2019.06.26

堀江さん、税金泥棒とはこの人達の事で目に焼き付けて置く事、そして罵倒して下さい

これが正真正銘税金泥棒の図だよね。4mdkyhlc

立憲民主党の枝野代表による「内閣不信任決議案の趣旨説明」に対して多くの議員が魅入られたように居眠りしている。
起きている議員の方が少ないくらいだ。
ひょっとしたら眠り病にでもかかったか。
権力者目線の堀江は、庶民のデモに対して税金泥棒と言ったが、使い方を間違えている。
真の税金泥棒は、この人達の事じゃないか。

庶民のデモに対して上から目線で罵倒するなら、こういった一日何億円と税金が使われているのに居眠りをする議員に対してきちんとものを言ってください。
おそらく自民党議員だろうけど、罵倒できるかな?(笑)
堀江は力のない庶民を虐めないで、一度でもいいから力が上と思われる方に異議を申し立てたらどうか。

しかしこんな人たちに莫大な歳費が支払われ、一般庶民は老後の生活は最低でも一人2000万円を今から貯蓄して置けよと言われている。
莫大な歳費を貰っている人たちは予算員会も開かず、国会の最後はのんきに昼寝。
良いご身分だ。

のんきなご身分の議員様たちは、国民の生活など何一つ考えに及ばないのだろうか。
本当に国民の生活を考えたら、年金テーマに対して政権与党は逃げ回ることなく、きちんと応対すると思うが。
安倍政権は逃げ回るどころか、不都合な真実は無かったことにして思いっきり蓋をしてしまった。

挙句
老後2千万円、麻生氏の発言「矛盾しない」 閣議決定                     6/25(火) 21:32配信   朝日新聞デジタル

>老後の生活費が2千万円不足するとした金融庁の審議会報告書をめぐる麻生太郎金融相の一連の発言について、政府は25日の閣議で「矛盾するとの指摘はあたらない」とする答弁書を決定した。

バッカバカしい。。
矛盾するとの指摘は当たらない?ハア?
菅話法の、何に対しても「問題ない」と同じ手法か。。。。
良い年して、いつまで幼稚園児級の政治ごっこをやっているのか。

長年の加害者が被害者面して演説をぶった三原じゅん子と言い、自民党、安倍政権は救いようがないくらいレベルが落ちてしまった感がある。

これでまだ参議院選挙、自民党が勝つようだと国民のレベルが疑われるよなあ。。。。

 

| | コメント (6)

2019.06.25

三原じゅん子、問責決議案に「恥を知れ」をそっくり返したい(笑)

日刊スポーツが、ド迫力の三原じゅん子と持ち上げているが、何がド迫力なものか、トンチンカンな「恥を知れ」反論じゃないか。

>ど迫力の三原じゅん子氏、問責決議案に「恥を知れ」
          6/24(月) 18:18配信  日刊スポーツ

>立憲民主党の福山哲郎幹事長は、趣旨説明で「この2年、忖度(そんたく)、改ざん、隠蔽(いんぺい)が次々と明らかになった。どの問題をとっても、内閣総辞職に値する」と指摘した。
>これに対し、自民党から反対討論に立った三原じゅん子参院議員は「恥を知りなさい」と反論。「こんな常識外れの問責決議案の試みは、完膚なきまでに打ち砕かないといけない」などと主張。腹の底から繰り出す、ど迫力の強いフレーズを駆使しながら、問責決議案提出の野党に反論した。

大体が三原じゅん子を野党の反論に出すところからして自民党は間違っている。
演出に凝りすぎて、悪を負かす正義のヒロイン的な役割を三原じゅん子に課しているようだが、あの動画を見たら気持ち悪くてゾッとした。

今の情況はどう見ても悪は自民党で野党が正義だ。
それを自民党的思考で反対の立ち位置にしている。
まず最初に怖い!怖すぎる!あんたは極道の妻か!?
それとも北朝鮮のおばさんアナか?

三原
>(民主党政権は)まさに悪夢だったのです。尻ぬぐいをしてきた安倍内閣に感謝こそすれ、問責などとはまったくの常識外れだ。愚か者の所業とのそしりはまぬがれません」と主張。「もう1度申し上げます。恥を知りなさい」

尻拭いをしてきたのはどっちなのか。
恥を知るのはどっちなのか。
リーマンショックあり、東日本大震災あり、それに関連して自民党が国策として推進してきた原発の大事故ありで本当に大変なかじ取りだったと思う。
しかも今までの自民党体質の既得権益を解体させようにも官僚の必死の抵抗にもあっていたし。

自民党側から見たら、確かに下野したことは悪夢だったろう。
今まで財政官の癒着が簡単に出来てきたものをいやが応もなく手放さざるを得ない状況に陥ったのだから。。
自民党が殆どの期間、この国の政権を担ってきたが、そのひずみを解消すべく尻拭いをしてきたのは民主党政権じゃないか。

政官財の抵抗、そして国民の容赦ない反発の声に会い志半ばで頓挫してしまったが、この国を国民目線でしがらみを極力抑えた国にする民主党政権の方向性は間違っていなかったと思う。

三原じゅん子は、安倍政権が民主党政権の尻拭いをしてきた、だから感謝しろと。
まるっきり、立ち位置が変わっている(笑)
国民への視点がまったくなく、元の政官財癒着の政治にすっかり変えた安倍政権になんで感謝しなければいけないのか。
アホらしい。

年金問題は自民党政権によって食い物にされて来た。
そして、その時その時の選挙の票に利用されて来た。
それを、「年金問題を論じるな、うんざりだ」とか、「政争の具にするな」とか一体どういう思考をしているのか。
野党は対案も出しているし、議論をしようと呼びかけてもいる。
この人、本当に党首討論を見たのか。
内容がまるでトンチンカンで、元女優を出して来た時点で芝居がかっているし論点がズレている。

ただ怖い顔や言い回しで野党を脅しているとしか思えない。
野党はあの恫喝に負けるな!
とにかく年金問題は突き詰めて議論するべきだ。
安倍首相が何の根拠も示さず、年金は安心だ、誤解を与えた。では済むはずがない。。

 

| | コメント (16)

2019.06.24

北方領土返還「計画ない」とプーチン大統領、「外交の安倍」はこんな事言わせて良いのか

「外交の安倍」は何処に行ったのか。
3000億円もせっせと貢いできたのにプーチンにこんな事言わせていいのか。

北方領土返還「計画ない」 プーチン露大統領、訪日前に表明
                 6/22(土) 20:53配信  産経新聞

>ロシアのプーチン大統領は22日に放映された露国営テレビのインタビューで、「(北方領土を日本に引き渡す)計画はない」と述べた。今月末に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせた日露首脳会談を前に、北方領土問題で態度を軟化させる考えがないことを改めて示した。

G20日本開催で、せっかく、いかにも安倍首相が世界をけん引するトップリーダーと言う華々しい立場に立っていることをアピールして、それをメディアにヨイショ報道をさせようと思っていたのに、プーチンは事前にけん制してしまった。
北方領土への態度を軟化させる意思はもっていないと。
前は外相からの話だったが今度はロシアのトップから通達。

なんのこっちゃい。

安倍首相は「双方の努力の向こうに、私とウラジーミルがめざす平和条約がある」とか「ウラジーミルと手を携えて、平和条約締結への道を2人で進んでいきたい」とか、事あるごとに華々しい声明を発表して来た。
今となっては、安倍首相の華々しい声明がかえって虚しく響く。

散々、ウラジーミルとファーストネームを連呼して仲良しアピールをしたのに、相手はただの商売としか思っていなかったと言う事か。
商売がうまくいくなら相手に花を持たせるし、ファーストネームでも何でも呼んでくれって感じかも。
愛想よくしておいたら3000億円も分捕れたものなあ。。。。

しかしファーストネームで呼び合う仲なんて外交に通用するのだろうか。
トランプにも、ファーストネームを呼んでいたが、相手はカモがネギしょってきたくらいにしか思っていないようで、無理難題押し付け、兵器の爆買い、ハワイ・グアムの米軍を守るためのイージスアショアまで日本国内に設置を約束させられる。
参議院選挙後に発表される、農産物の譲歩も酷いものらしいし。

どうも日本国民はファーストネームで呼び合うといかにも親密な関係だと錯覚してしまうようだが、日本人特有の思考でしかない。
相手はそれを利用してビジネスライクに接しているだけで。
やっている振りをして一方的に国府が失われていくばかりの安倍外交。
表面的なものしか見ない国民にも問題大ありだ。
今度の選挙が試金石だと思うが。。。
もし、それでも自民党が勝つようなら急速に斜陽の国に。。。。

そういえば、ドイツのメルケル首相に対しても「アンゲラ」と呼んでいたが、正直気持ち悪かった。

 

| | コメント (7)

2019.06.23

香港の若者と日本の若者、どうしてこうも違うのか

本当にどうなってしまったのだろう。
どうしても、日本と香港を対比させてしまう。
香港のデモは若者が主催してここまで大きく広がって20万規模にも広がっていると言う。
香港の人は、権力者に自由を奪われてなるものかと必死に抵抗している。
日本の若者はなんと「肉屋を支持する豚」と揶揄されるほどで政権与党を支持していると言う。
安倍政権がどういう政策を実行したのか自分の目で見る事もせず、印象だけで、「良さそうだから」と。
そりゃあ、印象だけを言ったら安倍首相は徹底して印象を最優先させてきた。

目新しい話題で満ち溢れていた。
新元号、新札発行、新天皇即位、トランプ訪日、過剰な接待、イランへの仲裁役。。。。等々
見た目だけは凄い事をやっているかのような演出だらけ。
しかし、中身はあるのか。
国民の生きやすい社会にしてきたのか。。。。

若い世代は、自分達が一番割を食う世代なのに、国民目線の無い自民党を支持していると言うから、なんのこっちゃい!
日本の若者はデモをやると権力者の逆鱗に触れると思っているのだろうか。
デモをやっても何も変わらないと言う。
妙に悟っていると言うか諦めていると言うか。。
香港の人の行動をなんと思っているのだろうか。

デモを主催した若者は行動で、変わると言っていた。

日本の若い層はどうしてここまで無気力になってしまったのか。
生きているのか死んでいるのか、全く分からない状態だ。
保守と言うより、まるで権力者には物を言ってはいけないと思っているのか、気持ちが悪いくらいに従属的だ。
まるで魂の入っていない人形のようだ。

むしろ今は、戦後の安保闘争を経験して来た老人層の方が意気軒高だ。
日本の未来を考えて少なからず政権を批判している。
誰かが抵抗しないと、日本はダメになると思っているからだと思うが。
それが若い世代ではないところが、この国の未来を予想しているようなものだ。
このままでいくと、この国の未来は限りなく暗い。
権力の言うままに、若い層ほど唯々諾々と従う社会。

今でも衰退して行くのを肌で感じているのに、これからもっと衰退して行くのではないか。
やはり若い世代が元気が無いと国はダメになる。
個性を枠の中にはめて来た教育が今にあるのだろうが、大体が、生活と直結している政治を日常的に語れないような社会に未来はない。

若い世代は自分がゆでガエルになっているのに気付いていない。
考える事をしない若い世代は、政権にとってとても好都合だと言う事にさえ気づいていないようだ。
気の毒に。。。。

 

| | コメント (12)

2019.06.22

負担増は参議院選挙後へ軒並み先送り、悪夢よりもっとひどい地獄が待っている

この国を本気で立て直す気などさらさらないのが安倍政権で、政権にとって都合の悪いデータや文書は、改ざん・隠ぺい・破棄・虚偽答弁で誤魔化して来た。
年金問題でもわかるように、年金は政府が言うようにまともな年金が貰えなくなるのではないかという時に問題をなかったことにしようと躍起になっている。
ようやくわかった事は、「年金制度」は存続できるかもしれないが、年金金額や受給年齢引き上げなど、ものすごい問題を残しているのに、いかにも、これからも年金額が減らないかのような政府の取り繕い方、そして問題に蓋をしてしまった。

安倍政権は問題が起きると無かった事にしようと蓋をする。

一時的には国民の目に触れなくなるかもしれないが、何も解決するわけではないのに。
いや、かえって問題がこじれてますます悪化すると思う。
結局、蓋が開いた時は、手が付けられない状態になり二進も三進もいかなくなってしまうのではないか。
きちんと国民に開示して、どうしたら年金が制度だけではなく、老後、生きるための資金になり得るか議論するべきだろうに。

今度は国民への負担増が待っているが、これも参議院選挙後へ先送りだと。

負担増軒並み先送り=「改革の旗印」見る影なく-骨太方針
                  6/22(土) 7:45配信  時事通信

>政府が21日閣議決定した経済財政運営の指針「骨太の方針」は、国民負担増を伴う改革の多くを参院選後に先送りし、迫力を欠く内容となった。
>選挙直前に有権者の批判を避けたい与党と、10月の消費税増税を控えて世論を刺激したくない財務省などの思惑が一致したためだ。小さな政府を掲げた小泉政権が、抵抗勢力と戦う「改革の旗印」として活用したかつての姿は見る影もない。

小泉政権だって、改革とは名ばかりで国民への負担をさらなる重くしただけだと思うが、安倍政権の場合、国民だましが慣例化している。

特に外交など酷いものだ。
領土問題は後退し、拉致問題は一ミリも動かなくても安倍さまのNHKが大々的に盛りに盛った成果を報じてくれる。
イランへの仲介役は目を覆うばかりの惨状なのに、NHKは持ち上げる・持ち上げる。

ようやく年金問題で、この政権が問題にまともに向き合う能力が無いのが分かりかけて来た。
もちろん、誠意などこれっポッチも持ち合わせていない。
向き合わずに選挙に勝つことに全精力を注いでいる。

もう、そんなことをしている場合ではないのに。。。
景気の良いときなら、いやな問題は先送りにしても済んでしまったことも、今や待ったなしで問題が待っている。
危機感が無さすぎる。
国民の方が早く議論を知ろと言っているのに隠す事ばかりを考えている。
国民生活がどうなっても何ら心が痛まない人達ばかりで嫌になる。

韓国と同じで三代目は相当ヘッポコだ。

自民党大好き有権者は「自民党しか政権を担えない」と思わずに、安倍一強がこの国をどこまで疲弊させてきたか、しっかり見つめて欲しい。
それが製造責任者の最低限の責務だ。

 

| | コメント (11)

2019.06.21

堀江貴文が年金デモに参加した人達を税金泥棒と罵倒、傲慢すぎるツィート

前々からこの人の場合、発信自体が炎上商法と言われてきたが、ここまで一般人を誹謗中傷するツィートは絶句する。
堀江も橋下に通じるような傲慢すぎる性格から来ているようで、他者と言うより、自分より下の人間に対して寛容さのかけらもない。
きっとこういう人間は、自分より上とみると媚びへつらってすり寄っていくのだろう。
人間の負や悪の部分を見ているようで、とてもとても嫌な感じを受ける。

堀江貴文(Takafumi Horie)
>お前相変わらず文脈とか行間読めねーんだな。親切に教えてやるよ。このデモに参加してる奴の大半は実質的に納税してる額より給付されてる額の方が多いんだよ。それを税金泥棒って言ってんだよ。

へえ・・・・堀江って年金デモに参加している人の納税額や年金給付額額が分かるんだ。。。
エスパーみたいだな(笑)

そもそも、なぜ年金を貰っているとデモをしたら税金泥棒になるのだろう。
少し前までは、仕事をしない政治家や汚職をした官僚など権力を持っている方を税金泥棒と呼ぶと相場が決まっていたが、今は、弱者をいたぶるために使われるとはね。

国民に与えられた権利を行使するためにデモに行ったからと言って、なぜ堀江にそこまで罵倒されなければいけないのか。
年金を貰っている人は、今までの政府が構築した年金システムに沿って年金を貰っているだけだ。

しかも政府は、従来の積み立て方式を、今、受給している人たちの年金分は若い世代が支えるという、賦課方式に変えたのだ。
月々納めた額より給付された額が多いのは年金システムのせいで、それは自民党政権が決めた事じゃないか。
何を今さら、給付を受けた人を悪と罵倒するのか。

やっぱり、年金は積み立て方式にするべきだったし、世代によっては国民を分断するような賦課方式は失敗じゃないのか。

しかし、そんなに年金システムが気に入らないなら、給付を受ける人を罵倒するのではなく、このシステムを構築した自民党と官僚たちに文句を言うべきだ。
なぜ、給付を受ける側を悪しざまに罵るのか。
別に悪い事をしているわけでもない人がなぜここまで言われなければならないのか。
おかしいよ、この人。

堀江の主張の行き着く先は、生産性のない人間は国民ではないと言うことになる。
国家に奉仕できなくなると生存権さえ無くしてしまえと言っていると同じだ。
堀江の言っている事は元気なうちだけ国民で、国家に尽くせなくなると(納税)国民ではなくしてしまえと言っているも同然だ。
何のために国家はあると思っているのだろう。
堀江の思考は、ものすごい怖い思想だ。
自民党の杉田山脈にも、そういう怖さを感じた。

 

| | コメント (15)

2019.06.20

党首討論で私はめったに激怒しないと安倍は言ったが、私は国会でしょっちゅう見ている(笑)

国会での答弁で、声を荒げる場面を何度となく見てきたが、安倍首相はあれを激怒とは思っていないのか。
昨日の党首討論で、国民民主党の玉木への答弁が傑作だった。
本人はジョークをかましたつもりなのか、「私はめったに激怒しない」だって。
それともあれだけ頻繁にキレているのに、自分はそうは思っていないってことか?

安倍首相「私は滅多に激怒しない」自身の「金融庁は大バカ者」発言報道を問われ    6/19(水) 16:47配信  BuzzFeed Japan        

>「金融庁は大バカ者だな。こんなことを書いて」
同日午後の党首討論で、国民民主党の玉木雄一郎代表は、朝日新聞の報道を話題にあげた。この報道が事実かを問われ、安倍首相は、以下のように答弁した。
>「私は滅多に激怒しない人間として、自由民主党では理解されているわけでありまして。温和に円満に生きているつもりであります。大切なことは、国民に誤解を与えない、そういう資料をつくることではないかと」
>「大バカ者」と言ったかどうかについては明言していないが、「私は滅多に激怒しない」に「えー!」というヤジや笑い声もあがった。

そりゃあ、笑い声も上がるしヤジも飛ぶよなぁ。。。。

党首討論を見ていたが、玉木に聞かれて安倍首相がニヤニヤ笑いながら「私はめったに激怒しない」
ヤジと共にどっと笑い声も上がった。
そして本人も笑っていたが、あの鈍感力はさすが安倍さまだ。

ネトウヨの巣窟のユーチューブを見てみると、安倍首相激怒、ブチ切れの文字が躍っている(笑)
しかも、ほとんどが民主党政権に対しての悪意ある動画か、安倍首相が悪をやっつける正義の味方扱い。
まるで安倍真理教の信者か喜び組が集う場のようだ。
どういう立場の人達か知らないが自ら権力者に寄り添い、国民の声を代弁する野党を貶めてどこが楽しいのだろう。
自分になにか良いことがあるのだろうか。不思議な人達だ。

ようやくこんなのを見つけた。

しかし、昨日の党首討論、何だったのか。

一人一人の質問時間があまりに短くて気がせいてしまう。
早く早く。。。と、身をのめらせて見ていた。
野党4人の質問と安倍首相の答弁を合わせて、たったの45分間。
それでなくても安倍首相の答弁は関係ない話をダラダラして時間を稼ぐことで有名な人だけに、それこそ今日のモーニングショーで玉川が言っていたように一党45分を毎日やるくらいの事をしないと各党首がどんな考えを持っているのか良くわからない。
今回の党首討論は安倍首相にダラダラ喋らせないように各党首は質問形式を短くして、自分の党だったらこうやるアピールをしていた。
あれだけ質問時間が短かったら、この方法しか無かったのではないか?
だから時間を長くするか、党首討論は良いから予算予算委員会か決算委員会を開かないと有意義な議論などできない。
テレビ中継が入れば、どこの党首がどんな考えなのか一目瞭然で、国民は選挙の時に候補者選びの基準ができる。

安倍首相としては、とにかく早く国会を終わらせて後は選挙に向けて、G20でどれだけ自分が世界をリードしているかをメディアに印象操作させるために今から準備をしたいのだろう。
こういうことにかけては余念がない人で、有権者に、自分がどうカッコよく映るかが生きがいみたいな人だから。

 

| | コメント (10)

2019.06.19

首相が「金融庁は大バカ者」とか「老後2000万円」回答拒む閣議決定とか大バカ者はどっちだ!

安倍首相、金融庁のあの「老後2000万円」報告書を大馬鹿者と激怒したそうだ。

そして、政府は「老後2000万円」報告書を麻生が受け取り拒否したことで報告書を受け取っていないからと回答を拒否する閣議決定をしたそうだ。

首相激怒「金融庁は大バカ者」 官邸主導、異例の火消し         太田成美 山本恭介、別宮潤一 2019年6月18日22時15分

>老後の生活費が「2千万円不足」するとして資産形成を呼びかけた金融庁の審議会報告書の受け取り拒否は、首相官邸が主導していたことがわかった。
>今月10日、首相も出席した参院決算委員会で「2千万円不足」問題の追及が強まり、公的年金にも焦点が当たった。その日、首相は周辺にこう漏らした。「金融庁は大バカ者だな。こんなことを書いて」

「老後2000万円」回答拒む=報告書の不受理理由に-政府答弁書                6/18(火) 12:05配信  時事通信社

>政府は18日、老後資金に2000万円が必要と試算した金融庁審議会の報告書に関する野党議員の質問主意書に対し、「正式な報告書」として受け取っていないことを理由に回答を拒否する答弁書を閣議決定した。

凄いよ、酷いよ。
安倍首相は国民に不都合な真実を絶対に開示しない方針のようだ。
国民は自分たちの生活に関わるものだけに、どんな悲惨な状態にあっても知りたいと思う。
政府のように臭いものに蓋をしたら解決するならいくらでも蓋をして貰えば良いが、そうではない。

年金問題はきちんと現実を直視して、今の現状がどうなのか、どうしたら後々支払った分だけでも年金がもらえるようになるのか、与野党一丸となって方策を考えるべき問題ではないか。
隠したら実態がますます見えなくなると思うが。
多くの国民は年金制度はあるかもしれないが、年金額はどんどん減らされていくのではないかと思っている。
そして受給年齢も上がっていくのではと思っている。

その疑問にきちんと答えるのが政府の役割だろうに。
日頃から、国民に対して真摯に丁寧に説明をして行くと言っているのだから。
話がまったく違う。

なぜ隠すのか、なぜ麻生大臣の指示の元の報告書を受け取らないのか。
安倍首相は金融庁を大馬鹿者だというが、大馬鹿者は安倍首相の方だ。
そして政治家失格だ!

それでなくても有識者会議と言うものは、政府の意向を踏まえての御用審議で、この報告書は政府目線で決して政府に為になっていない報告書ではない。
それを、麻生発言に端を発して国民の怒りに火が付いたものだから、急に大馬鹿者、けしからんと言うのはいかにも大人げない。
金融庁も気の毒に。

しかも、報告書を受け取り拒否、よって受け取っていないから答えもできないという閣議決定は、駄々っ子のようだ。
その心は、選挙に絶対勝ちたいから。

年だけは取っているがやる事と言ったらまるで幼稚園児レベルで、トランプはともかく民主主義を実践している欧州の政治のトップが見たら異様な光景だろう。

日本だけだろうなあ。こんな権力者の勝手が許されるのは。
国民が羊のように大人しいのは。

 

| | コメント (15)

2019.06.18

安倍シンパ百田尚樹が、関テレ常務の父親が交番を襲撃をした息子を通報した件を称賛

交番を襲撃した人間の父親が関テレの常務と言うのもビックリだが、父親が警察に息子かもしれないと通報した件を称賛するの安倍友・百田尚樹と言う自称作家の思考回路にもビックリだ。

百田尚樹氏 息子の交番襲撃で謝罪した関テレ常務の父親を称賛                    6/18(火) 10:20配信  東スポWeb

>父親は関西テレビの飯森睦尚常務取締役(63)で、代理人を通じて「心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。
>飯森常務は犯人の映像を見て、息子と確信し、自ら通報した。
>百田氏はその行動を称賛し「警察に電話して(息子と)言うて偉いね。『どうもウチの息子らしい』って。ウチの息子やったら『知らん顔してようか』と嫁に言いそう」と指摘した。

フジの「バイキング」では、父親の心情には言及はしていたが、関テレ常務とは言わなかった。
何か奥歯にものが挟まったかのように物言いに、やっぱりか。
さら~と流していた。

そして安倍友・百田尚樹は、自分の息子だったら知らん顔しようと言いそうと、嫁に語ったそうだが、百田尚樹ならさもありなん。
ずる賢そうだし。
結果論かも知れないが、親としては知らん顔をするより、どんな言いたくない情報でも情報を公開した方がよい結果になるような気がするし、通報は当然の義務とも言える。
百田が、自分の心の中で自問自答するのは勝手だが、未だ重体の警察官がいる事を考えるとやっぱり公の場で発信するのはどうなんだろう。
やっぱりこの男の発言は常に軽い。
さすが安倍友だ。

成人した息子や娘に対して、私は、日本的な思考で親が全責任を取る必要はないと思っている。
が、幸せ・不幸せをどう判断するのか分からないが、最近、上級国民に見える家庭が必ずしも問題が無いとは言えない事件が相次いでいるのはなんなんだろう。
引きこもりの息子を殺した事件も、今回の交番を襲撃した事件も、内向きな心の問題だよな。。。

今回、警官が刃物でめった刺しだと聞いて、なぜ防刃ベストを着用していた警官が?と思っていたが、防刃ベストの隙間を狙って凶行におよんだという。
襲撃した男が自衛隊員の経験があるらしいと聞いて納得した。
普通の人間と、自衛隊経験者では凶行に及ぶ際の手際も違うのではと思ったりして。
手慣れているというか…

それにしても、安倍友たちは、自分の発言が社会に与える影響を考えられないのか、好き勝手に放言している。
一般人ならともかく、自称作家なんだからもう少し想像力を発揮したらどうか

 

| | コメント (9)

2019.06.17

民主党政権鳩山をボロクソにこき下ろした安倍が鳩山になる、ヤジの張本人が野党のヤジを非難と同じ

この人、他人のことになるとどうしてこうも容赦ないのか。 D9iz1_guwaahrme 一般人ならともかく政治家なら自分の言葉が自分の跳ね返ってくる事があるが、安倍首相の場合、そういう事ばっかりだ。 D9iz2xwvaaarum1 今、自分が鳩山に言った事と同じことが起きている 。
鳩がカモ状態?、よくこんな酷いことが言える物だ。
自分だって、米国にカモがネギしょって喜び勇んで行っているじゃないか。

米国には兵器の爆買い、トランプ様の言いなり。
そしてなぜか知らないが、国会をサボって嬉々としてイランに入ったはいいが,ハメネイ師からは渋い返事しかもらえず、当事者の米国トランプ様からも、イラン・米国会談は時期尚早とまで言われて、安倍首相が勝手にイランに乗り込んだかのような言われれよう。
とどめは、日本のタンカー攻撃をされ、どこをどう取っても日本のメディアが「外交の安倍」と持ち上げても、世界からは安倍外交は完全に失敗、「初心者プレーヤー」と揶揄される始末。

どこが「外交の安倍」なんだよ。。。。
安倍首相だって完全に利用されてるじゃん。

安倍首相の場合、メディアがきちんと情報を報道しないために一強状態にあるが、世界のメディアのようにシビアに報道していたら、安倍政権なんてとっくの昔に崩壊していた。
メディアのサポートがあってこそ生き延びて来ただけだ。

安倍首相の場合、国会審議中、質問と関係ない答弁を長々として委員長に苦言を何度も呈されているし、ヤジ将軍でもある。
自分は野党に汚いヤジを飛ばしまくっているのに(首相がヤジを飛ばすのはそうそうない事だそう)、野党のヤジには異常な反応を示す。
そして野党のヤジを上手に利用して自分は被害者アピールをするのが安倍首相だ。

>国民のみなさん、私が答弁をしているのにヤジって良いんですか。テレビをご覧のみなさん、この状況を見てくださいよ

よくこんな臭い芝居ができる物だ。

安倍首相の国民が知らない部分を言い出したら切りがなく収束つかなくなってしまったが、安倍首相とは日本のトップとしては品性も知性も無く、総理失格だという事を多くの人に知ってもらいたい。

| | コメント (16)

より以前の記事一覧