2021.03.02

「丸川珠代はアジアンビューティー」自民鬼木、またまた自民のお家芸炸裂

自民党議員の質疑は本当に要らないと感じることが多すぎるアホな質疑全開。

野党の貴重な時間を奪っておいて、政府を質す質疑をするかと思いきや、ヨイショやゴマすり、お追従が主流では。。。

昨日も山田が突如、広報官を辞任したと言う事で、国会の予算委員会がズレてしまって仕方がなく自民党議員の質疑を聞く羽目になったが、これが酷いのなんのって。

質疑になると、「総理の決意」「総理の思い」を入れてくる。
所信表明演説や、総理会見などで決意は嫌というほど語っているのに、なぜ国会質疑で「総理の決意表明」をわざわざ語らせるのか。

本当にアホらしくなる。

国会の場で総理や各大臣を褒めちぎるのは自民党のお家芸になったか。

と思っていたら、またぞろ予算委員会の締めくくりで、自民党鬼木が丸川珠代に対し「アジアンビューティーと呼ばれ人気があった」だとのたまう。

丸川珠代氏に「アジアンビューティーと呼ばれ人気があった」自民議員が予算委で質疑  3/2(火) 13:09配信 ハフポスト日本版

>3月2日に開かれた衆議院予算委員会の締めくくり質疑で、自民党議員が丸川珠代オリンピック・パラリンピック担当大臣に対して「各国首脳からアジアンビューティーと呼ばれ、大変人気があった」と発言する場面があった。
>見た目で人を評価するのはルッキズム(外見至上主義)と呼ばれ、褒める文脈であっても、公的な場の発言としてはそぐわないとみなされる。

丸川珠代に、どんな苦労があったか知らないが、その人の外見など質疑の中に入れる必要はないと思うが。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

例え、丸川が絶世の美女だとしても、環境大臣政務官としてパリ協定に出席して苦労した事とは何の関係もない。
なんで国会の場でこんなあほらしい質疑が出てくるのか。

鬼木誠というのはこんな人。(自滅の刃) O1080060714893661460 大体の人物像はわかる。

総理の決意表明、思いとか、アジアンビューティとか、予算と何の関係もない事を当たり前のように語る自民党議員の質疑はトンチンカンすぎて話にならない。

そうやっておもねて、あわよくば大臣の目に留まり出世したいとの願望があるのかもしれないが、こんなことで出世したら国益が害される。

本当に自民党議員は、この手の議員が多すぎる。

北朝鮮じゃあるまいし、公の場で「短期間ににまとめてくださったことを、日本国民を代表して感謝したい」なんて質疑するなと言いたい。

感謝する気持ちを表したければ国会外でやればいい。
あまりにヨイショすぎて首筋が痒くなってくるじゃないか。

そんなくだらない事を質疑する時間があるなら、野党にしっかり質疑してもらいたい。
わざわざ数の力でごり押しして、野党の質疑時間を奪っておきながら、国会の場でヨイショやお追従は見っともなさすぎる。

自民党にはきちんと議論できるまともな議員がいないのか。

こんなレベルの低い、質疑のイロハも知らない議員たちが政権与党だと言って威張っているんだもんなあ。。はあ。。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (5)

2021.03.01

田崎は昨晩関係者から山田の入院の話を聞いたと。なぜ今日速報なのか

モーニングショーを見ていたら、渦中の山田広報官が入院したと羽鳥が説明する。
すぐに、辞任届を提出したとか、官邸がそれを受けたとか、あれよあれよという間にドンドン展開して行く。
早い!

丁度羽鳥パネルは、未だに官僚の接待はなぜ起きるかなどの問題点を提起していたが、政治問題と有ってまた田崎がパネリストとして姿を現す。

最近田崎を見ないなあと思っていたら、田崎が!ゲッ

そんな中での山田の入院・辞任速報。

突如入院は、政治家への追及が半端ない時のお決まりのパターンだが、官僚も使いだすとは。
断らない女が断ると言う事は、答弁できない何かがあったのね。

ヤタラメッタら官邸の内情に詳しいイタコ田崎によると、田崎は昨日の8時30分ごろには関係者から「山田真貴子、入院・辞意」を聞かされていたと言う。

どうも「健康問題」で辞任というストーリーがが出来上がっていたようだ。

しかし、田崎によると「官邸側は首を切るのではなく山田本人が自分の判断で辞任する」と言うイメージを作りたかったと言っていたが、それが本当だとしたらものすごくズレていると感じる。

問題が発覚して山田が国会に呼ばれ答弁した時点で、総理が指導力を発揮して山田を辞めさせておくべきだった。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

総理が指導力を発揮してスパーツと更迭を決断するのと、じわじわ回りから攻められて本人が辞表を提出するのとはイメージ的にも大いに違う。
私は、やっぱり菅の決断力や判断力がいかにも遅いと感じる。

今日の国会答弁で、菅も昨日の時点で山田の入院・そして辞意が分かっていたと言うが、なぜ昨日、発表しなかったのだろう。

>加藤官房長
>昨日の夕刻、体調不良で受診し2週間程度の入院加療を要するとの診断

と発表しているのに、なんで今日「入院」が速報として流れるのか。
どう考えても、昨日の段階で発表すべき問題だ。

モーニングショーでのラインの質問で、また田崎へ

「コロナ禍で病床が塞がっているのに、高級官僚は体調不良だけですぐに入院できるんですか?」みたいな質問が来て、みんな田崎へのツッコミどころを良く知っていると感心し、笑いがこみ上げてきた。

しかし、山田真貴子辞任のあおりで、予算委員会の中継時間がズレてしまい、聞く価値がない自民党議員の質疑を見ざるを得ない状態になったが、自民党議員ってなんで「総理の決意」「総理の思い」をお聞かせ願いたいと質疑の中で入れてくるのだろうか。

本当にアホらしくなる質疑で見なければ良かった。。。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (9)

2021.02.28

政権はコロナ問題を「歴史的緊急事態」と指定したのに未だ議事録作らず

菅が政権発足後と言うか総裁選の時も、安倍政治を継承すると言っていたが、この「議事録作らず」も継承したのか。

政府はコロナ問題を「歴史的緊急事態」と指定したにもかかわらず、議事録も取らずと言う、国としてあり得ないことが今行われている。

下記の記事は去年5月に報道された記事だ。

コロナ専門家会議、議事録作らず 歴史的事態検証の妨げに                2020/5/28(木) 19:28配信 共同通信

>新型コロナウイルス対策を検討してきた政府専門家会議の議事録を政府が作成していないことが28日、分かった。
>議事の概要と資料は公表されているが、各出席者の詳細な発言は記されず、対策検証の妨げになる可能性がある。
>政府は3月、新型コロナ問題を「歴史的緊急事態」に指定し、将来の教訓として公文書の管理を徹底することを決定。安倍晋三首相は「適切に、検証可能なように文書を作成、保存していると認識している。今後さらなる徹底を指示する」と強調した。

当時、あれだけ批判されたのだから、7カ月たってきちんとコロナに関しての専門家会議の議事録保存が徹底されているのだろうと思っていた。

普通、総理が検証可能なように文書を作成保存するように徹底した指示をすると言えば、国としてきちんと対応するだろうと思うのは当然だ。

ところが、あれから7カ月たっても未だに議事録の作成はたったの4件だったと。

「歴史的緊急事態」なのに…コロナ対応で議事録作成義務は4件       毎日新聞 2021/2/26 06:00(最終更新 2/26 12:09)

>政府が新型コロナウイルスへの対応を「歴史的緊急事態」に指定したことに伴い、公文書の作成・保存を徹底する対象とした会議は19件あるが、このうち発言者や発言内容を明記した議事録などを作成するよう義務付けたのは、新型コロナ対策本部など4件にとどまることが、毎日新聞の情報公開請求で判明した。残る15件は、進捗(しんちょく)状況や確認事項などを記載した文書の作成のみで済むという。

保存対象とした会議が19件もあったのに、実際は4件で終わる。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

本当に安倍はいい加減と言うか、総理として大層素晴らしい発言をするが、いつも言っただけで終わっている。

言ったもん勝ちのその場しのぎの発言をすっかり継承してしまっているのが菅で、あれだけ安倍が「今後さらなる徹底を指示する」と発言したにもかかわらず、全く守られていない。

未だに議事録がつくられていないと言う事は、そういう事じゃないか。

どうも安倍も菅も、自分の言葉を実行するかどうかより、公の場で「国民のために働く内閣」をアピールしてメディアに大々的に報道させる。 それが自分の仕事と思っていないか?

大風呂敷を広げて、国民にいかにも仕事をしていると見せるだけのこの国の政治のトップ。

今後、また、未曽有の災厄が起きても検証できるようにしておくのが政府の役目だろうに、アベスガ政権は、議事録も満足に取っていないと言うのは、国としての体をなしていないと、私は思っている。

私達もそうだが、後世の人が改めて検証したくてもできない状態は、国として、それは無責任であり相当拙い事じゃないのか。
国民の知る権利が、アベスガ政権からずーっと脅かされている状態は変わらず、一方で、アベスガは自分と身内、そしてお友達には税金の私物化が当たり前になっている。

この国は不治の病にかかっているも同然で、アベスガ的な悪弊を排除しないと大変なことになる。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (14)

2021.02.27

山田を切れず窮余の一策で画したぶら下がりでヘッポコ記者から集中砲火

どうして山田を切れないんだろう。
スパッと切って見せれば、少しはダメージを回復したのに。

昨日のぶら下がり会見、見ていなかったが、いつもコメントをして下さる方から「どうも菅がキレている」らしいという情報が入る。

早速動画で見てみたが、やっぱり山田が仕切らないと菅1人ではヘッポコ記者にも太刀打ちできない模様。

山田が命綱だと言うのを自覚しているのか。
打ち切るタイミングを逸したのが分かるしどろもどろの立ち往生。
そして内心でイライラしているのがよくわかる。


>山田広報官のことはまったく関係ありません。昨日、国会で答弁されてきたことも事実じゃないでしょうか
>同じような質問ばっかりじゃないでしょうか
>ぶら下がり会見を行っているんじゃないでしょうか
>必要なことには答えているんじゃないでしょうか

これどう見ても、自分のことを語っていると言うより、他人が語って、それを自分はあの人はこう言ってると思うみたいな話しぶりだ。
何度聞いても違和感がある。

そして「〇〇じゃないでしょうか。」という時は、相当キレている時、内心では記者の質問を理不尽だと思っている時。

しかし、変な日本語だ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

自分のことを語っているのに、なんで誰かが語っているように「じゃないでしょうか」が出てくるのだろう。
断定(言い切る)と記者に反論されることを恐れているのか、なぜか他人事のような話し方。

最後は「私も時間がありますか」らと、無理やり振り切ってぶら下がりを終了したが、経産大臣と3分間喋った後は、議員宿舎に直行とのこと。
Evkyxzqucaenlia 何の時間かと思いきや、帰宅する時間だった(笑)

いまとなっては山田真貴子は鬼門だったな。。。

答えに窮すると「〇〇じゃないでしょうか」と感情をあらわにして怒り出し相手を黙らせようしていたが、あれだけ大騒ぎになった接待問題は、当分、尾を引きそうだ。

山田を続投させると言った時点で、流れを誤った感がある。
国民がどこを見ているのか、何を考えているの全く知らない人だ。

本来の総理会見をせず、ぶら下がりの山田隠しで乗り切れると思ったのだろうが裏目に出てしまった。

山田を出したら出したで接待問題で集中砲火だし、隠しても集中砲火だし。
どうしたもんだろう。。。(笑)

やっぱり原因は、山田を切れなかった決断力のなさだ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (17)

2021.02.26

山田真貴子の首を切れない菅の感覚は鈍し!総理会見が急遽見送りへ

山田真貴子は一躍時の人だ。

初めは、昨日の衆議院予算委員会によく出ると回答したなと思ったが、あれだけのらりくらりと答弁をし、なんだかんだ言って言質を取られなかったと言う事は、それだけの自信があったのだろう。

男女関係なく官僚の鑑と言うところか。

しかし、この答弁で世の中が収まる筈もなく、やっぱり影響が出てきている。
今日26日金曜日に、菅は緊急事態宣言の先行解除に伴う記者会見をする予定でいたが、それが急遽中止になったと言う。

その代わりに、官邸のエントランスホールで首相が記者団の質問を受ける方式を検討していると言うが、山田真貴子が総理会見で司会者を務めたら務めたで、あれだけ、菅総理に好意的な記者ばかり指名できなくなるし、どのような顔して記者の前に立つのか話題もさらうだろうし、出すに出せない。

しかし菅は冷徹冷酷と言われながら、山田の首を切れなかったところを見ると、民意が分かっていないし、そうとう感度が鈍いのかもしれない。

仕方がないから、ぶら下がり会見をするのだろうが、あれだとすぐに逃げることができるし、よほど記者の質問が嫌なのかと推察をする。
やっぱり山田真貴子は、菅にとってはいなくてはならない守護神みたいなものか。

しかし山田真貴子が続投することで会見中止に追いやられ、さっそく影響が出た形だが、当の山田真貴子は、菅長男が接待した高額会食について自主返納するそうだが、その額70万5000円だと言う。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

高額接待の約10倍返納でことを納めることにしたのか。
しかしバレたら返せばいいってものでもないと思うが。。
それで済むなら、犯罪者はいなくなる。

自主ではなく「官房機密費」で返納? 渦中の山田真貴子内閣広報官に怨嗟の声  2/26(金) 9:06配信 日刊ゲンダイDIGITAL

>加藤勝信官房長官は25日の会見で、接待問題を受けて給与報酬月額の10分の6を自主返納することになった山田広報官の返納額が70万5000円に上ると明らかにした。つまり、広報官の給与報酬は月額で117万5000円。地域手当などを含めると給与は月額で約140万円ほどになるだろう。

この人の70万円返納は痛くもかゆくもないだろう。
なにせ高級官僚で、年収何千万円も貰う身分だし、夫も高級官僚と来たら何の問題もない。

庶民にしたら大金だが、この人達にしたら何の痛みもない金額じゃないか。
別に生活に支障が出てくるほどの金額でもないし。
しかも、この記事では、官房機密費から支出されるのではないかと。。。
だとしたら余計に何の憂いもない。

しかし、菅政権そして官僚の印象はますます悪くなる。

あの答弁でものらりくらりとかわすことしか答弁していないし、高級官僚たちは裏ではそうとうアクドイ事をやり、「国家公務員倫理規程」など絵に描いた餅、あるいは「ルールは破るためにあるもの」を自ら実践している官僚、そして自公政治家たち。

この国はアベスガ政権で相当壊れてしまった。
今もその延長線上にある。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (14)

2021.02.25

給与も飲食代も返納返金して終わり、素晴らしきかな高級官僚の世界よ!

今日の国会予算委員会を見ていたが、山田真貴子、シレ~と答弁していた。

広報官の山田真貴子に限らず、どの官僚も裏で行ってきた悪事がバレたら謝罪して、給与の一部を返納して終わり。

しかも、あの高額な接待に批判が集まると急に返金をすると言い出す。
それは自民党政治家にも言えることだが、給与を自主返納したり、業者から接待された金額を返せばいいと言うものではないと思うが。

批判が集まり、急に返金をすると言うが、それでも接待の事実が無かったことにはならないし、裏を返せばバレなければそのままご馳走になっていた。

業者も、何かなければただ酒やただ飯を食わせるわけがないし、見返りを期待しての高額接待だろうに。
素人でも分かる。

特に、東北新社の場合、企業が菅長男を役職に就けたと言う事は、総務相であった菅の威光が相当効いていたからだともいえるし、官僚の方も」菅長男と言う事で忖度させる効果は大きい。

だから他企業からは接待が行われていないのに、東北新社だけが恐ろしい程の接待漬け。

それにホイホイ乗る高級官僚達。
しかも大挙して、「東北新社」からの接待に応じている。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

総務省の原官房長が、調査をした結果「特に首相の長男だからという影響はなかった」とか「不適切な働き掛けはしていない」とか屁理屈を言って擁護していたが、一介の名もないサラリーマンが高級官僚を接待をすることなどできないし、官僚も接待に応じるわけがない。

接待に嬉々として応じたのは「菅の長男」と言う権威があるからじゃないか。

現代の贈収賄事件なのにバレた途端に返納返金。
そしてその事案は終了予定。
下っ端の公務員はそうはいかないが、政権の中枢に入れば悪事が悪事で無くなるアベスガ政権。

自民党政治家が、今まで行ってきたことを官僚もやっている。
そんなみみっちい事で罪が逃れられるとでも思っているのか。
何のために公務員倫理規定を作ったのか。
まったくのザル。

アベスガ政権になってから、なんでも返したらそれでなかったことになるらしい。
こういう事ばかりやってきたから、国民が政治に関心が持てず棄権することになるのだ。
自民党の場合、それが狙いのようなところもある。

ようやく安倍が表舞台に出て来なくなったと思ったら、今度のその番頭が総理になって悪事が表に出てきている。
番頭も相当な悪だ。

諸悪の根源は安倍晋三で、安倍的な悪習が至る所に存在している。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (10)

2021.02.24

菅長男接待で更迭された秋本局長の後釜は時の人山田真貴子広報官の夫

ありゃあ。。。身内で回りまわっていると言う事か。

菅長男が接待した秋本局長は、音声データが出るまでは嘘ばっかりついていて、どの官僚も知らぬ存ぜぬで貫き通していた。

が、その音声データが出たらあっさりと更迭されてしまった。

しかし、驚くのはここからだ。
なんと、今7万円以上の会食接待を受けていた山田真貴子の夫が秋本の後釜に座ると言うからのけ反る。
28
狭いも狭い。
狭さの極みの夫婦で菅を支える側になると言う事か。

ヒエ~

菅首相の長男が接待した山田内閣広報官の裏の顔 更迭された総務省幹部の後任は夫〈週刊朝日〉
                   2/23(火) 13:20配信 AERA dot.

>今回の疑惑で、更迭された秋本芳徳情報流通行政局長の後任となった吉田博史総括審議官は、皮肉にも山田氏の夫だという。
>「秋本氏も将来は次官候補と嘱望されていた。突然の文春砲での疑惑に涙を浮かべ釈明、謝罪に追われていました」(総務省関係者)

秋本は今は更迭された立場に立っているかもしれないが心配ない。
ほとぼりが冷めたら論功行賞で、国民が知らぬうちに出世しているから(笑)
これがアベスガ政権の実態で、いつものことだ。

妻の山田真貴子、夫の吉田博史は夫婦別姓なのかしら。
自民党の女性議員もそうだが、国民の選択的夫婦別姓には未だに反対しているのに、自分達は表向きは夫婦別姓だ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

それなのに自民党は「選択的夫婦別姓」に相変わらず反対している。

本音・建て前を使い分けしなくていいように、国としても選択的夫婦別姓を法制化すればいいのに。

本当に自民党は融通のきかない党だ。
いつまで大昔の日本の制度にこだわるのだろう。
女性は大迷惑しているのに。

しかし、菅長男が山田真貴子に対して一番高額な接待をし、山田真貴子も許認可の道筋を立てる。
そこで親の菅が山田を自分の記者会見の司会役に抜擢。

山田の抜擢は、菅総理にしたら大成功と言う事じゃないか。

菅の手足となって、菅に甘い質問をする記者ばかり質問を割り振り、再質問厳禁、ろくすっぽ答弁もせずすぐに「この後予定がありますから。あとはメールで質問をすれば答えます」と会見打ち切り。

そして番組内で、総理に都合の悪い質問をしたNHKにクレーム電話。

これほど総理を守ってくれる広報官はいない。

菅も山田真貴子が実に役に立つ広報官だと思ったのか、秋本局長が更迭された後釜に、山田の夫の吉田博史総括審議官を充てる。
身内で回っているようなものだ。

これも山田真貴子への論功行賞の一環か。
安倍政権以上にお友達内閣が露呈した菅政権。

もはや「雪深い秋田の農家の長男に生まれ」「苦労人」「庶民派」など、まったく通用しないよなぁ。。。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (11)

2021.02.23

菅長男企業の官僚接待、別人格なのにどうして総理が謝罪するのか

与党の不祥事が続出しても問題発言をしても、なぜか与党の支持率が下がらない。
そして野党の支持率も上がらない

自民党が国民に対して何かいいことをしたとも思えないし、連日自民党議員の不祥事がテレビを賑わいしているに、政党支持率で言えばビックリするような高支持率だ。

国民は自民党の何を見て支持しているのだろう。
この傾向はいつも不思議で仕方がなかった。

個人的には、影響力のある人がテレビに出てきては「与党はダメだが野党もだらしない」的発言を繰り返しすることが、国民や、ネトウヨたちへの印象付けに繋がっているのではないかと思っている。
長年の刷り込みの成果というものもあるだろう。

数の力では野党は非力だが、それも国民が野党に力を与えてこなかったからこその現象で、国会質疑にかけてはだらしないどころか、奮闘しているとも思っている。

今国会は、今回の菅の息子の高級官僚への接待が話題になっている。

これは日本の政治のありよう、国のありようなど、重大問題を含んでいるが、これが少しでも長引くと、必ずコロナ禍でいつまでこの問題に掛かり切っているのかというような声が、政権擁護者から声が上がってくる。

野党の質疑は菅長男の接待に対して多くあるが、その一方で、違う議題も質疑している。

野党議員のすべてが、菅長男の接待質疑なら、いつまでかかり切っているのかとの抗議も理解できるが、コロナワクチンの問題だとか、五輪関係、安全保障の問題だとか、質疑の中に入っている事から、「いつまでこの問題に掛かり切っているのか」は当たらない。

そもそも、野党が菅長男の官僚接待に対して疑義を呈された菅総理が、「息子は別人格」と開き直り自分とは無関係で済まそうとしたことが、問題をどんどん大きくしていった原因だと思うが。

一般人ならそれも通用するが、菅が総務相時代のつながりが今に至るとあっては、「息子は別人格」と言う訳にはいかないし、国会でしつこく追及を受けるのも当然と言えば当然のことだ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

この野党質疑の中で、菅と長男、そして官僚の関係性がどんどん明らかになってきて、驚いたことが今まで以上にある。

菅の記者会見を仕切る山田真貴子広報官が、菅から接待を受けていたことは知っていたが、その金額が一人当たり7万円以上と言うのは、今更ながら驚いた。
今では、総理記者会見の司会者になり場を仕切っているが、その頃からお友達認定だったと言う事か。

そして、官僚が接待を受けていたのに、その答弁が接待とは言わず、「会合」という言葉を使っていたが、一般的な「会合」は活発な議論が行われる場で、何万円もの接待を受ける「会食」の場に使われる言葉ではないと思った。
「接待」疑惑をかわす意欲満々の官僚達。

今になって割り勘と言うのも不自然中の不自然だ。
後で返せば済むと言う問題ではないし。

どうも「東北新社」は接待を行っていたが、他企業からの接待はなかったそうだし。
聞けば聞く程、東北新社と官僚の癒着がズブズブだった事だけは良く分かった。

接待をされた官僚たちは明らかに利害関係者であるのに、すべての官僚が「利害関係者ではない」と言い切る事も不可思議だ。

菅の長男じゃなく、一介の企業が接待を申し込んで誰が受けると言うのか。
菅の長男だからだろうに。。

しかも、嘘か本当か知らないが、あれだけ世界一頭が良い日本の官僚と言われてきた人たちが、菅長男との関係性や、接待の場でどういう話があったのかを問われると、一様に記憶喪失にかかってしまう。

政権を批判し、暴走を諫めたり監視する野党の質疑が無かったら、日本は今まで以上に悪くなっていた。

よって「野党がだらしない」は作られたイメージだ。

影響力のある人たちがテレビに出てきて、気軽に国民の選択肢を失くすと言う罪作りな事は止めてもらいたい。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (10)

2021.02.22

サンモニを訴えると言う高須、被害者の大村知事は高須が首謀者と断定

高須院長は、金にあかせての言動が本当に嫌らしい。。

昨日のサンモニでのコメンティターの発言をとらえてお怒りのようで、最悪の場合法廷闘争に訴えると息巻くツイート

高須院長がサンモニに正式抗議を表明「返答が納得できなければ法廷で決着をつけます」   2/21(日) 15:16配信 東スポWeb

>21日放送の番組では愛知県の大村知事のリコール運動で大量に偽造された署名が出た問題を報道。この中で女性コメンテーターが「リコール制度にお金を持っている方が乗り込んで偽装するのは民主主義の破壊行為」と、リコール運動を主導した高須院長が偽造署名を指示したかのような批判をした。
>これについて高須院長は「狡い印象操作だと思います。すぐに抗議します」と怒り心頭。さらに「すぐに抗議するよう弁護士に指示。返答が納得できなかったら法廷で決着をつけます」と法廷闘争も辞さない構えだ。

私もこの番組を見ていたが、確か目加田氏の発言ははっきり言ったなとは思ったが、一般論でしかない。
小気味いいと言えば小気味いい。
きちんと言ってくれる人がいるとスカッとする。Euvsdnxu4aqybj 印象操作どころか、高須院長が一番に絡んでいた問題じゃないか。

高須院長とそのお仲間たちがいきり立って、大村知事を追い落とすために愛知県に乗り込んできてのリコール運動だと思っているのは大方の人だと思うが。

目加田氏の発言は何もズルい印象操作ではない。
本当のことだ。

本人が気づいていないかもしれないが、高須院長や河村や、維新議員、そしてお友達の百田や有本香等は箸にも棒にもかからない腐臭漂う連中だと思っている人は多い。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

そもそも、目加田氏がこの発言云々の前に、当の大村知事が、一連のリコール騒動は高須が首謀者だと断定している。

知事リコール運動を支援した名古屋市長「名簿の偽造など想像のはるかかなた」不正署名への関与を否定
 
                 2/22(月) 12:06配信 東海テレビ                                                                        >大村愛知県知事:
高須氏、田中氏、そして河村氏、やはりお三方が(リコール活動の)首謀者でありますから、事実関係を『こういうことであった』ということは、明らかにする責務があるのではないか

当の大村知事が、高須と田中、河村市長がリコール活動の首謀者だと断定している。

河村も、あれだけ意気揚々と大村知事を貶める発言を繰り返して来たのに、今更、わけのわからない発言でけむに巻いて何言っているのか。
今回の一連の騒動が、お友達の高須が関与していると分かったら、急に「想像の遥かかなた・・」

自分も首謀者の1人なのに、急に他人事。
往生際が悪すぎる。

高須はサンモニ訴えればいい。
ついでに、一連の首謀者は高須と断定した大村知事も訴えたらどうか。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (10)

2021.02.21

橋本聖子「無報酬で組織委員会会長を受けた」は美談にならない

なんだか変な考えをするよなあ。。。

密室で行われた会長人事は橋本聖子に決定したが、無報酬で会長職を引き受けたと言われている。

何で無報酬で受けるのだろう。
凄い不思議な感覚だ。

橋本氏無報酬で会長受けた、月最高200万円を辞退                2/20(土) 5:00配信 日刊スポーツ

>東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子新会長(56)が無報酬で会長職を引き受けたことが19日、組織委関係者への取材で分かった。
>橋本氏は自民党を離党したものの、参院議員という立場で約2180万円の歳費と文書通信交通滞在費が年間1200万円が入る。そのため、会長報酬は辞退した。

どうして議員を辞めないのか。

橋本聖子は、次期会長職を固辞していたと言うが、不透明な選出でも決まった以上は、参議院議員を辞職して、組織委の報酬を貰うべきだった。

それがけじめと言うものじゃないか。
そしてしがらみを断ち切ってこそ透明性が担保されると思うが。

いつも思うのが、自民党の考えることはよくわからん。。。

議員を辞めて会長職に専念すれば、「政治が介入」などと言われずに済むのに。
政治家のままでの組織委員会会長職は、二足の草鞋を履くと言う事だが、そんなに簡単にできるとも思えないし不自然だ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

しかも、短期間でいろいろなことを考えなければいけない組織委員会、そしてそのトップは、大きな責任が伴う。

なんで無報酬にしなければいけないのだろう。。
正当な報酬を受けるべきだ。

議員を辞めないと言う事は、五輪後に自民党に復党して重要なポストを与える事を官邸と橋本側で密約したのではと勘繰りたくなるほど、議員に執着してる感が溢れている。。

そもそも森は無報酬とはいうものの、関連企業から献金が政治資金管理団体に入っていたこともあり、こちらもきちんと報酬をもらって献金を受けずに職務に専念した方が、透明性が高いと思うが。

「無報酬」と言うのが一番危なくカラクリがあると思った方がいい。

自民党も橋本聖子も、「会長職を無償で受けた」が美談になると思ったら大間違いだ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | | コメント (13)

より以前の記事一覧