2022.06.27

岸田G7で「8兆8千億円のインフラ投資表明」外国にはバリバリ打ち出の小づち

本当に自民党政権は、外国支援が好きだ。
外国に行けば必ず大盤振る舞い。
自国の国力に合わないような分不相応な海外支援をいとも簡単に申し出る。

支援をしてもらいたいのは日本国民じゃないか。

これからますます物価高になると言われており、その物価高が今でも国民の首を絞めているのにまだ気づかないのか、国民へは目が向かないのか、いつまで経っても自国の生活状況を見つめようとはしない。

岸田首相、8兆8千億円のインフラ投資表明               
                6/27(月) 0:49配信 共同通信

>岸田文雄首相は26日、先進7カ国(G7)が連携して行う発展途上国向けのインフラ投資に関し、日本として650億ドル(約8兆8千億円)以上の拠出を目指す考えを表明した。

発展途上国へのインフラ投資も必要だろうが、日本のインフラも老朽化していて、いろんなところで問題を起こしているのにこちらは無視か。

日本はG7に入るほど思考も経済も進んでいるとは思えない。
日本だけ30年間右肩下がりで落ちぶれて来た国がいつまで先進国気取りでいるのかさっぱりわからない。

はっきり言ってこの国は貧乏国になったのだから先進国ではないし、G7への参加も止めてもらいたい。
見栄ばっかり張って。。。

何か、実感としてはせっせと納税した金が自民党の利権がらみの政策に使われ、私利私欲に使われ、そして海外の発展途上国とやらの拠出に使われ、私たち自国の国民の幸せは最後のような感覚に襲われる。

他者の為に一生懸命尽くす働きアリにでもなった心境だ。
(アリはアリなりに普通のアリで良い)
世界のATMは勘弁して。

そのくらい、自国の国民への愛がないと言うか人に投資しない。

しかし安倍は、「私たちには打ち出の小づちはない」と国民をけん制していたのに、海外へは打ち出の小づちだらけで驚嘆してきたが、自分と言うものが感じられない岸田もこう言う時はすぐさま乗る。

そこは自民党議員は自民党議員で、何事も前例踏襲と言う事か。

国民も国民で、どんなに自民党に痛めつけられても「自民党しか政権を担えない」

そして「野党は外交オンチであり経済オンチだ」
たった3年間の政権に対して即座に烙印を押す。

この30年、経済も外交も自民党政権下でドンドン疲弊して行ったのに自民党愛は微塵も揺るがず、野党への偏見だけは変わらない。

余談だが、どなたかのツイートに
>政府が「ポイント」って発言するたびに上から大きめのたらいが落ちてくるシステム開発してほしい

その間抜けな姿を想像したら思わず吹いてしまった。

| | | コメント (3)

2022.06.26

参議院選挙、東京6区で知名度のある朝日健太郎・生稲晃子のリード

朝日賢太郎の6年間の発言数。
Fv2typ0amaar1jj

6年の任期期間中、各委員会へ339回出席していて発言がたったの25回しかない朝日。
ちなみに質問主意書提出もゼロ。

私は参議院の予算委員会を何度も見たが、朝日の顔は映るものの、質問者の後ろの席に出席しているだけで傍観者然とした印象だった。。

予算委員会で顔が映るだけで、委員会などでも発言もほとんどない政治家として存在感の無い人間が、今回の参議院選挙ではリードを保っているとは。

そして何の実績もない元おニャン子クラブの生稲晃子が2位を突っ走っているそうだが、めちゃくちゃ釈然としない。

Fwdmhi3aaaera59

実績から言えば、蓮舫や山本太郎や山添拓など弁の立つ、参議院予算委員会のそうそうたるメンバーを差し置いて、右も左もわからない生稲がリードなんてありえない話だ。

都会でこんな状況なら、しがらみや組織票の強い地方は悲惨なものだ。

それでも当選したらこれから勉強しますと言う人間を、知名度があるからと当選させてしまう民意がこの国の政治の劣化に拍車をかけているのではないか。

政治に関しては何の知識もない知った顔やかつて人気者だった人間に有権者が投票することを止めない限り、自民党は調子に乗って、落ち目の芸能人やスポーツ選手を公認し続けるだろう。

そして、過去の遺産で本当に能力があるのかどうかわからない二世三世議員は当然のごとく公認される。

その結果、ますます政治が劣化し続けると言う負の連鎖が

結局自民党は、自民党好きな国民を舐めているのだ。

そういえば、かつてプロレスラーの大仁田厚を民意が選んだが、この人は普段は全く目立たず、予算の採決をするときに野党を力で排除する役割だったことを思い出した。

国民が政治に関心を持たなければこの国は終末が早まる。
政治に関心を持つことは何も難しい事ではないのに、なんでそこまで無関心なのか。

| | | コメント (9)

2022.06.25

愚策極まる「節電すると2000ポイント」ショボいし抜本対策にならず

また政府がアホなことをやり出した。。。

いつも何かあるとポイント還元とか業者に補助金とか、誰が考えるのだろう。
自民党政権は、抜本的な政策を考え出す能力がないのか、常にその場しのぎの「国民に恵んでやる」みたいなショボいバラマキしかしない。

これからのクソ暑い夏に節電すると2000ポイント進呈すると言い出す政府。

この物価高では2000ポイントはあっという間に消える
そしてその2000ポイント欲しさに、無理やり節電して熱中症になったら元も子もない。

これはいい案だと思う人がどれだけいるだろうか。

家庭に2000円分支給 大規模停電の回避で 政府                 
                  6/24(金) 20:57配信 時事通信

>政府は24日、電力不足による大規模停電を回避するため、大手電力会社が実施中の、節電するとコンビニエンスストアなどで使えるポイントが得られるキャンペーンに参加した家庭に、2000円分相当のポイントを支給する方向で調整していることを明らかにした。

しかしなんで電力不足になるのか。
日本の耐え難い暑い夏は今日や昨日始まった訳ではない。

福島原発の大事故で原発が稼働していなくても、今のように政府が「電力不足だ、大規模停電の可能性がある」などと言わずに来たのに、なぜ今年だけ大規模停電の恐れがあると脅すのか。

選挙選と何らかの関係があるような気がして仕方がない。

そもそも電力会社は海外からエネルギーを調達できていない訳ではなく、エネルギーの高騰ながらもきちんと購入して、その分消費者の価格に転嫁している。

私たちの電気代は去年の秋から何回にも分けて価格高騰で、目をむく程高くなっているのが現状だ。

エネルギーの調達が伴わないならいざ知らず、価格が高騰しているだけでなぜ「大規模停電」の話になるのだろう。

そもそも、ロシアのウクライナ侵攻があるにしても高いながらもエネルギーは調達できているのに、こんな電力事情が不安定では、安倍や維新の議員が国民を煽り続ける
「軍事力2倍」が実現しても海外から調達せざるを得ない日本は、有事の際はエネルギー調達できないと思うが。

その際に2倍になった軍事力が機能するのか。
このハイテクの時代に、人力の竹槍作戦は役に立たないだろうし。

幾ら軍事予算だけ増やしても、エネルギーも海外調達できず、自衛隊員は募集をかけても集まらずでは、宝の持ち腐れじゃないか。

それにしても、自民党の考える案は何時も旧態依然としたバラマキだけ。
国民にイノベーションを説く政府が一番考え方が古い。

| | | コメント (11)

2022.06.24

「自公、改選過半数上回る勢い」参院選、始まってすぐに世論誘導

選挙戦が始まったばかりなのに、もう「自公、改選過半数上回る勢い」
毎度おなじみの・・・・・

いつもの事ながらゲンナリする

こういう情報は本当に必要なのか?いつも思う。

自公、改選過半数上回る勢い、維新は倍増視野 朝日序盤情勢調査    6/23(木) 22:30配信 朝日新聞デジタル

>7月10日投開票の参院選について、朝日新聞社は22、23日、全国の有権者を対象に電話とインターネットによる情勢調査を行い、取材で得た情報も加え、序盤情勢を探った。現時点では、自民、公明の与党は改選過半数(63議席)に達し、非改選を含めた定数の過半数(125議席)を上回る勢い。選挙戦を左右する1人区で野党はふるわず、立憲民主が改選23議席を割り込む可能性がある一方、日本維新の会は改選6議席の倍増も視野に入る。

選挙に行く前から,、自公圧勝のような記事が出たら有権者がどう思うかまったく配慮に欠けている。

こういう記事が出たら、「自分の一票で政治が変わるわけではないし投票に行くのは止めておこうか」と思う有権者が増えると思う。
だから国政選挙でも信じられないくらいの低投票率になるのではないか。ひょっとしたらわざとやっている?

何でここまで自公を勝たせたいのか。

アベノミクスの異次元の金融緩和、円安誘導で、かつてない程の生活苦に喘いでいる国民に対して、わざと気分を萎えさせて選挙に行かないように誘導しているとしか思えない。

メディアのあり方はそういう事じゃないと思う。

与党の公約、そして過去の公約がどの程度実現したのか、各野党の公約の比較で、有権者が冷静に判断出来るようにして投票所に足を向かわせる事じゃないか。。

それがこの国のメディアは、選挙戦が始まって早々自公圧勝が決定しているかのような見出しで有権者の気持ちをゲンナリさせている。

今のメディアは、初めから色を付けている。
どうもこの国の考えることをしない国民は「勝ち馬に乗る」ことを最優先しているらしいから、選挙始まってすぐに勝ち馬に乗ってしまうのか。。。

情けないよな。。。
権力の味方をするメディアも考えを放棄した国民も。

| | | コメント (15)

2022.06.23

安倍「 金利引き上げは悪夢の時代に戻る」無能な悪魔がなにを言うか

安倍が、この期に及んでもアベノミクスが成功したかのように必死で弁護。

そしてその自己弁護の中身は「悪夢のような時代に戻る」
本当に執拗だ。

安倍元首相、金利引き上げは「悪夢のような時代に戻る」 アベノミクス見直しに反発   6/22(水) 22:17配信 スポーツ報知

>21日の討論会で、立民の泉健太代表が金融緩和策「アベノミクス」路線の見直しに言及したことについて、安倍氏は「金利を上げるべきだと言っており、驚がくした。逆に引き締めると“悪夢”のような時代に戻ってしまう」などと批判した。安倍氏は物価高で、たびたび巻き起こるアベノミクス批判については神経をとがらせている。安倍氏は首相時代から「悪夢のような民主党政権」を使い、反発を受けていた。

この男はとにかく他者へのレッテル貼りで自分を正当化させてきた人間で、総理時代もしつこく「悪夢の民主党政権」を繰り返して来た。

アベノミクス政策を9年も10年もやってきて、まったく賃金は増えず、社会保障費は増え続けていて可処分所得はどんどん下がり続けて来た。

そして今では円安物価高で庶民の生活は大打撃を受けている。
庶民の悲鳴を受けてアベノミクスの見直しに言及した野党に対して安倍は「金利を上げるべきだと言っており、驚がくした」とまた野党を小馬鹿にしたような発言をしている。

本当に性根の腐った人間だ。

進むも地獄、退くも地獄状態になってしまっているのは、アベノミクスを推進し続けた自民党政権と日銀黒田と、その取り巻きの学者のせいであると言っても過言ではないのに、見直すと言う発想は一切ないらしい。

これでもアベノミクスをよしとして日本だけ異次元の金融緩和、マイナス金利で突っ走れば、ますます円安は加速して行き、庶民はかつてない程の物価高騰で生き地獄になる恐れ十分なのに、自分の政策が少しでも批判されると激怒するってなんなのか。

今は未曽有の危機と言っても過言ではない程、物価高騰が国民生活を圧迫し、生きるのに必死の状態だ。
それなのに国民の暮らしより、自分の政策が非難されるのが我慢ならないとは。

こんな器の小さい人間をメディアは過大評価して来た。

「外交の安倍」「拉致の安倍」。。。。。
外交は夫婦で外遊に出かけばらまき放題、拉致問題は一ミリも進まず、かつてのトランプ大統領ににお願いするだけ。

北方領土問題でも安倍とプーチンの良好な関係?を毎日テレビで報道し続けて来たが、結果は3000億円もプーチンにボッタクラレ、北方領土はロシアに取られたも同然の状態になっている。

メディアがむやみやたらに持ち上げてきた結果、安倍は自分を有能な人間と勘違いしてしまっているのではないか。

だから「悪夢の民主党政権」が安倍の売りにり、それに扇動されたネトウヨが何かにつけて民主党政権時代を貶める。
今はアベノミクスが悪夢になっているよなあ。

しかし自分が言う「悪夢の民主党」は問題なくて、他人に言われる「アベノミクス見直し」にこれほど激怒したり反発する神経が分からない。

| | | コメント (12)

2022.06.22

東京五輪経費は大会の簡素化をしてもなお1兆4238億円の衝撃

巧妙に隠している。

五輪の大会経費は1兆4238万といい、大会の簡素化で経費を削減できたと言うが、そもそも五輪招致段階ではコンパクト五輪を銘打っていたはず。

召致当時の試算は7300億円だった。

それでもどこの国より大きい予算だったが、招致にかかわった人間は五輪開催が決定した時は大喜びではしゃぎにはしゃいでいた。

東京五輪大会経費は1兆4238億円 「大会の簡素化」で経費削減 組織委は6月末で解散  6/21(火) 19:11配信 日刊スポーツ

>組織委は大会経費の最終報告も行い、1兆4238億円となった。16年12月に示したバージョン1(V1)の1兆5000億円(予備費を除く)を762億円下回った。延期決定後の20年12月に示したV5では1兆6440億円だった。

コロナ禍で国民が反対しても強引に開催を漕ぎつけた東京五輪だったが、経費は1兆4238万円と言い、大会の簡素化で経費が削減できたと言うが、五輪に懐疑的な人間から見たら、召致当時の試算と比べたら倍もの金額になっているのは何故なのか。

しかもコロナ禍で嫌がおうもなく簡素化せざるを得なかったのに。

経費削減の理由を「無観客になったことにで警備員の人件費が大幅に不要になったことや、観客向けの装飾物を大幅に削減できたことが経費の圧縮につながった」と言っているが、もしコロナが世界的規模にならなければ、通常通り五輪を開いていたわけで、その時は今の削減分が経費に上乗せされていたと言う事だ。

経費は天井知らずになった可能性大だ。
だから削減できたよかったとは全然思えない。

この国は一度決定したら、絶対に予算上乗せすることはあっても減らすことをしない国だ。

召致当時の7300億円はどこへ行ったと言うほど、開催後の経費は莫大な金額に。
これでもコロナ禍だったことで少しは予算が削減できただけの話で。

しかもこの金額以上に、五輪開催にこぎつけるまでに、安倍のアンダーコントロール発言、そして国立競技場の高額建て替え問題、ロゴ盗作疑惑、五輪招致をめぐる武田会長の贈収賄容疑、森の組織委員会での女性蔑視発言、開閉会式をめぐる数々のトラブルなど調べていて、あれもあったこれもあったのオンパレードだった。

五輪の負の歴史だ。

こういうことを何一つ検証もせず、削減できたから経費も安くかかった、そして皆が苦難を乗り越えて大会を盛り立てて五輪を成功させたみたいな美談で締めくくってしまう相変わらず能天気な集団だ。

そんな表面的な事でバカ高い予算を無駄に使ったわけか。。

そしてもう、冬季五輪札幌招致への話まで出ている。
本当にいい加減にしろと言う話だ。
国民に指摘されてきた負の部分も検証しないでは、また莫大な予算を湯水のように使ってやりたい放題になる可能性大だ。

この国のトップたちは、血税を使う事に何の躊躇も覚えない経済観念の欠如した人間ばかりで本当に嫌になる。

| | | コメント (9)

2022.06.21

十倉経団連会長「消費税減税より賃上げ」利権の総本山の凄まじい抵抗

さすが経団連会長は、その場しのぎの言い逃れをあたかもすぐにできるかのようにのたまう。

「消費税減税より賃上げ」と言いながら、結局、政権の正当性を主張しながら野党を貶める発言。

さすが自民党と経団連がウインウインの仲だけのことはある。

消費税減税より賃上げ 物価高対策で十倉経団連会長      
                  6/20(月) 18:58配信 時事通信

>経団連の十倉雅和会長は20日の定例記者会見で、夏の参院選の公約で野党が物価高騰対策として消費税減税を掲げていることについて「いかがなものか」と述べた。
>その上で対策について「やはり賃金を上げていく勢いを、来年以降も継続することだと思う」と語った。賃上げの重要性を財界トップが認めた形で、来年の春闘で発言の裏付けが問われそうだ。 

「いかがなものか」もなにも消費税減税や廃止なら、政府が決断すればすぐにでもできるのに対して、賃上げなら今すぐにやるのは無理と言えば済むし、そもそもやる体力があるのか。

しかもこの賃上げは大企業だけではなく、ありとあらゆる企業がやらなければ国民全般にその効果は表れない。
企業のすべてが、そんなことはいま急にはできないだろうに。。

今、本当に国民生活は円安物価高の影響でとんでもない程困窮しているのが分かっているのに、のんきと言うか浮世離れしていることは。

さすが政府自民党の二世三世同様の、雲の上の人意識。

昨日だったか、モーニングショーでアベノミクスの話題になっていたが、アベノミクスの3本の矢は当初、「大胆な金融政策」「機動的な財政政策」「投資を喚起する成長戦略」だったそうだが、すぐに「日銀の大胆な金融政策」だけになり他の2本の矢は知らない間に消えていたと。

日銀の役目はは量的緩和策であり、後は政治の役目なのに自民党政権はそれをしなかった。

政府はやろうと思えば、「税制もいじれるし法律も作れる。行政指導、商慣習の改善、IT投資の促進、女性登用も推進できたはず」なのにやらなかったと。。。
今思えば、自民党が業界とズブズブに繋がっていたことで真の改革が出来なかった。

それで世界から何周も遅れることになったのではないか。

モーニングショーでは、ほかの国は経済成長しているのに日本だけ経済成長が遅れた原因は、セーフティネット付きの構造改革がされなかったことだと解説をしていた。

強欲であり、既得権益満載の古い体質の経団連と自民党政権が、この国の構造改革を阻んでいるともいえる。

戸倉会長の「消費税減税より賃上げ」は最たるものじゃないか。

自分達さえ儲かればの意識が、日本全体を沈没させてしまい未来まで危うくしている。

| | | コメント (7)

2022.06.20

アベノミクスに続き防衛次官人事もしゃしゃり出てくる安倍

安倍はどこまでしゃしゃり出てくるつもりか。

先日もアベノミクスに言及した副大臣に「アベノミクスを批判するのか」と電話で怒ったと記事になっていた。
安倍は日頃から「政治は結果だ」と言ってきたが、結果を検証しようにもすぐにしゃしゃり出てきて恫喝まがいのことをし出す安倍。
これでは政策について言及もできなければ総括もできなくなる。

そして又しゃしゃり出てきて防衛事務次官人事に口を挟む安倍。
何の権限でここまで口を挟むのか。

防衛次官人事で波紋 安倍・岸氏反対、政策参与起用で関与に道                   6/18(土) 22:32配信 産経新聞

>17日の閣議で承認された防衛省の島田和久事務次官が退任する人事が政府・与党内で波紋を広げている。防衛省では島田氏が国家安全保障戦略など戦略3文書の改定作業が行われる年末まで留任すると目されていたからだ。人事を主導した首相官邸サイドは「就任2年での交代は慣例」と説明するが、首相当時、島田氏を秘書官として重用した安倍晋三元首相が岸田文雄首相との直談判に乗り出す事態となった。
>「正直言って、あり得ない判断だ。功労者に対してそんなやり方では」安倍氏は周囲にこう憤る。
>防衛政策全般について意見交換する中で安倍氏は島田氏退任人事の再考を促したが、首相の答えは「ノー」だった。

今回も防衛事務次官人事に怒ったそうだが、どんな立場で怒ったのだろう。
安倍は派閥のオーナーかも知れないが、一議員だ。

防衛相の岸がものを言うならまだ話も分かるが、総理を辞めた人間が今更何を言っているのか。
安倍はとにかく自分の力を誇示したいがために、側近だった人間を岸田内閣の中枢に入れておきたいのだろうが、あまりにも露骨すぎる。

もう一議員なのにいつまで自分の力を誇示するつもりか。
歴代の総理は、総理を辞職した後はひっそりと一議員に戻るのに、安倍だけは常に表舞台に出て、鼻につく程自分の力を見せつけようとする。

相変わらず自己顕示欲の強い人間だ。

節度も無ければ理性も謙虚さもない。
いい加減大人しくしていればいいものを。。
これでは誰が総理か分からなくなる。

功労者か功労者でないか、この国のかじ取りは岸田になったのだから、岸田とその内閣に任せるべきなのに、なぜか常に自分がトップになった気分の人だ。
一議員の安倍が安易に口出しすべき事でもないと思うが、この人はいまだ存在感を示したい人間だ。
傍から見たら滑稽にしか映らないが。

自民党議員もいつまでも、必要以上に安倍に忖度するから本人が勘違いしているのと違うか。

雇われ店長的な岸田もさすがにこれだけ安倍が関与してきたら鬱陶しいだろう。
「安倍に必要以上に絡まれたら、岸田は何のために総理になったか分からない」と同情するほど安倍の口出しが過ぎる。

| | | コメント (9)

2022.06.19

岸田「物価高騰はロシアのウクライナ侵略」嘘付きまで安倍を踏襲

嘘はいかん。嘘は。

なんだかんだ言っても、岸田も自民党議員だったという事だ。
「嘘付き」まで安倍を踏襲している。。。。

「物価高騰はロシアのウクライナ侵略で引き起こされた」 岸田首相              6/18(土) 15:12配信 朝日新聞デジタル

>今回の物価高騰、世界規模の物価高騰は、ロシアによるウクライナ侵略によって引き起こされている。有事における物価高騰だ。その中で世界の国々が、例えばアフリカにおいては、食料の不足に耐えながらも、平和を守るためにしっかりと協力をしている。ヨーロッパにおいては、エネルギーのとんでもない価格高騰の中にあっても、平和を守るために多くの国民が協力をしている。

安倍も大概な嘘付きだったが、岸田までも安倍の嘘つきが乗り移ったのか、「物価高騰はロシアのウクライナ侵略のせい」と言い出した。
勿論、ロシアがウクライナ侵略をした事も物価高騰の要因の一つだが、肌で感じる物価高騰は去年の秋からだった。

家は「オール電化」と言っても、お風呂がエコキュートで、お風呂のガス代が電気代に変わっているだけだが、その電気代去年の秋から恐ろしい程上がっていて(ファンヒーターの灯油代の1缶18リットル1900円と生きてきた中で一番高かった覚えがある)と共に家計を圧迫して来た。

エネルギーは去年の秋から高騰していた。
物価高騰の芽はその時からあったと言う事だ。

だから岸田の言うように「世界規模の物価高騰は、ロシアによるウクライナ侵略によって引き起こされている」は物価高騰の一端を表してはいるが、正確ではない。

正確には、「物価高騰は世界の経済が回り出したためエネルギーの需要が増え、ロシアのウクライナ侵略で拍車がかかり、アベノミクスの失敗もあった」

岸田にしたら、インフレは自分のせいではない、アベノミクスのせいでもないと、それを強調したかったのだろう。
アベノミクスのせいと言ったら、岸田は安倍に怒られるのではないか。
この人は、雇われ店長的なところがあるし。

>日本においても、何でこんな物価高騰が起こっているのか、これに思いを巡らせていただき、平和を守るために日本もしっかり力を合わせていかなければいけない。

しかしこれもすごい。
もう「どんなに貧乏になろうと平和を守るために国民が手をつなぎ、この苦境を乗り越えて欲しい」と言っているわけで、まるで第二次世界大戦を彷彿とさせる、「欲しがりません勝つまでは」思考がプンプンしている。

じっと我慢して耐え忍んでくれ的な。。。。

| | | コメント (8)

2022.06.18

安倍、アベノミクス正当化に必死で「黒田日銀総裁は間違いない」

安倍は必死だな。
また例の如く講演会で、自分を守るためアベノミクス正当化に必死で、黒田擁護に余念がない
総理を辞めた後、本当によくしゃしゃり出てくる。

そしてアベクロラインを守る事だけに必死になっている。

そこには国民生活などへの配慮も憂慮もまったく感じられない。

自民、安倍氏「黒田日銀総裁は間違いない」               
                 6/17(金) 23:58配信 産経新聞

>自民党の安倍晋三元首相は17日、「日本銀行が行う金融緩和政策は当然続けないといけない。米国のように金融を引き締めれば景気がガンと悪くなる。日銀の黒田東彦(はるひこ)総裁がやっていることは間違いない」と強調し、大規模な金融緩和の継続を訴えた。

安倍って本当に国民生活など何も頭にないよなあ。

円安はまだ序の口だとも言われていて、140円、150円になる日も近いと言われているのに、無責任な事ばっかり放言している。

>「(秋に予定される)臨時国会を迎えた時には思い切った財政政策、金融政策をやっていくべき。金利が低い状況では、財政政策は基本的に大きな効果を上げていく

何で今やらないのか。
日本国は秋まで待っていられる状況なのか。。。。

しかし、安倍は政権の中枢にいる訳でもないのに、いつまで勝手にこの国を仕切るのか。
どんなに頼りにならなくても総理がいるのだから総理に任せておくべきなのに、まだ総理時代に未練があるのか常にしゃしゃり出てきて注文ばかり付けるうるさい人間だ。

>自衛隊の厳しい運用状況を巡り「機関銃の弾からミサイル防衛のミサイルまで圧倒的に足りない。飛行機の部品を確保するために、なんとか使える飛行機をバラバラにして、他の戦闘機の部品にしていく、いわゆる『共食い』をやっている。

しかもこの男は、国民生活がドンドン疲弊していく中でも、とにかく軍事費増大しか頭にない。

安倍の言う、防衛費増強も、日本の税収は60兆円なのに10兆円を防衛費にと言う神経が分からないし、防衛費への配分が突出しているが、残り40兆円では福祉や少子化対策を充実させることは不可能だろう。

国民生活お構いなしの軍事脳には困ったものだ。

防衛費が世界8位だか9位だかの日本が、第二次世界大戦時代のような、あれも足りないこれも足りないような状況に陥っているとはとても思えないが。。

安倍の事だから、人の危機感を煽る事しかしない人間だし、小さな事を針小棒大に、盛りに盛って話しているのと違うか?

米山隆一氏のツイートから
>敗戦が決まっているのに、徹底抗戦を掲げ続ける日銀・黒田総裁。日本は第三の敗戦と言うべき破局に向かって、突っ込んでいるように見えます。自民党政権の無茶苦茶を、止めるべき時です。

もう日本には選択肢が残っていないように見受けられる。
利上げか、アベノミクス円安を続けていくか。

どちらにしても、国民への痛みはかつてない程すさまじいとは思うが、それでも少しでも痛みの少ない方を選択するしかない。
アベノミクスのツケは国民に重くのしかかるという事だ。

| | | コメント (13)

より以前の記事一覧