2018年8月16日

安倍総理が夏休み 約1週間ゴルフや会食、こういう時は股関節炎は出ず

股関節炎は、どうなったのか。
安倍首相、一週間の夏休み中はゴルフに会食と忙しそう。
やっぱり夏休みには間に合った。

安倍総理が夏休み 約1週間ゴルフや会食など…
                          8/16(木) 5:56配信

>安倍総理大臣は15日、山梨県の別荘に到着して夏休みに入
りました。
>安倍総理は15日、全国戦没者追悼式への出席など公務を行
った後、静養先の山梨県鳴沢村に到着しました。その後、小泉
元総理や森元総理、麻生副総理、自民党の岸田政調会長らと
会食しました。この夏の安倍総理のまとまった休みは初めてで
す。夏休みは約1週間で、友人らとゴルフや会食などを行う予定
です。

小泉元総理も、なんだかんだ言って安倍シンパじゃないのか。
福田元総理などは安倍首相との会食をしたとの話を聞かない
が、小泉元総理は、結構、色んな場面に顔を出す。

岸田も情けない。
なんで、金魚の糞のようにくっついて歩いているんだろう。
この人も、完全に安倍の意のままに動いている感が!
これじゃあ、次の総裁の目など一切ないわな。。。
禅譲を期待しているとしたら、さもしすぎる。

安倍首相、まとまった休みは初めてだそうだが、その前からしょ
っちゅう公務を休んでいるし、土日は休みだし。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

西日本豪雨で広島に視察に行った際、遠出をしたわけでもない
のに、なぜか股関節炎にかかり治療を受けている。
医師の診断によると、首相の日常の行動には支障がなく、特段
の治療は不要だとのことだったが、安倍首相は次の視察を取り
やめている。

右足の股関節炎の筈が、左足を引きずる図
7511
右足を引きずる練習をもっとしておくべきだった。

ゴルフが大好きな首相。
激痛が伴うと言われている股関節炎は、夏休みには発症しな
いという事みたい。
翁長氏の告別式も、地元でノンキにかき氷食べていたし、遊び
に関しては貪欲と言う事か。

この人の場合、夏休みに今まで忙しくて読めなかった本を読む
とか、自分を高めるために知的な部分を磨くとか、そんな思い
は一切なく、好きな人とゴルフに興じるとか元総理達との会食
とかしか頭にないらしい。
夏休みとは、ただただ遊び呆ける事だと思っているようだ。

石破と違って、常識も通じず日本語が不自由な人は、その場の
享楽しか頭にないと言う事か。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018年8月14日

船田元の根性で乗り切るサマータイム論

船田元が、参院定数を6増する自民党提出の改正公職選挙法
の採決を棄権したときは、少しは見直したが、やっぱりこの人も
自民党議員らしく、サマータイムを根性論で乗り切ろうとする発
想。
自民党議員にはこの手の根性論が多そうな気がする。

サマータイム制度の導入について

>コンピュータなどの時間設定の変更は、律儀で真面目な国民
ならば十分乗り切れるはず
>睡眠不足などによる健康障害問題は、むしろ個人の心構え
により、多くは解消されるはず
>サマータイム制度が少しでも温暖化防止につながるのであ
れば、我々は躊躇することなく、この新制度に挑戦すべきでは
ないのだろうか。

律儀で真面目な国民性とか心構えとか、精神論で乗り切ろうと
する船田元。
いつの時代の考えなのか。

しかもなんで、オリンピックの為に選手でも観客でもない一般人
が、サマータイム導入に巻き込まれなければいけないのか。
酷暑対策と言うなら、選手が活躍しやすい気候のよい時期、例
えば春か秋に実施すればいいし、どうしてもこの酷暑にやりた
ければ、時間を早くして選手に負担がかからないようにすれば
いいだけの話なのに、オリンピックに直接関係ない地方にまで
波及させなければいけないのか。
日本国民すべてを右向け右へと向かわせる必要がどこにある
のだろう。

サマータイム導入は、このデメリットを知らない街の声の多くは
賛成と言われているが、中身を知ったらほとんどの人が反対と
考えるだろう。
それくらい、この制度はデメリットの方が大きい。
街の声は、明るいうちに仕事が終わればいろんなことがやれる
から賛成という声に溢れていたが、現実問題、2時間もの時間
差を埋めようとしたら、相当体に堪えるだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

12時に寝ていた人は10時に寝て、朝6時に起きていた人は4
時に起きる生活を強いられるが、それに耐えられるのか。
夜型でいた人間が急に朝方を強いられる生活。
絶対に睡眠不足になると思う。

今日は珍しくモーニングショーで、サマータイムの健康面でも功
罪をテーマにしていたが、普通なら賛否両論なのに、すべての
人が反対と言っていた。

船田元が言うように、根性で乗り切るには、健康面でのリスク
が高すぎる。
このサマータイム制度は、一般的に弱者と言われる人の方に
より負担がかかるようになっていて、人の寿命まで縮めかねな
い制度は、大反対だ。

たかが2週間強のオリンピックの為に、私たちは寿命を縮めて
まで制度に挑戦しなければいけないのか。
私は、そんな命を懸けての挑戦などしたくない。
律儀で真面目な国民性や、個人の心構えを発揮する意味がど
こにあるのだろう。

東京や国の行事のために個人の生き方が枠に嵌めれる。
こんな事を全国的に強いられるなら、オリンピックが憎くなる。

そこまでしてオリンピックを開催しなければいけないのだろうか。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2018年8月13日

「現職がいるのに総裁選に出るのは、現職に辞めろと迫るのと同じだ」狂気!ねじ曲がった思考

この人の狂気は何処までも続く。
それどころか、ますます磨きがかかって来た。
もう、安倍の狂気しか見えない。

産経の阿比留の記事だから安倍ヨイショに拍車がかかってい
るが、安倍首相は現職が「現職がいるのに総裁選に出るのは、
現職に辞めろと迫るのと同じだ」
と妙な説を開陳している。
ついていけない。

覚悟問い圧勝目指す「現職に辞めろと迫るのと同じだ」 安倍
首相、党員票にも自信
             8/11(土) 21:38配信

>6年前は谷垣禎一総裁(当時)の出馬断念があったが、今回
はよーいドンで新しく総裁を選ぶのとは違う。現職がいるのに総
裁選に出るというのは、現職に辞めろと迫るのと同じだ

何を言っているのか分からない。
現職がいたらなぜ他の議員が立候補できないのか。

現職がいようと、いまいと、誰もが立候補して良いのと違うのか。
民主主義とはそういう事だと思っていたが、どうも安倍的には
違う発想らしい。
さすが独裁を築いてきた安倍首相らしい考えだ。

大体が、禅譲なんてことがまかり通る国だから、こういった戦う
のは良くないというような心境になるのだろうが、これでは党と
しての発展もないし、自由闊達とした雰囲気も無くなる。
物が言えぬ党。
安倍首相と違った意見だと逆鱗に触れる。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

安倍首相の気に入るような事を言えば、役職にもつけるし優遇
される。
だからこぞって、皆が勝ち馬に乗る気満々なんだろう。
前は、稲田朋美が秘蔵っ子、今は杉田水脈が秘蔵っ子...

安倍首相の言葉の端々に、俺の目の黒いうちは絶対に異論は
許さないみたいなところが見え隠れしていて、もう自民党はかつ
ての自民党ではない事がよくわかる。
ものすごい不自由な党だ。
まさに独裁政治だ。
もはや、安倍首相は三選どころか四選・5選も狙っているので
はないかと思えるような狂気だ。
それほどこの首相はおごり高ぶっている。
今の自分には敵などないと思っているのだろう。

それも優秀な自分に皆が同調して従ってくれるとでも思ってい
るかのように自信に満ち満ちている。

安倍首相も、自民党も、絶句するくらい狂気の集団と化した。

そんな後ろ向きな党のどこが美しいのか、どこに明日があるの
か。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2018年8月12日

石破の「公正」をパクって総裁選の争点を失くす狙いか?狡猾に動く安倍首相

安倍首相、この人らしいと言えばらしい。
いつも、相手方の核心を、いかにも自分が考え付いたようにパ
クる姿勢はどうにかならないのか。
またしても、石破が総裁選の争点とした、「正直、公正」を盗み、
総裁選の争点を失くそうと躍起になっている。

国会運営は「公正、公平」=安倍首相、石破氏意識か
                          8/11(土) 17:35配信

>安倍晋三首相は11日に山口市で開かれた自民党山口県連
主催会合の講演で、共に出席した河村建夫衆院予算委員長
に触れ、「委員長として、まさに公正な公平な判断をいただい
ている」と述べた。
>また、雇用環境の改善を説明する中で、立憲民主党が掲げ
るスローガン「まっとうな政治」に触れ、「まっとうな政治とは、し
っかりと仕事をつくって結果を出していくことではないか」と指
摘した。 

自民党の総裁選、かつては政策で対立点を作っていたのに今
では、総裁として人間として、道徳や人間性を争点とする。
前代未聞の総裁選になってしまったが、それもこれも安倍首相
の5年半の集大成が政策より、、基本中の基本の、人間として
どうあるべきなのかを、石破は問題にした。

確かに、石破が言うように安倍の人間としてあるまじき行為は、
どんな場面でも発揮された。
首相としての前に、人間としてよくもこれだけ劣化できるものだ
と思うほど、あらゆる場面で醜い姿をさらけ出していた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

それを突いたのが石破で、総裁選の争点は政治の信頼回復。
>政治が誠実、謙虚、正直に勇気を持って真実を語り、国民に
納得と共感を寄せていただかなければ設計図を書き換えるこ
とができない

多くの国民の声を代弁してくれた格好だが、安倍はそれを逆手
にとって、郷土の議員である河村をヨイショするように、「委員長
として、まさに公正な公平な判断をいただいている」
と言ってい
るが、この河村も相当な曲者だ。

野党議員が与党の不誠実な答弁に対して、速記や時間を止め
るように何度要請しても知らぬ顔をして、聞く耳持たなかった。
そうして野党の質問時間をどんどん削って行く委員長のどこが
公正で公平な判断なのか。
明らかに与党側の肩を持っていた。

と言うわけで、また論功行賞じゃないが、お友達にはものすごく
気を遣う安倍首相。
三選になれば河村も、また出世するのだろう。

安倍首相
>まっとうな政治とは、しっかりと仕事をつくって結果を出してい
くことではないか

お前にだけは言われたくない。
どの口が言う?の類だ。
この人、日本語の意味を知っているのだろうか。

日本語の意味を散々汚していき、先人たちがコツコツ築いてき
た、日本語の定義まで間違った方向性へと導く。
どうしてこんな人としてクズの人間が総裁になり、自分達で勝手
にルール変更した「三選」に向かって邁進できるのか。
しかも、三選濃厚だと来ている。
どうなってしまったのか、美しい日本は。
こんな人たちが道徳を語る資格があるのだろうか・・・・・

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2018年8月11日

「公正、正直、誠実」が問われる総裁選、ここまでレベルを下げた安倍首相

生徒会レベルの戦いだが、それほど自民党は人間として最低
限のレベルにまで達したという事だ。
石橋曰く、自民党の総裁に必要な資質は、公正・正直・誠実だ
と。

石破氏「正直、公正」総裁選出馬表明、安倍首相と一騎打ち
                           8/11(土) 6:15配信

>自民党の石破茂元幹事長(61)は10日国会内で記者会見
し、9月の党総裁選への立候補を表明した。
安倍晋三首相(63)との一騎打ちとなる公算が大きいが、キャ
ッチフレーズに「正直、公正、石破茂」と打ち出し、森友・加計
問題などで政治不信を招いた安倍首相とは政治姿勢を対立
軸に据え、論戦を挑む。
>石破氏が冒頭、まず口にしたのは政治の信頼回復だった。
「政治が誠実、謙虚、正直に勇気を持って真実を語り、国民に
納得と共感を寄せていただかなければ設計図を書き換えるこ
とができない」と強調

石破氏の発言を聞くだけでほっとする。
石破氏は、人間として社会人として、ごくごく当たり前の事を言
っているだけなのに、ものすごく素晴らしいことを提唱している
ような気になって来る。
安倍意外だったら誰でもいいみたいな心境になってくるから不
思議だ

蓮池透
>石破氏が正常に見えてくる、という異常。

言い得て妙な表現で、それほど安倍が総裁・首相になってか
らは、日本の社会全体にまで悪い影響を及ぼしている。
企業のトップ達は我欲に満ちていて、データ改ざんなどお手の
物になってしまった。
社会全体に、今さえ、自分さえ良ければが充満している。
とにかく、この5年半は異次元の異常な世界だった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

安倍が首相になってから、口では誠実とか謙虚にとか、寄り
添うとか散々きれいごとを述べてきたが、やっている事はそれ
とは正反対、対極の事ばかりで、よくそんな思ってもいないこ
とを言えるものだと開いた口がふさがらなかった。

国会での論戦は全く噛み合わず、野党の質問にまともに答え
ず、はぐらかし、聞いてもいない持論はとうとうと述べるし、挙
句、首相席でヤジばかり飛ばしていた。
かつては、首相がヤジを飛ばすなどと言う事はあり得ない事だ
ったのに、今ではそれが当たり前の世界になっている。
誰も、おかしいとは思わなくなっているようだ。
やりたい放題にみなが慣れ、ドップリ浸かってしまった。
異常な事態な筈が日常化してしまって、もう誰もが正常な判断
さえできなくなっているのか。
朱に交われば赤くなるで、全体が真赤っか・・・・・

すでに自民党議員が、まともな判断ができなくなっている。
寄らば大樹の陰で、安倍以外を応援すると人事で干される
恐怖を覚えているのか、雪崩を打ったように安倍支持に回る。

今度の総裁選は、外交は?安保?経済?ではなく、人間とし
ての初歩の初歩がまともかどうかの戦いになりそう。

レベルが低いと言えば低いが、安倍首相の言動が招いた事だ
し、人間力が低い人間に外交も安保も経済も任せられない。
嘘で塗り固めた人間が、国を救えるとも思えないし。

総裁選に当たり、安倍と石破とで公開討論をしてはどうか。
石破が、安倍の5年半を総括・検証して、質せば面白い。
果たして石破と安倍の討論は噛み合うのだろうか(笑)

もし本当に噛み合ったら、野党の質問能力が低いと言えるが
噛み合わなかったら、誰が対峙しても無駄だと言う事だ。


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2018年8月10日

「 4~6月期のGDP、年1.9%増」三選キャンペーンか?安倍さまのNHKが速報で流す

「4~6月期のGDP、年1.9%増=2四半期ぶりプラス」とNHKが
速報で流したそう。

4~6月期のGDP、年1.9%増=2四半期ぶりプラス―先行き
に不透明感
             時事通信 8/10(金) 8:59配信

>内閣府が10日発表した2018年4~6月期の国内総生産(GD
P、季節調整済み)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で
前期比0.5%増、この成長ペースが1年続くと仮定した年率換
算で1.9%増となった。2四半期ぶりのプラス成長。


もう、内閣府の発表と言う所からして怪しい。
この手の調査は、全く信じられなくなった。
内閣府は、過去沢山、我田引水的な調査発表をしているし。
とにかく、名目とか実質とか◯◯換算とか、言い換えが目立つ。
これで、本当のところが分からなくなって、いい仕事していると
思わせるのだろう。

まず安倍政権の発表はマユツバで考えないと。
とにかく政権に都合のよいように恣意的な誘導をするし、国会
でもデータ改ざんや、文書改ざん、破棄、虚偽答弁と、次から次
へと信じられないような事が発覚している。
国会の威信も何も、バレた後も、シレ~として嘘の上塗りをし誰
1人、犯罪に問われることなく過ぎて来た。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大体がGDPの計算方法まで変えても2%にも達していない。
それに速報値では派手なアドバルーンを上げるが、最後は下方
修正に終わる、こんな事ばかりやって来た。
誰が信じられるものか。

今回は、安倍三選がかかっているだけに、今からキャンペーン
を張っているのではないか?
選挙の前とかに、やたら政策が成功しているかのような宣伝が
始まるが、それと同じで今回は安倍三選への道筋。
結局、明らかに意図や操作でしょ。

単なる言い間違いかも知れないが、この政権ならあり得る。
Dzp1pmivaaavsq
と思わせるところがとても怖い。

安倍首相の事だから、隠しても隠しても心の声が出てくるのだ
ろう。

私達だって、ここでは絶対に言ってはダメと言う所で、なぜか口
を吐いて出てくることは結構ある。
それかも(笑)

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2018年8月 9日

沖縄の希望の星の訃報にただただ言葉もなく茫然とする

昨日、BSを見ていたら、沖縄県知事翁長氏の訃報が流れて来
た。

来るべき時が来たと思ったが、あまりに早い死に言葉もなく茫然
としてしまった。
これから沖縄は、誰が翁長氏の意思を繋いでいくのか。
糸の切れた凧のような状態にならなければよいが。。。。

その前から、異様に痩せた姿を見るにつけ、すい臓がんの状態
が思わしくないのだろうと思ってきたが、自分の体にムチを打っ
て最後の仕事に邁進していたのだろう。

気力と使命感で持っていたのかもしれない。
Dkesshbu4aa7k3x

昨日は津川雅彦の死が報道されていたが、安倍首相は生前の
津川と懇意にしていた。
官邸で津川雅彦氏の逝去について会見を行ったそうだ。

津川雅彦について、いろいろ語っていたが、自分と思想が近い人
間に対しては、下にも置かぬ厚遇をする安倍首相らしい姿勢だ。

翁長知事に対して生前、ものすごく冷酷な対応だった安倍首相
は、翁長知事の訃報に対して会見を開いたのだろうか。
申し訳ないけど、官邸で会見を開く場合、民間人の津川雅彦よ
り、公的な立場の翁長知事の訃報の方が上だと思うが。

安倍首相は、沖縄県民を代表して民意を訴え続ける翁長知事に
対して、多分自分に刃向かう人間としての認識だったのだろう。
異常なほど敵対視していて、ほとんど面会にも応じなかった。
私は、安倍首相の非情にも冷酷な対応を何度となく見て来た。

翁長知事が上京して面会を求めているのに、その日、内輪の人
間とは何時間もの間、焼き肉に舌鼓を打ち、公的な面会にはそ
っぽを向く。
それが、自称最高責任者のわがまま放題のやり方だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

自身のツィッターでも、津川への哀悼のツィートを4連投したそう
だ。
それも私的な交遊に基づく追悼だというから、この人には誰も勝
てない。
常識も理性も知性も教養も持ち合わせない人間は強い。
昔の人は良く言ったものだ、「泣く子と地頭には勝てない」と。

それにしても翁長知事は、真正の保守政治家だった。
人生を賭しての生きざまにどれだけ心を動かされて来たか。。
いつも応援して来た。
なんとかして沖縄の望むような方向性が示されないものかと。

翁長氏は一貫して沖縄を守る、沖縄の意に反する無理難題を
吹っかける日本政府の思うようにはさせないとの思いが強かっ
た。
米国の思うようになっている誰かとは大違いだ。

翁長知事が誕生するまでの沖縄の人達は言いたいことがあっ
ても、すべて胸の内に飲みこんできたのではないか。
翁長知事の下、それを声にすると本土の人間の心無い罵声が
すさまじかった。
なぜ同胞に対してここまで理解が無いのだろう。
なぜ自分の事としての共感力が無いのだろう。

沖縄を誹謗中傷する輩は、同胞としての意識が無いのかもしれ
ないが、日本本土の為には沖縄の基地は当然、犠牲になるべ
きみたいな上から目線はどこから来るのだろう。

どんな言葉を尽くしても翁長氏のいなくなった今の虚脱を言い
表すことができないが病魔に侵されながらも最後の力を振り絞
って横暴な政府に対峙して来た翁長知事には頭が下がるし
最近の政治家の中ではダントツに実直で心のある政治家だっ
たと思う。

神様はむごいことをされる。
なぜ、翁長氏なの?
なぜ今なの?
その死を悼みながら、涙を流すしかない自分がいた。

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2018年8月 8日

麻生財務相閣僚給与170万円、野田総務相閣僚給与161万円返納、辞任では無く金が責任の取り方?

最近、どんな不祥事があっても大臣は辞職しない。
閣僚給与返納と言う、聞いた方はえ?何?それで終わり?的な
事で、大臣としての責任を果たしたことにしてしまっている。
今までだったら、内閣が吹っ飛ぶほどの公文書改ざんなのに当
の大臣は辞任など頭の隅にもないらしい。

麻生財務相は、当時の理財局長であった佐川氏が決裁文書の
改ざんや廃棄をしたことを認め、停職3カ月相当とし、退職金を
減額することを発表した。
大臣の責任として閣僚給与の12ヶ月分を自主返納すると発表し
たが、大方の人がパッと聞いただけでは議員報酬を1年分返納
と思ったと思うが、「閣僚給与」と言うサラリーマンで言えば役職
手当分を返納と言う、セコ技で対応している。

麻生大臣の閣僚給与自主返納額は170万円。
これで、すべてが終わったかの如くになっている。

大臣を辞任する事もなく、170万円、金で解決させてしまう事に
は、国民の1人としては割り切れない気持ちで一杯だが、今度
は野田総務相が、金融庁への情報公開請求の内容を自らが
漏らした問題の責任を取り、閣僚給与12カ月161万円自主返
納と言い出す。

<自民総裁選>野田総務相、立場苦しく 金融庁漏えいで
                            8/7(火) 23:13配信  

>野田聖子総務相は7日の記者会見で、金融庁への情報公開
請求の内容を自らが漏らした問題の責任を取り、閣僚給与12カ
月分(約161万円)を自主返納すると発表した。


自民党は大臣職の責任の取り方として、辞任するのではなく自
主返納と言う、一番自分に甘い形で決着がつけようとしているよ
うにしか見えないが、国民からどう見えるかの認識が無さすぎる。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

議員歳費ならともかく、役職手当返納という形にして自分の出費
を最小限におさえているようなところが、とてもセコく見えるのに。

大臣の座と言うものは、金でどうにでもなるのか。
しかも私財を投じてと言うなら分からないでもないが、莫大な議
員歳費からしたら、相当チンケな数字だ。
金で居座れるという道筋を麻生がつけた。
次は野田が金で居座ったが、これからはどんな不祥事が起きて
も閣僚給与返上で、一件落着となる。
本当にこんなことで国民が納得するとでも思っているのだろうか。

自分を厳しく律する考えもない人間が、総裁選なんておこがまし
い。
安倍首相にも言える事だが、本来トップに立ちたい人間は自分
を厳しく律する考えがないなら立つべきではないと思うがこの人
達は、世襲政治家特有の、自分に甘く人に厳しい考えの持ち主
だから。。。。

野田聖子もここへきての不祥事は、大きな力が働いて総裁選
への妨害かもと思わなくもないが、野田聖子には期待していた
時期もあった。
が、今ではガッカリ感しかない。
河野太郎にも言える事だが、閣僚になると人が変わってしまう
ようだ。
権力の持つ魔力には簡単に取り込まれてしまうらしい・・・・

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年8月 7日

朝日の世論調査ではサマータイム導入に賛成が反対を上回る

よくわからない世論調査の内容。
朝日だけではなく、他の世論調査も同じく矛盾した答えばかり。
本当に答えた人は真面目に答えているのか、それをまとめた
方も真面目に数字を出しているのか。
私は陰謀論はできるだけ控えているが心の中では疑っている。

前から世論調査の数字を全面的に信じてきたわけではないが
今回の朝日の世論調査も矛盾が際立つ。

安倍氏、1強政治「よくない」69% 朝日新聞世論調査
                          8/7(火) 5:25配信

>安倍晋三首相が大きな力を握る「1強政治」について、朝日
新聞社が4、5両日に実施した全国世論調査(電話)で是非を
問うと、「よくない」が69%で、「よい」は17%だった。自民支持
層も55%が「よくない」とした。官僚による首相や首相官邸へ
の忖度については64%が「行き過ぎていると思う」と答えた。
>野党への世論の視線も厳しい。自民への対抗勢力として野
党に「期待できない」が80%。「期待できる」は11%にとどまっ
た。立憲支持層に限っても67%が「期待できない」。

一強政治に対して国民が危機感を持っている事は良い事だ。

豪雨の真っただ中の懇親会と称しての飲み会のどんちゃん騒
ぎが広く認知されたこともあるだろうし、モリカケ問題も政府の
妨害によって少しも問題が前に進まないことも影響しているの
だろうが、国民はなぜ野党に対して期待できないのか。

無理やりにでも期待しないと、一強政治の打破にはならないと
思う。
自公を支持していたって、物事は何も変わらない。
野党に対して少々頼りないと感じても、野党を支持しないと自
公は国民の意見を代弁したり反映できる党ではないだろうに。

一強政治に危機感を持っている割には、自民党支持がダントツ
に高いのはどうしたことだろう。
あれだけ自民党の不祥事が続出しているのに、まだ自民党へ
の期待感が高い。
どのような心境から来るのだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

これこそ、「自民党しか政権を担えない」「野党よりまし」の呪縛
に縛られているからではないか。
結局、テレビでいろんな御用コメンティターの話を鵜呑みにして
いるからこそ、こういった数字になるのではないか。
私は、一番国民を誘導できるのはテレビだと思っている。
まだまだテレビおそるべし!の状態で、これで憲法改正を発議
されたら、政権与党が豊富な資金源でCMを長し続けたら、多
くの国民はその流れに乗ってしまうのではないだろうか。

>東京五輪・パラリンピック期間中の暑さ対策として、標準時を
2時間早めるサマータイムを導入することには、賛成53%、反
対32%だった。

少し考えれば2年限定とやらのサマータイム導入で、国民生活
が振り回されるというのが分かるのに、この調査では賛成が反
対を上回っている。
しかもたった2週間のオリンピックの為のサマータイム導入をな
ぜ疑って掛からないかと言うと、「暑さ対策のため」が項目に入
っているからだろうと推測する。
権力者はお人よしで騙されやすい国民性を利用している。

暑さ対策なら、五輪を真夏にやる事が無理な事であって、競技
しやすい季節にすればいいものを、そこへの言及はなく、国民を
動かすサマータイムと結びつける所に嫌なものを感じる。

為政者は「暑さ対策のため」を全面的に掲げて、サマータイム
導入への道筋をつけようとしているのが見え見えで。。。。

ちょっとした言葉の綾で、どちらにも転ぶのが国民感情だ。

もっと深く物事を考えないと為政者の思うつぼで、決定してから
そんなつもりではなかったと思っても、後の祭りだ。
何度騙されたら気付くのだろう・・・・・


☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2018年8月 6日

あらまぁ、悪い冗談かと思っていたらサマータイム導入本気みたい

政権与党はまた、変な事ばっかり考え付くな。。。。
五輪の森会長が首相官邸を訪れ、安倍首相にサマータイム導
入を要請し、安倍首相もまんざらでもない様子だったと報道さ
れていたが、政権与党は、本気で検討に入ったそうだ。ハア?

サマータイム導入へ 2時間繰り上げ 臨時国会で議員立法
2年限定
               サンケイ  8/6(月) 7:55配信

>政府・与党は、平成32(2020)年の東京五輪・パラリンピッ
クの酷暑対策として、夏の時間を2時間繰り上げるサマータイ
ム(夏時間)導入に向け、本格検討に入った。与党はお盆明け
にも制度設計に入り、秋の臨時国会への議員立法提出を目指
す。平成31、32両年の限定導入となる公算が大きい。

まさか、こんなアホな話がトントン拍子に運ぶとは。。。
森が提案するとろくなことが無い。
その提案に安倍首相も乗り気だったという事からして、与党議
員がこのアホコンビに忖度したのかもしれないが、浮世離れし
た議員に掛かったら、何をしでかすか分かったものじゃない見
本のようなサマータイム導入。

たった2週間のオリンピックの為に、しかもマラソン競技のため
に、なぜここまで国民生活を変えなければいけないのか。
オリンピックの暑さ対策の為なら、別にサマータイム導入をし
無くても、2時間時間をずらすだけの話なのにね。
そもそも暑さ対策なら、なぜ真夏の一番暑いときにオリンピック
を開かなければいけないかと言う話だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

選手が動きやすい時期を考えればいいのに、真夏に拘る。
IOCとの約束だとの話もあるが、そんなもの選手ファーストと考
えるなら、IOCとじっくり協議しなおせばいいじゃないか。
米国のスポンサーとの兼ね合いなら、時間だけ調整して気候の
良いときに開催すれば良いし。

なぜ、大会関係者ファーストになるのか、さっぱりわからない。

しかもたった2週間のオリンピックの為に国民生活が犠牲にな
らなければいけないのか。
またまたしかも、2年限定ってどういう事か。
定着したと思ったら、また、変更って、どういうことなのか。

権力者の都合のよいように国民を振り回しているし、本当にこ
れが導入されると無用な混乱が起きる可能性大だ。

日本の場合、一度決定したことは、何が何でもごり押しが決ま
りで、他者の意見など聞く耳持たない民族性で、度量が無い。


>第一生命経済研究所の永浜利広首席エコノミストは、サマ
ータイム導入で、個人消費が押し上げられ、年間7千億円の経
済効果があると試算している。

申し訳ないけど、この人の予想は全然当たらない。
安倍政権発足後、この人が出て来て2年も経てばアベノミクス
の恩恵を受けて地方も少しずつ経済が上向いてくると語って
いたが、5年半経っても景気が良くなった感を実感できないで
いる人がほとんどだ。
他の人の安倍礼賛は忘れてしまったが、この人の話だけは鮮
明に覚えている。
御用エコノミスト曰く7000億円の経済効果も、マユツバだ(笑

☆ーー☆ーーー☆ーー皆様にお願いーー☆ーーー☆ーー☆


 うんうんと思ったらクリックしてね(^^)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (16) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧