2024.07.14

島根丸山知事「3位に終わっても理不尽なバッシング」聡明な人だ

識者というより、日ごろから政権党を支持し野党を揶揄してきたようなコメンティターたちの蓮舫バッシングが止まらない。

政策に関して発するならともかく、蓮舫をもじった様な悪意あるコメントには驚くし、なんでそこまで蓮舫が叩かれなければいけないのかと思っていたが、島根県の丸山知事が冷静に発言をしていて少し安堵した。

>「石丸さんに注目が集まってますけど、注目すべきは蓮舫さん」「3位になって終わっても理不尽なバッシング」島根・丸山知事の都知事選の視点     7/12(金) 16:32配信 BSS山陰放送

>島根県 丸山達也知事
「けっこう世の中では石丸さんに注目が集まっていますが、私は蓮舫さんにもっと注目すべきだと思っていて、3位になった蓮舫さんが選挙が終わっても、なおこれだけ理不尽なバッシングを受けているというのが一番特徴だと思います。」
>「なぜ女性が勢いよく物事の問題点を力強く指摘するとそういうバッシングを受けるのか、これは本当に日本社会考えないといけない。私は女性への蔑視や差別に近いと思いますよ」

蓮舫も丸山知事の言葉に「救われた」とツイートしていて、表立って愚痴をこぼさないだけで、ものすごく辛かったのだろうなと思いながら記事を書いている。

テレビでは、権力者視点のコメンティターたちの蓮舫への悪口ともいえる発言が止まらない。

デーブスペクター
>「蓮舫がテレビ司会者に転身→ヒステリーチャンネル」
>「ソビエト蓮舫」

ネトウヨ的な思考の野口健だって「カミツキガメ」と言っている。

旧そのまんま東は友達でもないのに「蓮ちゃん」と気安く呼び「やっぱり生理的に嫌いな人が多いと思います」とテレビで蓮舫の人格を貶める発言は蓮舫の存在自体が気に入らないのだろう。

地位のある男性議員には決して言えない言葉を女性議員には言いやすいのか、どれだけ侮辱したら気が済むと思っているのか言いたい放題。

こんなことを公に言われたら 立ち直れないほど傷つくのか想像力が働かないのか。
政策面ならともかく、人格否定や、名前をもじっての揶揄は冗談としても全く通じない。

恥知らずの男性が多い中、丸山知事の冷静な発言。
「蓮は泥より出でて泥に染まらず」を地で行く聡明さには感服した。

日本の場合、男性が威勢の良い言葉を言えばもてはやされるが、女性が同じことを発言したら「可愛げがない」とか「ヒステリー」とか。。。
やっぱり根っこには男尊女卑があって、女性蔑視や差別が・・
ヤフコメを見たらすぐにわかる。
それを日本の男性が少しでも自覚しない限り、「女性の輝く社会」など来るわけがない。

| | | コメント (5)

2024.07.13

立憲に強烈な揺さぶりをかける、連合そして国民民主

あの能天気な立憲の泉は、この連合そして国民民主の揺さぶりに耐えきれるのか

いかにして賢い選択をするのか。
この人も危なっかしいからなあ・・・

立民、共産共闘で板挟み 決別迫る連合・国民             
                   7/13(土) 7:19配信 時事通信

>東京都知事選で立民が支援した蓮舫前参院議員が敗北し、連合や国民民主党は共産との「決別」を改めて要求。ただ、立民内には「共産と手を切れば得をするのは自民党だ」(党幹部)といった声も根強く、泉健太代表は板挟みとなっている。

そりゃそうだ。
共産党と手を切って一番喜ぶのは自民党だ。

しかも、連合芳野も国民民主の玉木も、自民党に秋波を送り続けてきた人物じゃないか。
都知事選でも、芳野も玉木もいち早く小池支持を発表している。

前々からこの二人はことあるごとに、共産党と手を切れと口が酸っぱくなるほど言い続けてきた。

それなら都知事選でも蓮舫を支援すると言っていたら二人を信用する気になったが、何のことはない、小池百合子を支持すると言いながら、共産党と決別をしろと言うのは立憲を案じてではなく、自分たち二人の都合じゃないか。

連合が労働貴族と呼ばれようと、一応は労働者のトップなら労働者目線なのかと思っていたら、就任してから一貫して自民党や経団連の方にしか顔が向いていなかった芳野。

玉木も露骨に自民党の方を向いてきた。

特に選挙が近いとなると、この二人は必ず立憲に嘴を挟むが、何度も言うが立憲は芳野や玉木の持ち物じゃないし、そこまで立憲に干渉する必要がどこにあるのか。

しつこいほど言いつのる裏には、自民党に有利になるように立憲を誘導しているのではとの疑惑がどんどん湧いてくる。

20240712ax08s_p

そもそも連合芳野は自民党や経団連しか見ておらず、連合上げて立憲を応援する気などさらさらないのと違うか?

自主投票でお茶を濁すだけの連合の票と、弱小政党の国民民主の票を足して、共産党の票に太刀打ちできるのだろうか。

しかも共産党を敵に回せば共産党はどこの選挙区でも候補者を立ててくるだろう。
候補者を一本化できず、野党の票が割れれば割れるほど喜ぶのが組織票のある自民党や公明党じゃないか。
特に既得権益を持っている団体ほど、固いきずなで自民党に投票するのではと思う。

野党がバラバラではどんなに弱っている自民党でも勝てるわけがない。
泉では何だか心もとないし・・・・

| | | コメント (10)

2024.07.12

国民民主榛葉「Rのシール、見るたび嫌な気分に」蓮舫の仕業と決めつけ

昨日の記事にも書いたが、国民民主の立憲disりが目に余る。
今更ながら、立憲の誹謗中傷に励んでいた維新の馬場と同程度のレベルと言わざるを得ない榛葉幹事長。

昨日は玉木、今日は榛葉と、本当かどうかわからないレベルの話を平気で公の場で立憲を貶める代表と幹事長。

国民・榛葉幹事長「街中のRのシールを剥がした方がいい」蓮舫氏関与否定も「見るたび嫌な気分に」 7/11(木) 8:10配信 よろず~ニュース

>国民民主党の榛葉(しんば)賀津也幹事長(57)が10日、国会内での定例会見で、立憲民主党の泉健太代表(49)が同日、自身のX(旧ツイッター)で「立憲民主党をもっとアップデートさせねば」などと投稿したことに触れ「まずは街中に貼ったRのシールはきれいに剥がしたほうがいいね」と述べた。
>立憲民主党が全面的に支援した前参院議員の蓮舫氏(56)の支援者が貼ったとの疑惑があるシールについて、榛葉氏は「そこが最初ですよ。選挙が終わった今でも、ずっと貼ってある。蓮舫さんは関係ないと仰ったでしょ?あれ見るたびに嫌な気分になるよ、みんな」と、不快感を示した。

2024071111550357yorozuns0001view

嫌な気分になるのは本人の勝手だが、なぜそのRシールを蓮舫陣営が貼ったと決めつけるのだろう。

容疑者を犯人だと決めつけているのと一緒。
蓮舫の場合、容疑者にもならず「R」のステッカーだけで公党の幹事長から犯人扱いされている。
どんな国なんだ?

「Rステッカー」 は蓮舫に対して悪意のある人物が公共物に貼りまくることだってできる。

正論を言う蓮舫は「二番では駄目なんですか?」と言うイメージを多くの国民から未だに引きずられているが、蓮舫の負のイメージは想像以上だったと思い知った都知事選だった。

それでも今回の「Rステッカー」は証拠も何も、自分たちが勝手に蓮舫がやったと思いたいだけの話で、寄ってたかって蓮舫をイジメているようにしか見えない。

「男性社会」において男性にすり寄る女性は許せても、社会を少しでも変えようと孤軍奮闘している女性は目障りで仕方がないのか。

メディアも悪意ある記事しか書かない。

そうして、どんどんRシールが蓮舫陣営が貼ったというような妄想の既成事実を積み上げていくという日本的な「村社会」のイジメ。

ばかばかしい事に、立憲の議員が、誰が貼ったか分からないRシールをわざわざ剝がしに行ったという「やらかし」
蓮舫は終始一貫して知らないと言っているのに、その行為がいかにも蓮舫側がやったように映る事に気づかないアホ行為。

立憲は難癖・クレーマーにいちいち反応する必要はない。
真の権力者には何も言えず、弱っている人間に対してここぞとばかりに難癖をつけ犯人にしてしまえる人たちは一杯いる。

匿名性の高いネット社会ではなおさらだ。
公党に対してわざわざ会見を開いてまで誹謗中傷する国民民主の幹事長がそれを証明している。

| | | コメント (9)

2024.07.11

連合芳野「共産が前面に出すぎ票逃げた」さすが勝共連合!イヨッ!(笑)

どうでもいいけど、今日は蓮舫へのイジメの件について記事にするつもりだったが、明日の記事に差し替えた。

芳野も言うよねえ・・・

玉木もたいがいな代表だと思って来たが、芳野もまた出しゃばって立憲ディスリ
弱っている蓮舫にまた追い打ちをけて腐す連合芳野。

一応は立憲の支持母体であるはずの連合の会長が確証も無いのに、ネトウヨと同じくでデマ飛ばしまがいの発言をよく言えたものだ。

「共産が前面に出すぎ票逃げた」連合・芳野会長 蓮舫氏の敗因   7/11(木) 14:07配信 テレビ朝日系(ANN)

>労働組合の中央組織「連合」の芳野会長は、支援する立憲民主党の泉代表と会談し、東京都知事選での蓮舫氏の敗因について「共産党が前面に出過ぎて票が逃げたのではないか」と指摘しました。
>芳野氏は、「一番戦いやすい形は立憲、国民民主、連合が1つの固まりになることだ」と話し、次の衆議院選挙では連合が支援する立憲と国民民主党で選挙区調整を進め、共産党との関係を見直すよう求めました。

この人、何が何でも共産党を沈めて、立憲民主と国民民主をくっつけようとしているが、国民民主が立憲に対してどれだけ悪口を言って来たと思っているのか。

代表である玉木の場合、批判ではなく誹謗中傷の類で、立憲を自分の持ち物と思っているかのように常に立憲に口出しをしてきた。

発言者の芳野と同じことをしてきた人物だ。
しかも選挙の前になると、必ず野党共闘を邪魔をするかのような発言をする芳野、玉木
自民党から何かギフトでも貰っているのじゃないの?(笑)と思うほど、野党分断に精を出してきた。

東京都知事選で言うと、「芳野連合会長」も玉木も小池百合子を支援していたじゃないか。

それも連合は、早々と小池支持に回った。

蓮舫を応援してきて、蓮舫が選挙に負けたというなら少しは話も分かるが、自分たちは小池を応援し、蓮舫が負けるように仕向けておいて「共産党が前面に出過ぎて」と言い出すのはお門違いだ。

言ってみれば蓮舫を後ろから撃っていたのが芳野・玉木
蓮舫が負けた一番の戦犯は芳野じゃないのか(笑)

しかも、共産党がいなかったら裏金問題だって陽の目を見ることがなかったのに、自民党ではなく共産党を悪の巣窟みたいなイメージ作りに励むのか理解できない。

イメージとは怖いものだ
確証や証拠もないのに政治家や芳野会長など長年の負のイメージ作りで、未だに共産党を危険視している人が多い。

本来の連合なら国民の税金を私物化して、金の力で政権交代ができなくしてきた自民党を糾弾してもおかしくないのに、裏金を暴いたり、国民の為の政治をしている共産党(赤旗)を悪者扱いするのはいかがなものか

それにしても「反共」が芳野の生きがいなのか知らないが、今までの共産党の国会での質疑と、自民党の質問にまともに答えず国民を小馬鹿にした答弁を比べてみろと言いたい。

どちらがこの国を壊してきたかすぐにわかる。
連合芳野会長もその一味だろうけど(笑)

| | | コメント (8)

2024.07.10

国民民主玉木「立民に共産との連携中止提案」立憲はお前の持ち物か?

なんで玉木はいつもいつも、立憲民主党に共産党と縁を切れと公の場で、立憲にも共産党にもマイナスにしかならない小姑根性丸出しの発言をするのか。

他党の事は他党に任せておけばいいのに、立憲を自分の持ち物と勘違いしているかのように嘴を挟んでくる、連合の芳野会長と、国民民主の玉木。

芳野もいかにも自分が立憲のオーナーのようなデカい態度。

立民に共産との連携中止提案へ 都知事選結果受け、国民玉木代表             7/9(火) 13:29配信 共同通信

>国民民主党の玉木雄一郎代表は9日の記者会見で、7日投開票の東京都知事選で立憲民主党が支援する蓮舫氏が3位に甘んじた敗因を、共産党との連携にあったと指摘した。「野党第1党が共産との関係を重視する路線は終焉を迎えた」と言及。近く立民の泉健太代表と面会し、関係見直しを求めると明言した。
>玉木氏は、立民の姿勢に関し「次期衆院選での政権交代の機運にも水を差した」とも述べた。

そこまで玉木が立憲と共産党の連携中止をわざわざ言いに来るのなら、立憲も「提案型野党と言いながら政権にすり寄るのは止めた方がいい」と連立政権入りを目指す国民民主に皮肉の一つも言ってやればよかったのに。

それにしても他党にいちいち自分の考えを押し付けるのどうなのか
大きなお世話としか言いようがない。

しかし玉木もよくここまで言うよなあ・・・「次期衆院選での政権交代の機運にも水を差した」

玉木は「野党共闘」をしなければいけない場面でも共産党を「村八分」にし、政権交代の機運に水を差すことしかしてこなかった。
結局玉木が、政権交代の機運を盛り上げた所など見たことない。

いつも自民党が喜びそうなことしかしてこなかった。

しかも都知事選では、蓮舫を腐しながら、自民党や公明党と一緒に小池を支援してきたじゃないか。
という事は、蓮舫の負け戦に加担していたってことだ。

玉木にとっては自公にすり寄り権力の旨味にありつきたいだけで、政権交代など考えていないとしか思えない落ち目の自民党にすり寄るすり寄る。

都合の良いときだけ「政権交代の機運に水を差した」
はあ?だ。
どこまでも自分勝手で調子のよい代表だわ。

| | | コメント (8)

2024.07.09

笹川尭元総務会長「子どもの少ない人は反省を」呆れてものが言えない

ここまで時代錯誤の人間はどこのどいつなんだとみてみたら、やっぱりだった。

もう、自民党は化石化しているも同然の政党じゃないか。
しかし、ここまで酷い発言は今の時代なかなか出てこないし、探すのも並大抵のことじゃないと思うが、自民党を探せばいくらでも出てくるのではないか?

「子どもの少ない人は反省を」 笹川尭元総務会長が自民会合で発言          7/7(日) 17:25配信 朝日新聞デジタル

>お金を出したら人口が増えると思ったら大間違いだ。そんなことはありえない。やっぱり男がしっかりしないといかん。あなたの子どもならぜひ産みたい。作りたい。(女性が)そういう気持ちになるような旦那が増えなきゃだめだ。みんな胸に手を当てて反省してください。子どもの少ない人は。
>やっぱり男がしっかりすれば、必ず女性は子どもをこしらえてくれる。頼まなくても、わが愛する主人のために子どもを産もうとなる。お金の問題ではない。

>あなたの子どもならぜひ産みたい。作りたい。

これは吐き気がするほど気持ちが悪い。
何十年前の演歌の世界か?

こんな昭和の初めのような意識の男の発言だが、自民党の事だから大拍手が起きたのではないか?
時代に遅れた人たちの集団だから、世間で顰蹙を買っても、自民党の会合なら和やかな笑いに包まれたとか?
やっぱり自民党議員の発想は本当に古い。

何度も記事に書いてきたが、この人たちの感覚は時代が止まっているのだ。

「男が働いて女性を養っている」みたいな意識の上の発言にしか見えないが、今は、男も女も働かないと生きていけない時代だ。
女性の方も、家庭の中に入りっぱなしでは息が詰まるし、女性の社会進出は当たり前の時代に、こんな水を差すような発言を何の考えも無しに披露する自民党元政調会長。

子供が少ない人は反省してください?
はあ?

30年もの間実質賃金が下がりっぱなしにして来たのは自民党じゃないか。
人一人が生きるのもやっとの国で、先のことを考えたら結婚にたどり着けない人はいくらでもいると思う。
そういう社会にしておきながら、子供が少ない人は反省など言う神経が分からない。
どの口が言う?と口を捻っててやりたいくらい腹が立つ。

しかし現実を知らないで、男尊女卑の昭和のまま時が止まっているのが自民党議員で、こんなのが政権与党でいる限り、少子化は止まらないし、国はますます衰退していく。

自民党好きの有権者も、本当に自民党が政権を担えるのか、今の時代に適応できているのかよく考えてほしい。

今のままでは、この国は世界から取り残されていく。

| | | コメント (5)

2024.07.08

石丸2位はかつての維新フィーバー再燃、ネット戦術が巧かった石丸

昨日は悪夢を見ているようだった。
昨日からテレビもヤフーニュースも見ず意気消沈していたが、皆様の心強い声のツイートが力をくれた。
そうしたら長年の習性で都知事選を書かずにはいられず、しゃにむに記事にしてみた。

昨日の票開票、締め切りが終わったとたん、「小池当確」。
「当確」もいらないし、出口調査も必要ない。
票開票が始まったばかりで「小池当確」が出たら、ドッチラケで鼻白むばかり。

しかも、最悪でも蓮舫が2位になると思っていたら、なんとあの独裁気質のかつて安芸高田の市長であった石丸が無党派層の期待を集め2位に躍進したと・・・

その安芸高田では市長選があり、市議会との対立を繰り返し、その原因は自分以外の他者のせいにしてきた石丸の政治手法を批判する新人が当選したというから、どうなっているの?状態だ。

どうも「石丸市長」は安芸高田市では市議からも市民からも総スカンを食らっていたようで、二期目が無いのを自覚して都知事選に出馬したような話も散見されている。

それにしても、政治戦略が実にうまいと思ってきた小池百合子以上に巧なのが石丸で、先の選挙時の「維新フィーバー」と全く同じ構図を実践している。
やっぱりネットでの配信、例えばユーチューブとかネットニュース、SNS等々は若い層がよく見ることもあり、相当に影響されたと私は思っている。

石丸の戦術が功を奏した。

既存のメディアをこき下ろし、いかにも改革をするかのような威勢の良い発言をすれば、中身が無くても若い層は見事に熱狂するという、柳の下にはドジョウが何匹もいるという話だ。

維新はその正体がバレつつあるが、石丸はいつになったら正体がバレるのか。

ツイッターで「小池百合子の得票率は4年前の59.7%から今回42.8%」と呟いておられた方がいたが、組織票があっても相当に票を減らした小池。

その分と、若い世代の無党派層の分が石丸に流れたという事か。
小池は1位になったかもしれないが、小池都政が多くの人に信任されたという事ではないと思う。

そして3位になった蓮舫に対して大手メディアは「共産との連携、裏目か」と否定的な意見が多いが、石丸陣営の巧妙なネット戦で負けただけの話で、何でもかんでも共産党のせいにするのはいかがなものか。

もう、ネットを制しないと選挙にも勝てない時代が来たという事だ。
それでも「一人街宣」は有効だと思う。

立憲はこれからの選挙は、ネットを巧みに操る人間を参謀にして戦略を立てなおすべきだ。
従来型の手法では勝てる選挙も勝てない。

| | | コメント (10)

2024.07.07

「山形県で1日1回笑う条例可決」大きなお世話、暇人ばっかり?

山形県って、こんな個人の自由まで束縛するような条例を可決したのか・・
暇人ばっかりだな。

山形県で1日1回笑うことが努力義務に。「笑うに笑えない」条例と反発も       7/5(金) 16:00配信 ハフポスト日本版

>山形県議会本会議で7月5日、「山形県笑いで健康づくり推進条例」が採択された。
>具体的には、毎月8日を「県民笑いで健康づくり推進の日」とするほか、県民の役割として「1日1回は笑う等、笑いによる心身の健康づくりに取り組むよう努めるものとする」と定めている。

そりゃあ、笑いが心身に良い影響を及ぼすことくらい知っている。

が、それを強要されるのは如何なものか。
強要じゃない努力義務だと言われてしまうかもしれないが、努力義務なら、わざわざ条例にする必要も無かろうに。。。

内心の自由までいちいち監視するような条例はいかがなものか。

しかも、中には笑いたくても笑えない状態の人もいるだろうし、なんでここまで政治が介入するのか訳わからん。

個人がそういうサークルを立ち上げて「みなで笑いましょう、ワハハハハハ」と言うのは賛同者ばかりだから見ていて面白いが、それを県が条例にするのは行き過ぎていると思うし、大きなお世話だ。

>一日一回は笑う

なんかの宗教か?(笑)
政治が笑いまで左右するとは思ってもいなかった。
それこそもっとやることあるだろうに。
県会議員だから歳費もそれなりに貰っているだろうに、なに?この暇人的な条例を一生懸命考え、まじめ腐って採決をする。
想像するだけで嫌な感じだし、「笑うに笑えない」話だ。

| | | コメント (9)

2024.07.06

石丸伸二がもてはやされているが、この人の内面は怖い

この時は「安芸高田市」の話だが、もしこの人が東京都知事になったら、怖い。

色んな動画が出回っているが、石丸を表す動画としてはよくできているのではないか。
 
市民を対象にしているが、この動画は都民に置き換えることができる。
失敗を許さない、しかもパワハラ気質なのか、すべて相手が悪いという石丸。
しかも断定してしまって平気でいるところに独裁気質もある。

石丸は、結果責任で市民が悪いというが、石丸を支持しなかった有権者のことは何と言うのだろう。
これも連帯責任になってしまうのか

議会で意見を交わして取りまとめて行くのが首長の仕事の一つでもあるのに、自分の努力不足を棚に上げて、自分を選んだ市民のせいにしているのは自分に甘い人間が考えがちなことだ。

仮にこの石丸が都知事になったとしよう。
何があっても謝らない、議会の言うことを聞かない、そして最後は東京都民のせいだと言ってしまいそう。

こんな新自由主義者をもてはやすネットもどうかと思うが、先の国政選挙も維新を過大に評価している層が多かった。

当時は維新が全国区で活躍しそうな勢いだったが、あっという間に維新の凋落が・・・・
代表の馬場の発言は、矛盾だらけで整合性が無く、他党を貶めて自党を優位にする手法は底が見え、今では反発ばかりされている。

石丸の事をネットで「一人維新」と言っている人を見たが、威勢の良い言葉を吐き、それで人気を得ているようなところがあるのが石丸の特徴だ。

しかもこの人ほど「新自由主義者」はいないと思うほど、他者に対してリスペクトがない。

ちなみに石丸は、自民党、そして小池百合子の主張と一緒で、表の顔と乖離している。
Gq0qyuibmaaqsfc_20240706121001

おまけ、自分だっていつかは年を取るのにね。

個人としてはどうぞご自由にと言うしかないが、権力を持つ方、もしくは持つかもしれない人物のこの発言は恐ろしい。

| | | コメント (10)

2024.07.05

米兵の暴行事件「外務省がアメリカ大使に抗議」遅い!

世間が騒ぐから、一応は「抗議しとこうか」みたいな話に見えて仕方がない。

しかも、今頃?

【速報】外務省がアメリカ・エマニュエル駐日大使に抗議 沖縄で相次ぐ米兵の暴行事件に 駐日大使「遺憾に思う」 7/5(金) 14:33配信 TBS NEWS DIG Powered by JNN

>沖縄でアメリカ軍兵士による性的暴行事件が相次いで発覚したことを受け、外務省はアメリカのエマニュエル駐日大使を呼び、岡野次官がエマニュエル大使に抗議するとともに再発防止を申し入れました。
>面会後、エマニュエル氏は報道陣に、「今後、地元のコミュニティに透明性をもって対応していく」と話したうえで、一連の事件について「遺憾に思う」と述べました。

暴行米兵の引き渡し要請せず 外務省、捜査に協力的理由と説明                   7/2(火) 17:21配信 共同通信

>社民党の福島瑞穂党首は2日、在沖縄米兵による2件の性的暴行事件に関する抗議文を外務省に提出した。外務省は昨年12月の少女誘拐暴行事件に関し、米側が捜査に協力的だったため、起訴前に身柄の引き渡しを求めなかったと説明した。福島氏が記者団に明らかにした。
>福島氏は、岡野正敬外務事務次官が3月にエマニュエル駐日米大使に再発防止の徹底を申し入れた重大事案にもかかわらず「県民も国民も知らなかったのは本当に問題だ」と指摘した。

駐日大使を呼びつけて抗議しても、米国は何とも思っていない。
なにが「遺憾に思う」だ。
3月にも駐日大使に対して、外務事務次官が再発防止の徹底を申し込んでいるのに、何一つ改善されていないから、その後も少女暴行事件が起きているじゃないか。

7月2日の記事にあるように、外務事務次官が駐日大使に対して再発防止を申し入れたのに、その後も事件は起きている。

これじゃあ、総理である岸田が言っても聞かないだろう。

酷いのは、少女暴行事件の当事国である日本政府が隠蔽していて、沖縄県知事も知らず、当然県民も知らなかった。

もし、一番目の事件が起きた時に、即、県知事に通報していたら、県民も気を付けてるだろうし第二第三の事件が起きなかった可能性大だ。

しかし、日本人の男性の心の狭さと言うか、ネトウヨ的な思考の人が、いつも女性が被害に遭うと、そういう服装をしていたからとか、夜にほっつき歩くからとか、被害者側が悪いようなことを平気で言いつのる「やから」が多すぎる。

いじめ問題にも言えることだが、なぜか被害者側を責め立てて、イジメられる方が悪いみたいな話にもっていく、悪意を感じる。

そして少女暴行事件は、今の県知事が猛抗議しているから、今度が事務次官ではなく「外務省」が抗議をした形になっているが、相手は日本のいう事など屁とも思っていないだろう。

本当に悪かったと思うなら、なぜ何度も何度も少女暴行事件が起きるのか。

しかも引き渡しさえ求めない。
今まで、何度求めても米国が聞く耳持たなかったことで、最近は引き渡しも求めないだろうという事は分るが、だとしたら不平等な「地位協定」を日本側がどんどん発信していくべきだろうに。

日米地位協定は米国が天なら日本は地の不平等そのもので、それを日本側に配慮することが、真の日米安保に繋がり、信頼関係を構築できるのではと思う。

| | | コメント (5)

より以前の記事一覧