね。
もろもろを考えたら、地方に行けば行くほど古い体質が抜けきれませんから、僅差の勝負になった今回の新潟県知事選は、絶望する必要はないですよ。
もう一人の候補が立たなかったら、そしてもっと投票率が伸びたら、分かりませんよ。
相手は組織票でガチガチに固まっていますし、創価学会票を崩せなかったのも痛いと思います。
補助金頼みの地方は、やはり自民党を支持しますしね。
今回の選挙戦を教訓に、野党も戦略を練り直す必要があると思いました。
自民党と同じ選挙戦を戦っていたら勝ち目は無い。
新潟県民の方も、花角氏がどこで原発再稼働にかじを切るかよく見ておく必要がありますよ。
自民党は手のひら返しの名人ですから。

>安倍帝国VSオールジャパンの闘い、もう一度始めましょう。

諦める訳には行きません。
基本的人権、国民主権、平和主義、こんな良い憲法を改悪しようとしている安倍政権には何がなんでも退場してもらうように頑張りましょう...


★ーーこんにちは、JAXVN さん

>「G7がG6vs1になった」と言われていますが

日本では御用メディアが、安倍首相が議論を主導したとか、まとめ上げたとか書いてくれていますが、日本語さえおぼつかなくて英語能力も全くない人間が通訳付けてどうやって主導するんですかね?(笑)

しかももう一つのトランプの腕組み写真と同じ格好をしているのが安倍首相で、トランプ追従と言う事はEU連合と相反する立ち位置でしょ?
あの優秀な人たちをまとめ切れるわけないじゃないですか。
安倍支持者たちは安倍首相のツイートを見て安倍さまはよくやっていらっしゃると感激しているようですが、チャンチャラおかしい。
現実を直視しろと言いたいですよ。

新潟県知事選、池田さん、本当に惜しかったですよね。
同程度の票数ですから、花角氏は池田さんを応援した人の意思を切り捨てる訳には行きませんよ。
自民党も悪辣すぎます。
選挙が済めば手のひら返しなのに、何度も騙される有権者が多すぎます。
地方に行けばそれこそ補助金頼みのところもありますし、長いものに巻かれろ的な思考もあるのかもですね。。。

★―ーこんにちは、愛てんぐさん

日本って、トランプに追従したり、トランプがいない所ではEUにヘコヘコしたり。
何がしたいんですかね。
保護主義対自由主義では、立ち位置が全く違います。
カナダの首相は若いのにしっかりしていますよね。
自国の主張をきちんとしています。
日本国は、関税を引き上げられかねない立場なのに、トランプに追従していていいんですかね。
アホらしくなります。

>核禁止条約、TPP、地球温暖化、すべて同じ姿勢です。強者にものが言えない、虎の衣を借る腰抜けなのです。

大体が独立国でありながら、他国と100%一致なんてありえない話でしょう?
それ言った点で、アメリカには何も言えない国だと判断されますよ。
将来像など安倍にあるわけないじゃないですか。
いかに政権に座るかの心血注いでいるのですから(笑)
多額の税金を使い放題使って、5年半も居座れたわけで、これからも湯水のように他国やメディアに援助しますよ。

新潟県知事選、僅差の負けでしたよね。
これを教訓にして、また新たな戦略を練り直せばと思いましたし諦めない事です。
花角氏、自民党のお家芸の手のひら返しをいつするんですかね?(笑)
その時県民が、しまったと思っても時すでに遅しですけど。

投稿: まるこ姫 | 2018.06.11 17時04分

まるこ姫さま、こんばんは。

右手の怪我で、しばらくPCやスマホから遠ざかっていいましたが、やっと中指だけが使えるようになりました。
よろしくお願いします。

安倍氏は相変わらず自己陶酔にふけっているようですね。
この方は如何なる批判や助言など一切、聞く耳を持たないのが分かります。

サミットでただ一人、通訳無しでは議論の輪に加われない人だったようですが、"くろねこの短語"氏のブログに ひとり離れて天井を見上げる寂しそうな安倍氏の姿が掲載されていました。
居場所の無い、やるせない表情にみえますね。

投稿: @小僧 | 2018.06.11 18時20分

★ーーこんばんは、 @小僧さん

最近、コメントが無いな?と思っていました。
そうなんですか、けがをされていたんですね。
どんな病気もケガも大変ですが、PCやスマホは何がなんでも指を使いますものね。
指を使えないのはじれったかったでしょう?

安倍だけを見ていたら気にならないかもしれませんが、比べると差が歴然としてしまいますね。
安倍シンパたちは、安倍だけを見ているのでしょうね。
海外に行って各国の首脳と比べたら,月とスッポン状態がよくわかりますよ。
安倍も安倍シンパも自己陶酔型かもしれません。
視野狭窄といいますか。

安倍の英語ができない状態は、米国でのカンペ付きの英語演説でバレちゃいましたからね。
通訳を入れないと議論もできない人間が議論を主導したりまとめ上げたりEU連合から尊敬の念で見られるなんてことは絶対にないと思います。
しかも、日本語さえままならない人間でしょう?
主導どころか議論にも加われないでしょうね。

>"くろねこの短語"氏のブログに ひとり離れて天井を見上げる寂しそうな安倍氏の姿が掲載されていました。

一人ぽっちで、手酌で水を飲んでいる写真を思い出しましたよ(笑)

投稿: まるこ姫 | 2018.06.11 20時00分

自由貿易を掲げながら、貿易相手国に輸入数量を押しつけていた過去のアメリカよりは今のトランプ氏の方が正直なだけマシな印象です。

・自動車
・オレンジ
・半導体
・米
・牛肉

思いつくまま上げてみましたが、過去に日本がアメリカから輸入数量を押しつけられた品目の一部です。

今でも自動車の対米輸出が制限され、現地生産が義務づけられ、さらに現地生産の部品の調達率まで規制されており、自由貿易とは言えない状況です。それでも日本でアメ車が売れないと不公平貿易ということにされています。ドイツ車はそれなりに売れていてもです。

ただ、自由貿易も比較優位説だけで進めてしまうと利益を享受出来る国とそうではない国に分かれてしまうので、単純に自由貿易を進めていくことが正しいとは言えないと思います。

http://kezai.net/global/free

比較優位の欠点
世界はWTOを通じて自由貿易の方向に向かっていっていますが、単純に保護貿易が悪で自由貿易が善という風に片付けられる問題でもありませんので注意が必要です。

トランプ氏はそのあたりを意図的に問題化して、今までのルールの見直しを目指しているようにも見えます。EUはそのあたりについて現実から目を背けてきれい事に徹しており、EUの移民・難民の問題の様に墓穴を掘ろうとしているという見方も出来ます。

といっても我が国の将軍様が蚊帳の外であることには変わりないですね。トランプ氏がこれからやろうとしていることを日本に説明して、協力を求めているようには全く見えません。支払いだけはあとから要求してくると思いますが...

投稿: noname | 2018.06.12 10時15分

★ーーこんにちは、 nonameさん

保護主義対自由主義と言いましたが、私もどちらにもいい点もあり悪い点もあると思っていますよ。
でも、自国ファーストだけで行くわけにもいきませんし、ある程度協調姿勢は必要でしょ?
トランプのように強引に行くと敵を増やす訳で、日本だけは何がなんでも服従ですが。

G7を見ていて、英語圏の首脳は活発に議論ができますが、安倍首相の場合、留学したと言っても実質な英語は下手くそと言うか、中学生レベルの英語ですから、議論の中には加われないと思いますよ。
通訳がついてはいますが、通訳を介しての議論など活発にはできませんから。
みな、安倍首相じゃなく通訳の方ばかり注目するのではないですか?

トランプも日本を利用するだけしてはいますが、きちんと事細かく説明しているとも思えませんし。
結局どこまで行っても議論を主導することは不可能で、後からついていくだけに終わっていると思いますけど。
写真のポーズだけは、主導しているように映るようにしているとは思います。

投稿: まるこ姫 | 2018.06.12 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: G7「保護主義と引き続き戦う」と合意、その後トランプがちゃぶ台返し:

« 新潟県知事選、与党はなりふり構わずで池田候補の選挙妨害を | トップページ | 袴田事件再審認めず、疑わしきは罰せずの精神は何処へ行ったのか »