« 英語試験延期に対して世耕が「思いやりにあふれた決断」はあ?ここは北朝鮮か? | トップページ | 三原じゅん子が無知さらけ出しツィートで大炎上、大臣にしてたら大恥レベル »

2019.11.04

「災害ボランティア不足」というけど公助が一番先でそれからの自助・共助

最近、自然被害が多いがそれに伴い、災害ボランティアを募るのは良いけど、それ頼みと言うのも順番が間違っているような気がするが。

台風被災、ボランティア不足深刻 西日本豪雨より大幅減、悪天影響  10/31(木) 17:40配信  共同通信

>台風19号の被災地各地に開設された災害ボランティアセンター(VC)などに登録し、上陸以降の18日間に活動したボランティアが14都県で延べ約7万7千人となったことが31日、全国社会福祉協議会(全社協)の集計で分かった。同じ広域災害だった昨年の西日本豪雨と比べ、同一期間で約2万8千人と大幅に少ない。全社協や支援団体は人手不足が深刻として参加を呼び掛けている。

政府は、国民の善意に頼りすぎなんじゃないか?
無償で働いてくれるボランティアを当てにしすぎているが、ボランティアをする方もすべて手弁当・自腹ではそうそう続くものではない。

いくらボランティアをしたくても自分だって生活して生きて行かなければいけないし、賃金は全然上がらないし、それでも無償でボランティアをやっている人には頭が下がる。

それを知ってか知らずか、ボランティアを募るのが当たり前のようになって慣れて来ているのが今の日本の現状だ。
全て末端の善意に頼っているが、それ、ちょっと違うのではないの?

公助はどうしたのか。
国は自助や共助にばかり頼っているが、本来ならこれだけ大きな災害が続けば国が率先して国民を助けるのが務めだと思うが。
公助を最大限やって、それでも足りないのをボランティアで補うなら話も分かるが、初めにボランティアありきの復興なんてありえない。
国はタダで使えるボランティア制度(善意)を利用しているとしか思えないのだ。
しかも、すっかりボランティアに頼ってしまってどれだけ足りないとか数まで設定している。
すごい違和感を覚えるんだけど。。。

ボランティアと言う名で無償で働かせてそれが当たり前になってきているのがそもそもの間違いなのではないだろうか。
それだと長く続けられるものではないし、何から何まで自腹で善意を当然と思っているのも違うような気がする。

本当に復興したいのなら、ボランティア頼みではなく、きちんと報酬を出せばいいのに。
大きな災害が起きると国民にはボランテイァや寄付を募るが、経団連や富裕層は欧米のように率先してチャリティーとか、少しでも金銭的な手伝いをしているのだろうか。
もう、末端同士で自助・共助をしているだけにしか見えないが。

国が支援を表明した額を見ると、本当に少ない。
安倍首相が主催した「桜を見る会」なんかと比べると、どれだけ被災地にケチっているのかと思うほど額が低い。
今日・明日の生活にも困窮している人がいて、それをボランティアに丸投げをしている現状を見ていると、何のために国があるのかと疑問に思ってしまう。

少なくとも兵庫県のように、交通費や宿泊費を助成する事をやらないと、すべて自腹・手弁当ではおのずと限界があると思うが。

まずは国や自治体が予算を最大限出し、復興を進めるのが先決なのじゃないのかな?
その為には、無償ボランティアと言わず、きちんと報酬を払う。
そうじゃないと、ボランティアもどんどん先細りになると思う。

 

|

« 英語試験延期に対して世耕が「思いやりにあふれた決断」はあ?ここは北朝鮮か? | トップページ | 三原じゅん子が無知さらけ出しツィートで大炎上、大臣にしてたら大恥レベル »

コメント

ボランティア不足???
と言うより公的な人員の投入が足りないというだけですよね
お友達の大企業に回す金を 少しばかり庶民に回せば
人件費ぐらい出せると思いますけど

自助・共助の前に 公助 
国が努力するのが先ですよね
公助を蔑ろにして 
共助 自助を求めるのは
国が義務を放棄したも同じではないでしょうか

投稿: てつお | 2019.11.04 18時48分

ボランティアなんて、、安倍や麻生、ハゲ、、そのほか有象無象がやればいいんですよ!
あいつら、、税金で食ってるんだから、、、そもそも論の極論をいえば。
年取ってるから無理とは言わせない!  尾畠春夫さんなんか80ですよ!
今までさんざん指摘されてる、、文書通信交通滞在費
交通費がタダって?  こういう金こそボランティアに回せ!
出来ないなら議員がやれ!  国会ない時は暇だろ!  
ボランティアだけでなく募金も募ってますよね!

でも税金というのは本来、、社会の是正、、不平等の解消とか困ってるところに回すものです。
今までさんざん、、ここでも指摘されてるけど、、海外のにばら撒く金 節約したら、、、もしものときにもっと金を使えるだろうに。

言い出したらきりないけど、、無意味な原発がらみに大量のお金、、、ほとんど普及してないマイナンバーを広めるとか言う意味不明のことに多くのお金、、
使われてます。
尾畠春夫さんみたいに本当に頭が下がる人と、、安倍みたいに頭を踏みにじりたい連中と、、、今の日本は二極化してますよ。

投稿: 犬飼多吉 | 2019.11.04 19時10分

こんばんは、まるこ姫様。
安倍政権になってから災害が起きると、すぐボランティアがどうたらこうたらと報道されるようになりました。
kingyoにも違和感がありました。
共助、公助の行き届かないところを手伝うのが災害ボランティアだと思っていましたから。
そうしたら、山本太郎氏が
〉被災地の復旧、復興が遅れれば、その分日本経済にも打撃。
ボランティアに日当を払い、継続的に人員を確保するだけでなく、自衛隊が個人宅への復旧作業も可能になる運用の変更が必要。
と、ツイートされているのを見つけました。
kingyoはこの意見に賛成です。
ラグビー観戦だったり、パーティーで金集めしているような自民党議員には思い至らない意見ですね。

投稿: Kingyo | 2019.11.04 19時26分

まるこ姫さん、皆さんこんばんは。
例えば、東日本大震災とか熊本地震で被災した人たちが「あのときお世話になったから恩返しを」なんて言っているのを報道していますね。それは良いんですが、こういう事が次々と報道されるとなにやら強制性みたいな物も感じられます。それでなくても災害復旧費用が少なすぎるのでは、という話もあるのにこんな所でも「自己責任論」なのでしょうか?こういう事を目の当たりにするたびに思い出すのが、憲法改正の集会で稲田氏が言った「国民の生活が第一なんて政治は間違っていると思います」という言葉です。あの時はてっきり「国民の生活が第一」と言った小沢氏を揶揄したものだと思っていたのですが、どうやら額面通りの言葉だったようですね。自分は甘かったです。

投稿: JAXVN | 2019.11.04 19時32分

★―ーこんばんは、てつおさん

ボランティアとは名ばかりで、ただで使う人達でしょう?
本来なら公的な人員として扱うべきじゃないですか?
自分達の仲間には大盤振る舞いをしていながら、やむに已まれずボランティア志願をする人達には,あまりにも基準が厳しすぎて。。。
交通費から宿泊から弁当代まですべて自腹では。

やはり一番先にやるのは公助じゃないですか。
それだけの予算を付ければいいじゃないですか。
外遊をして外にバラマク金があるわけですから、国内にもきちんと手当すべきですよ。

>共助 自助を求めるのは
国が義務を放棄したも同じではないでしょうか

私もそう思いましたね。
税金は何のために使うのでしょう。
国外でのバラマキの為とか、大企業や富裕層を助けるために使われるものなんでしょうか。

★―ーこんばんは、犬飼多吉さん

自民党の政治家って寄生虫のような物ですね。
三原じゅん子も、アホなくせにツィートして無知をさらけ出していますし。
偉そうなことを言う前に、政権政党が「視察」ではなく、全員で被災地がどのような状態になっているかボランティアしてくればいいんですよ。
足手まといになるだけでしょうが。
通常国会も、逃げて逃げて逃げ回っていた政権与党ですから暇は一杯あったですね。
よくもこんな党を支持する国民が5割もいるのかと思うとぞっとしますよ。

>でも税金というのは本来、、社会の是正、、不平等の解消とか困ってるところに回すものです。

使い方や優先順位がデタラメです。
格差拡大に使っているも同然ですよ。
大企業ばかり優遇して、非正規を増やして、年金貰えなくして。
やはり大企業を潤わせてトリクルダウンなんてまったくの幻だったんですから、中流階級を増やす政策にしないと駄目ですね。

>尾畠春夫さんみたいに本当に頭が下がる人と、、安倍みたいに頭を踏みにじりたい連中と、、、

想像して思わず笑ってしまいましたが、安倍は全員で踏みにじっても踏みにじり足りないような、そんな感じさえします。

★―ーこんばんは、Kingyoさん

最近、災害が多いからか、やけにボランティアの話題が多いですが、それも良い事だとは思いますが、ボランティア頼みと言うのもなんだか変な風潮ですよね。
国民にはできるだけお金を使わない方向を目指しているとしか思えません。
善意を利用しているのではないですか?

>共助、公助の行き届かないところを手伝うのが災害ボランティアだと思っていましたから。

そうですよね。
元はと言えば公助が先決ですものね。
海外でバラマクお金があるんですから、国民にもきちんと手当てをするのがこの国の権力者の仕事じゃないですか。

>ボランティアに日当を払い、継続的に人員を確保するだけでなく、自衛隊が個人宅への復旧作業も可能になる運用の変更が必要。

そうですよね。
善意に甘えていたら、もう誰もボランティアを志願する人がいなくなりますよ。
災害ボランティアはものすごい体力を使うそうですね。
自分の生活に支障がでるようでは本末転倒です。
まったく優雅な議員たちには、別世界の出来と誤なんでしょうね。

★―ーこんばんは、 JAXVNさん

>東日本大震災とか熊本地震で被災した人たちが「あのときお世話になったから恩返しを」なんて言っているのを報道していますね。

おっしゃるように、強迫観念に襲われる人も出てくるのではないですか?
恩返しもいいですが、権力を持っている方としたらこういった意見は利用しやすいですよ。
やはりなんといっても、庶民にボランティアの募集より、それだけの報酬を出して復興を急ぐべきじゃないですか?
まるで無償の人海戦術は、戦時中を思い出してしまうんですよね。
本の中の戦時中ですが(笑)
自助や共助にはおのずと限界がありますわね。
その為の税金なんですから、優先順位を間違えないで国民にしっかり手当をして欲しい。

>憲法改正の集会で稲田氏が言った「国民の生活が第一なんて政治は間違っていると思います」という言葉です

あの集会の動画を見ましたが、皆、国民に主権を与えてはいけないという連中ばかりでしたよね。
いくら身内の集会にしても、狂信的で気持ち悪かったですよ。
国民の主権を取り上げたら、自分達だって影響するでしょうに変な人たちですね。

投稿: まるこ姫 | 2019.11.04 20時08分

最近は災害が大きくなりました。亜熱帯性の気候になり台風も大型、雨も集中豪雨で何処で起きても不思議ではありません。でも一言も温暖化防止とかいいませんよ。
災害普及はボランティア任せとは残念です。テレビではボランティアが集まらないのが悪いような言い方ですが、自分の生活が大変な中ボランティアも集まらないと思いますよ。
殿は海外に行っては数百億円規模で金をばらまいていますし、戦闘機やトウモロコシを爆買いし無駄使いが多く災害普及に使う金などありません。
災害もですが橋も水道管もガス管などのインフラも古くなり、今からボランティア任せとはこれから先どうなることでしょうね。

投稿: ヒマッチャ | 2019.11.04 20時54分

政府は、自衛隊をホルムズ海峡周辺に派遣することを検討しているとか。。。
(それも、抜け道を使って国会の承認を得ずに)

そんなことを検討するより、自衛隊を『重大災害の被災地の復興支援派遣』を災害支援の延長として行うべきなのです。

それこそ、あの人が口癖のようにのたまう『国民の財産と生命を守る』じゃないですか!!

全国至る所に陸上自衛隊の駐屯地があり、そこには若い活力あふれる自衛隊員がいつも待機しているのですからね。

投稿: ススム | 2019.11.04 21時25分

公的援助そっちのけでボランティア募集…。
これって、お上に頼るな!全て自己責任た、という事ですか( ・◇・)?
ゆくゆくは徴兵にも繋がる発想ですが(-.-)Zzz・・・・。
こんなに庶民に目もくれない政権は開発途上国でもなかなか無いでしょう(-.-)Zzz・・・・

投稿: さくら咲く | 2019.11.05 07時44分

こんにちは
政府は、ボランティアという名の上に胡座をかいていますね(怒)
これでは復興が進みません(悲)

投稿: ヨマ | 2019.11.05 11時45分

公助という点、我々の納めた税金の使われ方にもかかっています。「自らの地域は自らで守る」という自助・共助意識も、先の台風19号のような地域を超えた未曾有の災害には太刀打ちできません。

装備や人員を常に揃え、万一の事態でも素早く組織立って災害に対応しなくてはなりませんが、自衛隊の果たす役割が年々増しています。また、食料や医薬など物流に於いては民間企業同士の非営利の連携も重要です。

世界の中でも極めて自然災害が発生し易いわが国。差し迫った脅威は、他国の軍事的脅威であって、台風や地震などではないと言う人がいたらお目にかかりたいものです。台風や地震など大規模な自然災害は発生頻度を増しその程度も年々激烈になって多くの人命が失われています。

自衛隊に国民の信頼や期待が大きいのもその「災害救助隊」としての任務であって、第一義の軍事ではありません。しかし、自衛隊はその二つの任務を兼ねているために、安倍政権は「災害救助」への国民の信頼や期待を借りて、海外紛争地への派遣の正当化に使おうとしています。「『お父さんは憲法違反なの?』と言われて、自衛官の息子が涙を見せたという話を聞いた」などという作り話も、「災害救助隊」であれば成り立たない話です。

大規模災害と自衛隊の役割を今一度見直す時期に来ているのではないでしょうか?だからと言って、緊急事態条項が必要などと、安倍政権に言わせないように、納税者たる我々が公助の使途を監視しなければならないことは言うまでもありません。

公助という広域のセーフティネットがあってこそ、自助・共助の範囲も決まります。

投稿: Film Photography | 2019.11.05 13時02分

★―ーこんにちは、 ヒマッチャ さん

年々、災害の頻度も大きさも酷くなってきますね。
今までだったら見たこともないような大雨や、河川の氾濫。
家はきちんとしているのに流されたり水浸しになったり。
すさまじい災害の数々なのに、進次郎は本当に対策を練っているとも思えません。
温暖化防止も、ピント外れの発言でしたし。

復興にしても、個人間頼みと言うのも何なんですかね。
そりゃあボランティアを募ることも必要ですが、肝心な予算を付けないと。
無償でやらせるというのもセコクないですか?
しかも自分の生活も大変なのに、ボランティアに応募する人も肉体勝負ですし、なかなか集まらないのではないですか?
まずは公助ですよ。
それから、自助や共助を論じるべきじゃないですか?
自衛隊に活躍してもらう訳にはいかないんですかね。
緊急的な事しか自衛隊はやってはいけないんですかね。
日常的にやって貰えばいいと思いますが、法律が邪魔をしているのでしょうか。
ボランテイィアに頼るのは限界があると思います。

★―ーこんにちは、ススムさん

安倍は自国の事より、米国が一番、そして大国への見栄があるのかもしれませんが、向く方向が全然違うような気がします。
ホルムズ海峡は二の次三の次だと思いますがね。

>そんなことを検討するより、自衛隊を『重大災害の被災地の復興支援派遣』を災害支援の延長として行うべきなのです。

やっぱりこれだけ大規模災害が続いているのですから、自衛隊を活用して欲しいですよ。
戦地に行かせる事より、自国の災害救助、復興じゃないですか?
優先順位も間違っています。
何故自衛隊を使わないんですかね。
よほど、法律で阻まれているのでしょうか。

★―ーこんにちは、さくら咲くさん

本来なら国が支援が一番先じゃないですか?
人の善意にばかり頼っていますが、ボランティアをする人だって生活があるわけで、そうそう続くものじゃないですよ。
しかも全額自腹でしょう?
長続きさせようと思ったら、公的補助をしないと。
なんでもかんでも自己責任では困りますよ。

>こんなに庶民に目もくれない政権は開発途上国でもなかなか無いでしょう(-.-)Zzz・・・・

私もそう思います。
日本は後進国その物で、人権に疎かったり、ボランティアをこき使う国だというのはよくわかりましたよ。

★―ーこんにちは、ヨマn

そもそも税金は何のために使われるかですよね。
海外にバラまくのは相当余裕があってのことでしょう?
その分、国内に回せないんですかね。
あまりにボランティアを重宝するのはどうなんですかね。
専門職を派遣するのが一番効率が良いと思います。


★ーーこんにちは、Film Photographyさん

国内にはボランティアの名のもとにタダ働きで、税金は本当に国民の為に使われているとは思えないんですよね。
やはり未曽有の災害の時は、いち早く税金で支援をするべきです。
足りない分をボランティアと言うのなら話も分かりますが、ボランティアを第一に考えるのは胃がっていると思いますね。
やはり自衛隊を活用するべきじゃないですか?
人海戦術なら自衛隊に勝るものはありません。

安倍は他国の軍事的脅威を煽りまくってきましたが、実は自然の驚異の方が比べものにならない程、大きいの画はないかと感じました。
直近の台風被害でも100人近くの方が亡くなっています。
ものすごい大きな数字ですよ。
しかも、財産まで無くなっているわけですから、ちょっとした戦争のような物じゃないですか?
他国の脅威より、自国の災害の脅威を自覚しないと。
安倍には人を煽ることはあっても、冷静に対応する気が全然ないようですね。

緊急事態条項なんて必要ないですよ。
安倍のような力を誇示したい人間が日本のトップに立つとも限りません。
その時、緊急事態条項があったら、即、それを適用したら、被害者は国民と言う、酷い惨状になりますよ。
やはり、まずは公助としてセコイ予算付けじゃなく、きちんとした予算を付けて復興の後押しをするべきじゃないですか?

投稿: まるこ姫 | 2019.11.05 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英語試験延期に対して世耕が「思いやりにあふれた決断」はあ?ここは北朝鮮か? | トップページ | 三原じゅん子が無知さらけ出しツィートで大炎上、大臣にしてたら大恥レベル »