« 進次郎は環境大臣、今井絵理子は内閣政務官、中身スッカラカンの客寄せパンダ | トップページ | 千葉県台風被害に対し自民小野田紀美が現地に行かない理由の言い訳全開ツィート »

2019.09.15

小泉政権を茶化して笑いを取るこんな時代もあった、今はたった一つのヤジでも拘束

やっぱり日本はものすごく、息苦しい国になっていた。
毎日生きていると「政権に忖度するテレビや新聞」が日常になって、人々の感性が鈍感になっているのにそれに気づくことさえなくなっているが、小泉政権下でのこの政権をネタにしてお笑いを取る手法はスゴイし、誰も政権批判が特別だとは思っていなかったと分かる。
権力を持っている方も、今のように目くじらを立てない。
今と思うと、まだまだ大らかだったんだな。。。。
精神的なゆとりが残されていたのかもしれない。

小泉政権下では、政権を茶化しても風刺してもユーモアとして受け取られていた。
みている方も無邪気に大笑いしていた。
ある意味、健全な時代だった。。。。。

こうやって昔はテレビで総理を茶化す事が出来たんだよね。今安倍を茶化したら即拘束。

いや~、久しぶりに大笑いをすることができた。
あまりに当たっているので笑いが陰にこもらず清々しくさえある。
当時は、政権を痛烈に批判しているのに、庶民のささやかな抵抗をはっきり表明できる、笑いの文化は正常に動いていた。。
ザ・ニュースペーパーは、今では表舞台では政治ネタをやれないのではないか。
少しでも権力批判と取れるような講演会は、初めから断られるようだし。
特に公共の対応が酷すぎる。
猫も杓子も、忖度・忖度・忖度・・・・・

つい数年前までは空気は良かったのに今はここまで来ている。
芸能人、政治語れば干される不安 政権側は寄ってくるが   河村能宏、西村綾華 真野啓太、黒田健朗、定塚遼   2019年7月24日17時13分 朝日新聞

>仕事を干されるかもしれない。そんな不安と隣り合わせで政治への発言を続ける俳優がいる。一方で、体制に従順な政治的振る舞いは抵抗なく社会に受け入れられる土壌もある。

芸人も、権力に対峙して笑いを取る訳でもなく、権力と仲良くして分け前を頂く時代だ。
だから見ていても権力批判がご法度だと分かるし、お笑いのキレが悪い。
腹の底から笑えない。

安倍首相ネタはネタの宝庫だが、それをネタにしたらテレビに出られない。
本当にテレビで安倍ネタを披露したら、周りが凍り付いてしまうのではないか。

大体が安倍政権下では、いくら選挙演説でもヤジや異論は当たり前だという感覚がまったくない
野党の選挙演説では聞き苦しいヤジでも飛ばし放題で、警察もわざわざ介入する事はないが、安倍政権、特に安倍首相が演説をしていてヤジが一つでも飛ぶとすぐさま警察が介入してくる。
それは安倍首相の国民に対する姿勢が公権力に反映しているから、ここまで警察がうるさく介入してくるのだろう。

ヘイトデモには警察が総動員で守っているのに、「増税反対」と言っただけで警察に拘束される。
慣れてしまったからか驚かない人も多いかも知れないが、明らかに異常な世界だ。
これが「美しい国」の正体だよね。

 

|

« 進次郎は環境大臣、今井絵理子は内閣政務官、中身スッカラカンの客寄せパンダ | トップページ | 千葉県台風被害に対し自民小野田紀美が現地に行かない理由の言い訳全開ツィート »

コメント

何度でも、いや、何千、何万回でも言うで( `ー´)ノ‼
これが、いじめっ子天国日本の実態や(; ・`д・´)‼‼
ヘイトデモを警察が総動員して警備して守っている姿は、シチリア島で警察がマフィアを警備しているようなものだ。
そして、また官邸の至上命令どおりに高支持率をプレゼント。
某サイトで、「支持率が高いのに、投票率が低いのは何故でしょうか?」と書き込んだら、工作員と思しき連中が「安心できる政権だから投票しなくていいからさ」「変に投票率が上がったら、民主党政権のようなひどい政権が出来てしまうということを学習したからだ」という珍回答がありました。
「日教組は日本の癌だ」と煽って工作員どもの英雄になったウヨ議員がいたけど、芸人たちのほうがずっと質が悪い。
今はテレビを見ても不愉快になるだけです(ー_ー)!!
まあ有り得ないと思うけど芸人みんなが安倍を茶化したら官邸はどうするんでしょうね(苦笑)。

投稿: さくら | 2019.09.15 18時35分

すみません、さくら咲くです。最近は投稿妨害、変換妨害がひどいです。
そのうち、スタジアムを旭日旗で埋め尽くせと言い出すかもしれませんね。

投稿: さくら咲く | 2019.09.15 18時37分

安倍一味が理想とする国家像は、ヒトラーやムッソリーニ、サダム=フセイン、チャウシェスク、ポル・ポト、金一味、習近平、プーチン、フランコ将軍、エルドアンの様な宰相が司る強権独裁国家。
しかも、ジョークも認めようとしない、心の狭さには目に余ってしまう。

投稿: とんぺい | 2019.09.15 18時41分

政権批判で笑いを取るには
かっての政権には余裕があったのでしょうね

批判は少しも許さない
まるで 封建時代に逆戻りの気分です

投稿: てつお | 2019.09.15 19時56分

★―ーこんばんは、さくら咲くさん

ヘイトデモには警官が総動員で保護して歩いているでしょう?
ヘイトデモですよ。
あんなデモをなぜ警官が守らなければいけないんですかね。
異常に見えます。
普通のデモに対しては過剰に反応して中に入らせないようにしているのに。
ネトウヨには何を言っても通じませんね。
あっと驚くアクロバット的な権力擁護しかしませんから。
民主党を目の敵にするのは安倍とよく似ていますが。
私も、最近はほとんど地上波は見ません。
見るとしたらBSですね。

>最近は投稿妨害、変換妨害がひどいです。

前にヨマさんは、普通に投稿できると言っておられましたが、変ですね。

★―ーこんばんは、とんぺいさん

最近は、もう権力に対して批判めいたことを言うと、総バッシングされる時代になりました。
やはり表現の自由が無くなりましたよ。
独裁国家に近づいてきましたね。
権力をおちょくったら、ネトウヨが角突き建てます。
本当に心が狭いですね。


★―ーこんばんは、てつおさん

小泉政権下くらいまでは、テレビであれだけおちょくっても平気だったんですね。
今は、トイレに落書きしても拘束される時代ですから。
笑って見逃すような時代ではなくなったようですね。
本当に、時代が逆戻りですね。
息苦しくて仕方がないです。

投稿: まるこ姫 | 2019.09.15 20時12分

こんばんわ。
・「文章」を見て。
「物まね芸能人」での「政治ネタ」だして、観客を笑わせる事をは、確かに面白いと思います。
しかし、現実を目に向けるとすれば、政治家にとって、「絶対に笑ってはいけない行為・暴言」は、何が何でもやってはいけませんね。
「物まね芸能人」と違い、それをやったら「国民・野党側」が大批判を浴びてしまいますね。
それが、今の現実、その様になってしまっているなんて、これこそ「時代が泣いている」と言う言葉に尽きますね。

投稿: H.K | 2019.09.15 20時41分

先週は、棚卸で精根尽き、コメントする元気もありませんでした。今秋から復帰いたしますね。

こんな時代もありましたね。
政権批判以前の、政治家の個性を物まねしたり、おちょくることさえ許されない。
街頭演説は、直に国民の声を聞くチャンスでもあるのに、まわりを支持者で固め、さらに警官に過剰警護をさせる。
どれだけ裸の王様なんだか。
こわいのは、これが普通のことだとされ、批判の声をあげ、ましてやデモに参加するなど、非国民という空気になることです。

「アッコにおまかせ」でピン子の進次郎LOVEがすごすぎて(呆)話がうまくて頭がいいって、これが大方の見方
なんでしょうね。
「具体策を教えてください」「やります(キリッ)!」
進次郎はワンフレーズで見せてきた男ですが、これが命取りになるかもしれませんね。
安倍だったら、「具体策と言うのは、まさに具体的な策と言うことでありますが、ここでいう具体策と言うのはですね、いわば議員がおっしゃることと私が考えることでは違うということで…云々」「総理、答弁は簡潔にお願いします」
一日も早く、進次郎の馬鹿が世間に知れ渡りますように。


投稿: とらみ | 2019.09.15 22時15分

当時漫才ブームで見ましたよ。社会を風刺しマスコミも取り上げていましたが面白かったですよ。一昔前は学生運動、労働組合運動とかもあり社会を監視していました。おかしいことすれば学生や労働者がデモとか集会をしていましたよ。ところが今では学生運動も労働組合運動も抑えられて社会の監視機能がなくなりました。マスコミも内政や国会前デモや集会とか取り上げなくなり放送しなくなりました。
今では国会しか国政を監視するとこが無くなりました。しかし政権党は聞く耳を持たなくやりたい放題です。国が潰れた後に気がついても後の祭りです。

投稿: ヒマッチャ | 2019.09.16 06時49分

★―ーこんにちは、H・kさん

少し前までは、芸人の政治ネタは全然違和感がなかったし、テレビ局も使っていました。
が、今はほとんど政治ネタが出てこないし、ましてや安倍朱首相に関してはNGになったのではないですか?
異常な世界だと思います。
風刺も茶化しも私はある意味、庶民の娯楽だと思います。
それが許されない社会は、安倍政権以降の現象ではないかと思っています。
行き着く先を考えると本当に恐ろしい。

★―ーこんにちは、とらみさん

わたしはてっきり、ご旅行にでも出かけられているのかと思っていました。
棚卸でしたか。
あれ、本当に大変なんですよね。
しかも、業務が終わってからですから長時間でしょ?
お疲れ様でした。

小泉政権下では、めちゃめちゃ言いたいこと言っていましたね。
つい数年まえですよ。
今では、安倍首相に対してヨイショする事はあっても、赤坂自民亭のようなネタはご法度ですものね。
街頭演説だって、批判的な声を聞く、それが今、政権与党に足りないものを考えるきっかけになるのにね。
少しでも声を上げたら、警官が拘束するって、何なんですかね。
ヘイトスピーチでもなんて、警官に守られて行進しているのに。

>こわいのは、これが普通のことだとされ、批判の声をあげ、ましてやデモに参加するなど、非国民という空気になることです。

今、ここまで来ていますよね。
権力を批判すると、気に入らなければ日本から出て行けばいいみたいな言い方されますよ。
おかしいとは思わないんですかね。
社会が壊れてきていると思います。

>「アッコにおまかせ」でピン子の進次郎LOVEがすごすぎて(呆)話がうまくて頭がいいって、これが大方の見方
なんでしょうね。

私、Yahoo!ニュースでピン子が今井絵理子を批判して見出しだけ見て、やっぱりこういう見方が大勢を占めるのではと思っていましたが、進次郎を称賛したんですか?
やっぱり、女性の不倫は許されないが、男性への視点はまだまだ優遇されていますよね。
今井絵理子は不倫と言うより、政治的な中身がまったくないと思っていますが、進次郎だって同じようなものじゃないですか。
それが分からないのですから、日本の政治的な視点は本当に低いか、皆無だと思いました。
進次郎は大臣なんですから、今までのように中身無い言葉を言いっぱなしと言う訳には行きませんわね。
国会が始まると進次郎の無知がますます炙り出されるのではないですか?
メディアは報道しないかもしれませんが。

★―ーこんにちは、 ヒマッチャさん

そういえば漫才ブームでしたね。
権力を持っている方に対しての批判も、相当ありました。
それを聞いて庶民が溜飲を下げる場面は、よく見ましたし自分も大笑いをしていた口ですよ。
面白かったですね。

>一昔前は学生運動、労働組合運動とかもあり社会を監視していました。

そうでしたね。
末端でも労働組合がありましたし、毎年、会社と談判をしていました。
今では労働組合のある企業はほとんど大企業だけでしょう?
中傷・零細は、労働組合自体が消滅したので、労働者の声はほとんど届かなくなりました。
長い目で見たら、日本衰退の始まりだったかもしれません。
学生運動も無くなり、労働組合も無くなり、おっしゃるように権力に対しての監視が機能しなくなりましたよね。
権力は国民声も聞かず、やりたい放題です。
安倍政権になってから、メディアが政権を批判するどころか、会食をしたりして権力に寄り添うようになりましたからね。
日本社会の構成が大幅に変わってきたと感じます。
大体が、政権与党が国会を開くのを拒否しているなんて、ものすごい変でしょう?
国会議員が国会を放置して、何をやるんですかね。
安倍政権の考えなら、野党議員もいらないし、国会もいりません。
国会が開店休業状態になる事こそ、日本の今を表していると思います。
国民も国民なら、権力者も権力者で、これから日本が浮揚することなど何一つ考えられませんね。

投稿: まるこ姫 | 2019.09.16 09時22分

以前の記事ですが
https://lite-ra.com/2017/05/post-3198.html
まさに圧力と忖度。
制作側が政権を茶化すコントを収録しても全カット。
テレビタックルでたけしが政権批判しても全カット。
すべては上の指示。
逆にアベが喜びそうな”日本礼賛番組”は第二次アベ政権発足以降激増。
アベ政権が続く限り変わらないんでしょうね。
政権批判を繰り返し、180回以上逮捕された後「オッペケペー節」を流行らせた川上音二郎のような人に出てきてほしいものです。

投稿: ume | 2019.09.16 09時49分

★―ーこんにちは、 umeさん

思い返せば、モリカケ事件以降の政権の締め付け、メディアの忖度はすさまじい勢いで広がって行ったと思いました。

>制作側が政権を茶化すコントを収録しても全カット。

これは漏れ聞こえてきた事でしたよね。
政権批判がご法度になって久しいです。
しかも政権の方も、まったく隠さなくなってきましたよね。
街頭演説のヤジ一つでも、警官が拘留します。
おかしい事に山本太郎へのヤジには動かないんですよね。
やっぱり変です。
これからも、ますます政権への忖度が酷くなると思います。
安倍政権が終わったら少しは暗雲が張れるかも。

>180回以上逮捕された後「オッペケペー節」

余談ですが、尾張オッペケペーさんのネーミングって、ここから取ったんですかね。
今、ようやく気付きました。

投稿: まるこ姫 | 2019.09.16 15時48分

どうやら政治を語れないのは報道やワイドショーだけではないようです。
昨日(9月15日)tbsで「林修の初耳学」のなかの1コーナー、「吉川美代子の女子アナ学院」を視たのですが、この日は学院の生徒に実況中継をさせるというもの…ある人は銀座の通りから、ある人は東京スカイツリーから、ある人は浅草寺から中継するのだが、それらの人々に後で点数をつけては吉川美代子が講師としてボロクソいうのだけど、新国立競技場から中継する人に対しては大甘………これだけだったら、変だと思わないのだけど………
以前は舛添要一に対して、あるテーマで生徒にインタビューさせる、というのがあったのだけど、東京オリンピックについてインタビューした生徒に対して大甘………

tbsでは、最近、天才野球少年の球速を捏造してた一件があるので、この「初耳学」の中の「女子アナ学院」はヤラセじゃないのか?と感じてしまう………(うたがいすぎかもしれない………)

投稿: 六臓五腑 | 2019.09.16 17時17分

★ーーこんばんは、六臓五腑さん

私、その番組を見ていないので中身がどうなのか知りませんが、吉川美代子と言う人は、政権側の思考の人なんですよね。
しかも、弱者に対してすごく意地の悪い人なんですよ。
底意地が悪いと言っても良いと思うような人ですよ。

投稿: まるこ姫 | 2019.09.16 19時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 進次郎は環境大臣、今井絵理子は内閣政務官、中身スッカラカンの客寄せパンダ | トップページ | 千葉県台風被害に対し自民小野田紀美が現地に行かない理由の言い訳全開ツィート »