« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の記事

2020.05.31

安倍首相の言う空前絶後の「日本モデル」の実態

「#ゆきほ漫画」 さんから勝手にお借りしました。済みません
https://twitter.com/hashtag/%E3%82%86%E3%81%8D%E3%81%BB%E6%BC%AB%E7%94%BB?src=hash Ezl6fqwueagcimm 面白すぎる。
これが空前絶後の「日本モデル」の実態ですね。
議事録も満足に作らず、最後は国会開かずで「日本モデル」の完璧な仕上がり。

ブルーインパルスを飛ばして医療関係者をねぎらうふりをして、国会から逃亡してGサミットに行きメディアにジャンジャン良いところばかり報道させれば、バカな国民はすぐに過去を忘れて「自民党にしか政権を担えない」
はあ。。。(脱力)

G7サミットも9月に延期と言う話も出ているし、なんならテレビ会議をやればいいのに。
どうせ通訳がいて通訳するだけだから、わざわざこの有事に高い税金を使って米国にまで行かなくてもいいと思うが。

選挙になれば、身内を集めた会で過去の民主党政権をこき下ろす。
「民主党の枝野さん」とわざと「言い間違い」をする。
その後に「毎回、党が変わるから覚えられない、大変」と鼻で笑った「釈明」を加えて身内からの笑いを取る。
私は動画を見たが本当にいやな感じだった。。
安倍の一番の得意芸になっていてどの会場でも同じことを言って聴衆を笑わせているようだ。
どうして権力を一番持っている方の人間が、公党の代表をあれだけいたぶれるのか。
その人の品性や知性が良くわかる。
そして選挙の時だけ、あれもやります・これもやりますの、ウソの大盤振る舞いを。
それで、すぐに引っかかるおめでたい国民
安倍は過去の成功体験から、チョロいもんだなと思っているよ。

| | コメント (19)

2020.05.30

アベノマスク我が家にも、森三中の黒沢のコロナ感染の顛末を語る大島

アベノマスク、我が家にも29日金曜日に来た。
やっぱり、ネットで画像が流れていたがその通りのアベノマスクだった。
開封したい誘惑にかられたが、無事、30日の朝6時過ぎに、犬の散歩コース中にあるポストに受け取り拒否と書いて投函。
これでようやく肩の荷が下りた(笑)

今日、「サワコの朝」と言う番組を見たら、森三中の、大島が出ていて黒沢がコロナに感染した顛末を語っていた。

黒沢に陽性反応が出て、大島と村上は一番の濃厚接触者と言う事で、2週間の自宅待機を命じられたそうだが、濃厚接触者にかかわらずPCR検査は受けなかったそうだ。
多分行政側が必要なしとしたのだろう。
外国でそんな国があるのだろうか。

ここでものすごい疑問がわく。
黒沢の一番身近にいた存在のこの二人にどうしてPCR検査をしなかったのか。
濃厚接触者には何をさておいても検査をするのが常識だと思う。

検査をしないから、この二人が陽性なのか陰性なのか、皆目見当がつかず、だから自宅待機となり家族に大きなしわ寄せが行くことになる。

検査をして陽性と出れば隔離をし、陰性と出れば何も2週間も自宅待機をする必要はなかったと思う。

PCR検査の精度が良くないと言う人がいるが、その日陰性、念のため次の日も検査すればいい。
2回続けて陰性の場合、2週間も自宅待機させる必要があるのだろうか。

分からないからこその自宅待機で、個人に重い負担を強いて当たり前と思っているこの国。
個人の犠牲の上に成り立っている。
そして日本人的な犠牲精神は今も昔もそう変わっていないことがよくわかる。

大島は2週間じっと耐え、家にこもりっきりだったそうだ。
その心中は、他者に迷惑をかけるわけにはいかないと。
日本人らしい発想だ。
子供とも距離を置いて、一人だけ別のテーブルで食事をとっていたようだが、2週間もよく耐えた。。。

多分、この人陰性だったのじゃないか。
陽性だったら朝から晩まで同じ狭い空間の中にいて、よほど気を付けていても、夫や子供に感染させる可能性大だ。

やはりPCR検査はすべきだった。
今なら抗原検査もあり得る。

多くの人が検査を受けて、自分や自分が接する人が感染者ではないと判定したい。
それが科学的な安心材料じゃないか。

国民が検査も満足に受けられないのに、我慢や努力ばかり強いる政府。
行政としては1に検査、2に検査、3に検査をして、個人の精神的な負担をできるだけ少なくしていたら安倍の言う「日本モデル」も少しは認めてもよいと思われるが、国としての対策は後手後手で、PCR検査すら受けさせてもらえなかった現状を考えると、空前絶後の、嘘つき&ほら吹きとしか思えない。

やはり安倍政権には不信感しか沸かない。

| | コメント (15)

2020.05.29

「コロナ専門家会議、議事録作成せず」もう国の体をなしていない

どこまでいい加減な政権なのか。
コロナ専門家会議での議事録を作っていなかったと。
録音もしていなかったそうだが、この政権は有事の際には全く役に立たない。
安倍首相は、コロナが収束したら検証をすると言っていたが、専門家会議の議事録がなくてどうやって検証するのか。
国家としての体をなしていない。

コロナ専門家会議、議事録作らず 歴史的事態検証の妨げに                5/28(木) 19:28配信 共同通信

>新型コロナウイルス対策を検討してきた政府専門家会議の議事録を政府が作成していないことが28日、分かった。共同通信の情報公開請求に、事務局の内閣官房が回答した。議事の概要と資料は公表されているが、各出席者の詳細な発言は記されず、対策検証の妨げになる可能性がある。

どうしてこんな大事に対して議事録一つ取らないのか。
この政権は一事が万事そうだ。
3月17日の西村の国会答弁は嘘だったと言う事か
Ezgjkwhumaelmus 西村がはっきり、専門家会議の記録を残すと言っているじゃないか。

概要と資料ばかりが公開されたって、委員一人一人の発言が分からなければ意味無いじゃないか。

安倍首相
>適切に、検証可能なように文書を作成、保存していると認識している。今後さらなる徹底を指示する。

多分この答弁を追及されたら、「私は認識しているとは言ったが、議事録があるとは一度も言っていない。」と屁理屈を言うのだろう。
安倍首相のことだから、今度もこのパターンだ。
今まで「募ったが募集はしていない」言ってきた男だけに、今度もこの手で行くような気がする。

コロナ専門家会議は、安倍首相の私的な組織じゃない。
私的な組織なら、好きにして貰ってよいが、これは国民の税金から作った組織で、この人達の発言は歴史の検証をするためには絶対に必要なものだ。
それに対して議事録取っていないなんてよく言えたよな。

しかも3月には、議事録を残す事として野党からしつこく確認され、その時は残すときちんと約束をしていた。
安倍首相も残すと、今後さらなる徹底を指示をするとを言っているじゃないか。
安倍政権はどうしてここまで無責任になれるのか。。。
約束が約束として扱われない。

今まで安倍政権に何度も騙されてきたから、野党としてもしつこく、くどいほど約束をしてくれと言っていたが、国会での答弁も反故にするような政権は政権である資格なしだ。

専門家会議も専門家会議だ。
前から、政府の意向通りの発言をする人間ばかりを集めたようなそんな人選だったが、やぱり政府には何一つ物が言えないようだ。
情けない。

国民へ害しか与えない腐りきった無法な政権と、そして無能な専門家会議だ。

| | コメント (15)

2020.05.28

どうでもいいけどアベノマスク配布未だ2割で5月中に全戸配布は困難だと

来なければ来ないでいいんだけど、突っ返すつもりで待っている方としては遅い!、遅すぎる。
やっぱりアベノマスクの配布状況はいまだに2割しか届いていないそうだ。

アベノマスクの配達、まだ2割 「5月中に全戸」困難に            5/27(水) 20:37配信 朝日新聞デジタル

>安倍晋三首相が全世帯に配ると打ち出した通称「アベノマスク」の配布が遅れている。25日時点で届いた割合は2割ほどで、今月中に配り終えるのは難しくなっていることがわかった。

安倍首相は、確か、前々回の会見で、アベノマスクは5月中にすべての世帯に配り終えることができると言っていたと思うが。
それが5月25日の時点でたったの2割?
はあ?
これでは家には届かないはずだ。。

隣の市にはマスクは届いたと聞いたが、その代わり現金給付が少し遅れて28日には振りこまれると。
と言う事は昨日振り込まれたと言う事か。。。
私の市は、現金給付は5月12日に市から申請書が届き、即座に必要な事項を書いて送り返したら5月26日に振り込まれた。
やはり全体で2割ではいつの事やらだ。
早く来てほしい、そして突っ返したい(笑)

しかし安倍も菅も、いかにもアベノマスクが需給バランス回復に効果があったと言ってきたが、5月下旬でもたったの2割しか配布されていないのに、私もしつこく何回も記事を書くがどうやって需給バランスが回復したのだろう。

安倍首相「布マスク、需給バランス回復に効果             5/25(月) 19:14配信 産経新聞

>安倍晋三首相は25日夕の記者会見で、新型コロナウイルスの感染防止に必要なマスクに関し「需要の拡大に見合うだけの十分な供給量を確保することは、引き続き難しい状況にある」と述べた。そのうえで、政府が進める布マスクの配布について「洗うことで繰り返し使える布マスクは需要の増大を抑えて、需給バランスを回復することに大きな効果が期待できる」と強調した。
>首相はマスクの需給について「仮に国民全員が毎日使い捨てマスクを利用するとなると、その需要は月30億枚を超えてしまう」と説明。

大体が、どうして閣僚たちは需給バランスの回復に協力しなかったのか。

私の見たところ、安倍とその後ろに控えるゴマすり官僚1人がアベノマスクをしているだけで、90%以上と言うか100%に近い閣僚や官僚が自前のマスクだ。
安倍の内閣の閣僚たちはどうして安倍総理に協力しないのか。

国民にばかりに洗って使えと強要しながら、閣僚たちは自前マスクは説得力がない。
安倍の女房役の菅でさえ、アベノマスクを着けている所を見たことがない。
少なくとも閣僚全員が見本を示すべきだ。

しかも全世帯の約2割しか配布されていないのに、需給バランスに効果があったと思っているとしたらものすごく残念な人だ。
何度考えても効果があったとは思えないし。

それに今は、マスクの値段はダダ下がりで、別に安倍政権に確保してもらわなくても、十分に買える。
もっと安くなるのではないか?
コロナ感染の前の状態に近い値段になると思う。
安くなれば新型コロナのの第二波・第三波に向けて多くの人が備蓄するだろう。

しかし不思議だよな。。。。
アベノマスクをつけた人は見たことない。
お隣の市は配布されたそうだから、だれか一人でもしているかと思っていたが、全く見かけない。
どうしちゃったのかな?(笑)

| | コメント (14)

2020.05.27

賭け麻雀、自衛官に厳しく検事長に甘い処分は国民の怒りを買うだけだ

本当にこの国はどうかしている。
同じ賭けマージャンで処分されるとしても、検察官と自衛官では、私は検察官の方に処分を重くしなければ国民に示しが付かないと思う。
が、この国では自衛官の方に厳しい処分が下され、検察官と言っても検事長、検察で2番目に職責の重い人物が賭けマージャンで失脚なのに、大甘な処分をされ、退職金は自己都合で辞めた公務員と同じ扱いでの減額にとどまっている。
そんないい加減なことが許されるのか。

と、国民が憤ってもいつもの調子で、各省庁の判断だと言う菅官房長官

菅長官、黒川氏処分は「法務省が資料収集して判断」            5/27(水) 12:58配信 朝日新聞デジタル

>菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、賭けマージャンで過去に停職処分となった自衛官より、東京高検検事長を辞職した黒川弘務氏の処分が軽いことについて問われ、「国家公務員の人事上の処分については、それぞれの所属の各省庁において個別の事案に応じて適切に判断しているのが現状だ」と述べた。黒川氏の訓告処分は妥当との考えを改めて示した。

どう考えても自衛官が停職処分となり、大きな権限を持つ検事長の賭けマージャンは訓告で終わりと言うのは、各省庁の判断で済ます問題なのか。
当然、法務省は各省庁の過去の事例を調べて、検事長の賭けマージャンとの整合性を考えただろうに、それがこんな大甘処分ではますます怒りがわく。

しかし、各省庁で判断となれば、同じ犯罪でもこの省庁では軽く、あの省庁では重いとなるのは、絶対に変だ。
法治国家なんだから統一すべきだ。

第1次安倍内閣で「賭けマージャンは賭博罪に当たる」と閣議決定している。
安倍や菅が知らないわけでもないだろうに。。
あまりにくだらない閣議決定ばかりだから、忘れてしまったか

しかもこの黒川氏の賭けマージャンの調査はたった1日で終わって、いつもの官邸の言い分の再調査はないと言う。
黒川に因果を含めて検察から追放したかのようなドタバタ劇だ。
こんなあわただしい調査で何が分かると言うのか。
どうもこの黒川と言う人は、若いころからマージャン好きで知られた人らしい。
わずか過去3年を振り返っての調査と言うのも、官邸は黒川の過去を穿られたくないのだろう。

しかし昨日の森法相の答弁は、酷すぎた。
自分の言葉で何一つ語れず、すべて官僚の書いた文章を読み上げるだけ。
その答弁もすぐに二転三転しつじつまが合わなくなる。
これでも法相と言えるのか。

安倍政権下では、官邸が主導して官邸が決定しても、何か事が起きると各省庁の責任になり、官僚も一応は汚名を着ても処分は大甘で、結果、知らない間に出世しているのが安倍政権と官僚との持ちつ持たれつ政治だ。

| | コメント (18)

2020.05.26

安倍会見「日本モデル」「空前絶後」「世界最大の対策」の妄言全開の自画自賛

昨日の安倍首相の会見、自画自賛の嵐だった。
「日本モデルの力」が頻繁に出て来たり、安倍政権の対策が「空前絶後、世界最大の経済対策」と、いかにも安倍政権の力でコロナが収束しかかっているかのような会見内容だった。

「日本モデル」ってまた例のように「大阪モデル」をパクったか?

今回のコロナの感染が欧米と比べて大きく広がらなかったのは、国民が各自で自粛を受け入れ努力したことや、ハグも握手もしない国民性だったり、とにかく人々がお互いの体に触れない独特の文化が幸いした。
そしてどの家も玄関で靴を脱ぐ習慣だったり、欧米と大きく違う生活様式がコロナ禍から国民を救ったのではないか。

国民の多くはウイルス検査もして貰えず、それでもコロナが拡大しなかったと言う事は、欧米との生活様式の根本的な違いと、国民一人一人が自粛を受け入れたことと、日本人特有の同調圧力があったことで皆が「人に感染させてはいけない」意識が相当あったなど多くの国民の努力と我慢の結果で、なにも政府の対策が功を奏したわけではないと私は思っている。

PCR検査も禄にせず、真の感染者数も死亡者数も把握せず、データも少ないまま、「わずか1ヶ月半で、この流行をほぼ収束させることができた。まさに日本モデルの力を示した」

そして「世界の感染症対策をリードしていきたい」と妄言を。

はあ?だ。
まともなデータがないのにどうやってリードして行くのだろう。
トコトン、ズレている。

いかにも政権がコロナ対策を先手先手で充実させて来たかのような自画自賛はどうにかならないか。

はっきり言って、政府は何もしてくれなかった。

政府の対策について、安倍は空前絶後と言う言葉を使って、世界的規模の経済対策と言っていたが、ウイルス検査はほとんどの国民が受けられず、4月1日エイプリールの日に安倍首相は、あのショボい布マスクを強制配布を発表したが、5月下旬になってもいまだに届かない家庭が。

そして4月17日には1人あたり10万円の一律給付を実施すると発表したが、これも届いていない家庭が多い。
すべての国民へ等しい手当てはこれだけだ。
マスクは一世帯2枚ぽっきりだが。

商売をやっている人に対しての手当ても、未だに目詰まりしていて多くの人が給付金を受け取れず、悲惨な状態になっている。
それで、空前絶後?
世界的規模の経済対策?

現実とは全然違う。
世界と比べたら、日本の対策がショボすぎてショボすぎて。

世界のトップの国民に対しての対応と比較しても、他国が羨ましくなるほど安倍の対応が浮世離れしていたし。

安倍首相はスピード感を持ってと何度も言ってきたが、「スピード感」は良いから「スピード」を持て!
全てが遅い。イライラするほど遅い。

支持率低下でも、自民党幹部は「10万円が国民に行き渡れば雰囲気も良くなる」と言っているそうだ。
もう、国民は物乞い扱いされているのだろうか。
10万円もらっただけで、雰囲気が良くなるわけないと思うが。

| | コメント (15)

2020.05.25

やっぱり黒川の定年延長に続き処分も法務省ではなく官邸が関与

昨日の記事にも書いたが、安倍政権の場合、手柄は自分、そして政権に都合の悪い事はすべて相手のせい。
検事長であった黒川氏の定年延長問題も実は官邸主導なのに、インターネット番組で安倍首相は「法務省が提案してきた」と途中経過をすっ飛ばし、いかにも法務省の責任のようにシレ~と言い出していた。
どうしていつもすぐにバレるような嘘ばっかり吐くのだろう。
一般市民ならともかく、政治のトップがこの軽さはほとほと嫌気がさす。

そして、「余人を持って代えがたい」と黒川氏に固執していた割に、賭けマージャンが発覚すると即座に切って捨てた安倍政権。
余人はどうなったんだろう。。。。
この変わり身の早さは唖然とする。
黒川辞任に対しても、安倍首相は法務省、検事総長が決定したと国会で答弁していたが、やっぱり官邸主導だったようだ。

黒川氏処分、首相官邸が実質決定 法務省は懲戒と判断、軽い訓告に                  5/25(月) 6:00配信 共同通信

>賭けマージャンで辞職した黒川弘務前東京高検検事長(63)の処分を巡り、事実関係を調査し、首相官邸に報告した法務省は、国家公務員法に基づく懲戒が相当と判断していたが、官邸が懲戒にはしないと結論付け、法務省の内規に基づく「訓告」となったことが24日、分かった。複数の法務・検察関係者が共同通信の取材に証言した。
>安倍首相は国会で「検事総長が事案の内容など、諸般の事情を考慮し、適切に処分を行ったと承知している」と繰り返すのみだった。確かに訓告処分の主体は検事総長だが、実質的には事前に官邸で決めていたといい、その経緯に言及しない首相の姿勢に批判が高まるのは必至だ。

黒川定年延長も、黒川処分も、すべて官邸が決めていたんじゃないか。
それを自分達政権に非が及びそうになると、法務省、そして検事総長のせいにし出した。

時を同じくして、官邸のイタコの田崎も、黒川の処分は検事総長が決めたと言っていたように、官邸と安倍周辺の毒饅頭組はできるだけ安倍政権に火の粉が被らないように、そのために、すべてを法務省の責任にすることに決めたのではないか。

しかし法務省の責任なら、森法務相は一番に責任を取らなければいけない立場なのに、安倍に慰留されている。
おかしくないか?

大体が安倍政権は、政権発足後、政治主導で行くと言っていたし、現に内閣が官僚の人事権も握り、官僚が異を申し立てない、逆らえないような手法を取っていた。
安倍首相は、他人事のように、「検事総長が事案の内容など、諸般の事情を考慮し、適切に処分を行ったと承知している」と大ウソを述べているが、チャンチャラおかしい。

黒川の定年延長も稲田検事総長のせい、そして黒川辞任人事も稲田検事総長のせい。
ここへきて、稲田は売れっ子のようだ(笑)

そりゃあ、監督責任は稲田検事総長にあるだろうが、実質的な支配者は官邸じゃないか。
安倍首相は、私たち国民が考えるような責任は全くとらずに来たのに、他者への責任転嫁だけは実に巧い。

本来なら、懲戒処分になるはずの黒田の人事を、官邸が懲戒にはしないと結論付けたと言う事は、黒川を切る代わりに甘い蜜を吸わせると言う事にしたのではないか。
今後、沈黙を守らせるために。
この政権のやりそうなことだ。

今日の記者会見、記者はこの黒川問題に切り込むのかどうかが見ものだ。
法務官僚とメディアがズブズブの関係にあったことがバレ、安倍政権にも厳しい事を言えないメディア。
メディアの姿勢は国民(少なくとも私)は注視しているから。

| | コメント (11)

2020.05.24

サンモニ青木氏の発言から分かる、安倍「法務省が提案」は都合の良い切り取り

次から次へといろんなことが目まぐるしく起きる政権。
表に出てきただけでこれだけ多いと言う事は、私たちの目に見えるものは氷山の一角か?
それにしても、この政権の無法は目に余る。

今日のサンモニを見ていたら、青木氏が黒川氏は定年に同意していたと言っていた。
青木氏の言うように、「官邸の意向がなかったら、違法・脱法の問題も、法解釈の変更も、改正案も、賭け麻雀の問題も起きなかった」と。
その通りだ。
別に黒川に同情する訳でもないし、受けた黒川の責任が一番重いと思うが、内閣の意向を受けたことにより、この人の人生も大きく変わったと言う事だ。
人生、どこでどうなるかわからない。
そして安倍首相にかかわると多くの人が不幸になる

>再就職する弁護士事務所も送別会も決まっていて、昨年11月、法務省が2020年2月に定年退官させる人事案を官邸に持っていった。ところが官邸に突き返された。

黒川を気に入っていた官邸に「黒川の定年は困る何とかしろ」と言われて頭を抱えた法務官僚が窮余の策で提案したのが奇策中の奇策の定年延長だったと言う意味のことを語っていた。

これで今までの官邸、法務省、黒川のドタバタの内実が分かってきた。

首相がインターネット番組で、黒川氏の定年延長は「法務省が提案」と言っていたが、都合よく自分達の非にならないように、そもそもの発端を切り取って、政権は、法務省からの被害者的な立ち位置に替えてしまったのではないか。。
官邸が法務省に無理難題吹っ掛けたのに。

元はと言えば、閣議決定での「黒川検事の定年延長」ではなく、もうその邪悪な芽は11月に始まっていたと言う事のようだ。

法務省が黒川氏を定年退官させる人事案が気に入らなかったのは官邸なのに、11月からの経過を説明せず、途中を端折っていかにも法務省が「黒川氏の定年延長」を提案したかのように印象操作をしてきたのが安倍首相と言う事だ。

都合の悪い事は他者のせい、手柄は自分の安倍らしいやりかただ。

いつも「責任は私にあります」と言いながら、実質的な責任を取ったことのない人間だから、都合の悪い事は人のせいにしても何も感じないのだろう。
ちなみに、「責任は私にあります」はすでに50回ぐらい言っているそうだ。

コロナ対策の対応を問われて「私が責任を取ればいいというわけではない」と公然と言い放つ人物だから、「責任」の所在は知っているだろうが、取って辞任する気は毛頭ないようだ。

今回の検事長だった黒川があっという間に辞任したのも、訓戒で終わりなのも、すべて官邸のトカゲのしっぽ切りにしか見えない。
とにかく黒川を切って政権へのダメージを最小限にしたのだろう。

| | コメント (16)

2020.05.23

「首相、絶対王政の批判に反論」しかも原稿なしだとルイ14世を16世と間違えるし

安倍首相は原稿なしだとすぐに間違える。
昨日の厚生労働委員会で共産党の宮本議員の質疑に対して、また逆切れして見せた。
その逆切れも変で、ルイ14世に例えられたのにルイ16世と答えて平然としているし。

首相、絶対王政の批判に反論 色をなし「私は選ばれた」                    5/22(金) 19:32配信 共同通信

>安倍晋三首相は22日の衆院厚生労働委員会で、辞職した黒川弘務東京高検検事長の定年延長を可能とした政府の法解釈変更を巡り、検察OBが絶対王政を確立したフランスのルイ14世に例えて首相を批判したと野党議員に指摘され、色をなして反論した。「私は、民主的な選挙を経て選ばれた国会議員の多数に選出され、ここに(首相として)立っている」と訴えた。

共産党の宮本議員が、検察OBが、「ルイ14世の言葉として伝えられる「朕は国家である」との中世の亡霊のような言葉を彷彿(ほうふつ)とさせる姿勢だ」と批判、真摯に耳を傾けるべきだ」との意見書を出していることを紹介した。

それに対していきりたって反論を試みたが、結局、ルイ14世をルイ16世と間違えるし、この人は本当に人の話を聞かない人なんだろう。
少しでも批判されるとかッとなって言わなくてもよいことまで言う。
共産党の代表を選び方まで嫌味を言ってみたり、「わたしがここに立つのも、民主的な選挙を経て選ばれた国会議員によって選出された。根本的なところをよく見ていただかなければならない」と偉そうに講釈を垂れたりする。

「朕は国家である」と言う個所に異常に反応して反論したが、安倍首相は国会で「私が国家ですよ」と言っている。

2019年、2月28日の衆議院予算会議で
>長妻昭議員「統計問題を甘くみない方がいい。扱いによっては国家の危機になりかねない、という認識はあるのか。」

>安倍総理「いま、長妻委員は国家の危機かどうか聞いたが、私が国家ですよ。」

自分の言葉に責任を持たない人だから忘れてしまったのだろうが、確かに「私が国家ですよ」と言っている。
多くの心ある人は、この国はすでに「独裁国家」の芽が出ていると認識しているのではないか。

私は、国民の声も野党の声もきく耳持たず、閣議決定や法解釈の変更で勝手に進んでいく政権を見ていたら独裁としか思えないのだが。

| | コメント (16)

2020.05.22

「黒川氏辞任の責任は稲田検事総長」責任転嫁の卑怯者政権、官邸のイタコ田崎

卑怯にも、政権も官邸のイタコの田崎も、今回の黒川検事長の定年延長問題は、稲田検事総長だと言い出している。

どう考えても、今回の黒田検事長の辞任を、稲田検事総長にすべての責任を擦り付けるのは意味不明だ。

黒川氏不祥事の責任は稲田検事総長に…田崎氏主張に疑問の声          5/22(金) 11:34配信 女性自身

>《TBS「ひるおび」。田崎史郎氏が最高検と稲田検事総長に責任をおっかぶせようとしてた》
《田崎史郎氏は黒川の定年延長は稲田検事総長がなかなかやめないせいである論を上げた》
>ただ、もうひとつ大事なことは、この無理な人事をやったのは、誰なのかということで、かつ黒川さんを指揮監督する立場にあるのは、最高検(最高検察庁)なんですよ。最高検の検事総長の稲田伸夫さんがいて、その方がわりあいずーとやってこられているわけです。その人がなかなか辞めないもので、無理な定年延長をせざるを得なくなったというのが実態だという人もいるんです

黒川検事長、辞職へ 賭けマージャン認める .           毎日新聞2020年最終更新 5月21日 14時52分

>検事総長、次長検事、検事長の任命権は内閣にあるが、首相官邸は、稲田検事総長の監督責任を問題視しているという。検事総長の引責辞任は極めて異例で、調整が難航する可能性もある。

官邸も田崎もよくもこんな見え透いた嘘が言えるものだ。
稲田検事総長がなかなか辞めないと言うが、本人が勝手に定年延長をしたわけでもなく既定の範囲なら別に問題はなかろうに。
その人と、黒田氏の定年を無視しての、閣議決定での定年延長とは何の関係があるのだろう。
まったく分からない。

官邸も安倍のイタコ田崎も、稲田検事総長に責任があると言うが、そもそもの発端はなんなのか。

黒川検事長の誕生日が来る前に、定年延長を閣議決定した安倍政権の法を無視した強引な手法が、検察庁改正法案へ繋がり、多くの人が抗議をする羽目になったのではないのか。

今日のモーニングショーを見ていたら、郷原弁護士が出演していて、国家公務員法では63歳になったら誰でも定年で辞めなければいけないと決められていると。
それを国家公務員法を捻じ曲げてでも、黒川氏の定年延長を閣議決定したのは安倍政権で、稲田検事総長じゃない。
百歩譲って、検事長の上の検事総長にも責任の一端があるとしても、「余人をもって代えがたし」との屁理屈で定年延長を閣議決定した内閣が一番責任を負わなければいけないのではないか。

大体が、他者には責任・責任と言うが、「責任は私にあります」と言って、一度も責任を取って来なかった安倍首相の責任はないのか。
監督責任の最たる人物は安倍首相じゃないか。

そして政権が、違法の「黒川氏の定年延長」を閣議決定していなかったら、今の、時間を大幅に無駄遣いして混乱を招き、何の実りもない状態にはならなかった。

自分達の蒔いた種には何の責任もないのか。
責任を取るべき方は、安倍首相や菅官房長官、森法務大臣だ。

| | コメント (15)

2020.05.21

検察庁法案見送りには裏が!政権が文春の記事を事前に知っていたから説に一票

安倍政権が国民の声を聞くとも思えないのに、ツイッターデモが起きたらいとも簡単に、検察庁法案を見送った。

もちろん、ツイッターデモが一定量の役割を果たしたとは思えるが、今まで野党の声にもまったく聞く耳持たず、あの安保法制への国民のリアルデモでさえまったく無視して法案を強行採決してきた安倍政権が、いかにネットの発信が強くなったとはいえ、なぜ、こんなに簡単に「検察庁改正法案」を見送ったか、ものすごい解せないものがあった。

初めは著名人がこぞって声を上げ、それに呼応するように多くの国民の声が上がり、政権の気持ちを揺り動かしたと思っていたが、やはりあの安倍政権が人の気持ちの分かる政権ではないのに、あっという間に「検察庁改正法案」を引き下げたのは不可解と言うか、拍子抜けと言うか。

7年半も安倍政権を見てきたが、やっぱり安倍政権には国民への視点が欠落している。。
国民の動きなど歯牙にもかけない政権だ。

私は、何故簡単に見送ったのだろうかとモヤモヤしたものがたまっていたが、そのまんま東が、検察庁改正法案の見送りの第一の原因は、週刊誌報道を察知したから。と言うこれだと思った。

東国原、検察庁法採決見送り「決定的理由」は黒川氏の週刊誌報道と推察         5/21(木) 10:23配信 デイリースポーツ

>「今回、政府が国家公務員法並びに検察庁改正案の採決を急遽見送ったのは、成る程、『週刊誌報道を逸早く察知していたから』が決定的な理由だったと推察されるな」とつぶやいた。
>東国原自身も何度も週刊誌に取材されていることから、週刊誌の記事化へのスケジュールを説明。「発売される約一週間前に本人取材を掛ける。大体、週末に本人に突撃取材か文書等での質問状、翌週頭に回答期限というパターンが多い」

どの週刊誌も、何日か前に当事者に、どういう記事が載るか通告するそうだ。
本人が拒否しても、記事が載るのは決まったことで、本人がどんなに足掻いてもどうしようもないと聞いたことがある。
週刊誌側はただ通告するのみだと。

多分、安倍政権もそれを文春が発売される何日間か前にそれを知らされたのだろう。
だから、抗っても無駄だと思った政権は、あっという間に 「検察庁改正法案を」取り下げたと言うか、先送りにしたと。
そうじゃないと、国民や野党の言う事など聞かない政権がこんなにあっさり法案を取り下げるわけがない。
その間に、黒川を切る用意をしていたのではないか。

この問題は、検察のOBや数多くの弁護士などから疑問の声が上がりにっちもさっちもいかない状態にまで陥っていた。
これだけケチがついたら 「黒川検事総長」は実現不可能と結論付けたのではないか。
どう考えても落としどころがない。
だからこそ、黒川を切り、第二の黒川探しを模索していたのではないか。
結局、黒川は安倍政権から見限られたのだ。
利に敏い安倍政権は文春の記事を逆手に取ったと思う。

黒川の辞任で一応の幕引きを図り、また秋の臨時国会で再び法案提出をして、最後は強行採決にまで持っていくのだろう。

| | コメント (17)

2020.05.20

黒川検事長の裏の顔、検察庁改正法の次は国民投票法、血迷ったか安倍政権

やっぱり、安倍友の黒川はサンケイとも仲が良かったか(笑
Eybnvgrxsay8wop

この猫ちゃん、良いキャラしてる(笑)
Eywyvtpu8aec9ou 作ってくださった方、ありがとう🐱
Eywyvtqu0aqydwi 楽しませていただきました。

しかし、検察庁改正法案を秋の臨時国会まで見送ると言う会見をした後、すぐに国民投票法を言い出す自公の考えは常軌を逸している。

未だにコロナ禍はたくさんの人の生活を疲弊させてきて経済はどん底状態で、立て直しもままならない状態だ。
そんな中、安倍政権はコロナ対策に対してもまったく情熱が感じられないし、国民には不要不急の外出を控えるようにと言う割には、自分達は不要不急の検察庁改正法や、国民投票法まで今国会で審議するつもりのようだ。

10万円給付だって、マイナンバーを活用したらすぐにでも届くと思っていたが、どうもマイナンバーカードを持っている人でも申請しても郵送で申請した人より遅いと言われている。
その役に立たないマイナンバーなのに、自民党は、今国会で口座に紐づけするように議員立法を考えていると言う。

よほど暇なようだ。

安倍首相は、検察庁改正法案を今国会での成立を見送ったと発表したときも、「当面は新型コロナウイルス感染対策に集中する」と報道されていたが、「当面」と言うのもなんだかなあ。。。との思いが先に立つ。

何故、「今国会はすべての面でコロナに集中して国民を救いたい」と言えないのか。

国民には不要不急の外出を控えるようにと要請しておきながら、自分達はコロナに集中することなく、国民縛りの法案を性急に成立させようとしている。

その政権が考えるような法案はすべて胡散臭く感じられて仕方がない。

安倍政権には、今までが今までだから不信感しかない。
どんな甘言を言われても、何か裏があると感じてしまう。

そういえば、きょう仕事先の人が 「アベノマスク、昨日届いたよ」と言っていた。
マスクの状態を聞いたら、二枚の寸法が違っていたと。
しかも中身の布くずがボロボロ出てきて使い物にならない、不良品だと憤慨していた。
縫製状態が凄い粗雑だそうで、東南アジアからの輸入じゃないかと言っていた。
話が盛り上がって盛り上がって。。ついにはボロクソ状態に(笑)

私の市にはまだ届いていない。

| | コメント (19)

2020.05.19

「 検察庁法改正、今国会断念」当面はコロナ対策に集中するって(笑)

大きな盛り上がりを見せた「検察庁法改正」

本来なら、安倍政権お得意の強行採決をして法案成立とするところだが、コロナ禍で在宅勤務などの人もいて国会中継を見る機会が多い中、ここで強行したら安倍政権にとって深い痛手を負うと考えたのか、今国会の成立を断念すると発表した安倍首相。

野党が国会でどれだけ追及しても、疑義を呈しても聞く耳持たず、最後は強行採決に持ち込んだ来た安倍政権だが、ツイッターで多くの人からの抗議の声には聞く耳持ったのか。
国会審議で与野党がどんな攻防をしているか知らない人が多いが、ツイッターでの発信で多くの人が「検察庁法改正」に疑問の声を上げどんどん拡散していったことが、一応は「今国会断念」に繋がったようだ。

今回の盛り上がりで、SNS発信は侮れないと感じた人も多いのではないか。

検察庁法改正、今国会断念 世論が反発、求心力低下必至 政府・与党     5/18(月) 15:27配信 時事通信

>政府・与党は18日、検察官の定年を引き上げる検察庁法改正案の今国会成立を断念した。
> 安倍晋三首相が自民党の二階俊博幹事長に伝えた。同改正案に対する世論の強い反発で見送りに追い込まれた形で、求心力低下は必至だ。
>当面は新型コロナウイルス感染対策に集中し、秋に予定される臨時国会での成立を目指す。

「当面はコロナ対策に集中し」だって(笑)
初めからよそ見をしている暇はなかったのに、国民視点の無い政権らしい今回のドタバタ劇だ。

長いコロナ禍で多くの国民生活は相当疲弊している。
ここで、慌てて「検察庁法改正案」を審議する必要はないのに、国民がコロナの方へ向かっている隙を突いての安倍政権の手法は今に始まったことではない。
いつも何かを隠れ蓑にして、国民にとって大事な法案を強行してきた政権だ。

今回は国民に見破られてしまったが、次期にはこの法案を必ず持ってくる。

安倍首相は、断念する理由を語っていたが、
>国民の声に十分に耳を傾けていくことが不可欠であり、国民の理解なくして前に進めていくことはできない。国民の理解を得て進めていくことが肝要だ

一度も耳を傾けたことのない人間が、いつものように使い古した言葉を羅列して理解を得たいと言っても誰も鼻で笑うだけだ。

会見の中で 「公務員定年延長について国民の理解が得られない」と言っていたが、別に公務員定年延長については誰も反対していない。

公務員定年延長結構じゃないか。。。。やればいい。
野党も賛成しているのだから、それは通せば通る。

国民は、「内閣の判断による検察幹部の定年延長」を危惧しているのだ。
皆、一緒くたにして反対しているわけではない。

それが分かっていないのか、トボケているのか知らないが、ものすごいズレていると感じる。

秋になったら、国民が忘れていると思って同じ法案をシレーと出してくる可能性大だ。
やっぱり 「公務員定年延長」の陰に隠れて、安倍首相守護神の黒川検事長の定年延長を画策したとしか思えない。

| | コメント (13)

2020.05.18

「検察庁法改正案など成立見送りへ 」ほとぼりが冷めたら復活、監視が必要

安倍政権は、ネットデモに負けたか。

自民党の幹部議員は、このネットデモが盛り上がってきたころ、 「1人で100万とかツイートしている」と負け惜しみにしか聞こえない発言をしていたが、やっぱりこの 「検察庁改正法案」に対してのネットでの広がりに相当危機感を持っていたのではないか。

ネットではたくさんの芸能人が声を上げていたが、それに対してウヨ・サポたちは誹謗中傷を繰り返していた。
これも 「検察庁改正法案」への関心がこれ以上広がらないようにネトウヨやサポの威嚇だろう。

そうした広がりの中、今度は検察OBまで意見書を法務省に提出したり、定年延長の対象になる黒川検事長に対しても責任を取るべきだとの声も上がるようになったり、おまけに安倍政権が唯一のよすがとする支持率がダダ下がりとあっては、今回は見送りの方針に方向転換したか。

その前に、安倍御用達・読売新聞が観測気球を上げている。 
 >野党や世論の批判を押し切って採決に踏み切れば、内閣にとって大きな打撃になりかねない。

政権はこれで様子を見ていたのかもしれない。

慌てふためき方が尋常ではない。
読売新聞の報道の後、すぐに成立見送りの方針への報道がなされる。

斜めになった小さなマスクが安倍首相の心の乱れを表す?(笑)
Eyrhpprvcaaoqlv

政府、検察庁法改正案など成立見送りへ 方針固める
                5/18(月) 9:38配信 AbemaTIMES

  >内閣の判断によって、幹部の定年を延長することが可能となる検察庁法の改正案を含む国家公務員法の改正案について政府与党は今国会での成立を見送る方針を固めた。(ANNニュース)

大体が、この「検察庁改正法案」は1月末から国会で審議をされていたが、おかしいとこだらけの法案で、それでも無理やりに取ってつけたような屁理屈で言い逃れてきた。

こんな法案が通るわけがないと思っていたが、さすが安倍政権はコロナのどさくさに紛れて法案成立を目指してきた。

ホント凄いよなあ。。。
コロナ対策も後手後手で、4月1日に発表したチンケなアベノマスク配布も未だ届かず、10万円給付だって国民の手に届いていない。
それなのに、 「検察庁改正法案」に手を付けようとする神経が分からない。
 が、これが安倍政権の実態だ。

いつも、何かの陰に隠れて本当に通したい法案をこそこそと強行採決してしまう。

今度も成功寸前までいっていたが、いかに侮っていたネットでもこれだけ声が大きくなると無視できなかったのか、 「成立見送り」と言う流れになってきた。

安倍政権は、今、世間の声が過熱しているから自民党が悪者になっては困ると考えたのだろうか。
今は 「見送り」でもいずれこの法案は絶対に成立させる計画だ。
諦めたわけではないから、国民としても油断してはいけない

きっと、世論が沈静化したときに、もっと用意周到に事を運ぶ心づもりだろう。
注視していないと、なにやらかすか分からない。

| | コメント (13)

2020.05.17

検察庁法改正案NOの小泉今日子にネトウヨやサポが総動員で嫌がらせ

安倍政権がなぜ、ここまで支持されてきたのか。
この政権は、強行採決しかしないのに、なぜかネトウヨやネトサポは支持している。
自分達だって国民の1人だろうに権力に寄り添って、正論を言う人間を攻撃しまくる。
せっかく自分の意見をツイートした女優の小泉今日子は、なぜかネトウヨやサポから嫌われている。

キョンキョン「泣いた」検察庁法改正案にNO!検察OB意見書提出に感激     5/17(日) 5:59配信 デイリースポーツ

>女優の小泉今日子(54)が15日深夜、ツイッターに新規投稿。安倍政権が検察庁法改正案を強行採決する構えをみせていることを受け、元検事総長ら検察OBが法務省に提出した意見書の内容に対し、「泣きました。そして背筋が伸びました。こういう大人にわたしはなりたい」と思いをつづった。

小泉今日子のツイートは、このヤフコメでは、なぜか気にくわないようだ。
「 泣いた、背筋が伸びた、こんな大人になりたい」のどこが悪いのか、ヤフコメでは感情的だとか、問題の本質を考えて言っていないとか、これぞ感情的に小泉今日子を排除しようとしているとしか見えない。

このコメント欄を見ていて本当に気持ち悪くなった。

プロ市民ってなんなんだ?
辺野古沖埋め立て反対集会が開かれた際にも、日当をもらっているとか、プロ市民とか、わけのわからない事で誹謗中傷していた連中がいた。

安倍政権危機とみて、総出でネトサポが集っているのだろう。

小泉今日子は
>私、更に勉強してみました。読んで、見て、考えた。その上で今日も呟かずにはいられない。#検察庁法改正に抗議します」

と12日にツイートしている。
勉強して、それでもなおこの検察庁法改正が、とても危険なことに思えたのだろう。
私も、この検察庁法改正の質疑・答弁は、国会中継を何度も見たが、政府の答えはまったく答えになっていなかった。
無理やり感が全開だった。
野党に追求されたら次から次へと答弁を変え、最後には口頭決裁とまで言い出していた。

文書主義の国で口頭決済などあり得ない話だ。

政権が検事幹部の人事に手を突っ込めば今後の国はどうなるか、火を見るより明らかだろうに。
検察OBまで義憤に燃えた意見書を提出したと言う事は、それほど危険な法案だと言う事だ。
検察OBの意見には沈黙して、同じような考えの女優のツイートにはすぐさま反応して貶めるのは卑怯だ。
女性とみて侮っているのか。

それにしても、ネトウヨやサポは国民への害しか考えない安倍政権を、どうして支持できるのだろう。
自分で自分の首を絞めていることに気づかない。
本当にアホな連中だ。

| | コメント (15)

2020.05.16

「PCR検査、1日2万件体制」あくまでも体制であって検査しなければ意味なし

いつまで曖昧な文言で騙そうとするのか、厚労省並びに政府は。
PCR検査、1日2万件体制の能力が可能になったと言うが、検査をしなければ意味がない。

PCR検査、1日2万件体制 安倍首相の目標達成 厚労省               5/15(金) 21:34配信 時事通信
>厚生労働省は15日、新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査について、1日当たりの検査能力が約2万2000件に達したと発表した。
>感染が疑われる人が検査を希望しても受けられないとの不満が相次ぎ、安倍晋三首相が4月、「1日2万件」を目標に体制強化を掲げていた。
>厚労省によると、PCR検査は国立感染症研究所や検疫所、民間企業、大学などに機器があり、1日に検査可能な件数は5月13日時点で1万9420件だった。15日に民間で新たに2640件の検査が可能となり、全国で2万2000件を超えた。

可能な数は、安倍首相が得意げになって8000件から15000件とか、20000件に拡充するとか言っていた。

その時でも、国会で野党が質したら、政府は「今すぐやるとは言っていない」とか「20000万件に拡充するが20000万件検査をするとは言っていない」とかあれ?と驚くような答弁をしている。

桜での 「募っているけど募集していない」と同じ事を言い出す政府。

37,5度以上の熱が4日続かないと受診ができないと本気で信じて来た私たち国民。
それを忠実に守った結果、死者が出てから「そんなことは言っていない、国民の誤解や思い込みだ」と国民に責任転嫁をする発言をして政権の責任を逃げてきた加藤厚労大臣や専門家会議の面々。
あまりに不誠実な対応じゃないか

私は、あの発言を聞いて唖然とした。
まるで鬼畜の様でこの人達は心があるのだろうかと。

安倍首相が常に言ってきた 「私には国民の生命・財産を守る義務がある」とは程遠い責任逃れだ。

今回も、PCR検査体制が安倍首相の目標達成と言うが、国民の多くは安倍首相が目標達成と言うのなら、きっと1日20000件の検査をするめどがついたからこういう発表をしたのだろうと、思う。
これからは、医師が判断したら即座に検査を受けられるのだろうと。

それを、「検査を拡充すると言ったが、検査をするとは言っていない」と言うのは、あまりにも姑息で卑怯な言い方だ。
そんな子供の言い訳のような答弁が、国として通用するのだろうか。

どこまで国民を愚弄する気なんだろう

安倍首相の目標達成など国民は知ったことではない。
医師が必要と判断した患者がキチンと検査してもらえるのかどうかそれが知りたいし、そういう体制が確立してから国民に発表すべきだ。。

誤解する方が悪いと国民に責任転嫁は勘弁してもらいたい。

| | コメント (11)

2020.05.15

検察庁法改正案、衆議院のインターネット審議中継に繋がらない

検察庁法改正案がどうなるのか、心配で心配で、インターネット審議中継にアクセスしたがまったく繋がらない。
今までも、繋がりにくいときはあったがこれほど繋がらないのはどうしたことか。
やっぱり、みんなのアクセスが集中しているそうだ。

検察庁法改正案の審議中継にアクセス集中             5/15(金) 14:55配信 日刊スポーツ

>衆院内閣委員会で検察庁法改正案の審議が行われた15日午後、衆院が運営するインターネット審議中継がアクセスの集中で視聴しづらい状態となった。
>同委は午後1時50分から開始予定(実際は10分遅れ)だったが、その時間が近づくと生中継のアドレスにつながらなくなった。ニュース配信メディアTHE PAGEがユーチューブで生中継したが、視聴が3万人を超えて増え続けたほか、ニコニコも生中継した。

検察庁法改正案に対する関心が、想像以上に高いと言う事だ。
自民党議員の幹部が言うように、検察庁法改正案への関心は1人100万ツイートではないと言う証明みたいなものだ。
だからこそ回線がパンクするような事態になるのだ。
みな固唾をのんで見守っているのだろう。。

しかし、こんな大問題の審議をどうしてNHKが中継しないのか。
政治問題でこんなに関心を集めたことはそうそうない。
NHKだって、「検察庁法改正案に抗議します」ツイートが多くの人の関心を集めて、一般人はもとより芸能人や、松尾邦弘元検事総長ら検察OBや、本当にいろんな人が危機感を持って抗議をしているのを知らないわけではなかろうに。

自民党の内部からでも、泉田以外に「石破元幹事長のほか、船田元経済企画庁長官も、「強行的に議事を進めることは、国民世論をないがしろにする所業」と批判している。と言われている。

自民党の中では泉田一人だけかと思っていたら、やっぱり石破や船田が批判している。
ここへきてようやくではあるが、少しは自民党内部から声が出てきた。
特に次期総裁候補と言われている石破には、安倍政権のこの国民無視の手法を声を大にして批判してもらいたい。

ああ、内閣委員会の質疑が見たい。

今日の質疑の最後は、維新の足立だそうだから、野党を腐す質疑をし与党の味方をするのは目に見えている。
これですんなり決まってしまうかもしれない。
あれ?突如、繋がったと思ったら足立が最後にもじゃもじゃ言っていたが何を言ったのか分からず。
休憩に入ってしまった。
ありゃ。。。。

突如、4時28分再開。
委員長が野党から提出された武田国家公務員制度担当相への不信任決議案を読み上げ散会。
今日のところの強行採決は無くなった。

| | コメント (12)

2020.05.14

アベノマスクは金食い虫、不良品の検品に8億円、税金を使っての検品は変だ

この役に立たないアベノマスクは、どこまで金食い虫なのか。
望んでもいないマスクを強制配布を試みたはいいが、不良品だらけでいまだに配布されていない。

しかも3月中に配布なら少しは喜ばれただろうが遅すぎる。
誰に聞いても、アベノマスクと言うと失笑する。

いつもスピード感を持ってと、○○の一つ覚えのように言う事は言うが、やっていることは一事が万事、亀の動きだ。
安倍政権にとって都合のよすぎる検察庁法改正案は、コロナのどさくさに紛れて遮二無二突っ走る。
こういうところだけは、恐ろしい程のスピード感だ。

あんなチンケなマスクに466億円もかかるそうだが、不良品の検品にも8億円もの金がかかると言う。

妊婦向け布マスク、検品に8億円 不良品問題で厚労省              5/14(木) 12:22配信 共同通信

>新型コロナウイルスの感染拡大防止策として政府が妊婦向けに配る布マスクで不良品が見つかった問題で、厚生労働省は14日、参院厚労委で、自治体から返品された布マスクの検品費用として約8億円かかると明らかにした。
>厚労省によると、妊婦向けの布マスクを巡っては、4月30日時点で自治体に配布していた約47万枚のうち約4万7千枚について、異物混入や汚れなどがあったとして返品されていた。現在、国が委託した専門業者が約550人態勢で検品しており、不良品が確認されれば取り除くという。

このマスクには二重にも三重にもお金がかかる。
何も、返品されたものをなんで国が委託した業者が検品しなければいけないのか。
製造元とか、納入業者とかの問題だと思うが。

どうして突き返さず、国が8億円もの予算を使って検品するのか理解に苦しみ。
それほどこの国にはお金が有り余っているのか。
国民には極力出し渋り、こういった業者が検品しなければいないものまで、税金を使って国が検品するってどういう国の構造なんだろう。

しかも、この業者の選定も怪しいもので、企業として存在しないような業者に発注をかけている。

それにしても妊婦さん向けのマスクがこれほど不良品の山と言うのも、無責任にもほどがある。
アベノマスクは始めから終わりまで、と言っても終わってはいないし、無理やりに配布らしいが、ケチがついてしまっている。
いくら国民からブーイングが出ても、あくまでも配布にこだわってきた。
つい最近、ニコニコ動画に出演した際、アベノマスクが市中に出回っているわけでもないのに、「市場価格を下げた」と自慢していた。

何か、この人の思考回路はズレまくっている。
市中に出回っているわけでもないのに、市場価格がどうして下がるのだろう。
しかも、1人2枚ならともかく、一世帯に2枚のマスク配布で市場価格が下がるものだろうか。

国民が望んでもいないマスクに466億円+8億円の税金を使うのなら、もっと有意義な使い方ができただろうに。。
返す返すも残念だし、今となってはどぶに捨てたも同然だ。

| | コメント (16)

2020.05.13

「#福山哲郎議員に抗議します」検察庁法改正を正当化する動きが始まった

やっぱり安倍政権とネトサポたちの動きは速いしすさまじい。
ネットでは、今回の安倍政権の横暴に対して、「#検察庁法改正案に抗議します」とタグをつけられて、多くの人が抗議をしたりして大反響になっている。
あっという間に500万とか600万のツイートがされているが、ネトサポやその親玉は、「一人で100万の声をあげられる世界」と言って一般の人のツイートまで、その手のツイートのような印象操作をして腐していた。

政権に批判的な声に対して、総動員で罵詈雑言を浴びせるネトサポならいざ知らず、一般人や芸能人が一人で100万の声を上げるとは思えないが、自分達がやってきたから他の人もそうではないかと思っているようだ。

「#検察庁法改正案に抗議します」がネットでも評判になるのを同じくして、「#検察庁法改正案に興味ありません」というタグまで出てきた。
興味がなければ何もわざわざタグを作る必要もないのに。

「内容も理解せず騒いでる連中ばかり」「政治に何の興味もないのに雰囲気で参加する頭の悪い芸能人」とか、ネトサポ特有の論理ではなく感情面で人をこき下ろすだけだが、人を腐して喜んでいるネトサポは、本当に検察庁法改正に対して理解しているのだろうか。

私は、この人達は政治に興味があるとも思えないし、検察庁法改正に対しても全く理解していないと思っている。

本当に理解しているなら、わざわざ、「#検察庁法改正案に興味ありません」とどうでもいいようなハッシュタグまで作ったり、芸能人がいかにも頭が悪いような失礼な言い方をしなくても、理屈で自分の考えの正当性を主張すれば共感する人は必ず出てくる。

それができないものだから、他者を貶めて優位に立とうとしているのだろう。

そして今度は、「#福山哲郎議員に抗議します」と言うタグまで飛び出す。
やはり場外乱闘を大きくして、本命の 「検察庁法改正」を覆い隠そうとしようとしているのではないか。
そうこうしているうちに、安倍政権は、コロナなど全く眼中になく、勝手に審議を続け勝手に強行採決で、検察庁法改正は、法律になってしまうのだろう。

それにしても、この黒川と言う安倍政権守護神は、とんでもない権力志向人間で、そりゃあ安倍が手放さないはずだ。

| | コメント (14)

2020.05.12

500万抗議ツイートでも自民党の姿勢は変わらず、あれはでっち上げだと

500万件の抗議ツイートがあっても自民党議員の姿勢は変わらず。
この「検察庁法改正案に抗議します」はでっち上げだと思っているのか、公然と口にする自民党議員。
ひょっとしたらこの幹部って、世耕の事か?

冨永 格(たぬちん)‏ さんのツイート
〈自民党にとっては思わぬ世論の反発。11日の党役員会ではツイッター上の批判が話題になったが、ある党幹部は「1人が100万の声をでっちあげられる世界。批判どうこうという話ではない」と、週内の衆院通過をめざす考えを強調した〉

へえ、一人が100万人の声を上げることができるって?
と言う事は、500万件のツイートも、5人の人の声だと思っているのだろうか。
自分達が金の力でネット工作をしてきたから、今度もそうだと思っているのだろうが、普通に考えて組織の無い一般人が一人で100万件の声を上げるとは考えにくい。
それをしてその人に何のメリットがあると言うのか。
自分達が不正をやっているから人もそうだと思ったら大間違いだ。

菅官房長官が、安倍と星野の勝手なコラボ動画について35万件のいいねが集まったと自慢していたが、自民党の論理から言えば一人にも満たないと言う事か。

政権ヨイショに対してはすぐに反応して自慢するのに、政権を批判するようなことに対してはでっち上げの世界だと言う自民党議員。
どうかしている。
今の自民党は自己中心的な人間の集まりのように見える。
どいつもこいつも世論の動きには鈍感で国民を侮り過ぎだ。

そういう事からしたら、支持率調査も怪しいものだ。
最近の支持率調査は、各論大反対でも総論では安倍内閣支持で、40%を切らない。
政権の座に7年も8年もいて、国民の生命・財産を脅かすことばかりする政権の支持率が今でも40%以上もある。
こんな摩訶不思議なことがあるのか。

「500万件のツイートは、そのほとんどがスパムツイートにより水増しされたもので、実際のツイート数ははるかに少ないという疑惑がある」旨の指摘を受け、再調査した結果について追記します。

で、スパムと判定されたのは「約4.87%」だそう。
1人で100万と言うのは、ネトサポがある特定の人を総攻撃するときに使う手じゃないか。
党幹部は本当に1人が1日100万の声をでっちあげられると思っているとしたら、身に覚えがあるから口に出てしまったと言う事か。
自民党には悪名高いネットサポーターズクラブ略して(NSC)があるから金の力で何とでもなると思っているのだろう。

| | コメント (12)

2020.05.11

検察庁法改正案への抗議「コメントを差し控える」菅「国会がお決めになる事」安倍

安倍も菅も国会で、まともに答える場面は見たことがない。

都合が悪くなると「コメントを差し控える」「国会がお決めになること」で議論をシャットアウト。

国会をよく見ていない人は、追及しきれない野党がだらしないと言うが、都合が悪くなると必ず「コメントを差し控える」と言う与党に対してどうやって追及しろと言うのか。

二人ともはぐらかすだけでまともに答えたことのない人間で、野党が手を変え品を変え追及しても最後は、「コメントを差し控える」
安倍首相はそれに加え 「国会がお決めになること」も常習的に使う

これを言われたら、野党じゃなくても何も言えなくなる。

検察庁法改正について国会で質問を受けた菅が、これがまた恥を知らない人間の典型例のような答弁をしている。

首相、検察庁法改正は「今国会で」 菅官房長官、抗議の意見は「承知」          5/11(月) 14:23配信  毎日新聞

>検察官の定年を63歳から65歳に引き上げる検察庁法改正案に「抗議します」とのツイッター上の投稿が急増していることについて、菅義偉官房長官は11日の記者会見で「インターネットなどでの意見は承知しているが、政府としてコメントは差し控えたい」と述べた。

やっぱりいつものように「政府としてのコメントを差し控えたい」
何故、官房長官としての発言ができないのか。

別にコメントを差し控える場面ではないし、政府として官房長官としての立場を表明すればいい。
どうしてここまで意見が言えないのか。

面白いのが、安倍首相が星野源と勝手なコラボ動画を批判されたときは、「35万いいね頂いている」と無駄な抵抗をしている。
今回、ツイッター投稿が500万近くになったことを質されると「コメントを差し控えたい」
数からいっても大きな違いなのに、政権にゴマすりの声には耳を傾け、国民の抗議の声は耳を傾けない官房長官。

今回、何が何でも黒川検事長の定年延長を画策している裏には、この黒川と言う検事が、どんな怪しい事があっても自民党議員を不起訴にしてきた経緯があるからじゃないのか。
Exsa46tvcau3jhc 権力に媚びる嫌な検事だ。

自身の犯罪が大いに疑われる安倍首相としては、何が何でも黒川の定年延長を実現しないことには夜も眠れなくなる。
国民がどんなに怒りの声を上げても、この政権なら強行採決をしてでも可決させるだろう。

悪知恵の働く無法者にこの国は乗っ取られてしまったのだから。

| | コメント (13)

2020.05.10

コロナ対策も満足にできないのに、検察庁法改正や改憲は異常な執念深さで早い

コロナ対策は何カ月もかかっても後手後手でスピード感がまったくないのに、検察庁法改正に向けての筋書きは異常に執念深くて速い。
検察官定年延長って、今やることなのか?
多くの人が抗議をするようになった。
やっぱり名前が知れた人に抗議をして貰うと、その輪がどんどん広がっていく
安倍政権の横暴を知らなかった人達も目が覚めていくだろう。

すごく心強い。

検察庁法改正に抗議、ツイッターで200万超 著名人も            5/10(日) 9:46配信  朝日新聞デジタル

>検察官の定年を65歳に引き上げる法改正案を認めていいのか――。作家や漫画家、俳優、音楽家らが10日未明、疑義を唱える声をツイッター上で次々と上げた。「#(ハッシュタグ)検察庁法改正案に抗議します」の投稿が相次ぎ、その数は午前8時過ぎには約150万件、同10時過ぎには200万件を超えた。
>内閣の判断で検察幹部の「役職定年」を延長できるようにする検察庁法改正案の委員会審議は今月8日、与党が強行する形で始まった。黒川弘務・東京高検検事長(63)の定年延長問題を追及する野党側は、森雅子法相の出席が必須などと求めているが、与党は応じず、与党は週明けの委員会採決をめざすとみられる。

黒川の定年延長は、コロナ禍であきらめたのかと思っていた。
が、この政権は、自分達のやりたいことには異常な執念を燃やし、スピードが異常に早い。
決してあきらめていなかったと言う事だ。
コロナへの対応とは大違いだ。

大体が、コロナが日本に入って来たときには、いつまで桜をやっているのかといつものようにネトウヨやサポたちが、野党を非難していたが、野党は桜もコロナも並行で審議していた。
国会を見ない安倍サポにはまったく分からないだろうが。

しかもコロナ対策で野党が10万円給付を提案したときは蹴って置きながら、世論の反発にビビったのかだいぶん遅れて与党の案として10万円給付が決定したが、野党が提案したときに決めていたら今頃、ほとんどの人が給付されていただろう。

どうでもよい布マスク配布だけは利権が絡んでいるのか、あれだけ世論が反発したのに絶対に中止することはしない。
とにかく安倍政権は野党の提案を受け入れるのが死ぬほど嫌いな政権で、いつも後になってから与党案のような顔をして決定する。

今はコロナの対策にまい進しなければいけない政権が、不要不急でもない検察官定年延長をしゃかりきにまい進すれば、そりゃあ多くの人から反発を受けるのも当然だ。

安倍政権は何のために存在するのか。
今までの悪行を見ていたら民主主義を崩壊するようなことしかやってこなかった。

国民がコロナによって休業を余儀なくされて、それに対しての補償もきちんと提案することもなく、国民にとってはまだ絵に描いた餅の10万円給付も一回こっきりで終わるつもりだろう。

国民に対しての手当てはものすごい消極的なのに、どうして国民が望まない検察官定年延長や憲法改正やらは、ものすごい積極的なのか。
信じられない国民視点の無さだ。
こんな害悪しかもたらさない政権は本当に一刻も早くどうにかならないか。。。
政権が存続すればするほど、国民の不幸は続く。

| | コメント (15)

2020.05.09

コロナ対策における国際評価調査、安倍首相は全分野で最下位、祝4冠王(笑)

溜飲が下がった。
23か国を対象にして指導者の国際評価調査では、安倍首相が最下位になったと。

日本の指導者、国民評価で最下位 コロナ対策の国際比較                 5/8(金) 20:34配信  時事通信

>【ロンドン時事】23カ国・地域の人々を対象にそれぞれの指導者の新型コロナウイルス対応の評価を尋ねた国際比較調査で、日本が最下位となった。
>日本の感染者数、死者数は世界との比較では決して多いわけではないが、安倍晋三首相らの指導力に対する日本国民の厳しい評価が浮き彫りになった。
>政治、経済、地域社会、メディアの4分野でそれぞれの指導者の評価を指数化した。日本は全4分野のいずれも最下位で、総合指数も最低だった。
>政治分野では、日本で安倍政権の対応を高く評価した人の割合は全体の5%にとどまり、中国(86%)、ベトナム(82%)、ニュージーランド(67%)などに大きく劣った。

中国やベトナムの指導者が80%以上も国民から信頼されている情報がないので軽々に論評できないが、少なくともニュージーランドの指導者は動画アップなどを見ていると、国民思いの信頼に足るのではと思えるような人だった。

それに引き換え、日本の安倍首相は何をしたいのかさえ分からない。

国民が精神面でもお金の面でも苦しんでいるのに、のんきに自宅で犬と戯れたり、お茶したりの星野源との勝手なコラボを公開したり、別に望んでもいない布マスクを、しかも中身は汚れがあったり異物混入だったり、口や鼻を覆う製品としては最低の物を送り付けることにこだわってきた。
まるで送り付け商法だ(笑)

その無用のマスクでさえスピード感が無く、ゴールデンウィークが終わっても届いている人の方が珍しいくらいで。
ようやく10万円給付を得意げに発表するに至ったが、マスクがこれほど遅いとなるといつの事やらわからない。

安倍首相は、2月の会見から常に、「1~2週間が瀬戸際だ」と言って随分引っ張ってきた。
ついには非常事態宣言を発表したが、再度延長でもう国民は糸の切れた凧のように、緊張感もなくなり自分で勝手に自粛解除の解釈をする人が出てきた。

背に腹は代えられないと言うやつだ、
Ffrr

この人は本当にリーダーシップがない人だと感じる。
どの会見も自分の言葉で語ることなく、官僚の書いた原稿をプロンプター頼みで朗読するだけ。
やっぱりどう考えても、あれでは国民の心には響かない。

しかも、星野源との勝手なコラボをわざわざ配信する神経にも驚き呆れ果てた。

この記事のコメント欄には、ネトサポが集合しているのか安倍首相を評価する人ばかりだが、客観的に見て安倍首相が、真にコロナに立ち向かっているような姿はどこを取っても見えない。

安倍首相を擁護する人は、メディアが連日政権批判をするから安倍首相の評価が引くなって当たり前だと言っているが、私はこれでもメディアの政権批判は少なすぎると思っている。

まともにメディアが批判していたら、安倍政権は何度も内閣総辞職をしなければいけない程、政権運営はデタラメだ。


3,11の民主党政権対応を「悪夢の民主党政権」と常に揶揄してきた人間だから、この有事の際の対応はもう少しまともかと思っていたが、全くスピード感が無く、対応も後手後手で、本人は開催する気満々だが本当に来年五輪が開けるかも疑問だ。

安倍首相には指導力などない。
補佐する官僚の言葉がすべてでまるで操り人形だ。
あんな官僚の言う事しか信じられない安倍首相に、指導力など期待しても無駄だ。

| | コメント (17)

2020.05.08

要らないのに強制送付のアベノマスク、東京都以外の46道府県で「準備中」と発覚

アベノマスク、未だ届かず。

アベノマスク届いていますか?東京都以外の46道府県で「準備中」と発覚。厚生労働省が公表            
             5/8(金) 10:43配信  ハフポスト日本版

>新型コロナウイルスの感染拡大防止策として政府が打ち出し、全世帯に2枚ずつ配布するとした布製マスクの都道府県別の配布状況を厚生労働省が公表している。
>それによると、大型連休が明けた5月7日の時点で、東京都以外の46の全ての道府県で「準備中」となっていて、ほとんどの国民に未だ届いていないことが分かった。
>配布の表明以降、1ヶ月以上が経過しても全国に行き渡らないマスクについては、野党をはじめとする国会議員からも批判が出ている。

あれだけスピード感をもってとか、ニコ生では配布開始によって、流通するマスクの「価格が下がったという成果もある」と自画自賛していたのに、あのどうでもよいマスク、未だ届かない人がほとんどだと言う。

別に国民が頼んでマスクをお願いしますと言っているわけでもないのに、無理やり押し付けることになっているのに、まだ届かない?
はあ?
スピード感はどこへやら。。。

しかも、安倍首相が自粛要請延長と5月4日にわざわざ記者会見を開いて宣言したのに、ゴールデンウイーク後は多くの自治体は勝手に自分達の判断で自粛解除の方向へ向かう。
安倍首相と言うか、国の言う事を聞かなくなった。

安倍首相と専門家会議と都知事だけは、やけに危機感を表していたが、自粛疲れと言うか、政府の言う事を聞いていてもお金はいつの事やらで、自分達が生きるために必死になっているんじゃないの?
先立つものがない事には生きていけない。

私事だが、今日、ダイソーやら、野菜の直売所やらに行ったが、ものすごい人出だった。
一応は、人と人との間隔をあけてはいるが、自粛とは名ばかりで、多くの人が買い物に来ていた。
駐車場も、今までとは全然違い多くの車でにぎわっていた。
ゴールデンウイーク前と、そのあとでは全然、町の様相が一変している。
野放し状態だ。
どうしちゃったのだろう。

それにしてもあんなチンケなマスク、いらない。
来たら突っ返そうと手ぐすね引いて待っているのに、全然届く気配がない。

もうマスクは溢れているし、あんな一家に2枚では誰が着けるのか、洗い替えを考えたら一人に2枚はいる。
洗えば洗うほどどんどん小さくなるマスクを届けようと思う人の気持ちが分からないし、スピード感も何も未だ届いていないのにアベノマスクのおかげで、流通するマスクの値段が下がったと言う人の気持ちもわからない。
森羅万象をつかさどる総理の浮世離れした感覚にはついていけない。

| | コメント (13)

2020.05.07

満を持しての昨日のニコ生出演、やっぱり不発に終わったな(笑)

変な総理だよな。
5月4日に5月一杯自粛を要請するように安倍首相の会見が開かれたが、その時にはいつものように幹事社の質問を受け、あとはフリーの質問もほんの少しだけ受けただけで終わった。

昨日、ネットを見ていたら、
>安倍晋三首相 出演
新型コロナ対応に関するネットの声に首相が答える特別番組
「安倍首相に質問!みんなが聞きたい新型コロナ対応に答える生放送」
5月6日(水)20時より放送決定
共催:株式会社ドワンゴ、ヤフー株式会社

と、流されたので少し見てみたが、山中教授の方は専門家らしく実態を掌握しているし、聞く価値があったが、安倍首相の方は、いつものように手元を見ているし(原稿?)イヤフォンを着けているし、そこにはインチキが隠されているのでは?と疑ってみてしまった。

やっぱり安倍首相は、いつものように自分の願望しか語らなかったし、国民への手当ての方も具体的なものが入っていなかった。

しかし、どうして、自身が開いた5月4日の日に記者の質問を充分に受けなかったのか。
ニコ動にでる余裕があるなら、自分の会見で記者の質問を聞き応えることができただろうに。

この山中教授とのやり取りでは、安倍首相の小ささだけが際立ってホームでも形無しだったように感じたが。

ニコ生で語る首相に山中教授ツッコミ「1年で準備は…」            5/6(水) 23:32配信  朝日新聞デジタル

>新型コロナウイルス対応について安倍晋三首相に直接聞こうと企画された6日夜のインターネット番組で、首相がノーベル医学生理学賞受賞者で京都大iPS細胞研究所の山中伸弥教授から諭されたり、突っ込まれたりする場面があった。
>今年夏に開催される予定だった東京五輪は、新型コロナの影響で来年7月に延期された。首相は番組で、五輪を成功させるために「治療薬、ワクチンの開発を日本が中心になって進める」と意気込んだ。

良く言うよね。
日本が中心になってと言っても、今日のモーニングショーを見ていたらまったく安倍にリーダーシップがないのが良く分かった。

PCR検査にしても、やろうと思えば、他国とそん色なくできるのに、未だに1万件未満しかできていないと言う事は、工夫して人的資源を活用したりの知恵がなく、きちんと指示する人間がいないと言う事で、未だに目詰まりをしていると訴える安倍にはリーダーの資格なしだ。

他国では国民全員に検査をする方向へ行っているのに、未だに1万件未満の検査数の日本が、ワクチン開発だけ日本がリーダーシップを取ってできるとは思えない。

しかも山中教授に、ワクチン開発が1年で多数の人に準備できるかどうか、よほどの幸運が無いとそれは難しいと、たしなめられていた。

五輪に前のめりになっている安倍首相だが、コロナは忖度してくれないし、そうは問屋が卸さないと言う事だ。

>一方、政府が全世帯に配布する布マスクについても番組で質問があり、野党などが疑問視する納品業者の選定について首相は「疑惑というのは全くそんなものありません」と反論。配布開始によって、流通するマスクの「価格が下がったという成果もある」と胸を張った。

はあ?配布率が10%にもならない現状で、どうしてアベノマスクで価格が下がったと成果を誇れるのか。
この人は、まったく現実を見ようとしない。
またどっかのネトウヨサイトから拾ってきた、何の信ぴょう性もない安倍称賛レベルのヨタ話じゃないか?
自分を称賛してくれる人の話はすぐに信じるが、本当に見なければいけない現実が分かっていない。

昨日の番組では山中教授と馬場アナの優秀さだけが際立った、安倍首相のニコ生出演だった。

| | コメント (13)

2020.05.06

専門家会議「PCR検査の相談目安変更へ」その間何人の国民が殺されたのだろう

今頃、PCR検査の相談目安変更へ。を言い出したが、素人が考えても無理があった。
その間、政府や専門家会議の場当たり的な目安で何人の国民が殺されたのだろう。
何人の人が重症化したのだろう。
政府や専門家会議、厚労省の罪は大きいのではないか。

PCR検査の相談目安変更へ 「37.5度」削除も検討             5/5(火) 21:15配信  朝日新聞デジタル

>新型コロナウイルスに感染したかどうかのPCR検査の必要性を判断する相談センターへの相談の目安について、政府の専門家会議は、重症化しやすい人は風邪の症状が「2日程度」続いた場合としていた日数をなくし、すぐ相談しやすくなるよう目安を変更する方針を固めた。「37・5度以上」が4日以上としていた発熱の目安も削除することを検討している。
>専門家会議が2月17日にまとめた目安では、軽症者が医療機関に殺到して医療崩壊するのを防ぐといった狙いから、風邪の症状や37・5度以上の発熱が4日以上続いた場合に帰国者・接触者相談センターに相談することとされた。

そもそも、PCR検査をすると医療崩壊が起きると言っていたのは、自民党の議員や与党、そして専門家会議のメンバーだった。

軽症者と判断された人も、高熱が続いて相当苦しいと聞いたし、PCR検査で判定しないと自分がただの風邪なのか、コロナウイルスに感染しているのかさえ判断がつかない。

2日高熱が続いただけでも、相当辛い。
辛いうえに高熱が4日以上続けば、そこで急変することも十分考えられるのにこの政府は4日も自宅で様子を見ろと。
ものすごい冷酷なものを感じる。

現に軽症者で自宅待機と言われた人が路上で亡くなったり、自宅で亡くなったり。
芸能人の岡江久美子が良い例だ。
主治医は自宅で様子を見ろと言い忠実に守った結果、急変して帰らぬ人となった。

他国は、速やかにPCR検査を実施しているのに、なぜか日本だけがPCR検査に国民が殺到すると言われてきて検査数まで絞られてきた。
自分に思い当たるところがないとむやみやたらに検査に押し掛ける国民性ではないのに、自分達のPCR検査の後手後手を棚に上げて何を疑ってきたのだ。

とにかく何が何でもPCR検査で陽性か陰性かを判定するのが基本中の基本なのに、それを絞ること自体ナンセンスな発想だ。

37,5度以上4日自宅待機も、少し前までは専門家会議の人間は、「お前らが勝手に解釈したんだろう?」みたいなことを言って、勝手に思い込んだ国民のせいにして来た。

ここへきてやっと自分達の非を改めることにしたのか、「37.5度」削除も検討と言い出す専門家会議。
今頃検討?遅すぎる。
まだのんきなことを言っている。
結局、国民が勝手に思い込んだのではなく、自分達がそういう設定にした来たからじゃないか。

不手際は国民のせい、手柄は自分達。
安倍政権と同じことをやっている。

| | コメント (15)

2020.05.05

「断腸の思い」なのに5月8日給付金支給を8月と間違ってしまう致命的ミス

昨日の会見、いつものようにプロンプター会見で、今度こそはカメラを見てきちんと話してくれるんではないかと思っていたが安倍には無理だった。

緊急事態宣言延長「断腸の思い」 新型コロナ、家賃支援に全力 安倍首相会見    5/4(月) 19:03配信  時事通信

>安倍晋三首相は4日の記者会見で、新型コロナウイルス感染に関する緊急事態宣言を1カ月で終えられなかったことを陳謝した上で「出口に向かって一歩一歩前進する必要がある」と述べ、国民に引き続き協力を呼び掛けた。
>宣言延長を「断腸の思い」とした上で「可能と判断すれば期間満了を待つことなく緊急事態を解除する」と表明した。

安倍首相がいとも簡単に使う、手垢にまみれた「断腸の思い」
昨日も使われたようだが、本当にこの意味を知っているのだろうか。

断腸の思い
>「腸がちぎれるほど、悲しくて辛い思い。深い悲しみ」

深い悲しみ?
その割にはのんきに淡々と官僚の書いた原稿を読み上げるだけ。

持続化給付金の支給開始が早ければ5月8日からなのを「8月から」と言った時は、え?今までも相当遅かったのに、8月から?はあ?
3カ月も待たされるのか。。。安倍政権らしいなあ。。。と

後で5月8日と訂正をしていが、いちばん間違えてはいけない場面だったのに、ここを間違えると言うのは危機感が無さすぎる。
そんなに気の抜けたサイダー状態で会見しているのに「断腸の思い」と言われてもこちらの胸に響かない。

PCR検査についても会見の中で「やる気はある。やる気がなかったわけではない」とこんないい加減な言い訳を良く言えたと思う。
「そういう体制をつくっても、それをやる人的な目詰まりもあった」と言っていたが、政治のトップの他人事発言は何なのか。
目詰まりと分かっていながら、3カ月も放置している安倍には国民の命など守れるわけがない。

安倍は精神力を強調しているが、精神力では何の足しにもならないし、他国にはできてなぜ日本でできないのか。
20200504oyt1i500411

日頃、日本の医療は優秀だと言われてきてそれを信じてきたのに、世界からは周回遅れとしか思えないほど遅れてしまっている。
日本の医療や技術は世界でも優秀なレベルだと言ってきたのは何だったのか。
気が付いたら、日本だけ独りぼっち状態だ。

日本の政治家やネトサポたちは韓国を見下してきたのに、その韓国のPCR検査は世界が手本にするほど迅速で優れていた。
日本も、プライドやメンツを捨てて教えを請うたり見本にしたりすればよかったのに。

それにしても昨日の安倍首相の会見は、今までで一番のレベルの低さだった。
具体的な話は一切なく、精神論に終始していて、出口戦略も感じられなかった。

私はNHKを見ていたが、いつものように幹事社が質問事項を事前提出して、回答の原稿を読み上げる安倍首相。
フリーランスの質問の前に、安倍親衛隊岩田明子の大本営発表に替えてしまう。
これほどまでの出来レースになってしまうNHKは報道の資格なしだ。

| | コメント (21)

2020.05.04

今日の安倍会見、プロンプターを見るのか、カメラを見据えるのかどっちだ?

今日、安倍首相は6時から会見を開いて5月一杯自粛を要請するそうだ。
6月初旬までと言う案もあったそうだが、「きりがいい」からと言う理由で5月一杯になるとか?
そんな簡単なものか?いい加減だな。

緊急事態宣言の延長5月末まで 首相、4日に理由説明へ            5/3(日) 21:47配信  朝日新聞デジタル

>安倍晋三首相は3日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の延長期限を5月31日までとする方針を固めた。
>いまの宣言の期限は6日まで。首相は4日夜に記者会見を開き、延長の理由などを説明する。政府内には専門家を中心に6月初旬まで1カ月程度の延長とする案もあったが、経済活動への影響も踏まえ、「きりがいい」(政府高官)として今月末までを区切りとすることにした。

尾張 | おっぺけぺーさんの想像ではこういう会見になるのではないかと(笑)

>18時安倍スロー音読会見の恒例予定表(想像版)
18時 大本営「今から安倍が会見やるぞ」
 場面切り替わると安倍入場
18時20分過ぎまで プロンプターでスロー音読
18時25分頃 幹事社から質問、安倍原稿音読
18時35分頃 質疑応答
18時40分頃 NHK、会見途中で打ち切り、岩田明子大本営解説開始!

これが今までのさんざん見てきたパターンだが、私は今回こそは、カメラをじっと見据えて原稿を見ずに国民に語り掛けるのか(儚い期待だろうが)、それとも従来のように右見たり左を見たりのプロンプター頼みなのか。
ものすごい気になる。

プロンプタ―の場合、大仰な身振り手振りで、あれは演説会では有効かもしれないが、やはりカメラを見据えて国民へじっと語り掛ける、その方が国民はぐっとくると思うが、安倍にできるかどうかだ。
下手したら正面にプロンプターを置いていかにもカメラ目線を演出するかも(笑)

もっとも安倍の場合、中身が国民生活の苦しみや大変さなど理解できていないだろうから、いくらカメラ目線でも国民の心に響くかどうかは疑問だが。

それにしてもドイツや、ニュージーランドのトップのように自分の言葉できちんと国民に語り掛けられるだろうか。
官僚が書いた文章ではダメだ。
大体が今までの傾向があるから官僚が書いたか自分で考えたかはすぐにわかる。

気になることと言えば、安倍首相が国会で、「どこに問題があるのかッ!」とか、「いつから知っていたのかッ!」とやたら「かッ!」に力を入れるのが気になっていたが、閣僚の中で唯一加藤厚労相が、「かッ!」を使うようになり、とうとう加藤も安倍を見習うようになったか。。。。
加藤がミニ安倍に見えてくる。

西村は今日は珍しくアベノマスクをしている。
小さい上に傾いているが(笑) Exkzsmlucaac9k
マスクを着けて総理応援の声が聞こえたか。。。(笑)

| | コメント (20)

2020.05.03

憲法改正病の安倍、安倍政権のもとで改憲「反対」58% どう思う?(笑)

安倍首相は、憲法改正病に感染しているのではないか?
暇さえあれば、憲法改正、憲法改正。。。
まるで〇〇の一つ覚え。

安倍の油断ならない所は、コロナウイルスに乗じて「緊急事態条項」を盛り込み、権力を強化を考えている所で、まるで火事場泥棒だ。

今の日本はコロナウイルスの拡大で、安倍首相はようやく4月に、遅きに失した緊急事態を宣言したが、国民に自粛を要請するものの給付はいつになるか分からない状態で困窮している人はどんどん増え続けている。

いくら今日5月3日が「憲法記念日」とはいえ、例年のように改憲を訴えるとは。。
まさに憲法改正病だ。
国民の感情からは相当ズレている。

【独自】“緊急事態条項”必要性訴えへ 3日の憲法フォーラムで 安倍首相      5/2(土) 18:18配信 Fuji News Network

>安倍首相が、3日に行われる憲法フォーラムに寄せるビデオメッセージで、憲法に「緊急事態条項」を盛り込む必要性を訴えることがわかった。
>新型コロナウイルスの感染拡大に触れ、「緊急事態で、国家や国民が果たす役割を、憲法にどう位置づけるかは大切な課題だ」と指摘する。

別に憲法を変えなくても、法律や条例で対応できるのに、子供がおもちゃを欲しがるかのように「緊急事態条項」を盛り込みたいと駄々をこねる。
大体が、コロナウイルスに対しての対策も後手後手で、検査数を2万件に増やすと言うものの未だに1万にも満たない。
コロナが日本に入ってきてから何カ月たったと思っているのだろう。
未だ2月の状態のままで止まっている。

しかも国民が望んでもいない布マスクを配布は(と言ってもいまだにほとんどの人が貰えていない)妙に意固地になり466億円の予算をどぶに捨てるような状態で、こんな無能なそれでいて権力を誇示したがる安倍首相の元、「緊急事態条項」など盛り込んだ改憲をしたらものすごい危険だし、今、国会で改憲を議論する暇はない。

安倍政権のもとで改憲「反対」58% 朝日新聞世論調査             5/3(日) 5:00配信  朝日新聞デジタル

>朝日新聞社の全国世論調査(郵送)で、安倍政権のもとで憲法改正を実現することの賛否を聞くと、「反対」58%(昨年調査は52%)に対し、「賛成」は32%(同36%)で、昨年より賛否の差は広がった。

安倍首相のコロナ対策を見ていたら、この人により大きな権限を与えることに危惧と言うか、危険だと感じているのだろう。
絶対にこの人に多大な権限を与えたらダメだ。
何やらかすか分かったものではない。
我儘な幼稚園児に国の未来を託せないし、今でさえ解釈を勝手に変えたり、野党を無視して暴走をしているのに、改憲なんてとんでもない。

改憲など優先順位から言ったらものすごい低いのに、改憲病患者には困ったものだ。
本人は来年には五輪を開催に言及しているのだから、今はコロナ対策にまい進すべし。
無能な政権だから、いつまでたっても収束しないだろうけど。

| | コメント (16)

2020.05.02

閣僚や自民党議員がアベノマスクを着用しない理由

チンケなアベノマスクを閣僚や自民党議員はほとんどつけていない。
本来なら安倍首相肝いりでマスクを推奨したのだから閣僚たちこそ着用して国民へ見本を示すべきだろうに。
と思ってきたが、ここへきてアベノマスクを着用しない理由は、「究極のゴマすり」と思われたくないからだと言い出す閣僚や議員たち。
見苦しい。

永田町アベノマスク事情 センセイたちの着用率は?               5/1(金) 22:21配信 Fuji News Network

>出席者の口元に注目すると、安倍首相は、きょうもぶれずに「布マスク」。
通称「アベノマスク」を着用。
>それに対し、閣僚たちはアベノマスクを着けていない様子。
>自民党議員「アベノマスク着けて質問したら、究極のごますりって言われちゃうよな。絶対着けない」

こういう時だけ、妙なプライドもってどうするのだろう。
安倍首相が、一生懸命考えて衛生上大問題のチンケなマスクを国民に強制配布しようとしているのに、どうして閣僚や自民党議員が安倍首相を応援しないのか疑問だ。
閣僚たちが着けなければまったく説得力がない。

マスク着けて総理応援!(笑)

結局、みんな、本音の部分ではアベノマスクはまったく役に立たない代物だと思っているからこそ、着用しないのだろうし、どの口で「究極のゴマすりと言われる」と言い訳しているのだろう。

マスク着用の前に、自民党議員たちが安倍首相に気に入られよう、認められようとしてみんなゴマすり全開じゃないか。
私は、閣僚や議員がマスクを着用しても決してゴマすりとは思わないから、ぜひとも着用して国の意気込みや見本を見せて欲しい。

安倍首相1人が必死でアベノマスクの宣伝に努めているが、国会やインタビューのための儀式で、それが証拠に、委員会が休憩に入ると必ず麻生ともどもマスクを外してしまう。
あれは酷すぎる。
安倍・麻生二人だけ、「マスクしていて疲れた。。。。」みたいな感じですぐにマスクをもぎ取るが、見ていて感じの良いものではない。
国民にはやたら要請をしておきながら、自分達は聞き分けの無い子ども状態だ。

しかも、スピード感をもってと常日頃口にする安倍首相だが、このマスクの配布状態はいまだに全体のおよそ3%にとどまっているそうだから、マスクの有難味はどんどん遠ざかる。
この分では10万円給付もいつの事やらだ。

| | コメント (13)

2020.05.01

持久戦を言い出す安倍、これからまた1カ月は精神的に辛いし長い

政府の言ってきた自粛は5月6日で終わる。
どうも安倍は5月いっぱいの自粛を要請するようだ。

この2週間が勝負だ!と言ってきたのに、あれは何だったのか。
その伏線のように、昨日、持久戦を言い出す安倍。

Ddeww

誰もが今の状態では5月6日には終わらないことくらい、十分承知の上だと思うが、5月いっぱいの自粛は本当に辛い。
今までも十分我慢してきた。

テレビでは、要請を守らない人を監視する国民が出てきたと言っていたが、戦時中の「隣組」組織のようなもので、政府の要請を聞かない奴は摘発しても構わないと言う心境なのだろう。

が、要請はあくまでも要請で、脅迫してまでも止めさせる理由にはならない。
同調圧力の強い国の国民は、みなが右へ倣えでないと気が済まないのだろうが、政府がきちんとした休業補償を表明しない今の状態では、商売をしている方として考えた場合、休業に踏み切れない気持ちもわかる。

今でも、少しずつ国民同士の軋轢が表面化してきているのに、この先、5月いっぱいの自粛要請が発表されたらますます国民の気持ちが荒んで密告社会に加速が掛かる。


他国のように、もっと早くドカーンとくさびを打ち込んで、その分の休業補償や家賃補償など十分にすると言えばよかったと私は思っている。
とにかく初動が遅かった。 
4月に自粛要請はそうとう危機感が無いとみた。

1カ月でもめどが立たない場合、あと2週間延長だったら少しは気がまぎれるが、その後の5月一杯延長は辛い。

私の市でも、すでに4月の後半には5月一杯自粛の延長をアナウンスしていたが、その時も、あと1カ月も我慢しなければいけないのかと暗澹たる気持ちになったし、ものすごい閉塞感があった。

今日のモーニングショーで一茂も、これからの1カ月は長いと言っていたが私もそう思った。

また5月一杯と言われたら、今まで我慢してきたのに、これから1カ月もまだ我慢するのかと絶望的な気持ちになる。

一般に暮らしている人間でさえそう思うのだから、商売をやっている人たちにとっては気分の問題以上に死活問題だ。

この分だと、コロナが収束するころには、多くの自営業者が廃業に追い込まれているだろうし生活さえできない状態になっているのではなかろうか。

まだ10万給付は始まったばかりだが、政府が自粛の延長要請をすれば当然、第二弾、第三弾の補償が必要になると思う。

がこの政権は国民に金を出すのを極端に出し渋る政権だから、10万円給付も一回こっきりになる恐れ十分だ。
とにかく町で商売をやっている人たちを助けてほしい。

| | コメント (12)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »