« ノーベル賞平和賞推薦問題、都合が悪い時の伝家の宝刀「コメント控えたい」 | トップページ | 「次は私が北朝鮮の金委員長と向き合わねばならない」そう思うなら自ら動けよ! »

2019.02.19

理路整然とした質疑の小川淳也とトンチンカンな答弁の安倍首相、嗚呼・・・

テレビでは必ず安倍応援団のコメンティターが、政権の不祥事
を解説した後、「野党がだらし無い」と付け加えることを忘れない。

それを真に受けて、民主党政権のあるのかどうかわからない瑕
疵を論って誹謗中傷してきたネトウヨ・ネトサポたち。

但馬問屋さんから勝手にお借りして来た国会中継風景。
立憲会派の小川淳也の質疑と、それに応える安倍首相のトンチ
ンカンな答弁を比べてみて欲しい。
普通の頭を持っていたら、どちらに軍配が上がるかすぐ分かる。

国会中継

安倍首相
>我々の政権交代前は今よりも3割も中小企業、倒産をしてい
るんですから、どんどん仕事が減っていたのは事実

しどろもどろになって答弁する安倍首相。
安倍首相はいつも、これを持ち出すが、当時の民主党が政権
を取った時は、リーマンショックと言う世界的な大不況に陥って
いて,その後も未曽有の福島第一原発事故が起きて、国内は
最悪の環境だった。
多くの人が生きるのに必死の時代だった。

その大混乱期の時代と、今の経済が一段落した時代とを比べ
て、民主党政権時よりすべての面で良くなっていると自画自賛
するのは、どうなのか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

背景や土壌が全然違うのに比べるのもどうかと思うが、誰が考
えても、一段落した後に引き継いだ安倍政権の場合、良くなっ
て当たり前と言えば当たり前の話で。
それを自分の手柄と言うのも虫が良すぎるし、短絡的だ。

しかも、どうも小川の追及を聞いていると、
>14年から16年、3年連続で民間消費が落ち込んだのは戦後
初。実際には戦後最大級の消費不況

と言っていて、安倍政権が何かにつけて、大本営発表して来た
景気のよい数字と、私たちの生活実感との開きは大きくなるば
かりだ。

理路整然と誰にも分かりやすく質疑をする小川淳也。
一方の安倍首相はと言うと、すぐに民主党政権の時代と比べ
て雇用が改善されたというが、実態は非正規がどんどん増加
しているという現実がある。
Dze5ashu8aamdx9
それでも民主党政権時代と比べて「雇用が著しく改善された」
言い張る安倍首相。
これだけ現実を直視しない首相も珍しい。

いくら表面的に綺麗な数字を取り揃えても、景気が回復している
訳ではない。

このままで行くと行く表面的な綺麗な数字とは裏腹に、早晩立ち
いかなくなる。
そんな姿など見たくないのに。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| |

« ノーベル賞平和賞推薦問題、都合が悪い時の伝家の宝刀「コメント控えたい」 | トップページ | 「次は私が北朝鮮の金委員長と向き合わねばならない」そう思うなら自ら動けよ! »

コメント

リーマンショックに 東日本大震災と福島原発事故
二重苦三重苦の民主党政権時代より
良くなっているのが当たり前と言ったら当たり前
ただ庶民にはそれを感じることができず
安倍政権の恩恵をこうむるのは
一部の大企業だけ 
数字上景気が良くても 庶民は不景気の波に
もまれて どうにか生きているのが現状でしょうね
数字上の作られた景気などどうでも良いのです
政治家なら実際の庶民の苦しさを理解してほしいですね


投稿: てつお | 2019.02.19 18時42分

まるこ姫さま、こんばんは

 モリカケでも、ノーベル賞でも、安倍首相は絶対、非を認めませんね。一つを認めると、全て負けるとでも思っているのでしょうか。
 その為に、裏で支える官僚たちは、データを改竄せざるを得なくなるのでしょう。
 事実をねじ曲げ、嘘を重ねて、政治経済、国民生活が良くなるはずがありません。

 アベノミクスではなく、アメリカ経済が好転し、世界経済が上手く行きだしたからであって、安倍首相による手腕ではなく、たまたま総理になったときに、幸運に恵まれただけでしょう。
 その逆で一番不運だったのが、民主党政権です。不慣れというハンディキャップの下で、リーマンショックによる不況、さらに大震災・フクシマ原発事故が追い打ちを掛け、まさに最悪の環境でした。
 無条件で比べること自体がナンセンスです。

投稿: 愛てんぐ | 2019.02.19 18時46分

こんばんは
この小川議員は、頭もいいし声も聞き取りやすいので、期待のもてる議員ですね。
山尾議員と同じく、安倍の「天敵」になってもらいたいです。
非正規が7割じゃ国民の暮らしが良くなる訳ないですよね。

話しは変わりますが、自分はスマホでブログを見ていますが最近クリックを押すところの猫の顔と肉球の画像が無くなっていますが、カワイイ画像だったので、どうしたのかと思って質問してみました?

投稿: ヨマ | 2019.02.19 19時01分

不器用ながらも国民目線で、柔軟寛大に現実に向き合っている小川。
歪な形で小細工をしてまで、国民感覚から解離している状況で小さくて狭い形で現実から逃げている安倍。
そんな二人の際が如実に現している証明が、言動に現れている。

投稿: とんぺい | 2019.02.19 19時21分

★ーーこんばんは、てつおさん

民主党が政権を取った時代は,世界的大不況でしたし、福島原発事故があって、本当に地獄のような時代でしたよ。
それでも、民主党政権時代の経済の数字が良いなんて奇跡じゃないですか?

今は、世界的規模で大不況でもなく(日本だけ不況)幾らでも経済が復活できる時代です。
数字が良いのは当たり前ですよ。
障害はほとんどないのですから。

それなのに経済が少しも良くなっていないというのは、肌で感じます。
おかしいですよね。
アベノミクスで全国津々浦々まで恩恵を受けると大宣伝してきましたが、6年たってもさっぱりです。
大企業や公務員の人は生き易いかも知れませんが、多くの人は生き難いと感じているはずですよ。

数字だけ粉飾しても現実は真逆です。
大企業や・大富豪に合わせた政策ではなく、庶民に合わせた政策を考えた方が、国は発展すると思いますけどね。

★―ーこんにちは、愛てんぐさん

安倍は、負け惜しみが強い性格なんですかね。
素直に謝るという事ができない人間の様です。
勝ち負けより、現実を直視すべきです。
変な答弁をするたびに、データも文書も答弁に合わせるために官僚が奔走している姿が目に浮かびます。
死者まで出しているのに、すっかり忘れているようですね。
いくら数字を改ざん・ねつ造しても、国民生活が良くなるわけないです。
粉飾すればするほど,現実との乖離があって支離滅裂に陥るだけじゃないですか?

民主党政権時代を振り返ると、あの時代はどの党が政権についても大変だったと思いますよ。
安倍首相は悪運が強いです。
民主党が自民党の負の遺産の尻拭いをしてくれて、それが済んだ頃に安倍政権になりラッキーでしたよね。
悪運が強いんですよ。

あの時代と今の時代を比べて、民主党政権より有効求人倍率が格段に上がったとか,内定率がすごいとか言うのは、片手落ちだと思いますね。
まったく違う土俵を比べるのは、どうかと思いますね。

★ーーこんばんは、ヨマさん

ニューヒーロー誕生ですね。
頭切れキレですし、理路整然とした話しぶりと言い、頼もしい野党議員が出てきましたね。
おっしゃるように声が良いと思いました。
丁寧にはっきりと、そして聞き取りやすく質疑をしていて、おや?と思いましたもの。
安倍は民主党時代と比べて、400万人雇用が増えたと言いますが、内容が問題ですよ。
非正規の安い労働者ばかりが増えて、それで景気が良くなったと言われてねえ。

いつもPCで記事を書き、PCで見ています。
初めてスマホで見てみましたが,見難いですね。

>最近クリックを押すところの猫の顔と肉球の画像が無くなっていますが、

気が付きませんでした。
よくわかりません、ごめんなさい。

★ーーこんばんは、とんぺいさん

小川議員、よく頑張っていますね。
国民目線で質疑していて、凄く好感が持てました。
政権与党の、のらりくらりで時間稼ぎばかりして、必死で逃げ切る姿は見ていて歯がゆいです。
いくら数字を盛っても、現実は景気が良くなったとは多くの人が思っていませんね。
いつまでだましていくつもりでしょうか。
小川氏は野党のホープです。
これからもどんどん鋭い追及をお願いしたいです。


投稿: まるこ姫 | 2019.02.19 20時34分

少し前に『アベノミクスによろしく』(明石純平・集英社インターナショナル新書)を買ったのですが、
経済に疎い私にとって、経済用語ひとつ、データのグラフからして外国語のようで…(。>0<。)どうもちんぷんかんぷん。
それが、小川議員の説明を聞いて、この本を読むと実にわかりやすい。
そして安倍の答弁の空疎なこと。
高齢者や女性の雇用が増えた理由、生活の実態を問う小川議員に対し、
「雇用を増やすことに熱心じゃない!」とまくしたてた。
どの口が国民に寄り添っていると言うのか。
雇用が増えたとしても、企業の都合で安い賃金で働かせられる非正規労働者ばかりになっている。
今後はそこに外国人労働者も加えられていくことだろう。
こんなことでは、ますます社会保障費が圧迫されていき悪循環に陥ると思う。

投稿: とらみ | 2019.02.19 22時13分

まるこ姫さん、皆さんこんばんは。
個々で言えば、立憲だけじゃなく国民にもがんばっている人はいますね。図らずも私が名付け親になってしまった「良い足立」こと足立信也議員もなかなか良かったと思います(一方「悪い足立」は…、こっちはもうどうしようも無いですね)。しかしながら、国会中継を全部見ていれば安倍政権の閣僚より野党議員の方がはるかにましだという事はすぐ分かるはずなのですが。党首討論の時の安倍首相と岡田氏の時なんて、論理で迫る岡田氏にすり替えとごまかしではぐらかす安倍首相のどちらがまともか一目瞭然だったはずです。それがそういう評価にならないのはやはりマスコミバイアスなんですよね。NHKのニュースが典型的なのですが、いかにも安倍首相がまともに反論しているように編集してしまっています。やはりこの部分をなんとかするしか無いのでしょうが。

投稿: JAXVN | 2019.02.19 22時45分

民主党政権より景気が良くなったねぇ
だったらアベノミクスが始まっても長い間2012年の民主党政権の時のGDPのデータまでしか出てなかったのは何故?
何でGDPの算定方法を変えて良い数字が出るようにしたり統計調査等の公文書の改ざんをしてたのは何故?
そこまでイカサマをしてもGDPが1%上がってるかどうかという残念な結果だったのは何故?
年々実質賃金が下がり続けたりエンゲル係数が上がり続けてたりの景気が悪い時の現象がいっぱい起こってるのに景気が良いらしい
一体どこの異次元の世界なんだろう?(-ω-;)ウーン不思議だ

投稿: マスオ | 2019.02.20 15時38分

★ーーこんにちは、とらみさん

小川氏の質疑は誰もが理解できるように、はっきり、ゆっくり、グラフや統計をしっかり出して、説明していますものね。
声もいい(関係ないですけど)
そして国民目線での質疑ですから、凄い共感を覚えます。

安倍はどうでしょう。
この人、質問されたことが理解できないのでしょうか。
関係ない事をべらべらしゃべり出して時間つぶしに掛かります。
しかも、批判らしきもの(事実)をされたと感じたら、ヒステリックにわめきますよね。
逆切れなどしょっちゅうです。
自席でヤジも飛ばし放題でしょう?
こんな下品な首相、初めて見ましたよ。

>雇用が増えたとしても、企業の都合で安い賃金で働かせられる非正規労働者ばかりになっている

そうなんですよね。
雇用が増えたと言っても、安い賃金で働かせる労働者が増えたという事ですよね。
これじゃあ格差が広がるばかりですし、下の方の賃金は増えませんわね。
政府は大企業や富裕層の顔しか見ていませんね。

★ーーこんにちは、JAXVNさん

国民も頑張ってはいますが,小川の質疑が素晴らしく的を射ているので大絶賛されていますわね。
野党には頑張って政府を追及してもらうしかありません。
悪い足立は箸にも棒にもかからない議員ですね。
どうしたら、こういった発想ができるのだろう。

>国会中継を全部見ていれば安倍政権の閣僚より野党議員の方がはるかにましだという事はすぐ分かるはずなのですが。

野党がだらしないという定説になっていますが、本当に国会を見たのでしょうか。
野党の質疑を少しでも国会で見たら、考えが変わると思うんですよね。
どうもに日本人は政治は難しいと考えて政治に関心を持たない人が多いですが、その人たちはやっぱり、NHKとかの編集された安倍首相を見て、やはり安倍首相はしっかりしていると思っているのではないですか?
そのように編集されていますから。
安倍さまのNHKを見て,すっかり刷り込まれてしまっているんですよね。
公共放送のNHK我一番、たちが悪い。
私はそう思っていますよ。
NHkは全国津々浦々まで電波を網羅していますからね。
そこが、権力寄りの放送をしているわけですから、どうしようもありません。
受信料を払うのが嫌で仕方がないですよ。

★――こんにちは、マスオさん

安倍は少し旗色が悪くなると、必ず「民主党政権の時より雇用が良くなったは事実だ」答弁していましたよ。
GDPは安倍政権になってから明らかにかさ上げしてきましたよね。
毎月勤労統計のデータもどんどんかさ上げしたりすれば、景気が良くなったと数字上は示せますが、いかんせん、私たちの肌感覚とは全然違っていますよね。
8割程度の人が景気が良くなったと実感していません。
数字ばかり盛っても、実体経済とは違いますから。
いつまで数字を盛り続けていくんですかね。

投稿: まるこ姫 | 2019.02.20 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理路整然とした質疑の小川淳也とトンチンカンな答弁の安倍首相、嗚呼・・・:

« ノーベル賞平和賞推薦問題、都合が悪い時の伝家の宝刀「コメント控えたい」 | トップページ | 「次は私が北朝鮮の金委員長と向き合わねばならない」そう思うなら自ら動けよ! »